照れまん君の俳句歳時記 「アサギマダラ」

   アサギマダラ期限切れなるパスポート  照れまん
           (1)
       
          2008 10 21
 夏に取れる蜜柑の「南津海」(なつみ)を育てた山本さんが、春が過ぎた頃に
フジバカマの苗を庭に植えて下さった。
  フジバカマの花にはアサギマダラ蝶がよく来るので、写真に撮れますよ、と・・・。
今までほとんど見た事が無い蝶なので、本当に来るかなと半信半疑だったが
10月12日頃から、アサギマダラがやって来始めた。
        (2)
       
                 2008 10 25
 アサギマダラ とは何となく解り易い名前。
 アサギ というのを漢字で書けば、「浅黄」。古い時代には黄色●●●の浅い色。
薄い黄色や淡い黄色。
それが、のちにネギの葉の淡い色の「浅葱」と混同して使われるようになり、
江戸時代頃には、淡い藍色や、淡い青緑浅黄色浅葱色と呼ぶように、
いつの間にか変化していったらしい。
 この時代には、まだまだ色の幅が、かなりあったようです。
 現在の色のサンプルを見ますと、水色の薄い色●●●という感じです。
         
 新撰組が着ていた水色の麻の羽織の色。袖のところは白くてギザギザ模様に
なっています。あの服の色が浅葱色・浅黄色だそうです。
蝶の羽の白い部分が、浅葱色 に見えるということですね。
 次に、マダラ というのは、漢字で書けば、 。
 胴体の部分に、白い斑点があります。これが、斑模様なので、斑蝶 です。
 下の写真。
        (3)
                                                      
         2008 10 16
 蝶や蛾は非常に種類が多く、分類が大変です。
 蝶と蛾を合わせた、チョウ目 は 127科 165000種も確認されているとか。
 ☆  昆虫綱・チョウ目・アゲハチョウ上科・タテハチョウ科・マダラチョウ亜科
  アサギマダラ属  アサギマダラ  浅黄斑蝶 又は 浅葱斑蝶
  学名 : Parantica sita 
       Parantica はアサギマダラ属
       Sita     は インドのビシュヌ神シータから。
       シータ はインドでは美しくて貞淑な理想の女性とか。
  英名 : Chestnut Tiger
 マダラチョウ亜科の蝶は、すべて毒蝶世界中に、約450種いるそうです。
日本には、アサギマダラ の他、リュウキュウアサギマダラ、オオゴマダラ、
スジグロカバマダラなど、数種類 生息しているようです。
 アサギマダラは渡り蝶。その為、最近特に人気の出てきている蝶です。
アサギの白い部分はセロハン紙のような半透明。ここには燐粉が無いので
油性の細いペンでマーキングをして放蝶すると、どこかでそれが捕獲され、
時間と移動距離が解ります。
       (4)     
      
    アサギの半透明な部分 向こうの花が透けて見えます
 2006年8月。 山形県蔵王でマーキングされて放されたアサギマダラが、
同年11月20日、沖縄の南の与那国島で発見されました。
 飛行距離は、直線距離で 2246km。
 春に、南から北に行き、秋には北から南に移動する渡り蝶。
台湾付近から、日本の東北地方や近年は北海道まで飛ぶそうです。
 そんなに長い距離を往復するのは大変ですよね。
 アサギマダラの寿命は、一体どのくらいあるのでしょうか?
 紋白蝶の寿命は、1~2週間と書いてあります。
 そんな寿命で、台湾と蔵王の往復は無理ですよね。
 アサギマダラ の今までで一番長い生存確認は、6ヶ月。だいたい180日
マーキングされた蝶で確認された日数です。
ということは、長ければ200日くらいは生きるということでしょうか?
アサギマダラの生態は、現在研究中で、まだ解らない事も多いそうです。
       (5)
      
   上の個体は、かなり羽が痛みかけています    08 10 21
 同じマダラチョウ科の仲間で、アメリカに生息するオオカバマダラの渡りについては
かなり研究が進んでいるようなので、そちらを少し書いてみます。
 メキシコの密林で春に羽化したオカバマダラは、アメリカのカリフォルニア
あたりまで北上します。そこで卵を産み、第二世代が羽化します。
第二世代は、もう少し北上して、第三世代になります。
第三世代から第四世代にかけてが、目的地のニューヨークの北の五大湖周辺
から、カナダあたりまで飛びます。
そこで羽化し、夏を過ごした次の世代が、秋になると一斉に南下します。
 南下は不思議なことに、なぜか一世代で帰るそうです
カナダの近くからメキシコまで、一気に3800kmも飛ぶものがいるそうです。
 すごいですね。
 往路の蝶の寿命は4~6週間。復路の蝶の方はかなり寿命が長いそうです。
メキシコやカリフォルニアやフロリダの越冬地に帰った蝶はそこで交尾し
卵を産みます。それが春に羽化するわけです。
 だいたい、四~五世代一世代が本拠地に帰るということでしょうか。
故郷を知らない世代が、どうして真っ直ぐ故郷に帰れるのでしょうか?不思議です。
 日本のアサギマダラについては、詳しいサイトを見つけることが出来ませんでした。
おそらく研究者の中では、そうとう詳しく解っているのではないかと思います。
アメリカのオオカバマダラの渡りを、そっくりそのまま日本のアサギマダラ
に当てはめることは出来ませんが、どうなんでしょうか?
 何世代かで渡りをしているのでしょうか。
 あるサイトに、アサギマダラの寿命は 20~70日と書かれたものがありましたが、
勝手な推論ですが、これは往路のアサギマダラの寿命ということも考えられます。
復路は180日が見つかっているのですから、70日よりもっと長いかもしれません。
個体差もありますしね。
 今のところ、これ以上は解りませんでした。
          (6)
      
 アサギマダラは毒蝶と書きました。
それは、幼虫の時 ガガイモ科のカモメヅル・キジョラン・サフララン などを食草
としている為らしい。
 これらの葉に含まれる アルカロイドカルデノライド を体内に蓄積していく。
それにより、鳥などの天敵に食べられないようにしている。
 我が家の庭に来たアサギマダラは、どうもオスばかりのようだ
フジバカマの花蜜は ピロリチジンアルカロイドを含む有毒植物であるが、
これを体内に取り込んだアサギマダラのオスはこれを代謝して、揮発性の
danaidone  及び hydoroxydanaidal という2種の代謝物を生成し、
性フェロモンとして、ヘアーペンシル呼ばれる腹部末端の器官から分泌する。
これを、後ろの羽の内側にある性班に接触させて移す。
 その為に、オスは後翅内側に黒い部分があります。
簡単に言えば、そこを見ればオス・メスの見分けが容易に付くということです。
下の写真の翅の下のほうに黒い部分がはっきりと見えます。これが、性班です。
      (7)
      
      アサギマダラ オス
 俳句では「春の季語」に 「」 があります。
 この中に、傍題として 「浅黄斑蝶」(あさぎまだら) は載っています。
しかしながら、例句としては 浅黄斑 の句は掲載されていません。
夏は 「夏蝶」、秋は「秋蝶」、冬は「凍蝶」となりますが、どこにもアサギマダラ
の句は載っていません。
 秋蝶の中には、アサギマダラを詠んだ句が、かなりあるようです。
ただ単に、秋蝶とだけ書かれているだけでは、どんな蝶か解りません。
最近のブログは写俳という写真と俳句を組み合わせたサイトも沢山ありますので、
その中には、はっきりとアサギマダラを詠んだ句がありました。
ここに載せたいのですが、勝手に載せるわけにはいきませんよね。
         (8)
       
      かなり翅の痛んだアサギマダラ    08 10 25
 新潟県に弥彦山という山があるそうです。
 この弥彦山脈で、明治40年アサギマダラが捕獲された記録があるそうです。
そうとう古くからアサギマダラは確認されていながら、その生態はなかなか
解明されなかったようです。
 それが近年、急速に研究が進み、全国的ににアサギマダラの研究サークルが
が出来、マーキングしたりして、生態の観察が行なわれているようです。
アサギマダラは鳥に食べられない為、人間が近づいてもなかなか逃げません。
それで、接写の限度の5cmまで近づいて、何枚か撮ることが出来ました。
 逆に、近づきすぎると全体がはみ出してしまうので、少し離れて撮っていました。
トリミングせずにオリジナル画像のまま、載せることが出来ました。
         
 では、最期に写真をもう一枚。翅が 浅葱色 ●●● に見えるでしょうか?
         (9)
     
              08 10 25
      浅葱蝶 じぶんさがしの旅なんて     照れまん
 蝶を数える時、一頭二頭と数えますよね。
それにつきましては、以前 ヒメアカタテハ を載せた時に書きましたので、
そちらを御覧下さい。
 今回は、庭に来た アサギマダラ を載せてみました。
      
         
         
     
         
         
         
 
          
広告
カテゴリー: 俳句・動物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「アサギマダラ」 への14件のフィードバック

  1. Pu'uwai より:

    おはよう しまった、、、浅葱斑にエキサイトして投稿ボタンを間違えた!
    したの「投稿」 ボタンじゃなくて 上の「コメントの投稿」 クリックしたら折角のコメが消えた。 メソメソ、 ぶつぶつ
     
    浅葱斑、 初めて見ました。すごいきれいな蝶だねぇ、、、、、、
    これに似たような蝶だか蛾だかは目にした感じがする、、、、、、けどあれは蛾だよね?季節も夏ごろだし、、、、??
    アメリカのマダラ蝶は渡りをする蝶だとTVで見たことがあるけど、すごい数でしたよ。
    きれいな蝶だねぇ。 今度気をつけて見てみるけどフジバカマがないから来ないかな?
    浅葱って黄色を想像していたけど、青、薄い水色なのね。 それもびっくり。
    話は変るけど、今夜のダッシュ村でだん吉がうちのすぐ側あたりを通過するらしい。
    時間があったら見てね。

  2. 照れまん より:

        Pu‘wai さん こんにちはー
    いつもありがとうございます。
    舞姫様 蝶をのせましたよ。  まあまあ撮れているでしょう。
    頑張って何度か撮りました。
    アメリカの オオカバマダラ は同じくらいの大きさのようですが、赤くてかなりきれいです。
    メキシコの方には、一本の木全体が 蝶の木 みたいになっていて、ものすごい群れているようです。
    なぜか同じ木に帰って来るそうですね。
     
    藍染は何度も何度も染めるそうですが、それが面倒なので、一回か2回しか染めない藍染が浅葱色の木綿だそうです。
    色が薄いので、とても安く売られていたとか・・・・。本来は藍染なのでしょうね。
     
    ダッシュ村 見ますよ。豪邸が見えたら きっと Pu‘wai 邸 だろうなと思います。ではでは・・・・。

  3. 照れまん より:

        Pu‘wai さん  追伸
    浅黄色 というのをサイトに書いてあるものをそのまま載せていました。古い時代のものを調べていませんでした。
    ちょっと心配になったので、調べてみてビックリ!
    Pu 御姉様の浅黄色の意見は正解です。正しいのですよ。合っていました。
    それでもう一度、文章を書き換えました。御覧下さい。
    ありがとう御座いました。

  4. fujim より:

    この前ゲットしたと言ってた、 渡り蝶アサギマダラが これですね!  浅葱色うすぅく見えます。 最後のなんか見事にきれいに見えています。 羽を通して向こうの花まで写してるところが、さすが照れまんさん、、、 でも浅葱色は優しげですが全体は結構派手な感じですね。 どうしても羽の派手な模様の方に目を奪われそうです。斑は羽ではなくて胴体の、、まるで絞り模様のように見えますが、 それもチャーんと撮ってるところがウーン。 逃げないということは余程自信があるんでしょうアサギちゃん、もちろん照れまんさんも^^。 さすがと言えばさすがさすが調べ上げています、 よくコレだけのことを!@@!  どこかの舌足らずとは違うワイ^^ゞ じっくり読ませていただきました (カタカナは覚えられませんが^^)。あなたは季語とどのくらい豊かな付き合い方をしていますか? という黒田杏子さんの言葉を思い出します。アサギマダラが渡り蝶であることなど知っていなければ、 パスポートもじぶんさがしの旅も浮かばなかったかも知れないし、読んでも心への響き方が違うような気がします。花のあるところには本当に蝶が寄って来るものなんですねぇ。 このピンクの花がフジバカマですか?よーく似た花を秋吉台で見ました。 サワヒヨドリだったかなぁ、ぜんぜん違うかもしれないけど、そのうちアップします^^。

  5. 照れまん より:

         Fujim さん こんばんはー
    やっと、秋らしくなってきまして、秋ののものをアップしました。
    マダラチョウ などの毒蝶は、だいたいに綺麗なようです。
    アサギマダラ は 5回くらい近づくと、4回は逃げられますが、一回くらいは全然逃げずにそのまま密を吸っています。
    羽は閉じているのですが、たまにパッと開くのです。その時、ピントを合わせて、シャッターを半押しにしていて、今だと思うときにカシャっとシャッターを押します。でもタイミングが悪かったり、羽が画面からはみ出したり、なかなかうまく合いませんでした。
    それこそ山のように没を出しながら、何とか撮りました。
    Fujim さん アサギマダラは狙い目ですよ。逃げられても3メートルくらい離れて待っていたらまた止まりますので、それを何度か繰り返すと、
    向こうも諦めてくれるのでしょうか。撮らせてくれました。
     
    ところで、きのう・今日は宇部祭りですか。きのう夜はテレビで生中継をしていましたね。にぎやかそう。
    ではでは、また、宜しく・・・・。

  6. ひだまり☆☆ニコニコ より:

    おーーーい山田くぅ~~ん、照れまんさんに座布団を
    これでもか!って言うくらいあげてくださぁ~~~い(笑)
    照れまんさんのお家、座布団だれけになっちゃいますよねっ^^
     
    おはようございまぁ~す^^
    (*^o^*)オ (*^O^*)ハ (*^。^*)ヨー!!
    連休、遊びすぎちゃったひだまりです(^^;
    遅くなってごめんなさい。
     
    (ノ´▽`)ノオオオオッ♪
    ひだまりの県の弥彦山のことが書いてあるぅ~。
    チョウチョさんのことは大好きだけど、名前もほとんど知らないし、
    どこに生息しているのかも知らないことだらけだけど、遠い昔捕まえた記録が残っていたなんて
    感激ですよぉ~。
    今年の夏、「世界の昆虫展」でたくさんのチョウチョの標本を見たのですが、
    もっとしっかりと観察しておけばよかったな。。。(^^;
     
    マダラ蝶の種類ってたくさんあるのに、日本ではアサギマダラだけなのですねっ。
    ひだまりも写真に似てチョウチョを見たことがあるような気がするんだけど、
    これからの季節、探すのは無理かなぁ~。
     
    照れまんさん、今日も素敵な一日を過ごして下さいねヾ(=^▽^=)ノバイバァイ
     

  7. 照れまん より:

         瓢子さ~~~ん! あっ、間違いました。
      ひだまりさ~~ん! こんにちはー。
    アサギマダラは 綺麗な蝶ですね。実は私も見るのが初めてでした。
    それで、色々調べていたら面白くなってしまって、ニカワ学者に??んっ、膠 ニカワ じゃ無くて、 にわか学者になってしまいました。
    一番古い記録も、二番めに古い記録も 新潟県のようでした。
    弥彦さん こらこら、 弥彦山と 弥彦山脈 と書かれていました。
    世界昆虫展 などというのがあるのですね。それに行かれたのが 素晴しい。
     
    ではでは、また宜しく・・・・・。  バタフライをすると、溺れているのかと間違われる 照れまん でした。

  8. Somchan より:

    Oh!! I see a big butterfly.  (^ ^)

  9. 照れまん より:

         OrangE さま こんにちはー
       Arigatou 
     I am very glad.

  10. Pu'uwai より:

    よし、一大決心した。
    わちきも 「浅葱斑 アサギマダラ」を吸い寄せる為に、フジバカマを植えるぞ。どこで売っているかな?
    わちきの温室はこれじゃがなぁ~。 
    玉葱の苗100本植えました。 赤玉葱は花を見るだけちょろっと10本植えましたよ。
    皇帝ダリヤ咲き始めました。一度強風で植木鉢ごとごろんと倒れてしまって萎れてましたが、強い!
    2mもあるのよ。それが倒れた。
    そう簡単には負けないぞ~~と持ち直しましたよ。

  11. 照れまん より:

         Pu‘wai さん こんばんはー
    立派な温室が出来ましたね。上出来です。
    御主人様が作ってくださったのでしょうか。
    我が家でも、子供の頃に母が 蘭を育てたいので温室を作りたいと言い出し、父がビニールパイプを曲げて小さな温室を作りました。
    でも翌年、台風が来て きれいさっぱり飛ばされてしまいました。以後、諦めたようでした。
    花はきれいなんですけど、育てるのは なかなか難しいですよね。
    フジバカマ 期待してます。山や野原の方に行くと咲いているかも知れません。
    アサギちゃんが きっと来ますよ。
    浅黄色 というのは、やはり昔は黄色の薄い色だったのですね。それが、江戸時代頃に藍染めの薄い色、青緑の薄い色に変わっていったのですね。
    江戸時代、切腹の時の服は 真っ白ではなく 浅黄色の服を着ていた などと書かれていました。本当でしょうか???
    ブログの記事を書くと、なかなか勉強になります。
    そんなこんなで、また・・・・。
     

  12. 照れまん より:

         Pu‘wai さん 追伸
    てっきり御主人様が作って下さった温室だと思ったら、Pu お姉様が自分で作ったの。
    鉢植えが きっちり 沢山入っているので、これでいいんじゃあないでしょうか。
    そのうち、ご主人様が作ってくれるかもよ・・・・・・。

  13. コスモス より:

    照れまんさん、こんばんは!
    アサギマダラって、標本でしか見たことがなかったのですが、普通に見られる蝶なのですね。
    何世帯にもわたって飛び続けて本拠地に帰ってくるなんて、生きてる物(者)はそれぞれの生き方があって不思議です。
    それと、浅黄色は、字を見てかってに黄色だと思っていました。  
    水色だったんですね、勉強になりました。

  14. 照れまん より:

        コスモスさん こんにちはー
    アサギマダラ って、ニュースで見るものだと思っていました。
    フジバカマ を植えたら本当に着たので、びっくりです。
    高いところから、見えるのでしょうか。不思議です。
    今まで居たのに、見ていなかったのでしょうか?
    疑問に思うことを調べていくのは面白いですね。パソコンだから簡単ですし・・・。
    1万件とか2万件とか出てきても、見れるのは最初の 300件 くらいですね。
    ではでは、また 宜しくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中