照れまん君の俳句歳時記 「仏の座」

  犀川のほとりに沿へば仏の座   鷹羽狩行
 
              
          写真は俳句歳時記に載っている仏の座(コオニタビラコ)とは違います
 最初に掲載した俳句は鷹羽狩行氏の作。
犀川のほとりを歩いていたら、仏の座が咲いていたよという、ただそれだけの
句のように読めます。
 ところが、よく読んでみると、普通の人が詠んだものと、俳句の宗匠が詠んだ
ものとではちょっと違うようです。
           
 一見それだけに思える句の中に、なかなか面白い奥深さが秘められている
ようです。
 犀川というのは、長野県にある川かと思いましたら、金沢を流れている川らしい。
あの室生犀星の古里。犀星も川のほとりを若き日に歩いていたとか。
犀星自信も古里を俳句に詠んでいるそうです。
 古(いにしえ)の歌人や俳人も歩いていたであろう、その川沿いを自分も歩いて
いる。仏の座が咲いている川岸。
 やがて私も、此岸から彼岸へ渡るであろう河が 賽の河原・サイノカワラ。
犀川と仏の座が響きあってくる。
        
 なるほど。そう聞くと実に面白い俳句です。
一冊の本が出来そうな感じですね。
  
       
        蟻より小さな虫が中に一匹います
   仏の座  :  紫蘇(シソ)科 オドリコソウ属
   学名   :  Lamium ampelexicale
            Lamium は オドリコソウ属という意味。
     ギリシャ語のLaipos(喉・のど)に由来するらしい。
 葉の筒が長く、のど状に見えるからとか。
 (葉の筒が長いのではなく、花びらを口に見立てると、花の
  下の部分がノドのように長いので、そのように呼ばれたの
  ではないかと思いましたが、これ以上は調べ切れません
  でした。カッコの部分は、あくまで私の想像です。あしからず。)
                            
   
     amplexicaule  は 包茎のという意味。
  原産  :  北アメリカ    北アメリカと書かれているものを1つだけ見つけ
ましたが、他にはこの記載を見つけることは出来ませんでした。
 日本に入って来たのは有史以前と考えられているそうです。
それで、史前帰化植物と書いてあります。
         
            夕日に染まる仏の座
 「仏の座」とは、葉の部分を仏像の蓮華座に見立ててのこと。
またの名を「三階草」。葉の部分が三層になっているから。
漢字では 三階草 の他に、三界草 や 宝蓋草 の表記もあるようです。
 俳句では「仏の座」は、ちとややこしい。
それは、仏の座 が新年の季語として、歳時記の「七種」に掲載されている
からです。
                  
 芹薺五形はこべら仏の座菘すずしろこれぞ七草
 (セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ ホトケノザ スズナ スズシロ これぞななくさ)
と古く、室町時代から歌われているように、「仏の座」は春の七種
入っています。
 室町時代に「仏の座」と呼ばれていた草は、今は「小鬼田平子
コオニタビラコと呼ばれています。キク科のタンポポのような黄色い
花を咲かせる草。地面から根生葉を四方八方に円形に伸ばすので、これを
蓮台に見立てて仏の座。
                    
      七草のひとつ足らぬは仏の座      小林輝子
      田平子や午後より川に人の出て     岡井省二
           夜は海が近づくといふ仏の座      中尾寿美子
 これら三句とも素晴しい句ですね。
 最初に掲載しました鷹羽狩行氏の句も、みんな古くから呼ばれていた仏の座。
春の七種、現在のコオニタビラコです。
本来これらの句は、ここに載せるべきではなく、「春の七種」としての「仏の座」
(田平子)のところに載せるべきなのですが、ご了承願いたいと思います。
             
        
 小鬼田平子 を畑で探してみたのですが、見つからなかったというか
よく解りませんでしたので、写真に載せることが出来ませんでした。
またいつか、写真に撮ることが出来ましたら、記事共々載せてみます。
 最近の歳時記では 「仏の座」は「たびらこ」・「かわらけ草」 キク科2年草
と説明されていますので、俳人は「たびらこ」「田平子」と詠んでいる句も
多くなっています。
 古い俳句は殆ど春の七種にある仏の座(小鬼田平子)を詠んでいます。
 ところが最近は、写真にあるピンクの「仏の座」も、俳句に詠まれるように
なってきました。
 こうなると、どちらが田平子で、どちらがピンクの花か解り難くなってきました。
最近の句は、どちらの花が詠まれているか、なかなか区別がつきません。
 いずれは、昔の「仏の座」と今の「仏の座」を区別する方法が出来るかも
知れません。
 仏の座A と 仏の座B とか、旧仏の座 とか・・・・。
そうすると、現在の「仏の座」は 春の季語 に新しく掲載されるようになる
かも知れません。
            
 では最後に、写真一枚と、今のピンクの「仏の座」を一句詠んでみます。
        
      チベットの独立遠し仏の座       照れまん
 
             
                     
       
広告
カテゴリー: 俳句・植物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「仏の座」 への28件のフィードバック

  1. 照れまん より:

        のらさん こんばんは
    のらさんがブログを始めた最初の頃に 「仏の座」 を載せてなかったでしょうか。
    あの時、小さい花なのでしゃがんで撮ると腰が痛くなると書かれていませんでしたでしょうか。
    ヘルニアが悪かったのですね。
    私も頑張って、撮ってみました。
    私の簡単デジカメは 左端にレンズが付いていて、180度上下に回転できるようになっていました。だから、こんな小さいものを撮る時はカメラを地面スレスレにしても、モニターは上を向けているので、実に撮り易いのです。なかなか優れものですよね。
    ところが、残念なことに、この古いデジカメが壊れてしまいました。一応カメラ屋さんにも持って行ってもらったのですが、修理不能と電話があったようです。ショック・ショック・クイズタイム○○○○!ですよ。
    当分は、以前撮った在庫がまだ少しありますので、それでしのごうと思っています。

  2. Pu'uwai より:

    仏の座をこう撮るか!
    ショック、ショック、 タイムズショック、 まいりました。
    カメラがよすぎ、 腕がよすぎ、 色がよすぎ、、、、、、 クーーーー 泣けてくる。
    仏の座を50枚は撮りました、気に入ったのは1枚もなしで今だup叶わずですよ。
    俳句は、又ゆっくり味わいます。 仏の座ショックでほっといてんか。

  3. のら より:

    照れまんさん、おはようさんです。
    ホトケノザの記事、興味深いです。「小鬼田平子さん」と「新ホトケノザさん」との仏の座の奪い合いですか。仏の座布団かな?もう全然違う花ですもんね。黄色のちっちゃなタンポポもどきの花とこれで同じ名前というのも変ですねぇ。どちらもかわいいきれいな花で好きです。「姫踊子草」という花だけみるとよく似たものも今頃よく目にしますね。紫蘇の葉に似た色の草です。
    ところでコスモスさんところで書かれていたことですが・・・投稿してしまった記事を修正したいときはブログの「概要」で呼び出して修正できます。
    また最初から同じものを作り直しして「下書き保存」にしたいときは・・・ブログ→「概要」→タイトルをクリックして問題の記事を表示→右端の「HTML」をクリック→最上部の行の左端にカーソルがあることを確認(またはそこにカーソルをマウスで置く)→ShiftとCtrlキーを同時に押し更に続けてEndキーを押します(全体が選択されます)→その上でマウスを右クリックして「コピー」(またはCtrl+C)→メモ帳を起動して「貼り付け」(またはCtrl+V)します。
    これを新たな記事を「ブログ」→「追加」で作成してやはり「HTML」を開いて元々入っているもの(<DIV></DIV>)を消してから、Ctrl+Vキーで貼り付けします。
    こうすると全く同じ記事が作成されます。(写真も入っています)→下書き保存します。→先の記事を「概要」からタイトルの前の□にチェックを入れて削除します。
     
    それから、なんかいっぱい言いたいことができてしまってすみません(-。-;)
    オープンリールのテープやカセットテープ、或いはレコード盤などのアナログ音源をデジタル化できる装置やソフトはたくさん発売されています。操作がいちばん簡単なのは「デジタルオーディオレコーダー」でライン入力が使えるものであればmp3ファイルに作成できます。ちゃんとステレオで録音できます。「デジタルオーディオレコーダー」はニュース番組を見てるとインタビューに記者がよく差し出してるあれです。最近はテープを使わないんですね。おうちにころがってるテープを整理されるんならこういうものでパソコンで取り扱えるファイルにしておいたらいいかと思います。とくに生録などはね。
     
    ところで、壊れたカメラのメーカーと機種名を教えてくださいませんか。
    近接撮影がとてもきれいなので興味があります。

  4. 照れまん より:

        Pu`wai さん おはようございます
    お褒めに預かり、光栄でございますですよ。
    没の山が200枚も300枚もありますですよ。ピンとは合わないし、色は出ないしで どうにかこうにか撮ったものですよ。
    ピントの合わせかたはPuお姉様に教わったやり方でやったものが何枚もあります。カメラの焦点が最接が1センチなんです。モニターが小さいので、合っているかどうかがよく解らないのです。
    それで、左手の指紋に目分量で1センチに合わせてシャッターを半押しし、そのまま目分量で1センチの所に持って行って撮ってました。当たるも八卦当たらぬも八卦ですよね。
    Fujim さんのカメラは ミリ単位って言っておられましたよね。きっともっとすごいカメラですよ。
    デジカメっていいですね。何枚撮ってもすぐに削除することが出来るし、何枚でも撮り直すことが出来るし、やっぱり、はまります。
    当分は在庫整理です。じゃあ、また・・・・。

  5. 照れまん より:

       のらさーん おはようございます
    仏の座 見て下さって ありがとうございます。まずまずというか、まあまあ撮れていますよね。いいカメラです。
    壊れたカメラは 「カシオ QV-2300UX」 です。父が内緒で買った物なので値段はわかりません。確か 202万画素です。
    もう一つ上級の「カシオ QVー2800UX]もあったようですが、安い方を買ったようです。
    12年くらい前になると思いますが、プリントと一体型として、小さなプリンターも一緒に付いていました。このプリンターは、まだ出始めなので色が悪く、半年位すると色があせていました。それで父は駄目だと、あまりデジカメを使わなくなり、そのままにしていました。
    カメラそのものは、悪くなかったのですよね。
     
    それから記事削除の件、キャー難しい ですよ。HTMLは話にはよく出てくるのに、まだ一度も使ったことはありません。
    一度メモ帳にコピーをして、そして記事を削除して、また前の所に貼り付けて、前のものを消すと言うことですよね。
    どうしてこんな難しいことが覚えられるのか、不思議です???  天才ですね。
    たぶん、この記事をよく読んでから私がやったとしても、途中でニッチモサッチモいかなくなるのではないかというような気がします。
    基本的な操作がどこかで抜けているような気がします。もし、もう一度誤って登校?違う 投稿した場合にはトライしてみます。
    Ctrl  と Shift  と End  が キーですね。 こらこら洒落てる場合じゃないですよ。
     
    それから、もう一つ。プロ野球開幕しました。早くもカープは最下位決定。近頃、カープは阪神の2軍になったと揶揄されています。
    こうなりゃあ、新井と金本を 応援するしかありません。ではでは、また・・・・。

  6. fujim より:

    酔餃子、じゃなくて酔芙蓉が酔っ払った時と同じぐらいの、 チベットとか言うから間違えちゃった(私が酔ってるわけではありません)、鮮やかな色ですよ~~。  私が撮ったものとは色も形も全然違う種類に見えますよ。うーん、あのカメラの仕業に違いない。 修理がだめだったと言うあのカメラ、 ちゃんと戻してもらったかなぁ。捨てちゃダメですよ。 どこかに同じようなのがあるはず、、欲シイ、、、。  「カメラの焦点が最接が1センチ」ってどういうこと?1センチのところから撮れるということ!!?@@  すごいカメラですよ、 もうそれだけで差が付きます。私のは8センチは離れないとピンとは合いませんよ。  "ミリ単位"って、、、ミリで言うと80ミリですけど、、、?せっかく撮った私のホトケノザ、、青くなって震えています~><~。最初の句「沿えば」にたくさんの意味が隠されてるように感じます。

  7. Pu'uwai より:

    fuさん、やっぱカメラだよねぇーーー。
    今日、真似して撮ってみたけど、my カメラは3cmまでの接写でおじゃる。 負けた。
    こんな超接写は撮れ~ん。 けど、カメラ壊れちゃったんでしょう・・・・・次はなんで撮る?
    クーーー ixi igi ijij 
    下の3句 2句までは分りやすい。。。。。 拙者が解説して進ぜよう。
    一つ足らない、、、、そりゃさ、アータ タビラコなんてそんじょそこらで見つかるもんじゃないのさ
                 あるのは、鬼田平子ばかり、どれもこれもそうなのさ。 小さいうちはそっくりだし~~
                 どうせ、七草買う人なんか区別つかないから偽装だなんてわかりゃしない。 いれとこう!
    川に人の出て、、、、うん、うん、 知ってるね。 畑なんか探したって鬼田平子しかないって、、、
                 川、川、川の岸かあぜ道探すのよ。 そこなら運がよけりゃ見つかるよ。
                 タビラコは水が好きなんだって、 fuさん知ってた?
    海が近づく、、、、、 わかりましぇ~ん。
     
    のらさん 修正の仕方ありがとう。
    自分の記事2本立ち上げておいて、片方にコピペして下書き保存にすれば
    書き落としたものを書き足して補正した完成記事を投稿できるってことですね。
    その上で、既にupされてしまった未完成のものを概要で削除すれば  アラ)^o^(不思議  記事は取り換わるってことですね。
    ありがとう。 今度試してみます。

  8. 照れまん より:

       Fujim さん おはようございます。
    腕ではない、カメラだと言うのが ばれましたね。
    花の写真を撮る時って やたらと花が揺れません???
    そんなに風が吹いているのでもないのに、撮ろうとすると風が吹いているのですよ。なんでーって思うくらい・・・。
    それに、自分の体が揺れているのですよ。自分では揺れてなんかいないし、カメラは固定しているつもりなのに、体が揺れているのです。
    ピントが合わないのですよ。ずれるのです。合っていないのがわかっていて、シャッターを押すしかないのです。シャッターを押す時は思いっきり息を吸って、ほんでもって息を止めて写すのですよ。でも、駄目なんです。ピンボケが山ほど出ます。
    色も変な色にしかならないのです。最初の頃は青くて死んだ色のような感じの紫っぽい色でしたけどね・・・・。
    だから、最初の頃の没写真を見たら、やっぱりこんなんやー、って思いますよ。
    おそらく200枚は越えていると思います。300枚くらいはいったかも。パソコンに入れたのが50枚くらいですかね。デジカメってありがたいですね。
    撮るのがだんだん面白くなってきて・・・・・。
     

  9. fujim より:

    照れまんさん おはようございます。ウデのことを素通りしたの分かりました~? もぉぉどうやったらこんなにピントが合うのかというぐらい、合ってるじゃないですか~。構図はどれもバッチリ! 終りの2枚、イヤ3枚、(ゼンブかぁー)なんかどうですか~!  もうまったくぅこれでもかーって言ってるのが分かります。 しかも何度も言うようですけど、ほとんどトリミングなしですよね。 だつ、ダツ脱帽です。風も吹きますよ、狙えば狙うほど体は揺れるはウデは揺れるは、最後にはしかたなくエイヤッと眼をつぶって(う、つぶっちゃイカンゾ)。負けじと (この心意気は褒めてもらおう) 今朝、ゴミだしのときに、照れまんさんの手本を参考に、気合を入れて撮りなおしました。まだ見ていません。 液晶画面で分かるピンボケだけでも半分以上、、、ウ、ウ、クスン。のらさんが下で説明されてるのは、投稿したものの訂正ではなくて、同じ記事をメモ帳にコピーしたいとき (または同じ記事の下書き状態のものを作りたいとき) ですよね。   文字で説明してあるのを読むと、キャー難しい、、、ですねぇ~。HTMLを開かなければできませんかねぇ? 開かなくても記事そのもののコピペでできるような気がしますが、それは私が古いバージョンのままだからでしょうかね。いずれにしても、のらさんの (全体が選択されます) の手順は、 照れまんさんのパソコンだとたぶん(Ctrlキー)+ A に置き換えることになると思います。これが、 FUJIT○Uノートパソコンの(違ってたらごめんなさい)、カーソルのあるページ全体を選択する方法です。ここからここまでと限定したい時は、「ここから」のところにカーソルを置きクリック、(Shift)を押したまま、「ここまで」にカーソルを置きクリック、、これはもう使ってられます、よね?  おーっと、お邪魔しましたー。

  10. Pu'uwai より:

    照れまんさん fuさん
    記事の修正テストしてみました。 私のとこ見てください。
    照れまんさん、version7.0だから私も同じです。 
    概要から呼び出して記事を立ち上げてそれをどんどん修正できました。
    削除しなくてもそのまま修正できます。 新たに追加全コピペしなくてもOKです。
     
    (なお、私はのらさんのやり方でテストしたので、追加全コピペしましたがその必要はないようです。)
    fuさん、メモ帳に中間コピペする必要もありませんでした。
    以前はのらさんのやり方じゃないと出来なかったから、MSNで改訂しのだと思います。
    全コピーはfuさんのやり方でしてください。
    私はデスクトップだから、のらさんと同じ、Ctrl Shift End ですが照れまんさんはノートだからfuさんと同じです。
     
    余談ですがこれならアルバムからのフォトをコピペ (コピーしてペースト貼り付けること) するのが簡単にできます。
    fuさんもびっくりの仏の座、 風が強い中で、初めて使う勝手の知らないカメラで撮りましたよ。 まぁ、まぁかな。

  11. Pu'uwai より:

    追記
    自分の記事を2本立ち上げてます。
    一方からコピーして、もう片方にペーストするからメモ帳を省いてます。
    けど、概要、修正、投稿が一番楽ではないかと思います。 ← って今まで通りだよね。
    どっかで何か勘違いしているかな? 思い込みNO2だからね。

  12. コスモス より:

    照れまんさん、みなさんこんばんは~!
    すごいですね~、白熱した討論がとびかって、入っていくのをどうしようかと思いました。
    のらさんのコメを見て、私もチャレンジしてみたんです(なまいきに)。
    思ったとおり、途中でニッチモサッチもいかなくなりました。
    そこで写真も含めて記事ぜんぶをコピーできたらいいのにな~、と思いやってみたら、あら!、できちゃいました。
    HTMLもCTRLキーもSHIFTキーもな~んにもなしで。
    何にもわからないし、考えられない私だから出来たんですよ。
    fujimさんがおっしゃってることと同じかな~。
    それにしても皆さんのコメを読むだけで頭が痛くなりました。 難しい~~~~!
     
    照れまんさん、私も以前のらさんの写真に魅せられて、小さなお花のアップにトライしたことがありました。
    何度やってもダメでしたね~。
    真ん中だけがボケて、まわりがはっきり写るんです。
    やっぱりこんな小さなカメラじゃ無理なんだと、カメラのせいにしてあきらめました。
    照れまんさんのこんな写真にあこがれます。

  13. fujim より:

    Pu\’uwaiさんの思い込み箇所について修正テストをしたのではだめと思います。 自分で言ってる通り、それでは今までどおりで~す^^。修正、訂正はみなさん今まで何度もしてると思いま~す。間違えて投稿してしまったものを、下書き状態にしたい、  こういうことではないかと思います。なにもせずに間違えて投稿したものを削除すると、 もう一度一からやり直しになるから、削除の前に新しい方にコピペしましょ、ということだと思います。だから、コピペさえ自由自在に出来れば、なんと言うことないと思いますが、、、、ね?  私は思い込みナンバー1だから、これ以上、大きなことはいえましぇーん。  どう?二人で揃って思い違いしてる、、カナ?gooでは、間違えて投稿した後で、また、「下書き保存」をすればいいだけです。 そうすると、公開画面からは消えて、下書きだけになります。  そういうふうにできるように、ダレかMSNに要望したら~?^^

  14. のら より:

    fuさん、コスモスさん、そうでしたね。このままHTMLなんかさわらなくてもコピーできますね。
    試しに照れまんさんのページコピーを「のら2」に取ってみました。なんとまったくここと同じ記事ができちゃうんですね。
    もうすぐ再開に漕ぎつけられそうですが、まだみなさんのところに挨拶もしてないのに困った困った・・・^_^;
    HTMLをどやこや・・・はニッチャンもサッチャンも嫌ってますね。

  15. 照れまん より:

       コスモスさん こんばんは
    私はコスモスさんの雄大な風景や、日本の原風景などの広がりのある景色に憧れ、コスモスさんが私のチマチマした写真にあこがれるなんて、なんだか面白いですね。
    仏の座をアップして、久しぶりに のらさん の最も古い頃のブログを覗きに行ってきました。やっぱりのらさんの写真は美味いですね。
    色が綺麗。一枚一枚が作品になっています。猫の表情など抜群です。
    仏の座と 姫オドリコソウが並べてあったりして、私の記憶とはだいぶ違っていました。確か小さい花を撮ると腰が痛くなります、と書いてあったように思ったのに、どこにもありません。誰も見ていないか廻りを見て、寝そべって草の花を撮ろうというのはありました。
    記憶と言うのは実に曖昧ですね。自分が写真を撮るようになって初めて、のらさんの写真のすごさが解り始めました。
     
    私はパソコン素人でいまだに初心者なのです。
    誰にも言えませんが、ブログの記事を書く時、途中で違う話題に変わるとき、横線を引きたいのです。でも横線の引き方が解らないので、マイナスの横棒を出してこれを一番長い棒にしてEnter を押します。これを延々繰り帰し、横棒らしきものにしています。
    最近はちょっとしゃれて、☆マークを入れたり、点点にしたりして何とか凌いでいます。
    これを言うと 絶対にどこか難しい所にクリックして行かなければならないのではないかと思ったりして、難しいことは止めようと黙っています。
    いまさら聞けない 中高年のパソコン ABC」

  16. 照れまん より:

      コスモスさん 追伸です
    コメを書いていたら、途中でピュッとどこかに飛んでいってしまいました。
    別段付け加えることはないのですが、
    「今さら聞けない、中高年の パソコン ABC」 ですよね。と書こうとしました。  
    コスモスさんは、投稿したものを、もう一度元に戻す方法を試してみたのですね。私よりやっぱりすごいですよ。私はまだ、ぐずっています。
    では、またよろしくお願いします。

  17. Pu'uwai より:

    みなさん こんばんは
    ええとね、fuさんの言う通りなんだけど、照れまんさんは写真の投稿でupしているから、概要、修正、投稿でOKの筈です。
     
    のらさん、コスモスさん、時々私(両方を併用している) のように写真をフォトアルバムから貼り付けている場合は、
    さらに写真を追加する場合にHTMLから下書保存にしないと追加できないので、この場合は概要ではなく追加にして全コピペする必要があります。
    前の記事を削除すると (私はコメがあるから削除しませんが)、削除した場合は後から投稿した日付になってしまいます。
     
    その日付がずれてしまうのがちょっと嫌ですね。
    ずらさない為には、概要で立ち上げた記事を注意深く訂正して、新たな追加写真はカーソルの位置で合わせます。
    下書き保存が出来ないから、入れたい場所にカーソルを持って来て貼り付けても、写真は左上の定位置に何枚でも
    重なっていきますから下のは見えませんが貼り付いてます。 
    そのまま投稿したくても投稿ボタンの上に写真が貼り付いてますからHTLMLにしないと投稿できません。 (HTMLの投稿ボタンは見えてます)
    投稿したものは写真は狙った位置に貼り付いていますが、写真位置が悪ければ、再度、概要から修正です。
    とまぁ、私馬鹿よねぇ~でいろいろやりました。 二度としたくないと思いましたよ。
    それで、以前、fuさんにアルバムから貼り付ける場合の修正は至難の業と言ったことがありましたね。
    こういうことだったんです。
     
    ちょっと、記事が長くなって照れまんさんすみません。 
    照れまんさんちの井戸は美味しいねぇ。 みんなが集まる照れさんちだから、許してね。

  18. Pu'uwai より:

    再びこんばんは
    のらさん のら2でアニメ見て来ました。 すばらしい!
    ピント、色、構図、もううっとりです。
     
    ええと、あの小さい鐘がお辞儀しているような草、こちらにはいくら探しもないんですよ。
    名前が出てこない、fuさん何だっけ? fuさんもupしてたよね。 ウ、ウがついたてたような気がする。
    fuさんがこんな小さな花だったんだと言っていた奴、、、、? うまずめ? うず、うず、、、エーンわかんないよ。
    fuさんのホトケノザ、up 待っているからね。 私の私らしいの取って置きの1枚隠し持っているのよ。
    チョンボしないでixiで撮ったよ。 
    って、ここは照れまんさんのお家だってぇの、、、、もう鹿島市娘なんだから。
    コスモスさん怖気づかないでね。 

  19. Pu'uwai より:

    のらさん2でした。 さん サン sum すみましぇ~ん (o*。_。)oペコッ

  20. 照れまん より:

        のらさん こんばんは
    下赤阪 のアニメ見せていただきました。やっぱり のらさんはうまいなあと 見とれていましたよ。
    それから私のブログのコピーも見ました。背景が変わるとがらりと変わりますね。自分のブログじゃないみたい、綺麗と思いながら見てました。
    そうしたら、文章のちょっとおかしい箇所を見付けて、書き直さなきゃあと、思ったりしています。
    私は、ブログの記事を投稿してから、写真の大きさや記事を何度も修正しています。修正は出来るのですが・・・。
     
    この前 猫と水仙 の記事の時、最初に載せていた、「夕暮れの水仙」 を一番最初から一番最後に持って行こうとして、ドラッグするのですがどうしても下の記事が動いてくれません。結局写真を削除して、もう一度 貼り付け を行ないました。写真の移動は出来ません。たぶん、何か方法はあるのだろうなと思いましたが、まあ、出来るからいいかとそれ以上は詮索しないようにしてました。
     
    それからもう一つ。下書き保存しているブログの記事が長くかかるものですから、11月に書き始めたものが、まだ下書きのままあります。これを呼び出すのが難しくはないのですが、やや面倒なのです。これを何とか下書き保存の一番最初に持って来たいのですが、どこにも下書き保存の移動 というようなところは見つかりません。他にも10月頃、下書き保存したものがあって、これはあまり記事が進んでいないので、もう一度最初から書き直せばいいかと記事を削除して、下書き保存の一番最初に書き出そうと思っているのですが、一度消すとなかなか もう一度始められません。これもまあいいかと、諦めていました。なんか、いい方法があるんじゃないかなと思いますが、解ろうはずもありません。
    そんなこんなわたしですが、どうにかこうにかやっています。またよろしくお願いします。

  21. 照れまん より:

        Pu`wai さん こんばんはー
    えー、何か書こうと思っていたのですが、何を書くのだか忘れてしまいました。
    思い出したらまた書きます。
    離心円さんがちょっとやる気を出してきたのかなあと、思ったりしています。

  22. fujim より:

    照れまんさん みなさん おはようございます。 もどきクンもどきどきタジタジの泣き言、 これはうれしい悲鳴にチガイナイ^^と心得ておじゃまします。ハイハイこちら、うぬぼれと思い込みは任せてください。のらさんのフォトアニメ見るの懐かし~い。 記事はなくてもアニメだけでもみなさんきっとホッとされると思います。前に私も、センターにするには<center>とすればいいだけですと、おおいばりで説明したら、Pu\’uwaiさんに「MSNにはメニューにセンタリングがあるから簡単です」と、 やられてしまいましたねぇ。Puさん ウ、が付く花は 「ヒメウズ」 のこと? ではでは お邪魔しましたー、  スタスタスタとぼとぼ、、、

  23. 照れまん より:

        Pu`wai さん  Fujim さん おはようございます
    のらさんのアニメ、やはりすごいですね。
    あの中に、仏像の顔が岩に彫ってあるものがありますが、その次の花の写真、なんていうのでしょう。
    YFO 見たいな格好をしています。本当に小さい花で、我が家の庭にもわずかに咲きます。あまりにも小さくて、写真には撮れません。そこをどうにかこうにか、3枚だけ撮っています。
    アップするほどのものではありませんが、もし 名前が解れば教えて下さい。
                                   最近、 あっぷあっぷ している 照れまん です。では、よろしく・・・・。

  24. Pu'uwai より:

    みなさん おはよう
    下の私のコメで訂正があります。
    照れまんさんは写真の投稿でupしているから、概要、修正、投稿でOKの筈です。
    ここね、MSNは一度upしたものを修正する場合、いかなるものも下書き保存の機能は働きませんでした。
    従って、下書き保存しながら修正したい時は、やっぱり追加に全コピペして書き直して投稿して、前の分削除でした。
    お詫びして訂正いたします。  へへへー いつもの思い込みさ、 (^┰^;)ゞェェ
     
    照れまんさん、分ける為に横線を引くのは
    編集で記事書いている時に、上にツールバーが出てますね。その中の挿入マークの地球にクリップみたいなアイコンの隣の隣
     
    A    2つ右横のA-A のアイコンをクリックすれば罫線がパッと入ります。
    ー   fuさんありがとう、それそれ「ヒメウズ」 この花好き
    A   ホトケノザ、取って置きのを出したぞーーーー。 fuさんのは?     
        fuさんよく覚えているね・・・・センタリングって言うの そんなこと私いったっけ? 当人が覚えてないよ。
        照れまんさん下書きを上に持ってくるのはどうやるのか分りません。
        フォトのドラッグねぇ、そんなことしたことないよ。 アルバムでならするけど。
        ああ、あまりあれこれ頭を使ったからしばらく春眠 引きこもりま~す。

  25. コスモス より:

    照れまんさん、おはようございます!
      のらさんのアニメを見てきました。 コメを書かずにおれなくて、
     え~と、このラン、欄、蘭、覧をおかりして、照れまんさんごめんなさい。
    息をのむというか、息もつかずというか、身動きもしないで最後まで見ました。
    道端の、うっかりすると踏んでしまいそうな草が、これほどに晴れやかにスポットライトを浴びているのに感動しました。
    のらさんのとぎ澄まされた感性は、そんじょそこらにはありませんよ。
    すばらしい! としか言いようがありません。

  26. fujim より:

    花の様子がよくわかりませんが、似ていますか?トキワハゼ

  27. fujim より:

    または サギゴケ ? チガウか、、、^^

  28. 照れまん より:

         Fujim さん ありがとう
    トキワハゼ 間違いございません。図鑑に綺麗な写真が載っていましたねえ。これは抜群です。
    これは小さいんですよ。1センチはありません。目に入れると痛い大きさですが、とにかく小さいです。
    我が家のは、栄養が悪いのか特別小さいようです。ちょっと見ただけでは気が付きません。
    野草の のらさん だからですね。
    Fujim さん ありがとう。Fu さんに 仏の座布団一枚!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中