照れまん君の俳句歳時記 「鶯餅」

      街の雨鶯餅がもう出たか   富安風生
 鶯餅といえばこの句。鶯餅を代表する名句。
 いい俳句ですね~。
 俳句を作ろうとすると、やたら難しく考えたり、いい句を作ろうと気構えたり、
 一捻り二捻りしなければいけない、と思ってしまいます。
しかし、この句のように、普段のちょっとしたつぶやきや思わず口を
ついて出た言葉そのまま俳句にしただけで、こんなに素晴しい俳句が
詠めるのですね。
 この句を読むと、思わず ニコッ としてしまいます。
          
       
    
 鶯餅は 漉し餡 を 求肥(ぎゅうひ) で包み、両端を少し尖らせ、青きな粉を
まぶしたもの。
 求肥というのは、もち米の粉を練ってお餅状にした生地。
 鶯餅の起源について、面白いものを二つ見つけました。
 ① 一つは、天正13年(1585)。大和郡山に国替えとなった豊臣秀長が入城。
その時、秀長の命により、郡山城大手門入り口に菊屋が菓子商を始める。
後日、秀長が秀吉を招いて城内でお茶会を開いた折、菊屋にお菓子を献上
させた。菊屋の創作した餅菓子を見た秀吉が、「鶯餅」の名前を与えた。
その後、菊屋の店がお城の入り口にあることから、「御城の口餅」と呼ばれ
親しまれるようになった。
 今でも郡山城の前に本家菊屋はあるそうです。    
 ② そしてもう一つ、福井県坂井市三国町にある、大和甘林堂」。
   享保4年(1719)創業。
 宝暦の頃、主人の大和丈助が地元の特産品や千石船(北前船)で持ち込ま
れる珍品を使い新しいお菓子を創作。
 三国神社の山王の森に鳴く鶯に着想して鶯餅}と命名した、とあります。
 大和甘林堂は今でも老舗菓輔として、とても有名だそうです。
大和甘林堂の大和は、個人の苗字のようですね。
  豊臣秀吉が命名、なんてまったく知りませんでした。
 私には、どちらの説が正しいのかは解りませんが、どちらにしても和菓子は
大好きなので、どちらも認めてしまいます。食べてみたいです。
          
        鳴かぬなら食ってしまおう鶯餅    照れまん
        うぐひす餅鳴くまで待てば固くなり   照れまん
 こんなパロディー句は、すでに誰かが作っているだろうなあと思いつつ・・・・。
 洒落ですから、お許し下さい。
 鶯餅を自分で作る場合、青黄な粉がない場合、黄な粉に抹茶を混ぜれば、
それらしく出来るそうです。
          
        
     今年のバレンタインに貰った たった一個のチョコ    抹茶とりゅふ
    表面に金の粉がほんの少しかけてあり 少しだけ輝いて見えます
                                                      美味しかった!
                 
          鶯餅とは、とてもいい名前。
          春が来たなという感じがします。
  俳句では、鶯餅早春、 春の季語
  ひらがなで、「うぐひすもち」と書くこともあります。
   最初に掲載しました富安風生氏の句。
 「街の雨鶯餅がもう出たか」 は まだ真冬の寒い1月か2月でしょうね。「もう出たか」というのですから、まだ寒いのにもう出ているという驚き。
 そして、もうすぐ春が来るのだなあという、春の予感。
 何ともいえぬ、面白味あるのある、春にふさわしい楽しい句です。
 その他の俳人の句も載せてみます。
        美しき冷えをうぐいす餅といふ      岡本 眸
 岡本眸氏は前の句の富安風生氏のお弟子さんです。
 私が俳句を始めたころ、20年以上前になるでしょうか。NHK俳壇の選者(講師)
をされていて、よく拝見させて頂きました。
 もう少し他の人の句も載せてみます。
      手にはたくうぐひす餅の緑の粉      高浜年尾
      うぐひす餅食うやをみなをまじへずに   森 澄雄
      行儀よく玻璃の内なるうぐひす餅     照れまん
 鶯餅は、最初から緑色だったとする説や、最初は黄な粉をまぶせただけの
黄な粉色だった、とする説があるようですが、どうなんでしょう。
 確かに、緑色はメジロ色ですし、鶯の茶褐色とは違います。
 鶯色・ウグイス色 というのは江戸時代に定着した色の呼び方。
 元々は茶色系統だっただったようです。鶯茶という色もありました。
それが、明治以後 緑色を帯びた色に変化していったようです。現代人が
思い浮かべる緑色の鶯色に変化していったようです。
 お菓子の名前としては、目白餅 よりは 鶯餅 の方が語呂もいいし、感じが
いいですよね。
 初めは茶色(黄な粉)だったのが、鶯餅という名前ゆえに、明治以後、自然に
 鶯色(青きな粉)の緑色にに変化していったということも考えられるようですが、
はっきりとは解らないようです。
 鶯色は「」と「目白」を混同して、間違ってしまったという風に書かれている
ものもあります。目白はよく見かけますが、鶯は鳴き声は聞いてもほとんど姿
を見ることはありません。だから、間違ったというのも、理解できますよね。
 しかし、春を告げる美しい鳴き声のと、緑色の色合いのとても綺麗な目白
を間違えたのではなく、いいところを混ぜ合わせて使われ始めたとしたら
どうでしょう。
 日本人はと聞くと、みんな頭の中で鳴き声を思い浮かべます。
そこに、目白の美しい緑の姿を重ね合わせてみると面白いですよね。
何となく、理想の鳥になります。
そう考えると、日本人の感性がそうさせたような気がしなくもありません。
 鶯」は茶褐色で 「目白」は緑だから、鶯色が緑なんて動物学的
  には間違いです、なんて野暮なことは言わないのですよね。
 これは、私の勝手な想像ですけど・・・・・。
 老舗と呼ばれる本家菊屋、大和甘林堂の鶯餅は、黄な粉色のようです。
 写真で見たところ、確かに黄な粉色です。
 では、最後にもう一枚、鶯餅の写真を・・・・。
 私としては、もう少し緑色の鶯餅を期待していたのですが、この色の鶯餅を
頂いたもので、・・・・。
       
 鶯餅は、本当に季節を感じさせる和菓子です。
 最近は洋菓子に押されて、和菓子屋さんはやや苦戦しているようです。
私の近くには小さなお饅頭屋さんが、ものすごく大きくなって、和菓子・洋菓子・
和洋菓子を作るようになって、すごく繁盛しているお店屋さんもあります。
 和菓子の魅力は、何と言っても日本の四季をうまくお菓子に取り入れている
ところ。
 日本人ならではの彩りや形、素晴しいですよね。
 抹茶や玉露には、和菓子は欠かせません。美味しいですよ。
 ちなみに、私は「鶯餅」も大好きですが、「鶯嬢」も大好きです。  コラー!
       「 矢切の和菓子 」
       「 和菓子馬鹿よね~、お釜さんよね~~☆ 」
     大概にしなはれや!あんたが馬鹿でしょう。
  小洒落たつもりかも知れまへんが、ひどい二番煎じの駄洒落・・・。
 あんたねえ、鶯の糞で顔を洗って出直しなはれ!
 「 うわーい、お肌 ツルッツル~のスッベスベ。ホ~ホケキョ ★ 」
 あんたねえ、鴬張りの廊下にでも行って、座禅を組んで、修行しなはれ!
ほんまに、かなわんおひとやなあ。
      「ごめんちゃい!」
 ってなことで・・・・。
      うぐひすもち鱗粉遺し翔ちにけり    照れまん
        (うぐいすもち りんぷん のこし たちにけり )
 今回は、早春の季語。春を告げる和菓子 鶯餅 を載せてみました。
          
           
       
広告
カテゴリー: グルメ パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「鶯餅」 への13件のフィードバック

  1. fujim より:

    照れまんさ~~ん みなさぁん こんばんわ~私はチョット手始めに(ん? ナンのテハジメよ??) 遠出をしてましたが、今帰りました~。 傷心旅行でも、 同行二人でも、 一人旅でもありませんのでご心配なく (誰も心配なんかしてないっちゃ^^)。 無我になってゆっくり庭を見て来たのですが、 さてどこに行ったでしょう。ヒント 「ついでにあわよくば○○○の○○も見よう、 できれば○○○○○ーも食べてみたいなぁ。」と思っていたのですが、 残念ながら○○は見られませんでした。 でも、○○○○○ーは食べました~! 美味しかったですよぉぉ。あ~もう分ったぁ? ヒント「ー」を入れたからねぇ、 もう一つ、○の一つに「道」が入ります。 これ以上のヒントは、お目覚め途中の脳活性化の足しにならないので言いませ~ん。あ″~れぇ~れれれれ!!  きょろキョロきょろ、ここはどこ! あたしはだれ~??  いつの間にか鶯の間に!!どこで間違えたんやろか、、、、 えーとウグイス色が目白で鶯が黄な粉で、、、う~コンランコンラン、まぁ、2、3日ゆっくり考えよう、、、出直しデナオシ、、、  みいっか~おくれぇの、たよりをぉのせぇてぇえ~~~~~~~~ ーーzzzzz

  2. ひだまり☆☆ニコニコ より:

    照れまんさん、おはようございま~す^^(*^o^*)オ (*^O^*)ハ (*^。^*)ヨー!! えーーと、「ひだまりさん失恋説」否定しておきますよぉ~~~(笑)もう!ブログをお休みすると、直ぐに失恋説が出ちゃうんだよな・・・(-o-;)(>▽<;; アセアセあ~~、照れまんさんに手作りのチョコレート、あげたかったな。ひだまりもホワイト&ココアのトリュフ!作ったよぉ~~。でもでも写真の抹茶トリュフみたいに綺麗じゃなくて、ひだまりみたいに不恰好になったから写真載せなかったのですよぉ~~~(-o-;)あっ!時間だ!行かなきゃ!fujimさんの行ったところは、北〇道?かな。庭ってどこだろう。。。?(゜_。)?ではでは、いってきまぁ~~すヾ(=^▽^=)ノバイバァイ照れまんさんもみなさんも素敵な一日を過ごして下さいねっ^^

  3. 照れまん より:

       Fujim さん こんにちはーどこへ行ったの?   わたしゃあ、てっきり 東京 だと思いましたよ。椿山荘?皇居のお庭???山口県人が行く所って行ったら、京都か 東京 でしょう。 他は  別府、道後?ひだまりさんが 北海道 と書いてくれていたので、よく見たら、 〇〇〇、  〇〇   だから、北海道 雪祭 で決まり??生キャラメル も違うし、ラーメン も違うし、ジンギスカン も違うし、何を食べたの??ラッコ  を見た?これも違うし・・・・?解んないよー★遠出 だからね。もしかしたら常盤公園の庭? こらー、それじゃー 近出 でしょう。

  4. Pu'uwai より:

    おはようそうだった、ひだまりさんには永遠の恋人照れまんさんがいたんだった。失恋説取り消しま~~~す。 ひだまりさんごめんね。 今日も1日元気で行ってらっしゃ~~い。ひだまりさんのヒントでわかった。おの道ラーメンじゃなくて、札幌・雪祭 生キャンデーと、、、、どう当った? 賞金2億円よ。うぐいすもちに何で鱗粉が出るのよ、あさぎまだらじゃあるまいし、翔ちって翔けるって書いてあるぞ?と久々にネット辞書検索しました。 フイーリングは分るよ。やっぱ、俳句は感性でしょう。川柳と違ってね、、、、なんちゃっておばさんこっちのうぐいす餅は緑色のギュウヒに黄粉がまぶしてあるよ。今日は忙しいから、又、来ます。

  5. 照れまん より:

        芸能スクープ。              ひだまりさん 失恋説を 完全否定!★なんて、「照れまん芸能新聞」 の 一面 の見出しにしちゃいますよー。ところで、西日本を走る 九州新幹線の名前が {さくら」 に決まっちゃいましたね。さくら と聞いた時 えーーーっ、 と思いませんでした。さくら って悪い名前ではないし いい名前なんだけど、ちょっと無難だなーと思いませんでした。九州新幹線ですでに走っているのが 「つばめ」 で 今度が 「さくら」 でしょう。二つともすでに国鉄時代から あった名前だしね。もうちょっと新しい名前にしてほしかった というところですね。わたしは今回は応募しなかったのですが、応募したとしても 落選でした。「サザン・エクスプレス」 では駄目でしたね。う~~~ん、ウグイスのフン でした。  沈没 ブクブク★★★

  6. 照れまん より:

        鶯嬢 の Pu`wai さん こんにちはー蝶 なら 鱗粉 ですけど、鳥には 鱗粉はありませんよね。黄な粉を残した というのでは面白くないし、食べられちゃったというのも面白くないので、飛んでっちゃった、というので 本当は 発つ ですけど。翔 ショウ で たつ と読ませちゃいました。最近、子供に 翔 の字の付いた子供が多いので。ちょっと使ってみました。たつとは読まないので、・・・・。怒られるかも???おこられたら 許してちょんまげ っていっときます。まあ、食べられたということなんですけどね。「鶯餅 指に鱗粉 残しをり」  と最初に作っていたのですが、・・・・・。苦し紛れに だいぶ変えました。大笑いです。そうだそうだ、鶯餅って 求肥自体が 緑色をしているのがありますよね。それから、鶯嬢 というのは間違いですね。椿姫 でした。お詫びして 訂正させて頂きます・・・なんちゃって★

  7. fujim より:

    今回の遠出で途中寄ったところが京都、金沢と並ぶ菓子どころらしく、茶文化や藩主不昧公好みの和菓子がごく自然に生活にとけこんでる感じで、 私は自分用の土産に「ナント鶯餅を」と言いたいところですが^^、 美味しそうだったので彩雲堂の「若草」というのを買って帰ったんですよ。この鶯色、ではなくてメジロ色?チガッタ若草色ダー、これは春の色ですよねー。 中の求肥は程よい弾力がありうふふ満足まんぞく。 まぶしてあるのは黄な粉ではなく「寒梅粉」だそうです。  材料の新米を粉に挽く時期が、梅の咲く頃にあたるのでそう呼ばれているなんて、これまた日本人の感性、風流ではありませんか、ねぇ。理屈は別にして鶯と聞くとあの春を告げる美しい鳴き声と、緑色の鶯色、実は目白の姿を思い浮かべていますよ。照れまんさん説、日本人の感性のカチー! 拍手~~  お菓子の写真も撮ってみたんですけど難しいですねぇ。ここの鶯餅はかけてある粉の感触や銘々皿の光沢がよく出てますよ。最後の句、まるで、美しいかぐや姫が惜しまれながら芳しい残り香だけを残して(残り香を残す??^^)月に帰っていったような、そんな気持に私はさせられました。  鶯餅 指に鱗粉 残しをり  これも胸キュン、捨てがたいですよねぇ、、残った僅かな鱗粉がイトホシイ^^  飛び立って行ってしまったと思わせることに無理があるかどうか、、、うーん素人がいくら考えてもワカラン、えへへ。<もう少し緑色の鶯餅を期待していたのですが、、、> fufufuわかるわかる^-^。   うぐいすの 音色聴きたや 迷い道  ふじ   ただ待ち焦がる 主が餅とて  できたー!**********「俳句大会の作品集」を取り寄せて読ませてもらったのですが、 俳句などを投稿する時に、「未発表の自作に限ります」 と言われています。  これは自分のブログに載せたものもダメなんでしょう、、、か?  だとすると、どこかに投稿しようと思ったら、ブログには2番手3番手を載せることになりますね。  難しいですね。  それとも自分のブログなら構わないのか、、、な~んて、 ブログのためにやっとの思いで1句を搾り出す私には要らぬ心配ですけどねぇ、ちょっと気になります。照れまんさんのようにたくさん詠んでる人にもそんな心配は無用でしょうねぇ^^。 例えば思案の挙句「長き風邪」より「風邪の夜」の方がいいぞと思って載せてしまうと、 いざ投稿しようとするときはその上を詠まないと、、 かといってブログにもサイコウのものを載せたいし、、^^、そうすることで何度も推敲する、それはいいことだ(^-^)ハイそうですね。おっとととまた長くなった?  疑問は照れまん教室に投げかけよう   ごめんちゃい^^ゞ「パノラマ写真をクリックし、コントロールキーを押したままマウスのホイールをクルッと回すと、PCの画面サイズ大のパノラマになります。」 ってよ、 知らんかったねぇ。

  8. fujim より:

    しまった、彩雲堂の「若草」のリンクを忘れたー!  http://www.saiundo.co.jp/wakakusa.htmlこれでいいのかな?

  9. 照れまん より:

      もしもし、Fujim さん こんにちはーヒントに 「道」 が入るって言うから、みんな 北海道と思ったんじゃあないでしょうか。 「彩雲堂」 の堂なの。 どうなんでしょう?〇〇〇 の 〇〇 って 北海道 の 雪祭  じゃなくて、 和菓子 の 鶯餅 なの???一体どこに道が入っているのか、まだ解りませんよ??? 松江・島根・宍道湖・シジミ汁、山陰。 ほら、どこにも道は入ってない。足立美術館 のお庭。これも違うし・・・・。 山陰道!これ???〇〇〇〇〇ー   この答もわかりません。若草 も違う。 道草 ?まつえじょー 松江城 は食べられないし。ということで、まだ答が解っていない 照れまんです。迷い道の句 は いいんじゃあないでしょうか?今の心境がよく 詠まれていますよね。俳句は また次の機会に・・・・。

  10. fujim より:

    これで、私以外の皆さんがすっごく素直で、 お人がいいんだということが分りました!チョイいじわるな私が 「北海道」 のヒントに使うとしたら、 「海」 です。 「道」 とか 「北」 は使いまっせん。絶景と言われている 〇〇湖 の 〇〇は、 日没まで待ってみましたが、あいにくお天気が悪くて見られませんでした。ホラ、道が入ってる、、あ~~~まだ脳活性途中のふりして、からかってますね、、もぉぉぉウシウシウシシ、、「無我」を見て5年連続日本一という日本庭園を見てきたんですよ。「アチラ方面に行ったらぜひ庭を見てきて!」 と誰かも前に言ってました。〇〇〇〇〇ー これももう前半分の答を書いてますね、 ゼッタイからかわれてる、、、ふむふむ この程度の回復だということ、、、、にしとこう(^-^)ノ

  11. Pu'uwai より:

    やっと晴れたね。 晴れるっていいよね。お天気が良いと脳天気もよくなるね。で、北海道は外れたのね。2億円は今回も無しか!瀬戸内科医、そっち方面は疎いから「1お~~りた。」 花のみやこダ~イトーキョーに近いとこで参加するわ。fuさんの鶯は鱗粉残して飛び立ったんだ。梅は取り残されたか。残り香があるだけでもまだいいよ。やっと嵐の2月は去った。明日からは3月だもんね。春が来たねぇ!万物が花やぎ匂い立つ春が、なまめかしく夜に薫る春が来たねぇ!いい香り、この匂いはどこからと思ったら、柊南天の黄色い花が咲いていた。シンビの花は1鉢に9本も咲き出したよ。うれしいねぇ! 春がきたねぇ!おっと忘れるとこだった。Ctrlキーでマウスをくりくりね。 大画面になるねぇ! 知らんかったよ。大好きさんfuさんありがとう。

  12. fujim より:

    お~、続きますねぇ! 今度は詫び輔アレッ 詫び侘び その前にお詫びを、、、えー、乗り物酔い状態で書いた、ヒントにもならないヒントのモンダイでお騒がせしました。すぐに当てられないように当てられないように考えたんだから、 当たらないのがホントです。成功したと言うことですね、 ^^あはは。足立美術館には前にも行ったことがあるのですが、 人人人の頭の隙間から見て歩き、人に酔った記憶しか、、、。庭? 庭なんて、 窓を額縁に見立ててあった1枚しか思い出せません。それで今回、 横山大観の 「無我」 を公開してる時(2月28日まで)を見計らって行ってきたんです。狙いどおり人は少なく、 ゆっくりお抹茶なども戴きながら見て歩くことができました。前回「無我」を見た時には、こんなに大きいんだと感激した覚えがありますが、たぶん教科書の写真と比べてたんでしょうね、今回はこんなに小さかったっけ?と思ってしまいました^^。前日は松江で降りて観光し、「だんだん」に出てくる景色を見て、 ぶっかけ方式?で食べるしじみカレーを。これは本当にこくがあって美味しかったですよ~~^^。新山口から「特急スーパーおき」で乗り換えなし、 4時間で行けるんですよ。 でも久しぶりの列車だったからか弱ってるのか、帰りには今までなったこともない乗り物酔い状態で少々頭痛が、、、ーー;ではお邪魔しました~。  あ~、庭の話が出てないけど、、、><ゞ  侘助さんに免じて、、、。

  13. 照れまん より:

      Fujim さん こんちはーしばらく 道 なんてどこにも出てこないじゃないかと思っていたのです。パソコンで文字の変換をしているので、見逃していました。宍道湖 ね! 宍道湖の  道  なんだ??  しばらくたってやっと解りました。    宍道湖 の 夕日  が答ですか。合っていますか。もう一つの   〇〇〇〇〇ー   というのは  シジミカレー  だったのですか。そんなん、だれも わかんないよ~~~。熱海の方に MOA美術館 とか言う素晴しい 美術館があるそうなんだけど、とにかくものすごく素晴しいのだそうです。私は行ったことがなくて、噂でしか聞いたことがありません。でもなぜ、島根県の田舎にある 足立美術館 が「世界一 庭の綺麗な美術館」に選ばれたんでしょう。MOA 美術館ではないのでしょうか?よっぽど足立美術館は庭が美しいのでしょうね。足立美術館と聞くと、何となく 東京の足立区にある美術館のような気がしますよね。島根県の足立さん 頑張ったのですね。そういうことで、やっと答が全部解って めでたし目出度し。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中