水球

               
                            プール
 
           九州南部は梅雨明けとか。いつの間にか、すっかり夏本番。
           夏と言えば海水浴。海水浴と言えば高校のプールを思い出します。
 
           私の通った高校のプールはすごいんです。四面全体に観客席があるんです
           コンクリートの階段が3段4段とあります。1段の高さが普通の階段の倍くらい
          あり、かなり高いんです。全体的にウインブルドン状態です
           いろんな学校のプールを見ましたが、観客席のあるプールは、どこにもありま
          せんでした。
           ウォーターボーイズの ロケ をするのなら、私のとこのプールですればいい
          のにと、思ったくらいです。
 
           それから、もっとすごいのが、このプールには、 満ち干 があるって事です。
          「エ―――ッ!  」ですよね。
 
           そうなんです。このプールは 海水プール なんです。
           元々グランドが海を埋め立てられて造られているので、その端の海の手前に
          プールが造ってあります。グランドが、かなり掘り下げられて、低い所にプール
          サイドが造ってあり、満潮になると丁度いい水位になるように造ってあります。
           だから、ウインブルドン状態です。
 
           大潮の時は、プールサイドに水があふれ、コースロープが上に盛り上がって
          います。私が通っていたころには水門がすでに壊れていて、地下の土管で海と
          プールが繋がっているので、海水を溜めることが出来なくなっていました。
           それで、時々魚が泳いでいたりしました。
 
           6月頃に、一年生がプールの掃除をやらされます。
           一冬で牡蠣や貝がびっしり付いているので、それをコテや、シャベルでガリガリ
          落とします。アオサもびっしり付いているのでそれも落とし、バケツで外に捨てます。
           綺麗になると、7月頃に水泳の授業があります。
 
           1年生の時、「水球」の授業がありました。
           みんな、水球なんて知りませんよね。
           私達も全く知りませんでしたが、事前に授業で大まかなことを習います。
          確か 7人 でやる競技で、一人ゴールキーパーが居ます。サッカーに似たような
          ルールでオフサイドなんかがあったような気がします。
           ゲームは 8分 で 4 ピリオドだったと思います。我々の試合は、たった五分、
          1ピリオドのみ、キーパーなしです。
 
           私達の授業の日は、いやな予感がしてました。漁師の子が 「〇日は干潮
          じゃけい、プールにゃあ水がないぞ!」 て、言ってたんです。
           案の定、その日は全くプールには水がありませんでした。
           プールに水がなかったら、水球なんて出来ませんよね。
           でも、仕方が無いので、我々は水着に着替え、プールの側に行ってました。
           すると先生がやって来て、準備運動が終ると、
          「おーい、今から海で水球をするぞー」って・・・。「エーーーーッ!」ですよね。
 
           海で水球なんて出来る訳がありません。
           そう思っていたら、先生が白との帽子を持っていて、
          「白い帽子を被った四人はコートの4隅jの所へ行って、立ち泳ぎをせえ。
          4人をむすんだ線がコートじゃけい、ええな。赤い帽子はゴールポストの位置に
          行け。そこで立ち泳ぎをせえ。その間を通ったらゴールじゃ。ボールの高さは
          わしが見とくけえ、ええの。」
          と言って、生徒が4つのチームに分けられました。
           先生は堤防の上から審判をしています。
 
           私のチームは文科系、軟弱チーム。私がマンドリンクラブ。その他、英語部、
          書道部、放送部、科学部、おいおい大丈夫かよーっ、てなチーム。
           とにかく争そい事が嫌いなチーム。他ののチームは柔道部、野球部、
          バレー部、剣道部、など目が血走っているチーム。
           最初に当たるチームには、番長がいる。冗談は辞めてくれよってな感じ!
           我々は試合をする前に、
          「絶対ゴールはせんとこうな!」と言う、負けたいチーム。
 
           1チーム、15人くらいいるので、2チームを合わせると、30人ほどが
          群れて泳ぐことになる。
           番長がボールを持った時には、みんながその上に乗りまくる。
           苦しくて番長が浮き上がってくると、
          「おまえらー、おぼえとけー」と、吠えまくっている。また番長がボールを持つと、
          後ろからみんなが乗りまくる。今度は番長も腕をつかんで、喧嘩になるんだけど、
          その上に人が乗ってくる。海の中では、苦しくてどうにもならない。
          自分が息をするのが一生懸命。
           団子状態の喧嘩になると、先生の笛がピーピーと鳴って、
          「コラー、喧嘩をするんじゃなーい」 と、大声で怒鳴ってる。
           番長も「 くそー、おまえらーおぼえとけー、あとでシゴ しちゃるけえのうー」と
          吠えまくっている。
 
           我々の試合は、たった5分だけど、陸に上がるとへとへとになり、唇は寒くて
          紫になっている。番長も目が真っ赤になって血走っていて、我々をにらみつけ
          るんだけど、疲れているのでどうにもならない。
           我々は、僕じゃないよってな感じ。
           授業だから仕方がないよねっ てな感じで、知らん顔をしている。
           内心は、ムヒヒヒ、ムヒヒヒ、ムヒS・・・、てな感じ。
 
           試合に勝つと、もう1試合やらなければならないが、我々は負けたので
          楽ちん楽ちんと思っていたら先生が、
          「そこの軟弱チーム。じゃんけんして、負けた者がコートとゴールへ行けー」
          って・・・。
           こういう時に限って私はじゃんけんに負けちゃうんですよね。
           そういう時は、さっさと白い帽子を被って一番岸に近い所のコートの位置に
          行きます。試合が始まると、少しずつ岸の方へ泳いで行き、足の付くところまで
          行って休んでいます。その時は、コートは菱形になっています。
           すると先生が「こらー、そこー、さぼるんじゃなーい」 と言われて、また元の
          位置に戻ります。
           水球って、本当にしんどいです。体が水の上に上がらないんです。
          暫くすると、しんどくてボールが投げられなくなるんです。
 
           水球の試合を見ると、選手が上半身 水の上に飛び上がり、シュートをして
          ますよね。それから、シンクロの選手が足を上げたりしてますよね。
          あんなことは、絶対に出来ません。腕を上げただけで体が沈むんですから。
          あの選手達はすごい人たちです。水球もシンクロも、絶対にするもんではなくて、
          見るもんです。
 
           さて、またいつか、もう一度この海水プールのつづきを書きたいと思いますが、
          今度は女子との合同水泳教室です。
           大きな声では言えませんが、私の高校は田舎なので、更衣室が無いんです。
 
          えーーーーーーッ !☆☆☆   (^・^)
          いったい、どうなるのでしょうか。 乞うご期待。ほんじゃ、また・・・・。     
                    
                                                   照れまん
 
 
 
 
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

水球 への6件のフィードバック

  1. のら より:

    照れまんさん
    長らくごぶさたしました。ご心配をおかけしました。
    すこしからだの具合が良くなりましたので、ブログを再開できそうです。
    とりあえずお知らせに来ました。
    記事のほうはまたゆっくりと読ませてくださいね。

  2. 照れまん より:

           のらさん  おかえりなさい
    のらさんが居ないと、やっぱり締まりません。
    あまり無理せずに、のんびりやってください。
    私はデジカメをやり始めて、少し元気になってきました。家の中にこもっていたのが、庭から畑の方も、散歩に出る回数が、増えてきました。
    そのうち、海岸まで行って海を撮って見ようか、などと思っています。
    また宜しくお願いします。                             
         アメンボの地獄極楽のぞきをり                照れまん                            

  3. Pu'uwai より:

    こんにちは
    水球ってすごく体力がいりそうですね。
    照れまんさんものらさんもスポーツ万能だったのですね。 あっ、照れまんさんは千能くらいだったのでしょうか。
    昔の先生って味がありましたね。武骨であったかい、そんな雰囲気の先生ですね。
    私は女学校だったから、男の先生はお年寄りばかりでした。
    おおよそつまんない授業受けてました。
    照れまんさんのような歴史解説だったら日本史選択したのに残念。
     
    アメンボの飲むうまし水さぞやしょっぱかろ    プウバイ

  4. fujim より:

    さすが山口県の田舎ですねー。 潮の満ち干に関係あるプールですよ。 牡蠣の殻まで剥がさんにゃいけんプールですよ。おまけに立ち泳ぎでコートを作って水球。 さすが海に囲まれた山口県じゃねー。 大笑いです。
    時代は違いますが、小学生の私たちは体育が1日海のときがありました。 海のゴミを拾う日もありました。そんな日は疲れるからとちょいしょっぱのバター飴をもらってなめました。 思い出しましたよ。

  5. 照れまん より:

      Pu`waiさん  こんばんは
    私は、泳ぐのも運動もあまり得意ではありませんでした。一応泳ぐことは泳げますけど・・・。
    万能選手ではなく、晩の選手でして、マージャンばかりしていたような記憶で・・・・。またよろしく・・・。
     
        台風の銀座に住んで村さびれ            照れまん

  6. 照れまん より:

       Fujim さん     こんばんーーーーーーーー輪 !
    ここはすごい田舎なので、携帯は圏外だったらしいです。
    それが今年春、山の上に中継アンテナが立ち、つながるようになったようです。
    私はまだ、ケータイ持ってないので、関係ないのですが・・・。
    また、宜しく。
        田舎ってやっぱり田舎だと思う         照れまん

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中