照れまん君の俳句歳時記 「紅梅」

  紅梅にほしておくなり洗ひ猫     一茶
       
    「梅」は春を代表する花。
 俳句歳時記には、かなり多く「梅」の説明がなされています。
 「白梅」と「紅梅」が別々に書かれていますので、まず白梅のほうを書いて見ます。
     白梅は早春の季語。
 白梅の咲いたあとに、雪が降り積ることがあります。
季節的には、「冬」に入れてもいいような気がしますが、やはり春。
「春告草」や「好文木」(こうぶんぼく)・「木の花」(このはな) ほか
色んな呼び方があります。
            
            
 梅は品種が多いので、俳句季語には傍題・言い換えが沢山載っています。
」・「むめ」・白梅」・「臥竜梅」・「青竜梅」・「残月梅」・「飛梅」・「鶯宿梅」
野梅」・「枝垂梅」・「老梅」・「梅林」・「梅園」・「梅の里」・「梅屋敷」・「梅見
盆梅」・「観梅」・「梅の主」・「梅の宿」  などなど・・・・。
       
  紅梅白梅に比べると、少し咲く時期が遅いので、暖かくなっていて観梅には
丁度いい。
 紅梅が咲くと一気に春が来た感じになる
 「日本大歳時記」には、「紅梅」は「春」の季語として単独に掲載されています。
「紅梅」の他、「未開紅」・「薄紅梅」 などが載っています。
       
            梅
 被子植物門・双子葉植物綱・バラ目・バラ科・サクラ亜科・サクラ属・
 スモモ亜属    梅 ウメ
 梅の木が バラ科で、サクラ属で スモモ亜属というのが面白いですね。
  学名 : Prunus mume   Siebet Zucc
       (明治期にシーボルトが命名と書かれています)
  英名 : Japanise apricot
  原産 : 中国    揚子江流域
             
             
 梅は古くから詩歌に沢山詠まれています。
 俳句にもたくさん詠まれていますので、まずは白梅の詠まれた句を少し
紹介してみます。
      むめがゝにのつと日の出る山路かな      芭蕉
 この句は「梅が香に~~」と現代表記されたものもあります。
芭蕉の有名な梅の句。どこか旅の途次でしょうか。
 朝、早立ちをしたのでしょう。木が覆いかぶさって、暗い山道を歩いていたら
急に道が開け、太陽が出てきたのです。里の方に白梅が咲いているのが
見えるのですね。
 突然、山に住む化け物が出てきたように、お日様が「のっと」出てきたという
のが面白いですよね。
 当時としては、斬新な表現だったでしょうね。
         
      しら梅に明る夜ばかりとなりにけり        蕪村
 蕪村の句は、辞世の句 。最後に口述筆記で、弟子に書き取らせたもの。
自分はもうすぐ死ぬであろうと解っている。それで居て、なぜかこんなに
明るい句を詠んでいます。
 ようやく、人生のいろんなことが解ってきて、いいものが描けたり詠んだり
出来るようになった。そう思った頃には、もう死ななければならない。
その悔しさ、口惜しさ。普通なら、そういう句を作ります。
しかし、この句を読んでも、そのような感じはあまりしません。
 最期の最期に、芭蕉以来、俳句が興隆し始め、自分の弟子達も成長し、
俳諧の未来やこの国の未来に、明るい希望を見ていたのでしょうか。
俳諧というのは、やはり諧謔、可笑しみなのでしょう。
私のような凡人には、到底 到達することのできない境地のような気がします。
            
 次は紅梅の句です。
      母好みし紅梅昏れて忌日暮る    大野林火
        (ははこのみしこうばいくれてきじつくる)
 お母様がとっても愛されていたのが、紅梅なのでしょう。
命日が来るたびに、母上様のことが思い出されるのですね。
きっと、やさしいお母様だったのでしょう。 
 さてさて、次はいよいよ最初に書きました句。
   
      紅梅にほしておくなり洗ひ猫     一茶 
            
 一茶らしい句です。一茶は猫を飼い、とても可愛がっていたようです。
猫は水を嫌がるので、おとなしく洗われたということは、とても馴れていた
のでしょう。
汚れているのを、キレイに水で洗ってやり、日の当たる縁側か筵の上に
座らせて乾かしているのでしょうね。
 もしかしたら、飼い主が本当に紅梅の枝に猫を乗せているのかも知れま
せん。
梅ノ木は横に枝が伸びますから、丁度具合のいい枝があったのでしょうか?
それを見ていた一茶が、あたかも洗濯物を干すように、
「紅梅にほしておくなり~」と、詠んだ。
 そんな、面白い想像が出来ます。
 実に楽しい俳句です。
            
 
「ニャンやニャンや!
 ボツボツわいの出番とちゅうか?
 いつでも、モデルになったるでー。」
 もしもし、モドキ君。君の登ってるのは杏の木。違うのよ、残念でした!
今回のテーマは こ・う・ば・い! 
「なんや、買い物に行くのか?」
あのねー。その、購買じゃあないの。紅梅! 解るかねえ? ウメ。
「生めよ増やせよか?」
ちょっとー、うるさいから、もうそこで寝てなさい。
「せっかく、モデルになったろうゆうのに。一茶のように、後世に残る俳句を
作ったらええのにと思うたのにニャア。そんな、ちんけな心をしてるさかいに、
ええ俳句がでけへんのやないかニャ?」
ほっと移転か?大きなお世話です。イッサ い お構いなく!
             
「ほな、わいは寝るしかニャいな。
芭蕉に蕪村に一茶の句を載せとるんニャからな。 ウメ~句を書かんと
あきまへんで! ほなニャア、・・・   オヤスミ!」
本当に ヤバイ(野梅) こと言うね、モドキは!
        
 「紅梅にほしておく也洗ひ猫」
 この句は、 七番日記  (化 12) の中にあるようです。
これには『自筆本』というのがあり、その中に、(異) として、このように
俳句が書かれているようです。
      紅梅や縁にほしたる洗ひ猫
 
 「」 という切れ字や 「・えん」 えんがわ が書かれています。
この句ならとてもよく解りますよね。
 春は雨が多いので、道もぬかるんでいたりして猫も汚れていたので
しょう。それを、キレイに洗ってやり縁側で乾いた布で拭いてやり、
お日様に当てて乾かしているのでしょう。
 その庭には綺麗な紅梅が咲いているのですね。
 この句でも、随分いい句だと思うのですが、一茶さんはもう一つ 気に
入らなかったのでしょうか?おそらく、イマイチ自分らしさが出ていないと
思ったのでしょう?
          
 そこでもうひとひねりして、「紅梅に干しておく也洗い猫」 と、より面白く
したのでしょうね。
 この方がずっと面白いと思ったのでしょう。
 なるほど成る程。 これなら、納得。これで、納得。    スッキリ!
 この他にも、     「紅梅に髭をほしたる法師哉」
の句も見つけました。
     梅の句だけで百句はゆうに超えています。
 (書いてあるものにより、梅・むめ・んめ、 なり・也、 かな・哉 など、
          表記が違っていますのであしからず)
        
 上のピンボケの写真を撮った後、カメラが壊れてしまいました。
修理不能。
花びらも、散ってしまいました。
う~~っ、  残念!
            
                   はなびらのなみだ?
 では、最期の一枚。
        
      楽しみはブログ紅梅咲きにけり      照れまん
 少し前に「白梅」を載せましたが、
 今回は、庭の「紅梅」を載せてみました。
            
            
            
       
         
            
              
広告
カテゴリー: 俳句・植物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「紅梅」 への19件のフィードバック

  1. Pu'uwai より:

    紅梅にほしておくだって、、、梅の木に猫吊り下げてどうすると一瞬思ったのよ。
    干しておくってそういうことでしょう? 
    最近うちのゴンも大分臭くなって洗うかな。どこに吊るしておくかな。
    照れまんさんの最後のカメラ遺作品がこの梅なんだねぇ~・・・・・・それにしては鮮やかな、これでもかっていうような紅だねぇ。
    梅にも照れまんさんのカメラの運命が分っていたのだろうか? お別れが乗り移っているようないい写真が撮れてるねぇ。
     
    楽しみはブログの仲間が増えたこと  ライターで頭を絞り、仲間に助けてもらって、照れまんさんの気持ちがよ~~~くわかりました。
    まぁ、何とかなったからちょっと休憩して、 近々花の在庫一掃するね。
    もどきーーー うちにももどきのもどきが来るぞー。

  2. fujim より:

    ほしておくなり、は 本当に干しておくなりだったんですねぇ^^。   そこにじっとしてるのよ、、、すると猫はまるで招き猫のように片手を挙げてはみたけれど、 その手をどうしたものかと顔などちょっと拭く真似などして、、、そこまで、それ以上動くのもうむむむ、 ま、 シャーない、 紅梅の連れのように澄まして、 しばらくここで干されとこかと、、、^^。この紅梅が見えなくなったら、 命日の今日一日も終り、、、見えてる間中お母様に語りかけていたんですねきっと。さあ咲いた咲いた! むひひこれでまたブログに載せられるぞ。 楽しみ、楽しみ、、次から次にいろんなモンが巡ってきて、ブログに載せてくれと追っかけられてる照れまんさんのうれしい悲鳴! 「楽しみはブログ」ポンと言い切って、う、う、う、とてもいい!紅梅、 出ましたね!  紅梅とはいえ、ほんとに紅を溶いて染めたような色です。 花は散った姿も無視できませんよね~、 散っても絵になるのに、 壊れたカメラは、く、くー><ー・゜゜・。 それで最後に一枚一枚丹念に染め上げたような色に、、、。カメラはピンボケかもしれないけどこれもすごい、 と写真は下からじっくり見てるんですけど、蜜を吸ってる虫だけではなく、なんと、メジロ? (う、うぐいすじゃないよね?) どこかから持ってきてくっつけたの~!? したたるような紅に、 このメジロもあってなるほど、 楽しみはブログ紅梅ムッヒッヒになるはずです。

  3. 照れまん より:

       Pi`wai さん おはようございます
    あわわわ・・・・。そうだわ!  Puお姉様の解釈の方yが、合ってるは。
    私は ハナから、洗った猫を 縁側 とか ムシロ の上において、乾かしているのだとばかり思ってました。それを、ある角度から見ると梅ノ木に干しているように見える??
    ジョー句 だろうな・・・、と勝手の解釈していました。
    確かに、いわれればそうですね。
    枝ぶりのいい紅梅の木が横に伸びてる所があって、そういう所に乗せているのかも知れませんね。地面に降りるとすぐに猫は寝っころがlって汚れるので、汚れないように枝に置いた。飼い主が、乾くまでここにいろ・・・・、何て言っているのかも知れませんね。
    それを見ていた一茶が 「 紅梅にほしておくなり~」 と詠んだ・・・?
    その解釈の方が合ってるような気がしますねえ。
    これはエライこっちゃ。文章を書き換えんといけません。
    ゆうべ、コメを読んだ後、 そうだは~~~、と思って、この句についての解説を探しましたが、見つかりません。
    もう一度、検討しなおして、考え直してみます。
    ありがとうございます。

  4. Pu'uwai より:

    照れまんさん
    ええ、そういうことなら、猫は枝に乗せておいたって降りて来ますよ。じっとなんかしてません。
    本気で吊るし干しなら、猫のおなかを手拭で巻いて枝から吊るす、、、これなら乾くまで猫は動けません。
    大体、紅梅の咲く頃に猫を洗ったら猫が風邪引きますよ。私ならドライヤーのない時代の冬や早春に猫洗いません。
    猫が可哀相ですよ、 冷たくて寒くて、いやなこったと猫が怒りますよ。引っ掻かれます。 
    まぁ、一茶さんは酔狂なお方だったのでしょう。
     
    しまった、めじろ書き忘れたと思ったら、fuさんしっかり書いているねぇ。
    めじろよ、鶯じゃないよ。
    この紅梅見てから、自分の紅梅見ました。 今回は照れまんさん、  「まいりました」  座布団返上します。
    次こそ、今度こそ、、、、なにしろ相手はもうあのカメラを持ってないな、、、、、ヌヒヒヒ  

  5. 照れまん より:

       Fujim おはようございます
    梅にウグイス ならぬ 目白 でした。 
    実は狙っていて、廊下に寝そべって3倍ズームにして、カメラを動かさないように肘を廊下に付けて固定して・・・・。待っていたのです。
    そして撮ったのは・・・全滅でした。
    小さくて小さくて、どこに目白がいるのか解らないものでした。それに内蔵ズームを3倍にすると、映像が ジガジガ したような暗っぽい物になって、使い物になりません。全部没でした。
    そんな時、しゃがんで地面の落花を撮っていたら、偶然 目白が飛んで来てくれたのです。間違って来たのでしょうね。
    慌てて一枚、そして倍率を2倍くらいにして二枚。合計三枚撮りましたが、すぐに人がいるのに気が付き、逃げてしまいました。
    2枚目・3枚目はお尻方向しか写ってないので、これも没でした。
    あの、暇人さんの 鳥の写真が いかにすごいか解りますよ。素人は鳥なんか、絶対に撮れません。
    はっきり言って、のらさん や 暇人さん はプロです。
    わたしなんぞは、鳥が撮れただけで嬉しいですからね。ヤッター~、メ・メ・ メジロ を撮った~~なんてね!
     
    それより今は 「紅梅にほしておくなり洗ひ猫」  の解釈で頭を悩ませています。う~~ん。
     

  6. fujim より:

    ねこをきれいにしてやって、 乾かしてやらないとナーとタオルにくるんで外に出たんです。 外は春の日差しが振りそそぎ暖かい、 庭の紅梅も日差しを受けて暖かそうに咲き誇っている。  おお、 あの紅梅と一緒に干してやろうか、そしたら気持ちよく乾くに違いないよ^^エヘヘ、 とそう思ったんですよ。そこで木の下の筵に座り込み、 拭いてやったり筵に座らせてみたりしながら、 紅梅を愛でていたんです。いいモドキ、 ここにじっとしてなさい、 だめだめ付いてきちゃだめよ、 まだしっかり乾いてないやろが、いい? 今カメラ取って来るからね。  きれいになったところでモデルになりたいんやろ?Puさんの言うとおり、ねこは枝の上でじっとなんかしてないと思います。ワカメなら吊るして干しますが、 ねこを吊るすなんてナンという発想をするんです。 いやしくも俳人はそんなことはしません。紅梅と一緒に干したろか~^^と、 ねこも紅梅も愛しいと思ってる一茶さんのやさしい感情が、よ~~く顕れている句ではないですか。と、これでどうです?^o^ノ?

  7. 照れまん より:

       Pu`wai さん こんにちはー
    Pu お姉様のお陰で、俳句を調べることが出来ました。ありがとう・・・・。
    解決編を書き加えておきました。
    やっぱりそうですよねと、納得しました。
    猫を 梅ノ木 に乗せても、すぐに降りちゃいますよね。ガハハです。
    でも、とっても面白かった。  またよろしく・・・・。
     

  8. Pu'uwai より:

    照れまんさん さすが俳人 いい解釈ですねぇ。
    fuさん 久し振りに吹き出して、まだニヤニヤしてるよ。 ええ、ええ、私は俳人とは程遠い女ですよ。
    最近、とみに俳人ぽくなってきたどなたかさんとは、比べられませーん。
    単に、言葉から正確に汲み取るとそう思いませ~んか?。。。。 じぇんじぇん、 あっ、そう! うじうじ!
    今日天道虫を接写で撮りました。 後で(多分今夜) upします。
    ノーカットでこれが天下の○○ノン、3cmデジタルマクロの威力です。

  9. 照れまん より:

       Fujim さん こんばんは
    自分で解説を書いていながら、だんだん自信がなくなってきて、慌てましたよ。
    もしかして、梅の木の枝に乗せたのか?バスケットみたいなものに入れて吊るしたのか?そういうことが、ありうるのか・・・・などと。
    でも、やっと見付けて安心しました。
    原句  「紅梅や縁にほしたる洗ひ猫」 の  や で切れれば、庭には紅梅が咲いている。その縁側で洗った猫を乾かしているというのがよく解ります。
    これを なぜ 紅梅に~ と に にしたのでしょうかね。紅梅にほしておくなり~  と、縁をなくした。 
    やっぱり、ずっと この方が面白いと思ったのでしょうかね。
    お陰で勉強させてもらいました。久しぶり、花筏 以来かな。といっても、ただパソコンで調べただけですけどね。
    いやー、面白かったですよ。 
    ちゃんと調べて書かんと、いけませんね。また、よろしく・・・・。
     

  10. fujim より:

    むかし、 お年寄りが筵を敷いて甲羅干しってしてませんでした?  「ほら、あんたも来てここで干されとき」目の前には紅梅ならぬワカメが干されていて、 ちょっと色気がありませんが^^。「私もちょっと干されとこ~」 とそばに座って小休止、 ちょっとのんびりするんですよ。私はまだ 「や」や「かな」 がなかなかびしっと使えずにいます。「冴え渡る雲の梢に千の風」 や 「暖冬に着てみては脱ぎ旅支度」 これも、「に」を「や」 にした方がいい (「ぎ」を「ぐ」)と言われてはじめてなるほどこれが切れ字、 と感心するんですが、 言われても素人の私にゃぁなかなか思い切って使えません^^。だから 「干す?」で甲羅干しを思い出しニヤっとしましたが、 ほとんど違和感なく、、^^どうやって干したかなんて思いもせず、だいたいぼぉーと感じで生きてるモンでーー;; (だからものが覚えられな~いーー;;)一茶さんはもちろん切れ字を使った方がスッキリするのは分かってるけれども、 わざと曖昧模糊にして楽しんだんでしょうね。うふふ、ときどきはこのくらい考察?^^?するのもいいですねぇ。ところでPuさんの御天とさん、たぶん今夜って言っておきながら、まだ見られないよ。さてはデジタルマクロの威力が発揮できなかったかー?

  11. 照れまん より:

       Fujim さん こんばんはー
    連休は 皆さんお忙しいのでしょうか。旅行などに行かれるのでしょうか。
    ところで、Fujim さん の俳句 二句。どちらもなかなかいい句ですよ。
    最初の句の  雲の梢  がなかなか出来ませんよね。これはかなり面白いですよ。改めてみるとなかなかいい句だなあと感心しています。
    二句目は 冬なのに暖かいし 旅行に着ていくものを選んでいる。寒さ用意をしたほうがいいか、ちょっと薄いものでも大丈夫か?迷っている所がよく出ていますよね。これも、なかなかいい俳句だと思います。
    俳句って、作ろう作ろうとしても、なかなか出来ませんね。それが、ひょんなことで ポッ と出来る事がありますよね。
    私は、毎月 たった五句に苦しんでいます。
    今でも投句すると、たいてい添削されてますよ。大笑いです。何で直されているのかよく解らないんですよね。自分の作った方がいいんじゃないかと思いながら、ふてくされて、ああでもないこうでもないと、書き直しています。
     
    普段 庭の花を見ても俳句などは出来ません
    新しい発想や発見などというものはなかなかありません。だからいつも、のらさんや Puお姉さまや Fujimさんや KENさんや コスモスさんや その他の人の所を訪ねては、俳句の材料探しというか、ネタ探しをしています。本当はいけないと思いながら・・・。
     
    ところで、Puお姉様のところをさっきも訪ねてみたのですが、お天道様はまだ出てないようですね。
    忙しいのかもしれませんね。それともパソコンの調子がすぐれないのかな?

  12. コスモス より:

    こんばんは~!
    照れまんさんのブログはいつも大作ですね。
    写真あり、俳句あり、もどき君主人公のドラマあり、内容も深くてとっても豪華です。
    そしてみなさんの熱いコメのやりとりを楽しませていただいてます。
     
     
     

  13. 照れまん より:

        コスモスさん こんばんはー
    お褒めに預かり、光栄でございますですよ。
    アップしたあとで、勉強してるんですからね。ドジでのろまです。
    先に勉強して、ちゃんと書いた後でアップすればいいのに・・・と、思うのですが・・・・。
    何度も何度も書き直して、やっと今のような姿になりました。
     
    モドキ は木登り上手なんですよ。夏の暑い日には、葉っぱの生い茂っている木に登って、涼んでいます。

  14. KEN16 より:

    ホントに本当にご無沙汰しております
    照れまんさんの眼の前には、どんな引き出し?整理棚?宝箱?・・・等など・・・が並んであるのでしょうか?
    それにいつもユーモアの後は沢山の蘊蓄のお話やフォトが次々と取り出されてくるのは驚きです!
    それは、ネダメ・・ならぬトリダメの玉手箱があるのですねーえ!またゆっくりと寄らせてください

  15. fujim より:

    照れまんさん こんばんは~、 ふ~疲れましたよー、 疲れたよー、 って、ここに来て寛いでもらっても困る? ですよねー^^。土日が休み、 ゴールデンウィークは休みと言う人はいいですよねー。 私たちはそういう休みがないですもんねー^^。何をしたわけでもないのに、 ブログ一つ仕上げただけなのにすごく疲れた感じですよ。まだまだ撮った写真はたくさんあるんですけどね、、。  ま、そのうち何とかなりますか。盆栽の写真をカメラのキタムラに持っていったんですが、 「春の写真大募集!!」 のチラシを貰いましたよ。募集期間は6月8日まで。  一眼レフは付いてないけど30万円の儲け話ですよ~~。といっても今の私はウチも外もカラッポで、 全然食指が動いてませんけど^^。カメラのキタムラ   左側の TOPICS のところにある 四季のフォトコン2008春 です。 その下に去年秋の入賞作品もあります。Pu\’uwaiさんが来ちゃったらPu姉にも教えてあげてくださいねー。 日が落ちたらまだ寒いですよ、ストーブつけました。 気温差には気をつけましょう。   ふ~~、おじゃましました~^-^ノ。

  16. 照れまん より:

       KEN さん こんばんはー
    長い物にお付き合い下さいまして、ありがとうございます。
    これに懲りませぬように・・・。
    書くうちにだんだん長くなってしまいまして、大笑いです。
    昨日、今日はすごく暖かかったというか暑かったので、さすがの鳥取の残雪ももう解けちゃったでしょうね。
     

  17. KEN16 より:

    遅くなってごめんなさい 
    今日は少し曇ってましたが、微かにお山の残雪が見えました。
    連休に何とか暇を見つけて上がってみたいなーァ!またまた・・・

  18. Somchan より:

    Ohayo 照れまんさん
    ^_^   A cat look like naughty.
     
    lovely .. lovely
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中