照れまん君のつぶやき 「ソース」

                              
                            ≪ ソース  ≫
 
                     我が家の女どもは、おかずにちょっとソースを掛けただけで、ギャアギャア言う。
                     ――今どき、信じらんない――
                     と言う、冷たい視線を投げかける。
                     ちょっと、ソースを掛けると、風味が良くなるのに、それが解んない。
 
                    いつの頃からか、おかずが出来るたび、
                    「今日は、おかずに味が付いてますから」と、先に言うようになった。
                     「バカヤロー。 おかずに、味が付いてなかったら、食えないだろう」
                     と、思うのだが、心の中でつぶやくだけ。
 
                     ある時は「(おかずの)味を見てから、ソースを掛けてください」と言う。
                    「じゃあ、味を見て、ソースを掛けてもいいんだな?」と言いたいが、味を見て
                    ソースを掛けろということは、暗にソースを掛けるな、と言ってるのだからね。
                    危ない危ない。
 
                    味を見て、
                    「うん、これはやっぱ、ソースを掛けなきゃー。」と言って、ソースを掛ける方が、
                    よっぽど傷つくだろうに。 だから、味を見なくて、ソースを掛けてるのに。 
                    そこの思いやりが、女どもにはわからない。
                    女どもの作った料理を、否定してるわけじゃないのに。 
                    十分感謝してるのにね!
 
                    我が家は広島風のお好み焼きを、しょっちゅうするんだけど、お好み焼きの上に、
                    これでもかと言うほどソースが掛かっている。 
                    おたふくソースのまわし者じゃないかと思うほどだ!
                    ソースの上で、鰹節が盆踊りを踊っている。 いくらなんでも、これは掛けすぎ
                    だろうと思うが、女どもは意に介していない。 
                    オムライスの上にもすごいケチャップが掛かっている。 
                    中はケチャップライスなのに?
 
                    ちょっと掛けただけで「味覚障害になる!」とか、「塩分取り過ぎになるー!」とか
                    ゴチャゴチャ言う、「あれは何なんだー!」と、言いたくなるがソースやケチャップは
                    大好きなので黙ってる。
 
                    またある時、「ソースは掛かってますから
                    と、言うので見ると、タルタルソースが掛かっている。
                    「違うんだよなー、タルタルソースはソースじゃないの。 タルタルソースの上に、
                    ちょっとソースを掛けると、風味とコクが出るのになあー」と思うが、結局、
                    よう言わん。 だから黙って食べる。
 
                    私はポテトサラダやマカロニサラダにも、ソースを掛けるのが大好きだ。 
                    それから水炊きに、ちょっとケチャップを入れるのも大好き。 
                    洋風になり、とても美味しくなる。 だけど、女どもがギャアギャア言うので、
                    したことが無い。
                    お陰様で、我が家では私のあだ名が「ソース男」とか、ある時は
                    「ケチャップ男」とか呼ばれている。
                    バカヤロー。 ソースやケチャップを掛けて何が悪い。 ソースやケチャップは
                    人類が作り出した最高の文化だ。 最高の調味料だ。 人類最高の遺産だ。
 
                    遺産だ・遺産だ・遺産だ・遺産だ・胃散だ―――!(アニマル浜口風)
 
                    私は、日本中の女共を敵に回しても、一言言いたい。
                    もうちょっと、心を広く持て。
 
                    「おかずに、ちょっとぐらいソースを掛け・・・・掛け・・・・・掛け・・・・・・・掛け・・・・・・・・・
                     賭け・・・・・掻け・・・・描け・・・書け・・駈け・・欠け・・・かけ???・・・掛けんときましょう。 
                     掛けずに食べましょう」
                     やっぱり、波風の立たないのが一番。 家庭円満が一番。 平和が一番。 
                     これこそが、人類の平和に繋がるから。
 
                     世の中の男ども。決しておかずにソースを掛けるんじゃないぞ★★
 
                     しかし、世の中の女どもは、何でソースをちょっと掛けただけで、
                     あんなに怒るのかねえ??
 
                     これがほんまの、――イカリソース――なんちゃって。
 
 
                                    コロッケにソースを掛けちゃいかんのか    照れまん
 
                                                                                         (離心円へのメールより)
 
広告
カテゴリー: 日々徒然 パーマリンク

照れまん君のつぶやき 「ソース」 への3件のフィードバック

  1. のら より:

    ソースかけて食べたいのに・・・
    慮ってかけられない、言えないもどかしさ、ですね。
    コロッケなどはソースをかけないとおいしくないですよ。
    いつも”いきなりソース”やってます。問答無用です。
    習慣になるとなにも言えないらしい・・・。
    「空腹は最良のソースである」とはだれが言ったのか?
    あ! そういうソースじゃなかったですね (笑)
     

  2. ひよこcom より:

    ちは!
    通りすがりにお邪魔します。
    ソースとか醤油って確かに自分が作って出したモノにバンバンかけられたら悲しいかも。
    ソース業界には衣系(フライ等にかける)サラダ系(生ものにかける)等々系統があるらしいです。
    おたふくソースは粉系(たこ焼き、お好み焼き、焼きそば等小麦粉系)らしいです。
    コロッケにはわさびマヨネーズがおいしいです。

  3. 照れまん より:

        ひよこcomさん 始めまして
    うえるかむです。
    ソースって奥が深いみたいですね。フランス料理って、ソースに始まりソースに終るって言いましたっけ?
    オムレツに始まり、オムレツに終る、でしたかね?
    釣りはした事無いんですが、「ヘラブナに始まり、ヘラブナに終る」って言うの、聞いたことあります。
    箆鮒って普通の鮒じゃないのでしょうか?そんなに面白いのでしょうか?
    大物釣りに走っても結局は箆鮒が一番楽しいと言うことでしょう。静かにのんびり釣る、太公望の気持ちですかね。
    クラシック音楽なら「バッハに始まりバッハに終る」。俳句なら「芭蕉に始まり芭蕉に終る」。
    外科医なら「盲腸に始まり盲腸に終る」でしょうか。
    私の生活なんぞは、「リモコンに始まりリモコンに終る」ってな感じの毎日です。
    また、どうぞお越し下さい。                     照れまん
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中