照れまん君の俳句歳時記 「クリスマスローズ」

  クリスマスローズどの子も人見知り   照れまん
             (1)
        
 我が家に咲いていても、知らない花がいくつかある。
この花も、気にも留めたことの無かった花。
木の下の暗い日陰の地面に、俯いて咲いているので、今まで気が付かなかった。
           
 とりあえず写真に撮っておこうか、という程度で撮っておいた。
名前は解らないのでフォルダ名は「苧環・オダマキみたい、低い でかい花」
と書いていた。
 そうしたら、近所のおうちで、よく似た花を見つけたので、名前を聞き、写真を
撮らせて貰った。
「この苧環みたいな花は、何ていうのですか?」
「この花は クリスマスローズ と言うのよ。苧環とは全然違うでしょう!」
「えーっ、クリスマスローズ? 今 4月ですけど。何でクリスマスローズ??」
「冬から春にかけて咲くから、そう呼ぶんじゃないの!」
「我が家にも、そっくりな花が咲いているんですけど。あれも、クリスマスローズ
かなあ?」
「どんな花なの?」
「この花にそっくり。背が低くって、みんなうつむいています。」
「それは、きっとクリスマスローズよ!」
ということで、近所のクリスマスローズを写真にパチリ。
 下の(2)の写真がそれ。花の形はそっくり、ちょっと小ぶりで色が濃い。
             (2)
        
           2008 04 04
 クリスマスローズとは、とてもいい名前。
最近はずいぶんあちこちに植えられて、人気があるようです。
 日本の温州蜜柑は、クリスマスオレンジ という呼び方もあるそうなのですが、
こちらは、まったく定着しそうに無い名前。残念!
    クリスマスローズ    
 キンポウゲ科・ヘレポラス属(クリスマスローズ属) 
   ヘレボラス・ヘレボルスとも
 ① 学名 : Helleborus niger  ヘレボラス ニゲル
    英名 : Christmas rose    クリスマスローズ
 ② 学名 : Hellebous orientalis  ヘレボラス オリエンタリス
   英名 : Lenten rose          レンテンローズ 
 クリスマスローズは 別名  「雪起こし」 
 原産地は地中海沿岸から西アジア。
 ① ニゲルの方がクリスマスローズ。やや小ぶりの花。白が中心。
   やや横向きに咲く。クリスマスの頃から、冬に咲く。
   原生地は、バルカン半島のスロベニアとも。
 ② のオリエンタリスの方は、イギリスではレンテンローズと呼ばれている。
   やや花が大きく、俯いて咲くことが多い。白のほか、紅褐色、暗紫色など、
   濃い色もある。春頃咲く。
 キリスト教の Lent レント(イースター)までの40日間、(4旬節)に
咲くので、レンテンローズという名前が付けられたとか。
イースター (復活祭)は 基本的に春分の日の後の最初の満月の次の 
日曜日。ちょっとややこしいですが、毎年 日にちが変わるようです。
ちなみに、2009年は東方教会では4月19日。
西方教会では4月12日 だそうです。
 したがって、レンテンローズの方は、2月から4月頃に咲くようです。
そうすると、我が家の花や近所の花は、レンテンローズのようです。
ただ日本では、レンテンローズもクリスマスローズ属なので、
クリスマスローズと呼ばれているそうです。
 
 日本には明治の初め頃、薬草として渡来。その後、茶人などが細々と育て、
茶花として「寒芍薬」と呼び、親しんでいたようです。
和名では 「八手花笠・ヤツデハナガサ」と呼ぶそうです。
20年位前には、まだあまり知られていなかったのに、この10年~15年
の間に、急に人気が出てきたようです。
 園芸店で売られる場合、レンテンローズやヘレボラス オリエンタリスより、
クリスマスローズの方が名前がいいし、売りやすいので、クリスマスローズ
の名前を採用したようですね。
         (3)
        
  我が家のクリスマスローズを真上から みんな俯いています  08 04 03 
 レンテンローズの方は少しややこしいようです。
無茎種の原種の一つに オリエンタリス があり、これが レンテンローズ
亜種が幾つかあり、これを交配させ、また別の無茎種の原種・10種類
位あるものを交雑させたものが、オリエンタリス・ハイブリッド と呼ばれる。
栽培が比較的易しく、変異種が多いのでバラエティーに富むことから人気があり、
広く栽培されるようになった園芸種のようです。
         
 一重から八重、セミダブル、ダブルなど、色や品種が豊富なので、最近
人気があり、クリスマスローズといえば、その多くがレンテンローズ
オリエンタリス・ハイブリッドのようです。
          (4)
        
 花びらが5枚?と思ったら・・・。植物の場合、花びらだと思っていると、違うことが
よくあります。
 花びら・花弁 に見えるのは、実は萼(ガク)だそうです。
オシベと萼の間に、何か小さい緑色のものが見えます。あれが花弁の名残。
 今は退化して蜜腺・蜜腺状になっています。
多数の雄蕊が見えます。
中央に雌蕊があります。 
         (5) 
        
  雄蕊が散ってしまい、退化した花弁の蜜腺がよく見えます  2008 03 20 
                                  
 根には毒があるので食べないようにと書いてあります。
 学名の Helleborus niger。 Helleborusとは、ギリシャ語の Helenin(殺す)と、
bora(食べ物) から、人を殺してしまう、毒草という意味のようです。
 Niger ニゲル とは黒いという意味で、根が黒いそうです。動物を捕らえるのに、
矢の先に根の煮汁を塗っていたそうです。
この根が、ほんの少しなら、薬になるのですね。
 ニゲル は、ニガー、ナイガー、ノイガー と表記が色々違うので面白い。
 以前に 「ニゲラ」 の花を載せました。Niger 学名は Nigella 、
あの 「ニゲラ・ダマスケナ」も、やはり同じキンポウゲ科 でした。
私が間違えていた苧環もキンポウゲ科です。
           (6)
       
 さて、俳句ですが、最近出版された大きな歳時記には、「クリスマスローズ
は、冬の季語として掲載されています。
 私の持っている「日本大歳時記」には、辛うじて一句だけ例句がありますので
掲載してみます。
    クリスマスローズ気難しく優しく      後藤比奈夫
 他の人の句も見つけましたので、一句だけ載せてみます。
    通るたびクリスマスローズの首起こす   田口素子 
 その他、よそのブログで、クリスマスローズの俳句を見つけましたが、無断で
掲載する訳にはいきませんので、残念ですが載せませんでした。
 掲載しているクリスマスローズの写真の右下に、日付のある写真と無いもの
とがあります。日付のあるものは、前のカメラのカシオ君で撮ったものです。
この写真を撮った翌日、2008年3月11日に壊れてしまいました。
 カシオ君はレンズが上下180度回転できるので、低いものを撮るのには
とても便利でした。地面スレスレから真上に向けても、レンズもモニターも
上向きに出来るので、見やすくて撮り易かったのです。
 日付の無いものは、新しく買った小型パナのルミ君で撮ったものです。
低い所や高い所を撮ると、モニターが見れないので、勘で撮っています。
でも、画素数は4倍になりました。
 では最後に、3月9日 前のカメラ、カシオ君が壊れる二日前に撮ったもの。
            (7)
       
   ハンドベル鳴るかもクリスマスローズ     照れまん
 クリスマスローズ、今まで見たことがあるような、初めて見るような・・・・。
色々調べると面白くて複雑で・・・・。
レンテンローズの方はとてもややこしくって、私の説明は少し不備があるかも
知れません。
 植物学者ではありませんので、其処の所はどうかご容赦を・・・・。
 ローズと言いながら、まったく薔薇とは関係がなくて、なよなよとしていて、
それで、クリスマスローズと言う名前。
何とも名前がいいですよね。
思わず、名前を聞いただけで買ってみたくなります。
        
 今回は、クリスマスが近いので、クリスマスローズを載せて見ました。
 では、また・・・・・。
       メリークリスマス  
                 
         
                    
            
          
広告
カテゴリー: 俳句・植物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「クリスマスローズ」 への8件のフィードバック

  1. KEN16 より:

    ご無沙汰ばかりです。トンボのところで周防の光は優しいなーァ!とフォトを拝見しただけで大変失礼してしまいました!クリスマスローズはあまり馴染みがないのですが、厚い花弁だなーァ!といつも思ってた花です。旧デジのカシオくんと新パナ君の引き継ぎをされた時の謂れのあるお花でしたか。何故カシオくんを気に入ってたのかが良く分かりました。カシオくんは不思議な感度を持ってましたね~ェ!KENもそのような機能を持ってたブックタイプのものが使いやく愛用してたことを思い出しました。

  2. 照れまん より:

    KEN さん いつもありがとう御座いますカシオ君は不思議なことがありまして、オシロイバナを撮っているのですが、それが・・・・。オシロイバナは紅いような濃い色ですよね。それがなぜだか、紫色の死んだような色になるのです。なんじゃ、これは という感じです。それで、執拗に撮っていたのですが、どうしても本来の紅い色にならないのです。色々工夫して、どうにかこうにか、アップできそうな色にまで、ぎりぎりの感じが2枚くらい撮れたのです。ところが、カメラが新しくなって、白粉花を撮ったら、一発で、見たままの感じの色で撮れました。やっぱり、カメラも新しくなれば、技術が進歩しているのだなあと、感じてます。ルミナリエ のパンフレットありがとう御座います。探して探して、やっと見つけました。返信をしようと思ったのですが、やり方が、まだ良く解らないので、こちらに書かせてもらいます。私はクリスマスを賑やかにするものだとばかり思っていました。地震の鎮魂なんですね。でもそれなら、なぜ 1月17日をはさんで 行なわないのだろうとちょっと思ったりするのですが・・・・。色々な考えがあるのでしょうね。そんな、こんなで、またよろしく・・・・・・。

  3. ひだまり☆☆ニコニコ より:

    照れまんさん、こんばんは~(o^-^)ヾこヾ(^o^-) ん(o^ー^)o ばo(^0^o*)ん(o^-^)ヾは夜遊び姫がこんな時間になって、お忍びでやってきました(^^;(^^;だってガラスの靴、いいえ、フカフカの座布団が似合うお姫様を、照れまんさんが探していると聞いて、「ひだまりのことジャン!」って思って、やってきたのですよぉ~(*^.^*)エヘッひだまりもクリスマスローズを見つけた時、「どーしてクリスマスの季節じゃないのに咲いているのかな」って思ったことがありましたよ。何とかお花をカメラにおさめようと思ったのですが、みんな恥ずかしそうに咲いていました。ひだまりはスカートをはいていたことも忘れ、お花を撮ろうと必死になって・・・(どんな格好をしていたか・・・(・・*)。。oO(想像中))でも、よーく見たら、クリスマスローズはどのアングルから見ても可愛いお花だと言うことに気がつきましたよ^^照れまんさんの写真も優しい性格が表れていて、ひだまりまで思いやりの心を分けてもらいましたよ^^照れまんさんの写真は、カメラも腕前もサイコーなのでしょうが、写真にも「心」があること、いつも伝わってきますよ^^クリスマスに「素敵な心の花束」をありがとうございます(*^.^*)

  4. 照れまん より:

    ウワーイ、ひだまりさん ありがとうきょうは、ひだまりさん、クリスマスイブ。お出かけになるのでしょうね。      「爺、靴を持て! 」   「姫、どうぞ こちらを 例のガラスの靴で御座います。  ☆ 」   「爺、おかしいぞよ。靴が入らぬのじゃ。靴べらを持て!」   「は・はい、これで私がはかせて差し上げましょう。エーイ ★ 」   ペキン   「あ~~っ、爺、靴が壊れてしもうたぞ。どうするのじゃ。きょうのお城のパーティーに行けぬぞ ★」・・・・ってなことになりませぬように。ひだまりさんは、大丈夫ですよね。王子様が待ってますよー。楽しいクリスマスを・・・・。

  5. Pu'uwai より:

    Merry Christmas!  照れまんさん ひだまりさんペキン、折れたらサンダルがあるぞよ。最近の若い人の靴って履きぬくそうですね。甲のところが浅くてぱこんぱこんって脱げそうになって歩いてますね。 ひだまりさんは大丈夫でしょう、そちらはもうブーツですよね。クリスマスローズは渋い花ですね。決して華麗とか綺麗とかじゃないけど味のある花ですね。花びらのように見えるのが萼、なるほどそれでいぶし銀の渋さが出てるのですね。 萼なら華麗さに欠けるのも頷けます。好みによっては大変好かれる花でしょうね。茶室の花というのは合点がいきます。1枚目は7枚目をカメラでトリミングしていますか?確かにカシオはすごいカメラでしたね。残念な気持ち同感・パナボーイもなかなかやるじゃない。照れまんさんの腕が上がったのですよ。花を見る視点、写す視点がいつもながら素晴しいと思うよ。ところで、live フォト ギャラリーでトリミングしたり修整すると、その写真の詳細にMicrosoft Windows Live Photo Gallery とプログラム名が自動的に入ります。fuさんのいうように、修整するフォトだけを新しいフォルダにいれて修整すればよいでしょう。私はフォルダを1つつくりlive専用とフォルダ名をつけてます。修整したいフォトだけをコピーしてlive専用に入れます(コピー・貼り付けで入ります)。live専用には撮影日がばらばらの写真が入ってます。すべて修整する為の写真です。そのlive専用だけをwindows live フォトギャラリーに入れて修整します。だから、もとの写真には Micrsoft 云々の言葉が入りません。live専用にある写真はみな入っています。どこに入っているかの見方は、ここでは説明しませんが、見たければ後から説明画像つくります。もうご存知のことよね。fuさんがあれだけ念をいれて説明していたから、、、、老婆心 老婆心!

  6. 照れまん より:

     Pu‘wai さん こんばんはー       ブログ見つつマウスが友のクリスマス・・・ってな感じでしょうか。一人だったらどうしようもないクリスマスですが、ブログを始めて、結構楽しいクリスマスになっています。うっとこの子供が、運動靴のかかとを踏んで靴を履いているのです。それから、サンダルも女性用のようなハイヒールのような小さめのものを履いたりしています。あほかー、と思うのですが諦めています。ズボンは滅茶苦茶下に下げて、はいていますし、ワイシャツを外に出しています。ズボンの中に入れて、ズボンは上げろと言いたいのですが、言っても無駄なので何も言いません。ズボンを下げているので、廊下を引き摺っています。ちょうど廊下の掃除になっていいかと、思っています。今回のクリスマスローズは一枚もトリミングはせずに載せることが出来ました。前の赤とんぼは、2・3枚目はトリミングしています。ブログ専用フォルダを作っていますので、トリミングするものは みんなここに入れています。今のところトラブルはないのですが、しばらくトリミングをしなかったら、トリミングの仕方を忘れてしまって、Fujim さんのところへ途中で行って見たりしてました。本当に、物覚えの悪い御仁です。そんなこんなで、まだ今年はクリスマスケーキにありついていない、照れまんでした。

  7. e友 より:

    クリスマスローズは真駒内公園(札幌冬季オリンピックで使用された)の花壇に咲いていて私の好きな花です。ウォーキングの前によく立ち止まって声をかけます。
    雪が溶けてまもなく桜が咲きますが、高齢者、幼稚園児、マラソンや散歩の好きな人の最高の舞台となります。1周3キロで35分を切るように歩いていますが、草花、鳥の声、リス、かもなどが私の足を止めてしまいます。特に雪解けのこの時期は、公園を流れる橋の上から見える濁流の音と流れがことさら私を誘ってきます。
    待ちにまった桜の時期が近づいてきましたが、本当はその先のライラックの季節が一番好きです。

  8. 照れまん より:

    e 友 さん こんにちはー
    ありがとうございます。
    クリスマスローズ  厳密にいうと レンテンローズ  らしいんだけど、やっぱり名前としてはね~!
    クリスマスローズ の方がいいですよね。売る方も、買う方も その方が夢があっていいですもんね。
    こちらは今、あちこちに ツツジ が綺麗に咲いていますが、そちらは これから桜ですか。
    やっぱり日本は広いですね。
    ライラックの畑って 見たことないんですよ。植物公園には植えられているらしいんですけど、見たことないです。
    やっぱり 北海道まで行って 雄大な景色と眺めないとね・・・・!! 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中