照れまん君の俳句歳時記 「蚕豆の花・豆の花」

    蚕豆の花竜宮の朱き門  照れまん
          (そらまめのはな りゅうぐうの あかき もん)
         (1)
        
 ソラマメ を漢字で書けば蚕豆空豆
 ソラマメは日本人の生活に、よほど密着しているのでしょう。沢山、違う呼び方
があります。 
唐豆」・夏豆」・「お多福豆」・「一寸豆」・「大和豆」・「五月豆」・野良豆」・
天豆」・「はじき豆」 などなど。
まだまだ他にも、地方によって違う呼び方もあるようです。
 そこで、まずソラマメの語源ですが、空豆 の漢字の方から見てみます。
空豆は和語。読んで字の如し。
 空を向いて実が成る、莢が空に向かって着果するところからソラマメ と
呼ばれるようになった。
 それで、漢字で書けば「空豆」となるわけです。
          
 空に向くってどういうこと・・・、本当かな? と、ちょっと疑ってしまいます。
見たことの無い人には、理解しにくいかもしれません。
 そこで、花より先に、実の成る写真を載せてみます。
         (2)
        
                                                    2009 04 17
 確かに上を向いています。しかし、この写真だけだと、たまたまこれだけが
上を向いてんじゃあないの、と思われる方もおられるかも知れませんので、
 もう一枚、別の畑の写真を。
 上の写真は、他所の畑ですが、次に我が家の空豆の写真を載せてみます。
         (3)
        
                                                                           2009 04 18
 どうです、すごいでしょう。ピースをしてます。
 やっぱり、我が家の蚕豆も上を向いています。
 よほど、茎がしっかりしているのでしょうね。
すべてが上を向いているわけではありませんが、多くの実が上を向いています。
写真のものは、まだ実が小さいので上を向いていますが、これがだんだん大きく
なって、しっかり熟れてくると重くなり、次第に横向きになり、やがて垂れ目の
ように、下向きになってきます。
 さて、次は 「蚕豆」 の漢字の方ですが、こちらは漢語です。
 蚕豆の  は、日本では カイコ と読みます。音読みでは サン です。
養蚕(ようさん)の サン です。
 カイコの本来の漢字は、こう書きます。 蠶 (サン・かいこ) と読みます。
 とても難しい字です。意味は、糸を吐く虫、で カイコのこと。
  の字は元々 ミミズ を現す文字だったようですが、それがいつしか、
こちらの 蚕 が使われるようになり、カイコを指す文字になたようです。
 中国では、蚕豆 と書くのに、こんな説があります。
    1、豆の実の、莢の形がカイコのに似ているから。
    2、莢の形がカイコの幼虫に似ているから。
    3、養蚕の時期に実が成るから。
 どの説が正しいのかは解りませんが、いずれにしても、中国ではこの豆のことを 
カイコと関係付けて 蚕豆 と書いていたのですね。
それが日本に入って来て、いつしか 蚕豆 と書いてソラマメと呼んでいるのです。
 だから、蚕豆 の漢字を見た時、一瞬 えーっ!と思いますよね。
カイコマメ って何??  私は最初、読めませんでした。
           (4)
       
                                                                        2009 04 08
 被子植物門・双子植物綱・マメ目・マメ科・ソラマメ属 ソラマメ
 学名 : Vica  faba
 英名 : Broad been  、 Horse bean  ,     Faba bean
  英名が違うサイトで3つもありました。どれが正しいのか解りません。
  日本でも沢山の呼び方があるので、英国でもそうなのでしょうか。
 仏名 : Feve
      原産 : 北アフリカ か 西南アジア はっきりとは解っていないようです。
野生種がカスピ海の南の地方、北アフリカで発見されているそうです。
 4000年前のエジプトや後のギリシャでは、すでに食用にされていたらしく、
遺跡から発掘されているそうです。
相当に早くから人間に栽培されていたようです。
 日本に渡来したのは、天平時代から室町時代、江戸時代まで、かなり幅が
あります。
 正確なことは解らないとしながらも、とてもはっきり書かれているものがありま
ますので、それを書いてみます。
 説 天平8年(736年)、印度の僧仙那が中国経由で来日した。摂津難波津
に出迎えに行った行基上人に「王墳豆」の種子 一袋を手渡した。
これが、武庫川地方の岡治氏に手渡され、ここで栽培が始まった。
 これが、蚕豆のことなのでしょうか?はっきりとは解らないといわれながらも、
こんなにはっきりと書かれているのが不思議です。
 その他では、安土桃山時代の慶長年間に渡来したというのもあります。
    
 確実な記録としては、江戸時代林羅山の「多識篇」に、「蚕豆」の記述が
出てくるのが最初だそうです。(「多識篇」を調べると、編纂された年代が
1712年・1730年・1731年と、サイトにより3種類違うものが見つかりました。
どれが、正しいのでしょう?)
 空に向くから、という語源説(貝原益軒、1709年)や、カイコに似ているという説(宮崎安貞、1697年)も、江戸時代に書かれたものです。
         
 日本で一般に栽培されるようになったのは、明治以後と書かれています。
         (5)
        
                                            やや白っぽい花  2009 03 27
 さて、いよいよ 俳句です。
 歳時記には「豆の花」 というのがあります。春の季語になっています。
 私の持っている 「日本大歳時記」 には、「豆の花」は基本季語とされており、
その中に傍題として 蚕豆の花」 が載っています。
 昔は 春に咲く「豆の花」 と言えば、ソラマメのことを言ったようです。
それで、豆の花でよかったのです。
 ところが「豌豆の花」(えんどうのはな)も春に咲きますので、豌豆の花も
豆の花の中に含まれるようになってきました。
 「豌豆の花」 は独立した季語として歳時記に掲載されています。
「豆の花」として詠んでも、「豌豆の花」として詠んでも構いません。
  多くの豆の花は、夏咲きが多いようです。
                     
 幾つか俳句を紹介して見ます。まずは「蚕豆の花」を載せてみます。
アップルパイを載せた時に、北原白秋の林檎の短歌を載せましたので、今回
は最初に白秋さんの俳句。
      蚕豆の花だよ紫の目がある     北原白秋
 優しい言葉遣い。自由律俳句のような響きがします。
 ほかの方の俳句も載せてみます。
      そら豆の花の黒き目数知れず     中村草田男
 草田男氏の句は、蚕豆を代表する句。
      論語素読そら豆の花みなひらく   西村逸郎
 逸郎氏の句は、「雲南の旅」と言う前書きがあるそうです。
      そら豆の花海へ向き海の声     川崎展宏
      蚕豆の花に日暮れは波の音     阿部ひろし
 どちらも、蚕豆と海を詠んでいます。阿部ひろし氏の句は、伊豆の海辺の宿
での句のようです。
 その他、「豆の花」の句も載せてみます。
         豆の花咲く学校の花壇かな     嶋田青峰
                 
      叱られし遠き思い出豆の花     清水きよ子
             (6)
        
                                                   2009 03 17
 蚕豆の花弁について、二つの俳句歳時記に、このような記述があります。
《花弁は5枚で、上の二枚は旗弁。横に大きく伸びた、黒の斑のある二枚の
翼弁。下の一枚は雄しべと雌しべを包み竜骨弁といわれる。》
とあります。
 私は以前「豌豆の花」の記事を書きました。
 その時、花弁について、一枚の後ろの大きな旗弁その内側の二枚の翼弁
そして、雄しべ雌しべを包んでいる小さな舟弁(しゅうべん)が二枚と書きました。
「旗弁は一枚」と「舟弁」 は間違いだったのか、とちょっと慌ててあれこれ調べ
直してみました。
 その結果として、「舟弁」というのは、又の名を「竜骨弁」とも言う、とありましたので、これは、どちらでも OK のよう。
 歳時記の旗弁が二枚というのは、他の物での記述はどうしても見つかりません
 でした。蚕豆や豌豆の花に関して、探して見たものは、すべて旗弁は一枚・
 竜骨弁は二枚 と書いてあります。
         
 したがって、私の書いたことは間違ってはいなかったと思います。
歳時記の記述の方が間違っている のではないかと思われます
 私の以前書いた、「豌豆の花」 を御覧になりたい方がおられましたら、
      こちら  ↑  を御覧下さい。
                                                   「ササゲの花」 ←はこちら。
 マメ科の花は、蝶形花冠 と呼ばれ、花の形が蝶に例えられます。蚕豆の花は、
翼弁黒い斑があり、これが目玉のように見えることから、俳句でも蝶や目玉と
見立てた句が沢山あります。
      夕潮や蝶を収めし豆の花     藤田湘子
      屋根石に炊煙洩るる豆の花    杉田久女
  瀬戸内海の島で詠まれた句がありますので、紹介してみます。
      神々の島かと思ふ豆の花     岩井久美恵
 東京在住の岩井氏が、広島県の瀬戸内海に浮かぶ島を訪れた時。蚕豆の花
が段々畑に無数に咲いていたのに感動されて、詠まれた句だそうです。
私の住んでるのも瀬戸内の島。とってもよく解ります。
         
         (7)
        
   我が家の蚕豆 後ろにかすかに花桃がみえます  2009 03 15
 江戸時代の蚕豆の句をさがしたのですが、見つかりませんでした。
その代わり、小林一茶に面白い句を見つけましたので、それを載せてみます。
       空豆の花に追われて衣更       一茶
 この句は季語としては、衣更(ころもがえ)の夏の季語。
 江戸時代は旧暦。空豆が咲いた後、すぐに衣更えになったのでしょうか。
 短歌にも、蚕豆の花が詠まれているものがありますので、折角ですから二首
ほど載せてみます。
  そら豆の花は咲けどもさく花の実となる日までながらふべきか  橋田東声                                          
  なぐさみに狭庭に蒔ける蚕豆の莢ふとりつゝ夏は来にけり  伊藤左千夫                                            
 深みのある、素晴しい短歌ですね。
   
 蚕豆は品種が多く、小ぶりのものから大粒の実まで色々あるようです。近くの畑を見ても、花の色がやや赤いものや紫っぽいもの、白っぽいものまで、
少なくとも数種類はあります。
          (8)
        
  島の小さな段々畑 一列の蚕豆 よその畑  2009 04 21
 花言葉 : 憧れ 、 永遠の楽しみ    
 俳句で 「蚕豆の花」 は 春の季語ですが、「蚕豆」とだけ書きますと、
夏の季語 になります。
蚕豆の実のことになり、料理されたものなどは、夏になりますのでご注意!
 そして、「蚕豆植う」 となりますと、秋の季語になります。秋に植えた種が、
翌春 花を咲かせます。
 「蚕豆」 は 実が熟れましたら、また写真を撮りまして、夏の季語として、別の
記事を書きたいと思います。
 その時は、ヨ・ロ・シ・ク。
         (9)
        
                                                                           2009 03 27
      蚕豆の花咲き人は減るばかり    照れまん
 ギリシャ時代、蚕豆には黒い斑点があるので、不吉として嫌われ、花は葬儀に
使われたとか。
 しかしながら、美味しいので、ず~っと食べ続けられていたのですね。
蚕豆は栄養満点。しっかり食べましょう。
 今回は 春の季語、「豆の花」・「蚕豆の花」 を載せてみました。
        
広告
カテゴリー: 俳句・植物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「蚕豆の花・豆の花」 への21件のフィードバック

  1. fujim より:

    こんばんは~   撮れたてほやほやのある大作ですねぇ。花だけを意識して見たことがないので、 私のイメージとは違う気がしましたが、 よく見ると確かに空豆です、^^ゞ。(5)番の写真のように葉も一緒に見ると、 うんコレコレと思いますけど^^。   それに空豆がピースピースだったなんて!捥いだこともあると思うのに、、 ぼんやり生きてるのがバレますね、  観察する眼を持ってない><; どうして 空豆なのかなんて 大空の元で生るからだろうぐらいにしか 深く考えたこともありませんでしたー。 子供の頃は、 ウチのような普通の家に普通に植えられていて、 皮を剥くのが子供の仕事で、 塩茹でしてもらった空豆を夏のおやつに食べてたのを思い出します。   硬くなったものは炒って食べてましたねぇ。豆好きの私は、 さつま芋が少々もたれ気味だったこともあって、 「すごくおいしい!」 と思って食べていました。「蚕豆」 の文字もはじめて見ました!  確かに莢の内側は独特の白く柔らかいもので包まれていますよね。 煮たものをおかずにしていたこともありましたが 、最近、 もう何年も、煮ておかずにしたことがありません。 キクモモ、背が高いですね、  こんなに大きかったんですね。(8)番、若草色の景色、 いいなぁ~(^-^)  蚕豆の花咲き人は減るばかり  うーん花は咲いてるのに、、、?   さく花の実となる日つれなき・・・^^ 

  2. ひだまり☆☆ニコニコ より:

    照れまんさん、おはようございます^^(*^o^*)オ (*^O^*)ハ (*^。^*)ヨー!! あっ!ほんとだ!ソラマメが青空に向かってみんなでピースしていますねぇ~(o^-^o) こんなの初めて見ましたよ~^^照れまんさんちのソラマメもひだまりのことを見て、笑顔でピースしていますねぇ~ソラマメさんたちを見て、ひだまりもピースをしちゃおうっと・・・・(^^)v照れまんさんのところの花は色鮮やかで、とっても綺麗ですねぇ~^^ひだまり、先日母のご近所さんの畑でソラマメの花を見たのですが、白と薄紫色のコラボだったような気がします。写真を撮るのを忘れたのですが、今度行く時には花も終わっているかな。。。前に書いたことがあるのですが、こちらではソラマメやサヤエンドウは雪の降る前に畑に種を蒔くと丈夫に育つと言われていて、秋に種豆を蒔くようですよ。照れまんさんにみたいにソラマメをジックリと観察したことがなかったので、今回も勉強させてもらい、とても感動していますよ~o(*^▽^*)o

  3. 照れまん より:

             Fujim さん こんにちはーいつも ありがとうございます。空豆って どこにでも植えてありますね。この辺りでは、農家が自分のうちで食べるだけ、少しづつ植えています。蚕豆の漢字は 私も俳句をしなかったら、読めなかったでしょうね。Fujimさんがキクモモを指摘されているのでよく見ると、やけに背が高いですね。自分で写真を撮っておきながら、キクモモと思いこんでいました。1メートルも離れずに、花桃と菊桃が並んで植えられています。写真のハナモモは高い。すぐ右の 北側にキクモモがあり、やや横に伸びています。日付と位置関係をみたら、どうもハナモモです。3月15日頃に撮っているので 花桃 ですね。ハナモモ も何枚か写真を撮っているのですが、まだ当分 アップできそうもありません。我が家の蚕豆は 母がいなくなったので、近所の人がついでだからと 草刈をして 植えてくれました。田舎って ありがたいですね。

  4. 照れまん より:

       ひだまりさん こんにちはーいつもありがとう。Love Peace だった 我が家の蚕豆 も 今は両側に広がって、水平くらいになっています。もうすぐ たれパンダ になると思います。ひだまりさんの 母上様 も野菜を作ったり、チューリップを咲かせたり されているのですね。すばらしい~~。ところで、この前の サンフレッチェ と アルビレックス の試合 3-3 の引き分けでしたね。アルビレックスは よく戦ったと思います。これは、か~るく ご挨拶ですからね。3位とはよく頑張っていると思います。サンフレッチェは 8位 ですが、こちらは、「ハジメ ちょろちょろ 中 ぱっぱ~  」で行きますから・・・。ぼつぼつ、ガ~~~ッ と驀進し始めますから。よろしく。ところで、アルビレックス という意味 を知りませんですよ~。これ何の造語? アヒルの怪獣???ということで、また・・・・。

  5. fujim より:

    こんにちは~~蚕豆の捥ぎ時はたれパンダになってからですかねぇ? どこかで莢のまま食べるようなことが書いてありましたが、 若いうちなら食べられるんですかねぇ! 初耳ですよ。ところで先日、外出先の待ち時間に図書館で開かれていた帆船模型展に入ってみたんですが、そこで見たんですよ、 ボトルシップ!  製作途中のものも!ビンの外には糸の洪水 (そう見えました)、 もう一つの斜めにしたビンの口からは糸の滝が (そう見えました)!アレだけの糸の一本一本を引っ張って、 ビンの中で爪楊枝のような柱を、 船本体の穴に差し込むことが出来るなんて、とても信じられません!浮世の楽しみを知った今の照れまんさんでは、 とてももう前のような作品は作れないでしょ^^? シツレイしつれい失言です。でもですねぇ、 ブログをしていたらそんな時間はないでしょう、 と思ったんですよ^^。でも照れまんさんには立派な作品と、 すてきな写真があるからそれで十分ですね。模型にはものすごく手の込んだ帆船の中に、 タイタニック号もありました。 って、 それしか分る名前がなかったんですけど・・^^ゞ

  6. 照れまん より:

         Fujim さん こんにちはー莢ごと食べる 空豆 って、聞いたことがないですね。でも、今は品種改良の時代ですから、あるかも知れませんね。帆船のボトルシップの製作途中の物。すごい、糸の数でしょう。私の小さな5センチくらいのヨットでも、10本以上、糸が外に出ています。帆は後で入れるのですが、これが難しいのです。マストに糸が絡ませてあり これが外で帆につながっています。それで、外で帆を丸くして、瓶の外から中に入れます。紐を引っ張ると帆がだんだんと、奥に入っていきます。それを外から結ぶのですが、これがまた難しいのです。外で、結び目をつくり、2本の紐を引っ張って行くと、結び目がだんだんと奥に入っていって、ぴちっとマストの位置に結び目が行きます。ところが、私なんかがやると、結び目が瓶の入り口の途中で、固く結んでしまうのです。外で何度も練習してからやってみるのですが、中々うまく結べず、結局ほとんどやってもらいました。肝心な所は、ほとんど作ってもらいましたよ。船体を削るのも、素人だと中々左右対称になりません。本当に難しいのです。私のヨットは小さいので、船体は縦横が18ミリくらいで、そのまま瓶の口から入りました。大きな帆船になったら、船体を何分割か、分けて作らなければならないので、私なんぞではまず無理でしょうね。あの 瓶の外に出た糸の数を見たら ゲゲーッ! と思うでしょう。ものすごい糸の洪水です。教えてもらいながらですから、作ってますけど、一人ではとても出来ません。そんなこんなで、また・・・・。

  7. fujim より:

    あははは、、 都合の悪い時は笑ってごまかす^^ゞ もう一度よ~く読み返してみたら、 「莢ごと焼いて食べます」 というのは 「莢ごと食べます」 とは違うんでしょうね (;^_^Aグーグルの検索画面でチラ見をして、 へぇーそんな食べ方が! といつものごとく私が早合点してしまったようです。あの莢を食べるはずないですよね、 アハハハ「愛媛の産地では最近、 さやのまま炭火、 またはフライパンで焦げ目がつくまで焼いた 『焼きそらまめ』 も好評です。」「サヤごと焼いて、 柚子胡椒や塩で食べるのが好きです!」こんな書き方なんですよ。次のブログ 「空豆」 のコメントの3番4番にもでてきます。  http://blog.livedoor.jp/awatomo/archives/50509733.html  でもレシピの記事の中に、 「莢ごと焼いて豆の皮のまま食べます。」 というのがありました。それでたぶん皆さんも、 こう言われてるんだろうと気が付きましたよ。  アホですねぇ~~;P姉がいると、大笑いされるところ・・・ だけどPuさん最近ちょっと静かでさびしいですね。Puさん、無理はしなくていいけど、 でもさびしいよ~^^。 元気がないわけではなさそうだから、 寂しいけど照れまんさんやみなさんと本調子になるのを待ってましょう。

  8. 照れまん より:

      Fujim さん こんにちはーリンクありがとう。チラッと見た記憶があります。でも、3~4行読んだだけで 次へ行ったような記憶があります。当然。コメント欄 までは 読んでいませんでした。私は 蚕豆は 砂糖で煮たのが 一番好きですけど・・・。Pu‘wai さんは ものすごく忙しいでしょうね。 母上様の看病は大変だと思います。その上、庭いじりをして、フラや三味線や、パソコンや その他いろいろ・・・・。体がいくつあっても足りないでしょうね。それから、今さら聞けないパソコン なんですけど・・・。たとえば、 「西へ行く」 とパソコンで打ち込みたいのです。ところが、私のパソコンは まず に・し が分かれていてどうしても漢字の「に詩」しか出来ません。「に詩」 の「に」 ばかりが変換されます。 「いく」も い・く が別れていて い ばかりが変換されます。結局 前の方は せい で 西 を出し、次は ぎょう で 行 を出しています。何でやねんと思うのですが、解らないので、ちょっと手間ひまを掛けてやっています。これって、私だけ???と思いながら、誰にも聞けずに 進歩せず やっています。知っている人にとっては、大笑いでしょうね。そこんとこ よろしく ・・・・・。

  9. Pu'uwai より:

    こんばんは お久で~しゅ。あまり影が薄いと消えちゃいそうだから、記事が変る前に間に合った。蚕豆は美味しいねぇ! 結婚してこちらに来てお姑さんが趣味の家庭菜園で作ったの食べたのが始めてでした。「かいこまめ」とも「そらまめ」とも言ってましたよ。何度も読みながらいつも引っ掛かるのが花びらは5枚の記述 写真と見比べて、まだよく分らない。豌豆は白の花から、 旗弁(大1枚) 翼弁2枚 舟弁2枚の5枚は簡単にわかりました。蚕豆は、反り返った紫か白の旗弁が1枚 目のある翼弁が2枚 その中に隠れていて見えてない竜骨弁が2枚あるってことでいいの? そうそう、照れまんさんに紫の豌豆の写真を送りますよ。 ツタンクアメンと関係あるのかどうか分らないけどね。

  10. ひだまり☆☆ニコニコ より:

    照れまんさん、おはようございま~す^^(*^o^*)オ (*^O^*)ハ (*^。^*)ヨー!! 照れまんさんから頂いたコメントを見て、直ぐにでも「お代官さまごっこ」がやりたくなったひだまりです(笑)もちろんひだまりが町娘の役で、、、、お代官さまと越後屋は誰にしようかな~~ヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪我がチームの名前の由来はここを読んでみて下さいねっ。http://www.albirex.co.jp/club/profile.htmlそれにひだまりのボケボケ日記もお時間のある時に読んでみて下さいねっ^^http://hidamari-tennen-pure22.spaces.live.com/blog/cns!939DAC107F6D0E38!6479.entryこちらは今朝もとっても寒いですよ~{{(>_<)}}・・・(>o<)ヒックシッ!!でも、久しぶりにお日様ニコニコマークが出ていて、今綺麗な朝日が見えていますよ~^^今朝もルンルン気分で、照れまんさんのソラマメさんにピースをしたひだまりでした~(o^-^o) ウフッ照れまんさんもルンルンな一日を過ごして下さいねぇ~~ヾ(=^▽^=)ノバイバァイ

  11. 照れまん より:

    Pu‘wai さん こんにちはーPu お姉様は 忙しくて 蚕豆を茹でる暇もないだろうなあと思っているのに、ありがとうございます。空豆の花を千切ってきて 花弁を開いて写真に撮ってみたのですが、小さくてイマイチ よく解らないので、載せるのはやめにしました。県によって 呼び方が違うとかで、県の呼び方も幾つか書いてありました。はっきりとは覚えていませんが、奈良県が大和豆。静岡県は五月豆?だったかなあ、・・・・。書くのが面倒なので、省略しました。またいつか、豆のほうを書こうと思っているので、その時に・・・。それから、紫エンドウ見ましたよ。これはいかにも古そう。ツタンカーメン って言う感じですよね。ツタンカーメンエンドウ とは違うのでしょうか?紫エンドウ というのがあるのでしょうか?また疑問が出てきました。これも一つの記事になりそう。写真を頂きましたので、またいつか、記事を書きたいですね。ではでは・・・・。

  12. 照れまん より:

         ひだまりさん こんにちはーアルビレックス って  飛翔する白鳥の王様   だったのですね。これで、スッキり ☆勝手に想像していた  アヒルの怪獣 も 当たらずといえども・・・・・・、大ハズレ● でしたね。アルビレックスは 現在 2位ですよ。本当に飛翔してます。今宵、白鳥座を探してみましょう。オレンジと ブルーに輝く 二重星。見たことなかったですよ。オレンチ のブルーレット 置くだけ  はしょっちゅう見ているのですが、・・・・ナンチャッテ!では、またよろしく・・・・。

  13. fujim より:

    こんばんは~fufu 消えちゃ大変と、 Puさんチョイと顔覗けたねぇ^^ いいんですよ、無理しなくても。 こっちは忘れたりしないからね。Puさんがコッチを忘れてしまうんじゃないかと、 そっちの方が心配よ^^。照れまんさん、 西へ行く、 西へ行く、 何度やっても西へ行く。 に詩へい・く なんてタブン照れまんさんだけですよ~・・・ なんてアハハそんな憎まれ口叩いちゃダーメ××ハイごめんチャイ。。ゞでも、 どうしてそんなことになったんでしょうね。一度、 「にし」 だけ打って 「西」 を出し、 「いく」 だけで 「行く」 と正しく変換しておくといいかなぁと思うのですが、、、私もこうなることはあります。  その度に訓読みでいちいち打っては出してました。  ハイ、照れまんさんと同じです^^ゞ そこで、yoshi に聞いてみたのですが、「に」 だけ選ばれてる時に [shift] を押したまま [→](右行き矢印) で 「にし」 を選択できると思う、 と言うことです。やってみました、1回押すごとに選択範囲を拡げることが出来ます。ときどきは変換の後、 123・・の候補から選ぶだけでなく、 その一番上に、 0 として正しいものが入ってることがあるのは知っていますか?  案外そこにあることは多いです。123は矢印キーで移動できますが、 0 のときは、 矢印キーではなく、 数字の 0 を打ち込みます。ダレも大笑いなんてしまッセン、 エーイ面倒と思いながら、 同じようにやってる人は多いモンでしょうよ^^。お蔭で私も勉強になりましたー、 ありがとう!^^!

  14. 照れまん より:

        Fujim さん こんばんはー西へ行く 西へ行く。西へ行く。俳句。俳句。打てるようになりましたよ。ハイク も は・いく と二つに分かれていたので、出なかったのです。いつもは、俳 を先に出して、句 を打っていました。ありがとうございます。シルビアのお嬢さんに ありがとうございますと ヨロシク お伝え下さい。まだ他にも、正しい変換が出来ないのがあるのですが、その都度やってみます。 「0」 というのは シフトキーを押さなくても いいのでしょうか?それともシフト + 0 でしょうか?まあ、その時に やってみます。私は 空豆 のように上を向いてませんからねえ。上達 無しです。今日 空豆を見に行ったら、もうかなり下を向いてました。だいぶ大きくなってきました。ではでは、また・・・・。

  15. fujim より:

    西へ~行くの~は~こっち~かえ~?、、 いえいえ、あっちあっち、 あっちってどっちぃ?シルビアお嬢じゃない方ですよ。  シルビアお嬢は 「お姉ちゃんのことも私に任せて!」 と言うくらい姉御肌お嬢で父親似。yoshi の方は、 落ち零れ母親の代わりに、 妹の母親代わりもやってくれてるモノシリお嬢、 性格が二人まるで正反対、そのモノシリお嬢の方ですよ^^。そしてそっちそっち、シフトキーを押さなくてもいいほう、数字の0だけです。今日、 GTRが嫁に行った先から捥ぎたてスナック豆を戴いて (花も庭中に咲いてて仏さまのお花ももらえます^^)、さっそくちゃちゃっと煮て食べました。  その歯ざわりのいいこと!自分のうちで作ってる人はこんなに美味しいものが食べられるんだと思いましたよぉ。空豆も煮ておかずにしてたときなど、 皮なんか剥いたことはなかったような気がするけど、それはやはり自家製で捥ぎたてだったからでしょうね。  照れまんさん家のももうすぐですねぇ。塩茹でしたときなど、 皮を剥いて食べるのはきっと、 実が入り過ぎてたんでしょうかねぇ。明後日、横浜の弟夫婦が来て小ぜわしくなるので、 その前に松江を載せとかなきゃと思っていますが^^。 ではでは また・・・

  16. コスモス より:

    こんばんは!空豆を蚕豆とも書くんですね、ここに来るといつも へ~、へ~、ってことが多くて とっても勉強になります。私も子供の頃は、写真8のようなところで育ちました。田んぼで、空豆の皮をわり ふわふわのフェルトに包まれた緑色の柔らかい豆をそのまま食べてみたことがありました。大きくなると 青くさくて食べられませんでしたが、小さいのはみずみずしくて プチュ と口の中でつぶれておいしかったのを覚えています。花はちょっとグロテスクですね。私も歩いてるときに撮ったことがありましたが、削除してしまいました。ギリシャ時代に不吉として嫌われていたのがわかる気がしますね。空豆の塩ゆでは大好きです。

  17. 照れまん より:

       Fujim さん こんにちはーシルビアお嬢さんは 妹さん? で アンニョンハシムニカさんが お姉さんってこと?お姉さんが  こんにち輪  を お手伝いしてるってことですか?桃尻 じゃなくて 物知りお嬢さんなわけですね。ブログをやってらっしゃるお方・・・。お姉さんが お母さん似で、 妹さんがお父さん似  ってことですよね。昔は兄弟が多かったですよね。それで、結構楽しかった。ごゆっくりと、再会を楽しんで下さい、といっても、主婦は忙しいかな??こちらは、やっと、西へ行く ことが出来るようになったのですが、ぼつぼつ前へ進まんといけません。では、・・・・。

  18. 照れまん より:

         コスモスさん こんにちはーいつも、ありがとうございます。ソラマメ も調べてみると面白くって、だんだん長くなってしまいました。最近は コスモスさんを見習って ちょっと畑の方を歩いてみようなどと 外へ出てみるのですが、三日すると休んでしまいます。本当に長続きしない男です。写真を撮るようになって、裏山の畑へ行くことも多くなってきました。いい写真が撮れないと、翌日もう一度行こうと思いますし、曇りの日だったら、天気のいい日にもう一度撮るぞと思いますし・・・・。歩くのは健康にいいですよね。健康の基本かも知れませんね。そんなこんなで、また・・・・。

  19. ひだまり☆☆ニコニコ より:

    照れまんさん、おはようございます^^(*^o^*)オ (*^O^*)ハ (*^。^*)ヨー!! 早起きコメント、どうもありがとうござました^^恋のぼりさんのように素敵なGWを過ごして下さいねっヾ(=^▽^=)ノバイバァイこちらは昨日、、、あ~~~子供の日は勝利を目指してガンガンがんばりま~す^^今日は家事を頑張ってから、お花の写真を撮りに行ってきまぁ~~すヾ(=^▽^=)ノバイバァイ

  20. fujim より:

    照れまんさん こんにちは~ GWいかがお過ごしでしょうか~。ソラマメ、莢ごと焼いてみましたー! ちょうど売ってたモンで^^ゞ  莢に焦げ目が付くまで15分、確かに蒸し煮のように柔らかくなっていました。 柚子胡椒や塩でねぇ・・?  塩を振って食べるんですかねぇ、イマイチ食べ方が分りません。 焦げ目が付くほどだと煮えすぎカモ、ホクホクと言う感じではありませんでした。  ということでどうも失敗の巻きだったようなーー;私としてはお八つならやはり塩茹で (ここで莢ごとがいいかも)、 おかずなら砂糖と言うか、醤油と言うか、そんな味付けで煮たもの!美味しいのはこれが一番! ですよね~^^~。オ、断片クイズ当たりましたー、が、 大きな大間違いが一つ、シルビアではなくてフェアレディZだったらしい、ってこれはこっちのミスだ><!いつの間にか私の中ではシルビアに変身してたけど、 ナーニどっちだっていいや、ウヤムヤになってよかったよ、これ以上キモは冷やしたくない?^^;  で、 キャ誰がも、桃尻だって?ドキドキプンプン! この比較対照はあくまでも「我家では」ですからねっ、 我家では一番桃尻(カモ試練)、モノシリというだけのことです!補足しときます!

  21. 照れまん より:

         ひだまりさん こんにちはー早起きは 三文の徳光   でしょうか?早起きしていい事がありました。ちょうど とれとれの ひだまりさんの こいのぼりに出くわしました。こいのぼり といえば 広島カープ なので ついつい一番に書いてしまいました。みんな、こいのぼりを降ろさなかったら、カープは勝ち続けるのかも知れませんが・・・。ひだまりさんが いい GW になりますように。ではでは・・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中