照れまん君の俳句歳時記 「独楽」

  独楽廻し地球の自転をはるとき    照れまん
   ( こままわし ちきゅうのじてん おわるとき )
            (1)
        
            どの写真も すべて 2009 01 07 撮影
 今どき、独楽廻しをする子供なんか、いないだろうなと思っていたら、
丁度、子供達が賑やかに独楽廻しをしている所に出くわしました。
 そこで、写真を撮らせて貰いました。
 学童保育の子供達18人で、独楽廻し大会をしていました。
 その取り組み表。
             (2)
        
 勝ち残るのは、なかなか大変そう。
女の子も、5~6人参加して独楽廻しをしていました。
 その中で、優勝した児と準優勝の児。
金メダル銀メダルを首に掛けてもらってました。
         (3)
        
 「どうや!僕が金メダルや 
勝った時には、両手を上げて喜んでいました。
折り紙の手作り 金メダル銀メダルです。その他、銅メダル以降は順位の書いた
メダルがあります。
 私が写真を撮っていたら、「おじちゃんは、独楽廻しはできるん?」
と聞くので、
「おじちゃんは子供の頃、独楽廻しの鬼太郎と呼ばれちょッたのを知らんのん?」
と言うと、子供達は、
「知ら~~ん!ほんまに独楽廻しが出来るん???」、というので、急遽参戦
1回戦で負けた人たちの、最下位決定戦(11位~18位)に出て、見事に私が
勝ちました。
 「おじちゃん、じょうず~~。
それで貰ったのが、11位のメダル。下 ↓
これを首に掛けてもらいました。
    独楽廻し大会出場十一位        照れまん
         (4)
        
 ところで、コマ を漢字で書くと、独楽。古い字で書くと、「獨楽」
独楽 はどう読もうと、コマ とは読めません。不思議な漢字です。
 これは、古代中国、コマのことが「獨楽」と書かれていたのではないかと、考え
られているからのようです。
 その後、中国 宋の時代には、「千千」と書かれ、明 の時代には、「陀螺」
書かれるようになったようです。。
 現在では、陀螺 が一般的で、そのほかにも呼び方は色々あるそうです。
ところが、本家の中国では、古代中国で呼ばれていたと思われる、「獨楽」は、
今ではまったく使われず、中国の古語辞典にも載っていないそうです。
したがって、本家の中国では 獨楽 は何の事か解らないそうです。
 獨楽 と 陀螺 の発音が似ているので、変わっていったのではないかと
考えられるようです。
 日本に、いつ頃「獨楽」の字が入ってきたのか、本当に中国から来たのかなどは
不明なようです。
         (5)
        
 独楽 のことをなぜ、コマ と呼ぶのか。
 コマの語源ですが、日本で一番古い記述は、平安時代930年代の、
倭名類聚抄」の中に 「獨楽」 とは 「古末都玖利」 コマツグリ  と解説
してあるもののようです。
 「コマ」は、高麗のことで、高麗から渡来したのでそのまま「コマ」と、それに、
「円い」という意味の、ツグリ・ツムグリ がくっついたのではないかと考えられる
そうです。それで 「コマ ツグリ」。
 ところが、この朝鮮渡来説に、異を唱える人もいるようです。
 正直な所、中国からの渡来か、朝鮮からなのかは、確証になるようなものが無く、
はっきりとは解らないというのが、今の所の真相のようです。
 ちなみに、世界で一番古い独楽は、エジプトで紀元前2000~紀元前1400年頃の物が発掘されたのが、世界最古だそうです。
         (6)
        
            色紙を上にくっ付けて廻っています
 俳句歳時記では 季節・季語 が五つに分けられていると前に書きました。
春・夏・秋・冬 そして 新年
 新年の季語って、そんなに多くないだろうと思いますよね。
ところが、沢山あるのです。
 季節ごとに分冊になっているものでも、新年はちゃんと一冊になっていて、
かなりの厚さがあります。
 さてさて、今回はその 新年の季語 の中から、「独楽」 です。
子供達が正月に遊ぶ玩具
 色々な種類の独楽があります。飾り専用の美しい独楽もあるようです。
「ベーゴマ」というものもありますが、これは昔「バイ貝」で作られていたので、
バイゴマがベーゴマに、呼び方が変化したようです。
 俳句ではただ単に独楽と書かれることが多いようです。
 そこで、俳句をいくつか、紹介してみます。
    たとふれば独楽のはじける如くなり    高浜虚子
    気に入らぬことある独楽をうちこめよ   富安風生
    惚れ癖も三日坊主やよろけ独楽     小林清之介
 面白い句です。もう少し載せてみます。
    紺青の海ひき寄せて独楽廻し       鷹羽狩行
    大木に負独楽の子の凭れをり       上野 泰
    負け独楽の稽古不足を児が悔やむ    村上和子
    富士山の此処らも裾野独楽廻る      嶋田一歩
         (7)
        
        葉っぱを上につけて廻っています      
    女の子負けじと独楽に紐を巻く
    廻る独楽やがてよろけて倒れけり     照れまん
 子供達が元気に、独楽廻しをしている楽しそうな写真を載せたいのですが、
顔が写っているので、残念ながらやめました。
 最近の子供は、室内でファミコンなどをして遊ぶことが多いいようですが、
こうして大勢で外に出て 独楽廻しをしているのが嬉しいですね。
 私も40年?いやいや50年ぶりに独楽廻しをました。
 何とか、独楽を廻すことが出来たので、 ホッ! 
 「昔とった杵搗き餅」、コラコラ。「昔とった杵柄」でしょう。
まったく、コマった人。   コマドリ・シマイ ・・・・・・・さようなら。
 ではでは、今回は新年の季語 「独楽」 を載せてみました。
            
        
          
        
                   
広告
カテゴリー: 俳句・生活 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「独楽」 への6件のフィードバック

  1. コスモス より:

    独楽廻しの鬼太郎さん、こんばんは。最近はコマを廻してる子供をみかけなくなりました。もっとも、子供が遊んでる姿をみかけることも少なくなりましたが。コマという漢字、難しいですね~、照れまんさんちで、いろんな漢字をおぼえましたよ。 「蚯蚓」 とか、「蜻蛉」 とか「読めるけど書けないね~」って字はいっぱいあるけど、 「読めないし、書けない」 字もいっぱいあるのに驚きです。

  2. 照れまん より:

    コスモス さん こんにちはーいつも ありがとうございます。子供達が 独楽廻し をしているだけで、嬉しいですよね。年甲斐も無く、参加してしまいました。昔は独楽を放り投げた瞬間、ぐっと手元にしゃくって、手の平に載せていたのですが・・・・・。一度練習してみたのですが、出来なかったので、子供に見せるのは止めておきました。う~~、残念!年ですね★最近は相当にボケ始まっていて、以外に、簡単な字が書けないで、ショックを受けるときがあります。麻生総理のことは笑えません。漢字も読めないけど、空気も読めない 照れまんでした。

  3. 猫と薔薇と私と より:

    寒いですねぇ 昨日が三木市の成人式でした。 綺麗でしたよ 着物が。立ち姿や歩く姿は見られたもんやないやうな(^。^ ; )。姫路は 御殿ゴマを作ってます。 小ぶりの彩色の華やかな(金彩色)コマです。 回ると金の色が流れるようで 素敵です。こま回し 大人になってから覚えました。結構長く回るんですよ。 娘は 綱渡りや掌乗せができる 子でした。今も出来るんやろか。今年も あれこれ 見せて下さいな。 浮かれゴマ わが人生に 似てまわる

  4. 照れまん より:

         猫と薔薇さん こんにちはー我が家にも、成人式の子がいます。甥なんですけど。背広を着ていたので、「今日は なんかあるんあるん?」  って聞いたら 「 成人式!」って・・・・。「よかったね。ほんじゃあ今日から 酒もタバコも止められるね??」って、言ったら、笑いながら、 「だいぶ前からしょうるけいねえ!」 と言ってました。ホンマニ あほ デス。お嬢様は独楽廻しが上手なのですね。綱渡りが出来たら大したもんです。私の人生は ず~~~っと、たらい回しと 綱渡りみたいなもんで、しょっちゅう 落ちてるんですけどね。浮かれゴマ~   の俳句、うまいです。大したもんですよ。こんなにうまいこと作られると、 コマ ってしまいます。じゃ、また・・・・。

  5. ひだまり☆☆ニコニコ より:

    照れまんさん、こんばんは~(o^-^)ヾこヾ(^o^-) ん(o^ー^)o ばo(^0^o*)ん(o^-^)ヾはは~い、成人式に行ってきた、ひだまりです。あれっ?何年前のことだったかなぁ~~(^^;(^^;「独楽」って、漢字検定何級に出てくるんだろう。。。難しい字ですよねっ。ひだまりも照れまんさんのところでいろんな勉強をさせてもらっていますよ^^いつもありがとうございます^^独楽まわし大会、懐かしいです。ひだまり、子供の頃、糸をまくコマをまわすのが苦手だったのですが、それが悔しくて、くやしくて・・・家に帰ってから一生懸命練習しました。そして、なんと大会の当日になってまわせるようになって、なんと、なんとぉ~~~2位をGETしちゃいましたよ~(*^.^*)エヘッ子どもの頃、体で覚えたものって忘れないって言うけど、照れまんさんも凄い!ですねっ^^ひだまり・・・今、できるかな。。。子どもたちにも人気がある照れまんさんと対決してみたいと思ったのですが、やっぱ対決は「座布団争奪戦」の方がいいのかと・・・^^ではでは・・・またきまぁ~~すヾ(=^▽^=)ノバイバァイ

  6. 照れまん より:

           成人式を迎えた  ひだまりさん こんにちはー突然ですが、きのう、いい事があったのですよ~。全国高校サッカーで、広島の 皆実(みなみ)高校が優勝しました。バンザーイ!☆別に母校ではないのですけど、お隣なもんで・・・・。母も祖母も広島の出身でして・・・。それから、全国雪合戦大会で 広島の小学生チームが優勝。バンザーイ! ☆☆へてから、去年ですが、サンフレッチェ広島が J2 でぶっちぎりの優勝で J1 に昇格。  ☆☆☆アルビレックス新潟、首を洗ってまっていなさいよ~~~。簡単にヒトヒネリ して、 独楽のように キリキリ舞いさせますからね。ムヒヒヒ・・・・。ではでは、また・・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中