照れまん君の花 「ささげ・大角豆」

               
     ささげ (大角豆・豇豆) の 花
             (1)
        
             2008 07 12
  兵隊   :「ささげー、つつ!.・・・・・・・・・
   ふぐ田隊長、大変です。敵が攻めてきました。見方にも寝返りをする
  者がいるようです。どうしましょう。」
  隊長   :「よおし、解った。私は逃げるから、みんな、後のことは宜しく頼む。」
  兵隊   :「ふぐ田隊長。戦わんのんでありますか?他人事ではないんですよ!」
  隊長   :「私は隊長になりたくってなったんじゃないんだ。後のことは、参謀本部に
  一任しているから。せいぜい、みんなで頑張ってくれたまえ!」
  兵隊   :「敵前逃亡ですか。前の隊長も逃げたし、我々はどうすればいいんですか。
  ふぐ田隊長。何の為に隊長になったんですか~~。」
  隊長   :「私はねえ、政治家と軍人は大嫌いでねえ。ただねえ、一度隊長になって
  みたかっただけだから。もう未練はないし、じゃあ さいなら!」
  兵隊   : 「ささげー、つつ。ささげー、つつ。帽ふれー~~~~、う~~ん!」
 もしもし、さっきから、えらいうなされてはりますけど、帽子を振って 何して
はりますの?
  「ささげー、つつ。ささげ~つつ~~。帽ふれ~、・・・ああっ、ビックリした。
  眠っていたら、夢を見てたもんで!」
 ちょと~、ここは軍隊じゃないですよ。軍艦が出港するんじゃないですからね。
 何ですかさっきからささげー、つつ。 捧げー、銃  ・・・って。
 「変な夢を見たもんで?誰かが ささげー って呼んだような気がして?」
 解ってますの~。今度の題は 「ささげ・ささげ豆」ですよ。
         
 「こりゃあ、失敬!」
            (2)
        
           2008 07 12
 「もしもし、今回が ササゲの花 というのは解りましたよ。
でもこの写真は、ちょっと デッカク しすぎじゃないですか?」
えらい、すんません! ほんのちょっと、大きくしただけですよ!
トリミングを覚えたもんで使ってみたくて・・・・。
「あんたこそ、大概にしなはれや・・・・。」
 ごめんちゃい。ささげの花って あまり見ることが無いと思って・・・。
            (3)
               
                             2008 07 15
      被子植物門・双子植物綱・バラ亜綱・マメ目・マメ科・ササゲ属    ササゲ
  学名 : Vigna unguiculata (L) Walp
  英名 : Cowper  種子が牛の皮のような茶褐色になることによる
  和名 : ささげ  大角豆 豇豆  ササゲと読みます。
 その他、記号のような書き方をしたものもありますが、
パソコンでは書けませんので、書きませんでした。
野菜のカタログには、「蔓なし モロッコ菜豆」などと、菜豆と書いて
ささげ と読んでいるようです。
                 (4)
              
        2008 07 11  午前11時頃
 ササゲ の花は午前中に行かないと、見ることが出来ません。
朝 太陽が昇り始めて暫らくするとると、上の写真のように、花びらが
萎れ始めて、裏の黄色い色が見え始めます。
 その後、次の写真のように花びらが萎れて、裏返ってしまい、
軸の部分を覆ってしまいます。
おそらく、受粉したあとだと思われます。
        (5)                                
         
 やがて、すっぽりと覆われ、黄色が濃くなります。
  
        (6)
       
 この色の花はよく見ることがあると思います。
 この後に、種が出来ます。
        (7)
       
               2008 07 25
 この、種子の成る形に特徴がありますよね。
やじろべえ みたいです。莢が上がっているものもあります。
両手で高く差し上げる、「捧げている」ように見えますか?
  一、 莢が上を向き、何かを捧げているように見えるので、ササゲ になったと言う説。
  二、 莢が動物の牙・キバ のように見えることから、細長い牙に見立てて、
     「細細牙」ササゲ という呼び方になったとする説。
 どちらの説が正しいか、はっきりとは解らないそうです。
 
 さて、この ささげ は同級生のお母さんが、畑で栽培していたものです。
その後暫らくして、お家を訪ねてみました。
            (8)
        
                 2008 08 13
 ササゲ の豆を見せて欲しいとお願いしたら、
「ありゃ、もう 食べたがねえ。ちょこっとしか残っとらんし・・・、出来が悪いよ!」
といい、残りを見せてくれました。
それで、外に持って出て、太陽の下で写真を撮らせてもらいました。
            (9)                                      (10)
             
  原産は アフリカ。 サハラ砂漠の南。サバンナ地帯と考えられているそうです。
 キリマンジャロ山麓やエチオピア原産と書かれてものもあります。
 アフリカかアジアかは、はっきりとは解らないそうですが、
今のところ、中央アフリカと考えられているようです。
 新石器時代には、すでに食用とされていたらしい。
古代より、栽培され始め、あちこちに広まった。
 インドには非常に早く伝わり、サンスクリット文字にその記録があるそうです。
    
 中国では、6世紀ごろの記述に 「胡豆」という記述があり、これがササゲ
ではなかろうかと思われているようですが、はっきりとは解らないそうです。
 現在、ササゲ の世界の全生産量の9割はアフリカだそうです。
 日本には、タイや中国からの輸入が多いそうです。
 小豆・アズキ は畑のダイヤと呼ばれることがありますが、それよりもなお 
ササゲ の方が、値段が高いことが、たまにあるそうです。
 ササゲは大変に種類が多く、180種もあるそうで、豆の色も 黒・赤・茶・白 
斑、などそれぞれ、苗も枝状から 蔓性のものまであるそうです。
         
 ササゲの花は 2~3cmくらい。とても、きれいな花です。
写真の花は薄紫ですが、白や黄色などもあるそうです。
   皆様、写真を撮られる時には、午前中をお薦めします。
 
         (11)          
        
            2008 07 12
           
 俳句では、ささげ・アズキ・インゲン・ダイズ は 「豆植う」として、夏の季語
になります。「大豆蒔く」・「小豆蒔く」・「豆蒔く」 などが傍題にあります。
           
 したがって、「豇豆の花」・「小豆の花」・「大豆の花」・「隠元の花」・
刀(なた)豆の花夏の季語になります。
 それから、俳句には春の季語に、「豆の花」 というのがあります。

 これは、おもに蚕豆・ソラマメ を詠みます。
 「豌豆の花」も春の季語です。
 「豆の花」 は、またの機会に載せたいと思います。
 では、最期の一枚。
             (12)
           
      アフリカの太古の色やささげ咲く       照れまん
 今回は ささげの花 を載せてみました。
       
        
           
広告
カテゴリー: パーマリンク

照れまん君の花 「ささげ・大角豆」 への10件のフィードバック

  1. Pu'uwai より:

    こんにちは
    懐かしい豆ですねぇ! ささげですか。
    亡くなったばばちゃんが植えてましたよ。ほんのちょっぴりだけど、ささげって甘く煮てあんこにするんだったかしら?
    あまり、少なくて覚えてないんだけど、お赤飯にも使えるのよね。 
    そう言えば母が、昔、「ささげの餡は高いんだ。」 って言ってたから小豆より高いんでしょうね。
    ふふふ、 ふぐた体長が突然辞任しましたね。 いよいよマッキーーの出番でしょうか? 口だけ女にならないといいですね。
     
    アフリカの現代の色かささげ花      プウバイ
    先日、アフリカンビートとアフリカンダンスを動画に収めました。
    その時のダンサーが、もう少し濃いこの色のドレスを着ていました。 日焼けした黒い肌(日本人でした)によく似合ってましたよ。

  2. fujim より:

    ふふふふ、元写真がいいといくらでも伸びますねー。  色もきれいによく伸びてます。  ピントがきてないとこうは行きません。伸びてる伸びてる、つるも空に向かって手を伸ばしてますよ^^。 アリはこんなところまでも上がってくるんですね。ササゲは子供の頃ウチでも植えてました。  豆ご飯にしてよく食べました。独特の酷のある味に満足して食べていました。  最近はあまり見かけません。小豆はぜいたく品だから、ササゲで代用してるのかと思ってたけど、そういうわけでもなかったんですかねぇ。小豆より作りやすいだけだったんでしょうか。  懐かしくて豆ご飯が食べてみたくなりました。

  3. 照れまん より:

       Pu‘wai さん こんばんはー
    いつも、ありがとうございます。
    ささげー、つつ    と言っても今どきの若者には解らないですよね。
     
    ささげ もブログをしなかったら、調べることはなかったでしょうね。
    ささげの花 を写真に撮っても名前が解らないので、隣のおばさんに、
    「あそこの畑に咲いている豆の花、みたいなのがあるんだけど、アレは何かね?」と聞いたら、
    「どれどれ、行ってみようかね」と言い、畑まで見に行ってくれました。
    そしたら、これは ささげ じゃねえ、というので名前が解りました。
    みんな、野菜は自分の家で食べるほどしか作っていません。小さな島の畑ですからね。
    そんなこんなで、また・・・・。
     

  4. 照れまん より:

        Fujim さん こんばんは
    ササゲの花 は けっこうきれいな色をしているでしょう。
    なかなかいい色だなあと思っています。
    収穫したお家まで、押しかけていくのがすごいでしょう。同級生のおかあさんですから、
    「ありゃー、はあ 食べたがー。 」 というのが、この辺ですいねー。
    でも少しだけ、残っていて良かった。
    きのう夕方から、きょうの夕方まで、しったりと寝てました。ちょっと疲れが出ちゃったのかなあと思っています。
    別段、何もしていないのですがね。すっかり、中期高齢者です。
    ではでは・・・・。
     

  5. fujim より:

    おはようございます!ささげー、つつ などと大きな声を出すので、 米と朝鮮にやられたかとチョット心配してました。しっかり寝られてよかったです。  私も昨日は昼寝が出来なかったので、起きて居れずに^^10時前からたっぷり寝ました。ササゲって、 長ーいものを鞘のまま10センチぐらいに切って、 煮て食べた記憶もあるのですが、それもササゲと言ってた様な気がするけど、、? はあ よお 覚えちょらん^^ チガッタかなぁ、 漢字も大角豆 豇豆!知らんかった。  ではでは中期高齢期をたっぷりの睡眠でゆっくりやりすごしましょう。

  6. 照れまん より:

       Fujim さん おはようございます
    実はねえ、ササゲ のことを書きながら、よく解らなかったことがあるので、曖昧に 簡単にしか書かなかった事があります。
    「菜豆 さいとう」 というのを ササゲと 読ませると書きましたが、、実はちょっと違うんです。
    菜豆 というのは インゲン豆のことを言うらしいのですが、これは 莢 さや を食べる種類と 豆を取る種類があって、豆のほうはササゲとよく似ているので、ササゲと混同されているようなのです。それで、 菜豆 と書いて ササゲと読ませるらしいのです。
    だから、莢ごと食べるものも 菜豆 と書いてあるので ささげ と読む訳ですよね。
    これは、もう一度調べないといかんなあと思っていたのですが、詳しく調べだすと頭が痛くなりそうなので、暫らく保留にしとこうと思っていたのですよ。
    植物のことは、素人には、解りにくいですね。
    はっきり解ったのは、ササゲ と インゲン豆 とは違うぞ ということなのですが、なぜ違うのに同じ漢字を使うのかと、そのあたりが不思議なのですが、そのままにしておきました。
    そんなこんなで、また・・・・。

  7. fujim より:

    こんばんは~!  昨日ロストロさんをまた見ましたよ。サン・サーンスのチェロ協奏曲 えーっと第3番? 3が付きました^^ゞ の 小澤征爾さんとの練習風景でした。合間に話される言葉が、 どれもこれも貰って仕舞っておきたい衝動にかられるほど、 大きな感慨深いものでした。そして今日午後、 ひっさしぶりのクラシック、 宇部市民オーケストラによる ~気軽にオーケストラ♪~クラシックの午後 に、(コメントが入ってるぞーと思いながら) 出かけました。  何年ぶりかというと多分、 今年が宇部オケ10周年ということなので6、7年ぶりかもしれません。  ベートーヴェン「田園」ほか3曲、気持ちよく聞けました。 私はこうして夏の疲れをいやしています^^。このきれいな花は 「豆の花」 です。  それは私にも分ります。   でも、ささげか?ピースか?と言われても、、、?><?  

  8. 照れまん より:

       Fujim さん こんばんはー
    ロストロ さん テレビであったのでしょうか。残念!きっちり見逃しています。
    新聞を読むのが3~4週間後になりますので、番組欄を読んでも、後の祭りですよね。
    ブログを始めてからは、新聞を読むより、ブログの画面を見ている方が多くなってしまいました。
    我が家には、 BS もハイビジョンもありませんので、そちらだったら見ることが出来ませんので、仕方が無いです。
     
    宇部の渡辺翁記念会館で、コンサートがあったのでしょうか。市民オーケストラと言うのがいいですね。
    宇部には昔から、宇部医大管弦楽団がありましたよね。きっと、その OB なんかがメンバーにいるのでしょうね。
    ベートーベンの「田園」いい曲です。
    Fu お姉様も Pu お姉様も 音楽界や 美術館めぐりなどして、素晴しいですね。
    お陰で、こちらは色々楽しませてもらえます。
    では、また よろしく・・・・。

  9. yasuko より:

    こんにちは!
    残暑にやられてませんか? 撮影で歩き回って疲れすぎないようにね。
    スミレ色のササゲのお花、かわいらしいのに、「ささげ~つつ!」なんて、かわいそうに・・

  10. 照れまん より:

         離心円さん こんにちはー
    元気にしてますか~~。
    あちこちに、出掛けられているようですね。うらやましい。
    お母様も一緒に行かれることもあるとか?
    お母様もお元気で何よりです。
    こっちは相変わらず、いい加減がとりえです。チマチマしたことばかり・・・・、かな?
    題名のない音楽会 で兵庫芸術劇場管弦楽団を 初めて見ました。
    外人さんが多い~~。
    そんなこんなで、またよろしく・・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中