照れまん君の俳句歳時記 「木蓮」

   さりげなくお洒落な裏地紫木蓮     照れまん
        
           2008 04 12          ① の 1
 向こう10軒両隣。
 今まで近所に 木蓮の木 があるのを知りませんでした。
 デジカメを持って歩くようになり、4本もあるのを知りました。
 
 3軒は紫木蓮。1軒は白木蓮。
           
        
        ① の 2
 木蓮の花はとても美しい。
 紫の赤みを帯びた色がなんとも気品がある。
     上の二枚の写真は、ややピンクがかっていますが、次の木は紫が
やや濃い感じ。
 次は二本目の木。
             
             
               4/21    ② の 1                        4/22   ② の 2
 この木はやや小ぶり。
 私の背の高さより、少し高い位。
 ちょうど私の目線に咲いてくれています。
          
           
             2008 04 24   ② の 3                                                  
   双子植物綱・モクレン亜綱・モクレン目・モクレン科・モクレン亜科
  モクレン属    モクレン        木蓮
  モクレン属    ハクモクレン  白木蓮 
 木蓮 と言えば、紫木蓮をさすらしい
 白木蓮は同じモクレン属ではあるが、木の種類が違うそうだ。
 そう言われれば、紫木蓮の木は 幹と言うより枝が細く沢山に分かれて
群生している感じ。近所の紫木蓮はどれも4メートル以下。
 いわゆる、落葉潅木。
 白木蓮は大きな幹が上に伸びている。
 高いものは10メートルくらいになるらしい。
 こちらは、落葉喬木。
                                                                     これは3本目
         
            2008 04 22    ③の1
           
 俳句では 「木蓮」 は 春の季語
紫木蓮」・「白木蓮」・「はくれん」・「更紗木蓮」・「烏木蓮」 などの
傍題がある。
 ただ単に「木蓮」と書けば、「紫木蓮」だと思っても差し支えなさそうです。
ハクモクレン・白木蓮 の場合いはだいたい「白木蓮」と書くようです。
「白木蓮の~~」と書いて、読むときは「はくれんの~」と、五文字に
読ませます。
 紫木蓮の俳句を二句紹介します。
       木蓮に日強くて風さだまらず        飯田蛇笏
       戒名は真砂女でよろし紫木蓮       鈴木真砂女
 蛇笏氏の俳句は、とても格調高い俳句。
 真砂女氏の俳句は、自分のことを書きながら、残る者への思いやり。
死んだあとの煩わしさ。葬儀、院号などいろいろ。
戒名は俳号の真砂女でよろしい。その他簡単でいいよと言っています。
死ぬ覚悟、生きる覚悟が書かれています。
きっぱりとして、けれんみが無いですね。
天衣無縫、波乱万丈に生きた人の、境涯句。
 真砂女さんは銀座で「卯波」という小料理屋を営まれていました。
ここに、俳人達がしょっちゅう集まり、俳句のサロンのようになっていたらしい。
大宗匠から若手俳人までここに集まり、口角泡を飛ばし、議論をしていたそうです。
これを、女将の真砂女さんが、優しい眼差しで見守っていたのですね。
御自分の墓は静岡県の富士霊園に、早くお建てになっていたとか。
   最期の句集が「紫木蓮」。
 よほど、紫木蓮に対する思いがおありだったのでしょう。
平成15年、96歳の天寿を全うされました。
 続いて、白木蓮。
         
           2008 03 26      ④ の 1
         白木蓮 ハクモクレン 
 ただ真っ白ですが、なんとも豪華絢爛というのがピッタリする。
         
       2008 03 24     ④ の 2
 白木蓮の俳句を紹介してみます。
      白木蓮の天のきぬずれ聴こえけり      千代田葛彦
         (はくれんの)
      白木蓮に純白という翳りあり          能村登四郎
                 (かげり)
 これぞ白木蓮という、気品に満ちた素晴しい俳句ですね。
             
      3/20   ④ の3                      3/25     ④ の 4
             
     4/3       ④ の 5                         5/4   ④ の 6
 白木蓮の新緑も、なかなか美しいです。
         
         5/4       ④ の 7
 白木蓮が咲いている庭に、ちょうど奥様がおられたので、
「写真を撮らせて下さい」と、写真を撮らせてもらっていました。 
そしたら、ご主人も出てこられて、あれこれ話をしていた。
写真が出来たら見せて欲しいと言われ、プリントしたことが無いので
困ったなと思って、口を濁していた。
 家に帰り、兄に頼んでみたら、プリントをしてくれた。
サービス版の倍くらいの大きさで二枚。
我が家のプリンターは機械が古いので、暫らくすると色あせするそうだ。
 これを持って、二日後にもう一度写真を撮らせて貰いに行き、
プリントを差し上げた。
「これは綺麗じゃねー。よう写っちょるねえ。こりゃあええわー。
花や自分のうちの庭は写真に撮ることが無いけえ、人に見せるのに
ちょうどいいねえ。額に入れとこう・・・」
と、とても喜んで下さいました。
 では最期に、紫木蓮と白木蓮の写真をもう一枚づつ・・・・。
         
         
       2008 04 12        ① の 3
        
         
       2008 03 26         ④ の 8
       我が家では麿呂は従三位紫木蓮        照れまん
         (わがやでは まろはじゅさんみ しもくれん)
 今回は、近所に咲いてる 木蓮の木を4本 載せてみました。
                 
         
         
         
         
            
広告
カテゴリー: 俳句・植物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「木蓮」 への15件のフィードバック

  1. のら より:

    おはよー・・って早すぎですね。
    まだ空も白んでないうちから窓の外で珍しくひよどりが鳴いています。
    ぐずついたお天気が続いたので久々に今朝は晴れるのでしょうか。
    それでちょっと照れまんさんちを覗きにきました。
     
    気品ありますねぇ、モクレンの花!
    やっぱり紫木蓮と白木蓮は木がちがうんですね。
    山などで見かける白木蓮は幹の太い大きな木が多いです。
     
    花の質感がきれいに出ています。新しいカメラを上手く使いこなせているではないですか。
    照れまんさんの壊れたカメラと同じものをネット市場で探してみましたが、中古でももう見つかりませんでしたよ。
    あのカメラは優れものでしたのに残念です。新機種もなかなかの優れもののようですね。
     
    ④-5の写真で花の中が出ていますが、どっかで見たような気がしていましたら以前のタイサンボクに似ているんですね。
    それで関連してあれこれ調べてみました。そうすると、タイサンボク、ホオノキ、オオヤマレンゲ、コブシなどはどれも
    モクレン科モクレン属のものなんですね。 ちょっと勉強になりましたよ。
     

  2. のら より:

    あぁー またしてもわすれものぉ~!(^^ゞ
    「ケリ」の映像が入ってます。
    皐月の大和路花めぐり・ケリという鳥2部作
    夏の渡り鳥で田んぼによくいます。ケリケリケリと鳴くからケリだそうですが、
    そういうふうには聞こえません。

  3. 照れまん より:

        のらさ~ん おはようさんでございます。
    のらさん、もしかして、昼と夜が逆転している生活ではないですか。駄目ですよ。夜はちゃんと寝ないと・・・・。
     
    ケリ 見せてもらいました。
    お初にお目にかかるような???  とても、特徴的なデザインなので、すぐ解りそうですね。
    花の色は移りに ケリ なっ!   こらこら。
    大和路2部作 のらさんの作品?    いつもの のらさん のテリトリーのような?画面が少し違うような?
    よく撮れていますよね。素人では、鳥は無理です。私は諦めていますけど・・・。
    そういえば最近 キジ を撮りましたけど・・・、どこにおるん?ってな感じです。
    ケリ・けり ちゃんって、他に名前はなかったのですかね。
     
    ハクモクレン を撮りながら 泰山木と似ているなあと思いました。
    泰山木は葉っぱがいっぱいあるのに、ハクモクレンは花が咲いたあとに 葉が出てくるので、花がいっぱいで、すごく豪華に感じます。
    すぐ隣 なのに今まで知らなかった と言うのがすごいですよね。

  4. fujim より:

    おはようございま~す。  早い人っていうか、寝てない?そんなことはないですね、、、^^「大和路2部作」ほか、あのページの作品はnorakさん、通称のらさんの作品ですねぇ。 ケリってかなり大きな鳥なんですねー、蛙と関係あるのかと思っていた私はバカでした。「フィードラーとボストン・ポップスによる夢のファミリー・コンサート」というのがウチにも眠ってて、ペルシャの市場もあります。ジョリジョリPuさんの前の、ウイリアムテルさんのコケコッコ~~の一所懸命さもとてもよかったです^^。
    ピンクっぽい木蓮はあまり見たことがない気がします。 ②の3の写真が好きですねー、純白という翳りも出てる出てる。花もだけどこの若葉!いい色合いです。 こうして見ると、 やはり紫木蓮とはぜんぜん違いますね。 白の方が若々しい?照れまんさんはひょっとして私と同じくらい花の名前を知らない?とほくそ笑んでたのに、あっという間にどんどん吸収されてる感があって、ガーン、新しいカメラももう使いこなされてる感じでガーン、しかたない、頭だけではなくて裏地も紫にしてチラチラ見せてみるか~、、、^-^ノ

  5. Pu'uwai より:

    みなさん こんばんは おはよう?
    くくーー fuさん蛙とけりにつられましたね。 けりは缶けり、鞠けり、鳥ですよ~ん。
     
    照れまんさんが木蓮でお披露目デビューしたかった訳がよく分かります。
    写真がきれいですねぇ! コバルトブルーの空によく映えてますねぇ。 
    パナボーイの色はパステルカラーだと思うんですが、どうでしょう? やわらかい色合いですよね。
     
    紫木蓮とか白木蓮とか字で書くとそうなりますか。 
    普通に話している時は、紫木蓮なんて言いません。 「もくれん」 「はくれん」 それだけです。
    ②の木蓮が一番スタンダードな木蓮で昔からの色です。 少し黒味がかったこの色が一番気品があると私は思います。
    最近は品種が増えて、小ぶりの淡いピンクのものも出ています。
     
    fuさん、雑草はfuさんに、花は照れまんさんにおかぶとられちゃったよ。  Puは何で勝負したらいいかなぁ? 困ったなぁ!

  6. fujim より:

    おはようございま~す。 そうそうです、 なんと言っても色がきれいですよねぇ、 この紫は特別のありがたい色に見えます。 4月の私の木蓮を見て、 照れまんさん、ムフフフとあの時から思ってたんでしょう、、、^^。アップも撮ってみてたけど載せなくてよかったよー、ぜんぜんだったからねぇーー。うんうんだから~、アップはお二人にお任せしますってばーー。。缶けりは遊んでたけど、鞠けり?ソンナンは知らないぞ。

  7. Pu'uwai より:

    あれは水球だった。 照れさんもすなる水球というもの、、、  必死で立ち泳ぎしたんでしょう。

  8. 照れまん より:

        Fujim さん こんばんは
    なにを おっしゃいます。Fujimさんの木蓮もなかなか素晴しかったですよ。
    あんなに沢山の花の下を歩くことはありませんよ。
    沢山の花が撮れないので、アップで大写しをしているだけですよ。
    それに、何回も通ってますから。1度目を見て、色合いが悪いし、構図も悪いしと、また行く。また撮る。カメラの説明書を読んでまた行く。
    やっぱり、イマイチだなと また行く と言う感じですから、・・・。4~5日通いました。
    Fujim お姉さまのように、一発勝負はとても出来ませんですよ。
    野草も だんだん のらさんばりの 色合いになってきてますよね。
     
    このあたりでは、ケリ ってあまり見た事が無いですね。Fu お姉様もないでしょう?
    のらさんの写真はお初にお目にかかった感じです。
    子供達が鳥の格好をした凧のような鳥のようなものを揚げているのですが、その形が、ケリ にそっくり。
    そんなこんなで、また、よろしく・・・。

  9. 照れまん より:

        Pu`wai さん こんばんはー
    とか何とか言っちゃって・・・・、Puお姉様 天道虫以来 相当自信をつけてんじゃないですか。
    ところで、モクレン ハクレン は本当に綺麗な花ですね。
    モクレンの紫は やっぱり高貴な色ですよ。下々のものが着てはいけない色。花も大きいし、木に咲く ハスの花 と言うのが解ります。
    紫色が好きな女性は~~、ほにゃらら。    昔 色による性格診断と言う本をのを読んだんですけどね。
    さっぱり忘れています。確か、個性的 とか わがままとか わが道を行く、 とか書いて無かったかなあ。う~~ん、思い出せない。
     
    鞠けり って  「蹴鞠 ケマリ」 でしょう。宮中でやってる あの蹴鞠。
    従三位の麻呂としては 残念ながら 蹴鞠はやったことが無いのです。
    水球はこりごりです。

  10. fujim より:

    もしもし、モシモシ、 企画委員長さまのお宅ですかいねぇた、 もしもし、まぁ~~わたしゃ寝んと考えましたイネ、はア、祝賀パーティーですいね、 どねえ考えても人前でしゃべるジャなんじゃ、できゃーしまセン。え、えー、た、只今ご紹介してもろうた、fu、fuji、、はあこの辺で声が出んよになりますいね。   はぁじゃけえ、原稿を送るだけにせてもらうとエエと思いまして、、ほじゃないと、指めえせちゃった委員長さまの顔をあーた、潰すことになりますいね。じゃけぇ、ワカリましたかいねえた、原稿でええことにせちょってくださいや。  へじゃあお願いしましたケエね。  はぁー?最初からそのつもり? それですかっ、 それでええホですか~、 あ~やれアンドあんど、 それじゃったんですかー!ああそれそれ、いつ、 どこに持っていきゃあええですかいねぇた。 まだ時間はゆ~っくりアリますけぇ、いつでもエエですけ、教えてくださいませや。 また来ますケエ。  へじゃあ、、、あ、へてから何かてごうすることがあったら言うて下さりマセや。出けることはナ~ンでもてごうしますケエ。 デケンことはできゃあしませんけどあーた、デけることは、ハアな~んでも言うてくださいや。へじゃあ、、、あーあー、こりゃあ通じちょるんかいね、 熱う出して寝ておいでるんじゃないでしょうかいねえた、 まあええは、言うだけのことは言うたけぇ、ええじゃろう。  お願いしましたよ。  へじゃ御ぶれえします。   (あ、しもうた、お祝いだけ言うて、手ぶらで行って飲み食いするだけでええんか聞いちょカンにゃいけんかった、、、まあええは、またにしよう、、、なんか急に、ごっぽなぁバアさまになった気がするが、ふぁふぁふぁ、まあええか^^ わたしゃ今からアジサイを揚げんにゃいけんケェ、、スタスタ、、)

  11. Pu'uwai より:

    fuさん
    読んでたら、ごっつ~頭が痛くなってきた、 こらこらタイ語より難しい!
    ナ~ンでもてごうしませんでええから、お祝いだけ言うて手ぶらで行って飲み食いするだけでええんよ。
    今、必死で 「蝶の舞」 おさらいしてるけど速すぎてあーた、 ムービーが144MBになってしもた。
    小数点がまちごうてるとおもたけど、小数点ないんだわ。 その代わりにものすごくきれい!市販のDVD並や!
    upは出来ない。逆立ちしたって出来ない。 でか過ぎ! 
    落とせるよ、落としたら見るに堪えない! 
    Vistaには始めから家庭用のDVD作成ソフトが入っていました。 そこが進歩したとこ。
    照れまんさん、お邪魔さま。

  12. KEN16 より:

    ご無沙汰しております やはり瀬戸内の光を感じます!何度か通り過ぎていますが、ご免ください。
    見れば見るほど、読めば読むほど味わいあるところを感じ、遅まきながら立ち寄りしました。
    シモクレン、ハクモクレンともに、フォトするにはKENには難しい花です。
    今まで避けて行ってました。紫系、白系ともに私のメカには苦手なのかもしれません。
    しかも、紫、白の花のバックに敢えて明るい青の空を入れてショットされているあたり!!!
    それが、何時れにしても花の質感を失わず、さらに奥行きが効いていますね~え!
    そんなフォトから春というより少し早いのでしょうが若葉に初夏?を感じてしまいます。
    これが、大らかな周防の空気でしょうか!さらに、俳句などの趣ある語りを楽しんでいます
    またまた、寄らせてください
     

  13. 照れまん より:

        Fujim さん こんばんはー
    企画倒れ委員長は 色々考えながら、何も考えてないんですよね。
    俳句の締め切りがせまっとるし、それどころじゃないんですよ。全然俳句が出来てないのです。
    Fujim さんの紫陽花の句を一句もらえんかと思うちょりますが、そういう訳にはイカンしねえ。
     
    そういえば宇部の常盤公園のニュースが出てきました。
    子供がバイクを盗んで乗り回し、バレンようにと常盤湖の中に沈めたというのをやってましたね。
    4台もバイクが引き上げられたようです。馬鹿がいるもんです。
    うちの子じゃないかと ちょっと ドキッ としますよね。  じゃまた・・・・。
     

  14. 照れまん より:

        Pu`wai さん こんばんは
    ウリウリの蝶の舞 と言うのを見て見たいですね。
    それはそうと、ヤッパリ Vista  はいいでしょう。
    相当にグレードアップしていると思いますよ。技術の進歩はすごいですから。
    また、よろしく・・・・。

  15. 照れまん より:

        KEN 16 さん こんばんはー
    いつもありがとうございます。
    あまり褒められると、木蓮の木に登っちゃいます。
    最近は週刊誌を見ていても、ついつい花の写真とかを見ていますね。本当に綺麗な写真が時々あります。
    それと、カメラの宣伝のページもついつい機能や性能を読んでしまいます。
    撮り出したら、カメラって面白いですね。
    また、よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中