照れまん君の俳句歳時記 「団栗」

   団栗の寝ん寝んころりころりかな       小林一茶
         
        どんぐりころころ
               青木存義  作詞
               梁田 貞   作曲
               1     どんぐりころころどんぶりこ
                  お池にはまってさあ大変
           どじょうが出て来て今日は
         坊ちゃん一緒に遊びましょう
          2  どんぐりころころよろこんで
             しばらく一緒に遊んだが
             やっぱりお山が恋しいと
             泣いてどじょうを困らせた
         
     
                  変1 どんぐりころころどんぶりこ
       ブログにはまってさあ大変
       爺婆出てきて今日は
       坊ちゃん嬢ちゃん遊びましょう
        変2  ドンぺリ ころころ どんぶり こ
            オカマにはまってさあ大変
            おすぎが出て来てピーコピコ
            KABAちゃんイッコー遊びましょう
「爺婆で悪うござんしたねえ!けしからんことを言うから。 おーい、山田君。
オカマさんの座布団 、全部取っちゃって!」
「はーい」
            
    ――― いやーん!ドウヨウしちゃうわ―――
「おーい、山田君。オカマさんうるさいから、童謡と同様に、池の中に放り
込んじゃってー。それからねえ、、ただの池じゃ詰まんないから、別府の 
血の池地獄 に放り投げちゃってー!」    
「はーい」
    ――― キャー、どんだけ~~~***★ ! ―――
 大変お騒がせしました。次の用意が出来ているようなので、どうぞ・・・・。
              
           
 1枚目の写真が何だったか、お解かりになりましたでしょうか。
 保育園の子供たちが、山でたくさんの団栗を拾ってきて、それでブローチの
ようなアクセサリーを作っていました。
 丸い厚紙の上にボンドをたくさん出して、その上に団栗を並べています。
それぞれ、上に自分の名札の紙が置かれていました。
1枚目は、クッションの上に一個作ったのが置かれていたので、それを
撮ってみました。
         
     団栗の語源
  その1  : 実をコマにして遊んだので、コマの古名「ツムグリ」が「ヅムグリ」
         となり、「ドングリ」になったと・・・。
         ツムグリの「ツム」とは、「旋風」(つむじかぜ)や「旋毛」(つむじ)
         の「つむ」と同じ、回転すると言う意味。
         「クリ」は石を表す古語。
     ―― 学者の先生、「ツムグリ」が「ドングリ」になるのって
                                     ちょっと無理がありませんか?――
   その2  : 朝鮮語の「円い」を意味する「トングリダ」からドングリに・・・。
     ――先生、これもちょっと苦しくないですか――
   その3  : 蒙古語の「円い」を意味する「トグリク」から・・・・。
                      ――   ???   ―― 
   その4  : 日本語の「円い輪」の「トグロ」から・・・。
                            ???
   その5  : 橡(とち) の木の実、「橡栗」から・・・・。
                ???
   その6  : 団栗(ドングリ)の 「団」(どん)は円いという意味なので
          丸い栗」から、どんぐり。
    
 よ~く解りました。それで名誉教授、どの説が一番有力なんですか?
 「う~~ん、そうやねえ。まあ、団栗の背比べやねー!」
 「・・・・・・・・・  (●∪●)  団栗まなこ・・・・・・・・」
         
 俳句では「団栗・どんぐり」は 秋 の季語
 ブナ科のクヌギ・カシ・ナラ・カシワなどの果実の総称。
 「木の実」と言う「秋の季語」もあります。木の実と言う場合は、もっと範囲が広く
団栗を含む色々な木の実が含まれます。
「杉の実」や「橡の実」・「櫨の実」・「椎の実」・「一位の実」・「合歓の実」他、まだまだ 
小さい実から大きな実まで、さまざまな多くの木の実があります。
それらは、それぞれその名前で季語にもなっています。
         
       団栗や高い山ほど尖りをり          照れまん
 
 今回は、団栗 を載せてみました。         
        
            
広告
カテゴリー: 俳句・植物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「団栗」 への10件のフィードバック

  1. fujim より:

    おはようございまーす。追加です。 と昨日の続きと思ったらどんぶり、どんぐりこだー。 忘れちゃいけないので追加のみを、、、Pu\’uwaiさんお勧めの、アルバムを作成した時の利点を挙げてみます。ブログに写真をUPしたい時に、 まず「アルバム作成」でアルバムタイトル (例えば「水仙」とか「春の花」) をつけて、アップロード、保存をすることになるのですが、 その時に自動的に取り込まれるサイズが、533×400 になるようです。これはたぶんブログにUPするのにぴったりのサイズなんだろうと思います。 だから拡大動作をしなくてもいいわけで、縦横比も変わらないというわけです。  小さくしたい時は、 今までのように矢印ですることになると思いますが、ブログにぴったりのサイズで取り込めるのは、 これは楽でいいですねぇ。 タイトルをつけて整理することにもなります。そのアルバムからブログに揚げる方法は今までとほぼ同じで、「編集」⇒「写真の追加」、このときに、[コンピューター] というタブではなく、[スペースにある写真] のタブを選ぶところが違うだけです。ほかの人に見せたくなければ、今までと同じように非表示状態にしておけばいいと思います。知識として頭に入ってれば、 自分で選べると思って、 Puさんのお勧めに追加です。 が、どちらの方法でするかは自分の好みで、 自分が納得できる方法でするのが一番と思います。 さて、辛口と甘口どちらが好きですか? 私は辛口はおいしいと感じませんが、甘口は「おいしい」ですよねぇ?ほんとのお酒の話ですよ。  写真の話なら、 辛口でお尻たたかれるのも、 甘口でも両方いけますねぇ。両方歓迎という欲張りで~す。 では、どんぶりこの歌はゆっくり鑑賞してから、、うーんウチの前にもいっぱい落ちてたのに、、、

  2. 照れまん より:

         Fujim さん こんにちはー
    ブログに写真を載せるのに、モノサシで計っているの わたしくらいですかね。それでも、左右の余白ががなかなか同じ寸法にはいきません。
    パソコンは自分の画面だけを思って作っていました。そういわれれば、我が家のお嫁さんが使っているパソコンは、上の寸法が私のより7~8cm少ないような、やや小ぶりです。
    Puお姉さまのアルバム作りの所を読んでいるのですが?  読んだだけではとても簡単に出来そうなんですよね。
    ところがやってみると、途中でイキズマリそウなので、待てよ・・・と、まだ足踏みをしています

  3. Pu'uwai より:

    お二人さん どじょうばあやが出て来てこんにちは
    どんぐりが立ってる、立ってる、、、、、、いい具合じゃないですか。 言ってみるもんだ。
     
    ちぇーfuさん、ちゃっかり甘いマスクのおいしいお酒になっている、、ええ、ええ、どうせ私しゃ、辛口のまづい酒ですよ。
    ええーとね、アルバムから貼り付けて記事を書く場合は、一筋縄では行かないのよ。
    2枚めからの写真の追加がHTLMの裏技使います。 照るぼうやは当分今のやり方がいいと思います。
    アルバムから貼り付けたフォトの縮小は、↙でもきっちり4:3比で縮小されます。 
    この点は楽だけど、一度upしたものの手直しは至難の業です。 
     
    それでも照る坊にお勧めするのは、書き手ではなくて読み手の利便性です。
    例えば、べにしじみを見て、うらぎんを探すのってずうーと探さなきゃいけないでしょう。
    アルバムにあれば、フォトを見れば一発で探せる訳よ。
    しかも潰れていない純正の大吟醸をね、、、照れまんさんだってどうせ見て貰うなら一番いいフォトで見せたいでしょう。
    瓶詰めヨットが見たくても、探すとなると、「また、今度にするか」 になるけどアルバムなら一発よね。
     
    アルバムは途中で墓穴を掘ると思ったらキャンセルすれば元通りに戻ります。
    PCが変になることはありません。ツールバーが飛んで行って再起動なんてことはありません。
    何度やっても、まったく同じのいつものブログに戻ります。
    今回は作成だけの説明ですが、後からフォトを追加したい時は、アルバムの編集をクリックして後は同じです。
    削除したい時もアルバムの編集をクリックして削除します。
    私のアルバムを下のバーに置いて、初めは順番を見ながらやってみましょう。 フォト一枚だけのアルバムでもOKですよ。
    照れまんさんは非表示にしているから、まず、アルバムをどこかに表示にするデザイン設定が必要かも知れませんね。
    そこんとこはfuさんに確かめてください。
     
    そうそう、忘れるとこだった。
    日付が入っていても、印刷でoffにすれば、プリントされた写真には日付が入らないから応募できますよ。
    これで、今年は3匹のたぬきが 『皮算用』 出来るわけだ。 
    fuさんの方が化けかた上手いからな、、、こっ葉は上等のを用意しなきゃ、やられちゃうよ! ぶつぶつぶつぶつ。。。。。ひとり言

  4. fujim より:

    ねぇー、 いつから 「どんぐりこ」 が 「どんぶりこ」 になったのー?  最初からー?  ウッソー、どんぐりこと歌ってたよー。いつのまにか 「どんぶりこ」 がホントだったなんて言われても、、、。  ボンド塗ってるにしてもよくきれいに立ててますねー。一所懸命、 いい遊び道具になったんでしょうね。 どんぐりや転がることもままならず  で、 爺婆ってだれのこと~~??語源はその6に賛せーい! 分かりやすいモン。  ウチの前の道路にもたくさん落ちてましたけど、この手のものは全部 「どんぐり」 と言っちゃっていいんですよね、 区別なんてつきません。これは食べられると言って食べてたのは、、椎の実だったカナ? へぇーホントですか、 生ってる高さによってとんがり具合が違うんですか~?  シランかったナァ。Puさんのアルバムの説明では、 ②のあと、 または④のあとに、 [アップロード] が抜けています。②④のあとに右上にある [アップロード]を クリックします。 ③は [アップロード] したあとの画面です。前にアルバムの作り方について書いたものを、 私のMSNブログの 「TRY Page」の3  に置いていますので、これも合わせて参考にしてみてくださいね。  (開いて文字化けしていたら、 上のメニューの[表示] ⇒ [エンコード] ⇒ [日本語(自動選択)] でよくなると思います。  ★の方法(新しく取り込むとき)の方法です。取り込んだものをブログにアップしてみようとしましたが、 大きい写真のままでアップする方法が、 私にはうまくできません。が、MSNブログ人の照れまんさんなら、多分できると思います^^。  Pu\’uwaiさんのお勧めだから大丈夫、、、、と書くつもりだったのに、 ナニナニ、 至難の業、、、  ブログにUPするときの コツ でもあるの~~?↙でもきっちり固定比率で縮小されますだって、、、、シンジラレナ~イ! (ま、自分でやってみてないから分かんないけど)ちぇーPuさん、ちゃっかり私を理詰めに仕立て上げ自分は情詰めになりすまして、 私が情詰めのつもりだったのに、、、読み手の自分の利便性のためだってー、、、、シンジラレナ~イ!!私だって、 そちらに死ぬ気で、離縁覚悟で、TEST依頼したんだからねー、 あ~恐かった!あ、照れまんさんそっちのけでごめんなさい。  えーっと、アルバムは作ると整理できて、便利ですよっと、 それから、見せたくなかったら、 非表示ねっと。  うふふふ、これでよかったかな。

  5. 照れまん より:

        Pu`wai さん こんばんはー
    ブログに はまって さあ大変 お嬢が出てきて今日は 坊ちゃん一緒にあそびましょうー。
    はーい、照れ照れ坊ちゃんです。テレテレじゃなくて デレデレじゃない?ハニカミ王子じゃなくて、ハナカミ王寺でもなく、ハナミズオウジ ょう してます。
    アルバムってイマイチよくわからなかったのですが、そういうことですか。でも、自分でもあまり自分の古いのは見ませんからね。
    見てくれる人がいるのでしょうか?
    まあ、ぼつぼつ・・・というか、おいおいにというか、そのうち考えて ・・・ トライしてみます。・・・しょう。・・・・かな。
     
    「浜千鳥」の映像を見たら、あのブルーのドレスの歌手の方は、とっても喜ぶでしょうね。あんな風に映像を作ってもらったら、最高ですね。ちゃんと曲と映像が合っていて、素晴しいです。
    プログラムから始まって、最後が千鳥の写真で終るのがいいですよね。歌の世界と映像の世界が、ちゃんとリンクして交錯し、お互いが共鳴しあって、3倍にも4倍にも世界が広がります。実に素晴しい・・・・。うなってましたよ。

  6. fujim より:

    また、忘れ物です。  今朝の最初のコメントに「そのアルバムからブログに揚げる方法は今までとほぼ同じで、「編集」⇒「写真の追加」・・・」 と書きましたが、この方法だと、アップすることは出来ますが、 アルバムを作っても今までと同じく拡大縦横比は固定ではありません。どうするのかは私自身うまくできませんでしたので、 説明できません。  もちろんHTMLタグを使えばできます。確実にサイズも変えることが出来ますが、 これは照れまんさんがその気になったときにまた。編集する時に左詰めで書いておいて、 すべてを中央に持っていく方法は、 以外に簡単です。  一度試してみますか?1 日ごろ記事を投稿する時の容量で、サインインし、 編集画面に入ります。2 左寄せで文章を打ち、 写真も左にくっつけてUPします。3 「記事」のすぐ上にあるメニューの右端にある「HTML」の文字をクリックします。4 ごちゃごちゃと文字が現れますが、 最初の文字だけを見てください。  <DIV>となってると思います。  その文字に align="center" を加えて、 <DIV align="center"> にします。  これでOKです。 (ここでは<を全角で打っていますが、実行する時は、 すべて半角英数で、 1字一句、スペースも  このとおりに打ってください。)5 記事のプレビューを見てみましょう。 中央になっているはずですが、 どうですか。  よければ、いつものように「記事の投稿」をクリックします。これは文字も合わせて全てを中央寄せする方法ですので、 文字の改行位置などを変更したくなるかもしれません。実際にやってみると、説明文を読むよりは分かりやすいと思いますので、気が向いたらどうぞ。

  7. 照れまん より:

        Fujim さん こんばんはー
    どんぶりこ  エー、ウソー、ホントー   ですよね。どうやら団栗が池に落ちた音のようですね。    
    小池にはまってさあ大変 福田が出てきてこんにちは 小沢と一緒に遊びましょ    なんちゃって!
    それからこの曲が、水戸黄門のテーマ曲。  人生楽ありゃ苦もあるさ  のメロディーで 団栗ころころ が 歌えるそうですよ。
     
    私の俳句、あまり追及しないで下さいよ。ただの駄洒落のことが多いですから。この俳句も、団栗の背比べ と言う言葉から作りました。 低い山はなだらかで穏やかで、似たり寄ったりなのに、高い山はとんがっている、若い時はみんなトゲトゲしてつっぱっていて、自分が一番だと思っているなあ  と言うような気持ちで作ったのですが、あまりうまく出来てませんね。反省します。 一茶の句だけにしとこうと思っていたのに、今朝 急遽作ったものでして・・・・。また考えましょう。
    それから、 TRY ありがとうございます。今から見に行きますのでよろしく。

  8. Pu'uwai より:

    度々、再々、お二人さんこんばんは
    ええとね、そうそう up load が抜けてたね。
    で、お怒りのfuさんが恐いから、早期解散、いや退散。
    どんぐり ころころ どんぐりこ でしたね。
     
    で、アルバムからの ブログ アップ は、照れまんさんが混乱するからここでは書きません。
    アルバムが出来たら書きますが、写真の投稿だっけ、下にあるやつ照れまんさんが現在使っているやつ、
    あれは一切使いません。 そんなの関係ない! 自分のブログを2本立ち上げて、1本はアルバムを開きコピペします。
    2枚目からのコピペが上の投稿とか保存とか重要な言葉書きの部分に貼り付くので、にっちもさっちも行かなくなります。
    ここで裏技が必要になります。
    きゃー書いちゃった。 ささささー  おやすみなさい。 

  9. Pu'uwai より:

    うえー 投稿したら下にお二人さんの新しいコメがあった。
    fuijimさんの読まないで書いたから、ちょっと細く、補足ね。
    MSNだと記事書く時に出るツールバーに、左揃 中央揃 右揃 のアイコンがあるよ。
    左で書いて、範囲指定して中央揃をクリックすれば簡単に中央に揃うよ。
    照れまんさん、私の 「充電中」 が中央揃で書いた記事
    「sakura」 が左揃で書いた記事です。 あとで画面コピーしてどっかに置いておくね。
     
    浜地鳥、、、勝手に変換するなー、 これでやり直したんだから、地鶏じゃたべちゃおうよ、甘口と辛口があるから。
    たまたま、海の写真があったのと暇人さんのご好意で千鳥を頂いたから思わぬ効果がでました。
    私のお父さんは、ほぼ構想はできました。カットも目立たないように切りました。
    「私のお父さん」 って、 My Daddy でいいのでしょうか? 
    Somchanにも分るようにと思ったのですが、やっぱり変ですか?
    日本語だけの方が無難かな、、、、?

  10. 照れまん より:

      Pu`wai さん こんばんはー
    中央揃えはツールバーの中にありますよね。一度写真が左端に引っ付いていたので使ったことがあるんでけど、うまくいったのです。しかし2度目に何だか色々やっていたら、写真が消えてしまって、こりゃあまずいと止めちゃいまして、それからは使ったことが無いんですよ。たぶん文章も出来るはずだと思うのですが、まだ使ったことがありません。
    皆さんの文章や詩がきちんと真ん中に揃っているのでたぶん中央揃えで出来るんだろうなとは思っています。
     
    イカルチドリは暇人さんの撮ったものですか。どうりでうまいはずだ。てっきり図鑑の中から頂いたと思ったのですが・・・。
    暇人さんは図鑑を作っているのでしょうか。いつも写真が素晴しいですからね。鳥類図鑑を作っていても不思議ではないですね。
    毎年、テレビで札幌の雪祭りを見るのを楽しみにしていたのですが、今年はあまり見ていないのです。暇人さんのところへ見に行けばいいからと思っているのですよ。第二弾、第三弾を楽しみにしているのです。
    それから、歌の題名は「私のお父さん」だと思うのですが、これは私の不得手な分野なので、自信がありません。離心円さんはしょちゅう伴奏しているのではないかと思うのですが・・・・。この歌は、何語か知りません。英語かなあ?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中