照れまん君の俳句歳時記 「花火」

               
 木造の家屋おどろく揚花火     照れまん
               ①
         
 「夏の風物詩といえば?」 というアンケート ベスト10 が地方紙に
載っていた。
 私としては 「夏」といえば、海水浴・西瓜・素麺・朝顔 などをすぐに思いつく。
アンケートの結果を見てみると、海水浴はベスト10に無し
ソーメンは8位朝顔は5位西瓜は2位だった。
 では一位は、パンパカパーン!
 第一位、「花火 でした。成る程なあとちょっと納得。
              ②
         
 昨年、デジカメを持ち始めてすぐに、揚花火を撮った。
撮ったといっても、ほとんど撮れていなかった。
シャッターを押しても、シャッターが下りてくれない。花火が消えた頃に
パシャ と下りる。
真っ黒に点がちょこっとパラ・・・・パラ・・・・。    何で??
カメラって難しいもんだなあと、改めて知った。
 今年はカメラが新しくなり、花火モードがあるので、これで待ち構えていた。
簡単デジカメだが頼むぞ、Pana の Lumix 君。
 結果は、北京オリンピック野球チームと一緒。惨敗!   残念無念! 
すべての責任は私にあります。カメラは一所懸命頑張ってくれました。
 花火を載せるのは止めようかと思いましたが、まあいいかと、思い直して、 
今のところの、現時点 を載せてみることにしました。
①と②と⑥ が今年の写真です。
 次に、昨年撮ったもので、辛うじて花火と解るものを、載せてみます。
去年も今年も、我が家の縁側から撮っています。
            ③
         
 俳句歳時記では、「花火」 は 夏の季語
打ち上げ花火」・「仕掛花火」・「揚花火」・「遠花火」 などがよく使われます。
ところが、歳時記によっては、秋の季語になっているものもあります。
 私の田舎では、盂蘭盆会 に花火を打ち上げます
かなり多くの街が、旧暦の盂蘭盆に花火を打ち上げます。
旧暦の盂蘭盆は 歳時記では  になりますので、それで古く江戸時代には 
花火は「秋」とされていたようです。
それが、現在では 「」 の風物詩として定着し、あちこちで花火大会が夏季に
開かれていますので、「日本大歳時記」では「になっています。
 それから、大きな歳時記では、線香花火など家庭用の小さなものは、
打ち上げ花火とは別に、独立した季語として扱われているものもあります。 
 「線香花火」 傍題に「手花火」・「鼠花火」・「庭花火」 などがあります。
 歳時記によっては、大きな打ち上げ花火は「秋」として、小さな線香花火・手花火
 を「夏」としているものもあるようです。
          
          ④
        
 村の子供達の花火。
 ものすごい煙です。
      たれ点ける不発のねずみ花火に火      照れまん
            ⑤
        
 花火には、素敵な俳句が沢山あります。
 その中から、少しだけ選んで載せてみます。
      花火せよ淀の御茶屋の夕月夜        蕪村
      川舟や花火の夜も花火売           一茶
 これは、江戸時代の俳句。
 続いて、もう少し新しい俳句。
      なかなかに暮れぬ人出や花火待つ     高野素十
 この句の表記の「なかなか~」は、なか の次に くり返しの「く」 の大きいのが
縦書きに書かれています。パソコンでの表記がわかりませんので、上のように
しました。本当は「なか~に」 のような感じです。
      手花火を命継ぐ如燃やすなり         石田波郷
                 
      ねむりても旅の花火の胸にひらく       大野林火
      半生のわがこと了へぬ遠花火         三橋鷹女
 どれも、しびれるようないい句ですね。
 !!!   ★   !!!    ◆    !!!     ▼     !!!
            
 私の村の打ち上げ花火は 200~300発くらい揚がるでしょうか。
5分くらいで、すぐ終ってしまいます。
カメラの色々なセッティングをしているうちに、あ~~あっ、終っちゃった
という感じです。
 昨年は デジカメを手に持って撮りましたが、今年は縁側に三脚を出して
撮ってみました。でもあまり代わり映えはしません。
一番大きな花火はまったく撮れていませんでした。
 では、最期にもう一枚。
         ⑥
        
 今回は 夏の季語 「花火」 を載せてみました。
      村よりも大きく弾け揚花火       照れまん
            
        
                 
          
          
広告
カテゴリー: 俳句・生活 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「花火」 への12件のフィードバック

  1. yasuko より:

    こんちは!
    花火というと、大きい花火の写真ばかりだけど、子供の花火写真も暗闇にホワンと明るくて、いいもんやね。
    不発のねずみ花火は、コワイよ~ん!

  2. 照れまん より:

         離心円さん おはよう~~
    早速に ありがとうさん。
    花火を デジカメで撮るとケッサク。撮れているかどうかを確かめたいんだけど、見ているうちに次々上がっちゃう。
    それに、シャッターのタイミングが合わないんだよね。
    都会の花火大会のように沢山上がれば どれかが当たってくれるんだろうけど、一発上がって消えた頃、また次があがると言う感じ。
    ほんでもって、最期に ドドドドーン といっぺんに何十発も上がっちゃうんだよね。よし次ダー と思った時には真っ暗で終っています。
    星野ジャパンが 星になっちゃいました。
     
    子供達が花火で遊んでいました。それが、ものすごい煙なんです。庭じゅう煙だらけ。
    その煙をフラッシュを焚いて撮ったものもあるんですけど、何だかよく解らない写真なので載せるのはやめました。
    また、よろしく・・・・。

  3. fujim より:

    こんにちは! 揚がりましたねー! で、去年のも今年のもどこが惨敗!残念無念!なんですか!? わかりません。去年のなんかどうりで、 どう見ても花火とは見えないにもかかわらず平気で載せた私の花火を見て、「安心した」 とハナで笑ったはずですよ。  そんなこと言ってない? いいえ、言ってました。^^。④⑤なんかとてもいいじゃないですか。  懐かしい匂いがするし手ブレもない、 ですよね? でもやはり三脚の勝ち~ですね、 ①② と ③ ではキレが違うような気がします。 アレッ、三脚使ってるんですよね?花火モードでも2秒は止めてないとダメですからねー。 「我が家の縁側から、、」 縁側からこんなに撮れるなんてゼイタク~。花火にしても蛾にしても、 Pana の Lumix 君がんばってますねぇ、 あとは撮り手の根性だけ^^?トリミングも、 もう照れまんさんのものになったのでは?(1)(2)(3)と三通り載せましたけど、トリミングの仕方そのものは全部同じです。 写真の保存場所や、 フォトギャラリーへの取り込みの有無で、 トリミング前後のファイルの扱いが違うだけです。 照れまんさんにはどの方法が一番合ってたでしょうかね^^。きゃー、 あのねずみ花火にダレが火点けに行くのぉ?  いつ弾くかわかんないヨ、 コワコワ、、、ではまた^^
     

  4. 照れまん より:

        Fujim さん こんにちはー
    花火の写真は載せようか、もう一度来年まで待とうかと思ったのですが、思い切って載せることにしました。
    去年の写真は 夜景モード で撮ったものです。
    カメラを手に持っているので、すごいミミズバレみたいに 滲んだようになっています。載せたものたった一枚だけが、何とか見られるものでした。
    すごい、トリミングしています。右端に日付 が写っていますが、本来はあんなに大きくありません。
    Pana 君は 3脚に乗せたのですが、この3脚が古いので壊れていて、徐々に動くんです。それを支えながら撮りました。
    どっちにしても、あまり変わり映えしませんでした。
    星野ジャパンも 4勝5敗 でしたから、打ち上げ花火は 4枚だけにしました。
     
    トリミングは出来るようにはなりましたが、まだ解らない事がいっぱいありますので、そちらにお伺いします。
     
     

  5. fujim より:

    おはようございます! ③番は露出か色の調整もされたんですか! 初めは電信柱、左が何かの影になってるなーぐらいにしか見えませんでしたよね?低い方のなんか私の目には見えなかった気がするんですが、 チガイマスカ? 照れまんさんいいですよ~~、 この方が雰囲気がありますよね! どんどん技が増えていきますねー、ってそういえば色の補正は前から挑戦されてましたね。 じゃあ、「Windows Live フォトギャラリー」でされたのではないかもしれませんが^^ゞ。日付はこの位置から動かせませんねぇ。 あとは [ユーザー設定] にして上を少しと左を少し切ってみるかなぁということぐらいしかできませんねぇ。どんどん技が身についていくので、紹介したPuさんも鼻が高いことでしょう(^。-)-☆う~ん、、、最初から電信柱見えてたのかなぁ~、、ホントにぼら目になった、、、?

  6. Pu'uwai より:

    照れまんさん こんにちは
    昨夜しこしこと書いてやっと上野第二段をupしました。 見どころ満載とはいきませんがよろしかったらどうぞご覧ください。
    27日は、地元お不動さんの夏祭りでした。花火、どんどんと凄い音と振動、木造ではありませんが
    家屋おどろく揚花火・・・・・この状態でしたよ。 
    写真はXX  三脚持ってないので、、、 あはは

  7. 照れまん より:

       Fujim さん おはようございます
    色の調整はまったくしてないのですが、トリミングはかなりしてます。
    3200→1600 になるくらい、相当大きくしています。
    どれも小さいんです。1枚目も2枚目も 花火は上や右の方に小さく撮れているだけなんです。それで無理矢理 大きくして画面一杯にしています。
    大きな花火が最後の方に何発か上がったのに、まったく撮れていないのです。シャッターのタイミングがずれているのでしょうね。
    花火が上がるのが見えて、シャッターを押すんだけれども、それがたまたま 小さい花火だったりするんですよ。
    それと、三脚が壊れていて、ズルズルと下がっていくのです。それを支えながら撮っているので、やはりぶれています。三脚の意味がないですよね。
    だから惨敗です。討死 ですよ。これだと思う、大きなきれいな花火は撮れていません。
     
    3枚目の写真 電柱があるのがよく解りましたねえ。実は二本写っています。
    背の高いポールと すぐ右に背の低い電柱の頭の部分が3cmくらい写っています。これも右よりに小さな花火しか写ってないので、右下半分を、倍くらいの大きさにしています。
    去年は夜景モードで撮ったと思います。シャッターの時間がすごく長かったような気がします。ほとんど ものすごい ブレブレでした。
    もっと大きなトリミングもしましたが、日付けが切れてしまったので、やめました。これはライブフォトギャラリーでやってみました。
    ③ と ⑤ がフォトギャラリーを使ってトリミングをしました。他は カメラのトリミング機能を使いました。
    お陰様で、トリミングは 何とかできるようになりました。
     
    カメラからパソコンに取り込む時に、修正して取り込む という機能があるのによく解らないので、あまり使っていません。
    そんなこんなで、またよろしく・・・。
     

  8. KEN16 より:

    ご無沙汰しております
    KENも花火のフォトショットは得意でないのですよ!
    夏休みに孫がやってきて花火をやってました。
    フォトは得意でないので始めから張り切ってショットしませんでした。
    そんなことではないのですが、棚の上に使わずに残った花火を見るにつけ、過ごし反省しています。
    花火は、華やかさより虚しさが先に立ちますね~ェ!大人は勝手だなーとも・・・・・

  9. 照れまん より:

       Pu‘wai さん こんにちはー 
    花火モード というのがあるのに、うまく撮れないというのが いいですよね。
    写真はそんなに簡単にはいかないぞ って言うのが ますます面白くなって・・・。
    ソンチャンのところの花火の写真は綺麗でしたね。絵葉書みたいで・・・。アレを目標にしてと・・・。
    目標はいいのですが、どっこい そうはいかないのがねえ???
    子供達の花火は キャアキャア いいながら楽しそうでした。振り回す男の子がいたりね。
     
    Pu お姉様 の所に昼頃行ってみましたら、新しいのがアップされてましたね。
    旅行記 の全体像がよく解ります。
    またそちらに、お伺いします。

  10. 照れまん より:

        KEN16 さん こんにちはー
    いつもありがとうございます。
    KEN さんが 花火の写真を撮ったら きっと いい写真が撮れたと思いますよ。
    私なんかより、ず~~といい写真が撮れたのに・・・・。残念だなあ~!。
    花火モードでは、相当にカメラを固定して撮ったつもりなのに、子供達の花火の光跡が、ミミズのようになってしまったり。
    比較的見られる写真をアップしました。
    子供達の写真は 初はいいのですが、すぐにものすごい煙になって、よく見えなくなってしまったりしました。
    それで、フラッシュを炊いてみたのですが、モヤ~とした煙ばかりが写って、昼とも夜とも解らない写真になったり・・・・。
    写真は撮ってみると、思わぬことがおきたり、あったりして 面白いですね。
     
    KEN さんは 花の名前を よくご存知だなあと いつも感心しながら見させてもらっています。
    参考にさせていただいています。
    また宜しく、お願いします。
     

  11. Pu'uwai より:

    こんばんは
    照れまんさんびっくりするような事言いますねぇ! ソンチャンのとこで見た花火、 花のようにきれいでした。
    プロが撮っているんですよ。 プロ!
    アレを目標にしてと・・・。  確かに理想は高く、けど高過ぎやねぇ。
    花火モードにする前に、 ええーーとシャッタースピードを5秒にするんだったなと説明書引っ張り出して読みました。
    ありました。マニュアルにして、
     「長秒時撮影」 を 「入」 にする。 露出補正して ボタンでシャッタースピードを選ぶ。  説明書にはバッチリ書いてある。
    my カメラはいくら設定しようとしても「長秒時撮影」 の 設定項目がありません。 夫に見て貰っても 「ない」
    これより、ワンランク上のixyじゃないと無いのかな? 
     
    で 諦めて花火モードにしました。
    シャッター下りない。 おそーい。 やっと切れたと思ったら 「処理中」 が ながーーーい。  その間に次の花火が上がる
    シャッター切るタイミングが間に合わない。
    live フォト ギャラで思いっきりトリミングして何とか花火らしく見えるかな? 照れまんさんと50歩100歩でした。
    去年の花火をブログを溯って、アルバム溯って比べたら、去年と変りなーーい。 変り映えしなーーい。
    花火はfuさんが圧巻でしょう、 お二人さんに任せて次に花火を撮るときはカメラ替えた時だわ。
     
    そうそう照れまんさんトリミングはバッチリOKですね。
    次は、自動調整 色の調整ですね。 何度も弄っているうちにコツが分かりますよ。
    Xと削除さえしなければ、 右下の 「元に戻す(U)」 で何度でもやり直しができます。
     
    live フォト ギャラ閉じた後で、修整して(2)がついてたり、又はそのままで修整になっている写真がマイドキュにあっても、
    再度、live フォト ギャラ開いて、 修整から 「最初の状態に戻す」 にすればいつでも元に戻ります。
    ただ、写真1枚ではlive フォト ギャラに入らないので、フォルダごと入れる必要があります。
    じゃ、またそんなこんなで、いい花火の写真を撮ってくださいね。

  12. 照れまん より:

         Pu‘wai さん こんばんはー
    私は、カメラの事は ド素人なので解りませんが、ソンチャンとこの花火は 何かが基本的に違いますよね。
    普通のカメラではない、何か? まるで色合いも、構図も違いますからね。
    花火のコンクールで入賞した写真を見ても、ソンチャンのとこのような写真にはなっていません。 たぶん、何かが違うんでしょうね?
    Fu お姉様の写真は ちょっとソンチャンところに近づいた写真がありましたよね。なかなか綺麗でした。二重丸。
    せめて、Fuお姉さまぐらいの写真を撮ろうと思って、ほくそ笑んでいたのに、惨敗でした。
    ところで、新しい    花火を撮る裏技ですけど、・・・・・。
    大きな カメラ だったら、シャッターを30秒にして撮ることもあるそうです。カメラにキャップとか、暗幕 あんまく を使って、ここぞという時に、蓋を開けるそうです。3秒位したら、もう一度蓋をします。
    そうすると、2度目のキャップを開けば、位置の違う所に 二つの花火が同時に開いたように撮れたり、重ねたり出来るそうです。
    私のカメラでは無理ですね。それに三脚が壊れているので、手を離すと動いてしまいます。
     
    ソンチャンのところには、海岸の写真にも ものすごく綺麗なものがありました。ポスターみたいに綺麗な青い色でした。
    ソンチャンとこみたいな写真って、理想が高いでしょう。
    北京オリンピックで、プロ野球チームが 金メダル しか要らない といって負けましたよね。
    日本の野球では、リリーフが出るとき、リリーフカーに乗って チンタラチンタラ出て行くんですよ。それにみんな、何億円も貰っているんですよ。
    北京に行く必要がないですよね。
    そんなんですから勝てるわけがないんです。
    それに、広島カープを一人も入れてないから負けるんです。
    もしもし、話が逸れてますよ。    はい、そうでした。
    負けたから、努力もし、謙虚になれるんですよね・・・・。
    と言いつつ ・・・、あんたのカメラとは全然話が違うでしょう~と言われそう。
    そうです、簡単デジカメで あんな写真を撮ろうってえのがおこがましいのですが、でもいつか、ソンチャンとこみたいな写真を撮ってみたいですよね。
    そういうことで、じゃまた・・・・。
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中