照れまん君の花 「シラー・ペルビアナ」

          シラー・ペルビアナ 
            (1)
          
                                                               08 04 24
  5~6軒先の空き家の庭を覗いて見た。
  草ぼうぼうだが、いくつかの花が見える。
  そこで、中に入って見る。
  草むらの中に、見たことの無い 青くて小さな花が咲いていた。
  失敬して、写真をパチパチと撮らせてもらう。
        (2)
        
                                                                          2009 04 20
 青い星のような花。マリンブルーがとても美しい。
 名前が解らなかったので、パソコンのファイルには
 「青い流星群のような花」 と仮の名前を付けていた。
                                    (3)
          
  花の上に小さなバッタが止まっています    08 04 21
  被子植物門・単子葉植物綱・ユリ目・ユリ科・ ツルボ属  
             シラー・ペルビアナ
  最新のAPG体系では、  ヒアシンス科・シラー属
         
  和名 : オオツルボ  大蔓穂
               
  学名 : Scilla peruviana
           シラー は有毒・害になるという意味 鱗茎に有毒成分あり。
  ベルビアナ は 17世紀スペイン南部で発見され、イギリス
 に持ち込まれた時の船の名 「The Peru」 号に因む、
 と書かれたものがあります。
  原産 : 地中海沿岸  スペイン・ポルトガル又はアルジェリア地方
      
  最初に見つけた花は小さかったが、10日くらいたった後、
 もう少し先の、空き地へ行ってみた所、もっと大きな花を見つけた。
             
  それが、下の写真。
                                (4)
        
                                                   2008 05 06
   ツルボ・蔓穂 とは、蔓飯粒穂 が短くなったものらしい。
  翌年、2009年に撮った写真を追加。
                 (5)       
         
                                                              2009 04 20
             
  花言葉はサイトによって違うので困ります。そこで、見付けたものを
 全部載せてみます。
  花言葉 : 恋の呼びかけ・志操堅固・辛抱強さ・多感な心・
        美は常に新しい
        (6)
        
  シラー属は、80~90種類の仲間があるようです。その中には
 ツリガネズイセン などがあるようです。
  俳句歳時記 で探してみましたが、まだ シラー・ペルビアナは載って
 いません。あちこちに咲いていますが、まだ歳時記には、認知されて
 いないようです。
  では、このあたりで、最期の写真にします。
           (7)
        
                                                    2009 04 20
  今回は、とても美しい、青い星座のような花。
  「シラー・ペルビアナ」 を載せてみました。
      
広告
カテゴリー: パーマリンク

照れまん君の花 「シラー・ペルビアナ」 への14件のフィードバック

  1. fujim より:

    すごいすご~~い!! パーっと開いたところまで撮るところは根性発揮!きれいきれい、青い花いいねー。  うーん、近所に宝庫があるのぉ、、、いいねいいね、、、また来ますよ。

  2. 照れまん より:

      私の村は 空き家だらけです。
    かつては綺麗に手入れされた庭であったろうに、今は荒れ果てています。
    そんな中に、時々入らせてもらって写真を撮っています。
    何が出てくるか解らないので、ちょっと恐いのですが、色んな花が咲いています。
    ただ、咲いているだけでは可愛そうなので、そんな花を、時々載せてみます。

  3. fujim より:

    空き家という言葉で、前にブログに載せた句?を思い出しました。廃屋となりて主のガクアジサイ  廃屋の主となりぬ額紫陽花主がいなくなって庭の雰囲気は変わっても、 季節がくれば花だけはまた咲きますね。強ければ毎年同じように咲き、弱ければ消えていくんでしょうかね。青い流星群、ぴったり^^。  はなびらが本当に星のように開いてます。  最後の写真なんかみごとに全体も広がっています。感じはアガバンサスに似てはいますが、 小さな花ということは、 大きさはずいぶん違うんでしょうかね。とてもきれいな、好きな色です。 バッタがどこどこ? おー真ん中のあれね。  青い星座で遊んでる気分かな~?

  4. Pu'uwai より:

    こんばんは
    オオルツボ、きれいに撮れてますね。
    私も以前1枚だけ撮ったのが自分では気にいってたのにどこかに紛失してしまった。ブログに小さく載せてたけど、、、
    アガパンサスよりも、ペンタスの星のような花に似てますよ。
    星のような花が丸くかざぐるまのように咲いていて、葉はヒヤシンスを尖らせた感じで光沢があります。
    草丈は、アガパンサスよりずっと低くて2、,30cm位です。球根だから毎年咲きます。
    1枚め、2枚目はほぼ実物大の花か少し大きいかな。
    今は、すっかり無くなってしまったので、大きさがいまいち、おぼろげになってますから、、、、、自信はないけど。

  5. 照れまん より:

         Fujim さん こんばんは
    ガクアジサイを 何度も写真に撮っているのに、まだ俳句が出来ないでいます。
    廃屋となりて~   の句、どちらもいい句ですね。
    これは、はいおく と読ませるのでしょうか。 今はもう誰もいなくなっていて、其処に ガクアジサイが咲いている。
    廃屋の主となりぬ額紫陽花   の方がピッタリ来るかなあ?今はもうすっかり額紫陽花が主人になっている。
    そんな感じが、二句目のほうが俳句らしい言葉遣い・・・・・ですよね。
    この句は何だか面白くなりそうなので、もう少し考えて見ます。
     
    そういえば、昨年 Fujim さんが紫陽花の写真と俳句を載せていましたよね。
    たしか、 「あじさいの淡きもありてなぐさまん」  という感じの句ではなかったかと思います。
    これは、かなり個人的な俳句ですよね。読み手には、何を慰めるのか、なぜ慰めるのか よくわかりません。
    いわゆる、主観句と言うものでしょうか。その主観の部分が解ればすごくいい句になると思うのですが、これは難しい。
    青い色の中に、淡い色があるとなぜ慰められるのか?
     
    実は、あの時 あの写真を見て、私も紫陽花の句を読んでみました。
      「朝靄 (あさもや) に紫陽花の青うつるほど」
    イマイチなんですよね。もう少しインパクトが足りないなあと思いつつそのままにしてました。
    以前に作った俳句ですけど、
       「門前にてすでに紫陽花寺であり」   上句が六文字になってしまっています。これを何とかしなければと思いつつ、これも放っています。
    門の前  がいいか?なかなか、俳句は スコーンと出来ませんね。
     
    アカパンパスの花、そう言われれば何となく似ています。同じ位の大きさです。高さがちょっとアカパンパスの方が高いし、一つ一つの花びらも大きいような気がしますね。実は、我が家にあるのです。蕾がだいぶ出てきているので楽しみにしています。

  6. 照れまん より:

         Pu`wai さん こんばんはー
    シラー・ベルビアナ ちゃん 載ってましたね。まったく同じでいいですよね。
    オオツルボ ちゃん 間違いないですよね。 そちらの写真も良く撮れているではないですか。
    それから、アカパンパスも やっと名前を見つけたのですよ。
    昨年、デジカメを持って最初に撮った花が、アカパンパスでした。当然名前は知りませんでしたし、こんな花が咲いているのも知りませんでした。
    写りがすごく悪いのです。全体が薄い色で見せられるようなものではありません。
    Pu御姉様の シラーちゃんは立派なものです。
    それで、今年はもうちょいとキレイに撮って、アップするぞとパンパースちゃんが咲くのを待っています。
    花の名前も本当に知らなかったのに、だんだんと覚えつつ・・・。昨年に比べたら、ものすごい進歩です。

  7. yasuko より:

    お久です! オイラを覚えてますか? ようやく、spaceに帰ってきましたよ!
    いつの間にか、大人気のブログになったんだねぇ。 オメデ!!

  8. Pu'uwai より:

    照れまんさん  
    白対江 ⇔ 白村江   アカバンバス ⇔ アガパンサス   百合(ゆり)科  学名 Agapanthus : アガパンサス属
    アガパンサスは 「ぎぼうし」 とも似てますね。 照れまんさんのうちにはきっと、「ぎぼうし」 もあるんじゃありませんか。
    父は植木が大好きでしたが 「ぎぼうし」 を池のまわりに植えてました。
     
    離心円さん
    おひさしぶりっす。 お土産話と写真、写真、待ってましたよ。

  9. fujim より:

    照れまんさんに言われると、 俄然どちらかと言うと 「主となりぬ」 の方だ、 と思えてきましたよ。「廃屋となりて・・・」の方はモロ説明的で、 これで主になったぞとオオ威張りしてるようですよね。 その点、「なりぬ・・」の方は今までずっと続いてきた主にも、思いをはせてるような気がします、よね? えー?そこまでは分からない、、、><そうっかー;;
    淡きもありての句は、言われるとおりとても個人的で、 とても内容を説明し切れませんよねぇ^^、 そんな句は作るなーですけど、ちょっとは言ってみたい、、そんな気持ですね。元来私は根暗です。 菅原洋一の歌う今日でお別れやラ・クンパルシータを聴いた時のような、 何かわからないけど涙が出そうなと言うか、、(><想像に任せます;;) そんな気持におそわれることが、あるじゃないですか。 (いえいえそんな人とお別れした経験があるわけではないのですが、ね^^。 たまたま昨日、 聞いてジーンとしたばかりなので例えたんですが、、^^ゞ)。  (あまりにも長いので、この間はカットしよう^^)「紫陽花やみんな違ってみんないい」 さし向き金子みすずなら、こうやってのけたでしょうか^^、、、。文章にすると、ブログのコメントにはあるまじき長さになってしまいますが、実際は長々とぐじぐじしてるわけではアリマセンよ^^。チラッと思って、でもいいじゃない、紫陽花だって青いばかりじゃなくて、淡いのもあるからこんなにすばらしい眺めになってる~! というほどの気持です。 でも主観句過ぎます。 「朝靄に紫陽花の青うつるほど」 素直にこんなきれいな句から攻めていった方がよかったと思います。私の感じとしては・・紫陽花の青、までバッチリです。  下5文字が素直でいいのか物足りないのか、、私には判断できません。えー、長々と末席を汚し失礼をば、、m(_ _"m)pekori;;、ありがとうございました。 あらっ、照れまんさーん、 単純な私は、そうかアカバンバスだったかー?と思ってしまったじゃないですか~><。アガパンサスでいいんですよね^^♪   ではでは、、

  10. 照れまん より:

        Pu`wai さん こんにちは
    アガパンサス これで間違いないですね。ノートの走り書きにアカパンパスと間違えてメモしていました。
    パソコンで検索したら、アガパンサス の間違いではないですか?とちゃんと指摘してくれました。賢い奴です。
    ありがとうございました。これでまた調べられます。
    アガパンサス のすぐ下に、アリウム・ギガンテウム というのもメモしてありました。
    どこかのサイトで見かけたので、名前をメモしたらしいのですが、名前を見ただけではどんな花なのか思い出せません。
    名前さえ解ればすぐに呼び出せるのがいいですね。本当に花の名前は難しいです。
     
    今日は梅雨の中休み。裏の畑で草刈をしていますが、その草のにおいがプンプンしてきます。

  11. 照れまん より:

        離心円さん おひさしぶり
    ウン とも スン とも言わないので、お母様のお具合でも悪くなられたのかなと 心配してました。
    でも安心しました。
    ドイツ人のお友達?それとも日本人のお友達?
    写真には、日本人は写ってないね。

  12. 照れまん より:

       Pu`wai さん   Fujim さん こんにちはー
    きのう、インターネットを見ていましたら、私のブログの古い記事の人名の漢字が間違ってはいませんか?という記載を見つけました。
    それで慌てて見に行った所、漢字が間違っていました。すぐに直しましたけど、冷や汗もんです。
    ノートを見るとちゃんと書いてあるのに、漢字の変換で間違ったみたいです。
    セセリチョウとロッキード の記事でした。
    あんな古いのを見に来る人がいるのですね。

  13. 照れまん より:

          Fujim さん こんにちはー
    この前の 二つの俳句ですが・・・。
     ①  「廃屋となりて主のガクアジサイ」   
    こちらの方は、少し時間的経過が短いように思いました。廃屋になって、まだ間が無い、2~3年とか4~5年とかいう感じ。
    廃屋となりて~  の なりて が比較的最近空き家になったので というような印象を受けます。4~5年前までは人が住んでいたのだが、今は空き家になっています、という感じ。そして、「主のガクアジサイ」というと、ガクアジサイがちょっとあつかましく、主になり代わっているようなイメージが浮かびます。
     ②  「廃屋の主となりぬ額紫陽花」
    こちらの方は、かなり以前から空き家になっているような感じがします。
    10年とか20年以上前から、誰も住んでいないような。
    久しぶりに そのうちの前を通ったら、額紫陽花がものすごく大きくなっていて、すっかりこの家の主のようになっている。
    誰もいなくなっても、毎年毎年 律儀に、この時期に花をさかせていたんだね・・・というようなアジサイとの相聞歌のような感じにも取れますよね。
    こちらは、主がいなくなったので、自然に主になったような感じを受けます。
    なりて と なりぬ の なり  が 前に付くか 後に付くかで 随分イメージが違って来るように思います。
    それで、② の方が 廃屋が古い感じがしますし、自然な感じもありますし、優しい感じがしますので、こちらがいいかなと思いました。

  14. fujim より:

    そうですね、そうですね。 ありがとうございます。 思いつきのようなこんな句を丁寧に読んでくださって感謝しています。自分で作っておきながら、 説明を聞いてパッと情景が具体的になった気がします。自分だけではなかなか前に進まず、 ここまで思いが至りません。言葉を変えて並べてみても脱出できないと言うか、離れた視点から見ることができずにうろうろしてるだけです。というよりも放りっぱなしという方が正しいです。 そんなことではダメですね^^。今回は考えるいいチャンスになりました。ありがとうございました~!これからも、ときどきでいいですから(年中付き合っておれるかー!と言われそうなので^^)、よろしくお願いします。今日は、セセリチョウとロッキードねぇ、と前の分を読み直していって、 下痢して大熱だした気分で兵隊さんの話など読んでうるうるしたりしてました。 (ホントに下痢したわけじゃありませんよ、そんな気分になっただけですよ、念のため、、^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中