照れまん君の俳句歳時記 「薊・あざみ」

   花薊残して草の刈られをり  
                 照れまん
 
  これは新型インフルエンザの写真では御座いません。
 なんちゃって・・・・。
            (1)
        
                          2009 05 19
 「~  アザミちゃん チャチャチャチャッ、遅くな~ってゴメンね~。
アザミちゃん チャチャチャチャッ、遅くな~ってゴメンね。~~~」
 もしもし、あのね、違うでしょう?
  
 「~  アザミ馬鹿よね。おトゲさんよね~~~。」
           
 もしもし、大概にしなはれや!歌が違うでしょう。
 そうでした。今度はきっちりと・・・・。
         (2)       
        
       あざみの歌
               作詞 横井弘    
               作曲 八州秀章
     1 山には山の 憂いあり
       海には海の 悲しみや
       まして心の 花園に
       咲きしあざみの 花ならば
          2、高嶺の百合の それよりも     
            秘めたる夢を 一筋に
            くれない燃ゆる その姿
            あざみに深き わが思い
                3、いとしき花よ 汝はあざみ
                  心の花よ 汝はあざみ
                  さだめの道は 果てなくも
                  香れよせめて わが胸に
 作詞家の横井弘氏は 昭和20年18歳で召集入隊。その年終戦。
東京の家は丸焼けになり、母一人子一人で、長野の知人を頼って移住。
長野県下諏訪町で、野に咲く薊を見て作詞。
昭和24年ラジオ歌謡として発表された。
 曲は3拍子のように聞こえますが、8分の6拍子。
 この詞は、何故アザミなのか?時代背景を知ると、よく理解できます。
        (3)
        
                2008 05 09
   被子植物門・双子葉植物綱・キク科・アザミ属   ノアザミ
   ノアザミ  学名: Cirisium  japonicum 
   アザミというのは、アザミ属の総称。
   アザミ属は、世界に 約300種ほどあるそうです。
   英 : common or plumed thistle
         仏 : Cirs                                               
   独 : Kratzdistel
 日本には、約120種類が自生。
 広く分布しているものと、その地域だけに限定されているものとがあるようです。
極端に狭い、地域固有種もあるそうです。それで、サイトによっては、日本には
60種や80種など、かなり違いがあります。
ここでは、一番多い120種を採用しました
 山口県には、アキヨシアザミ 秋吉薊 という、秋吉台にだけ自生している
秋咲きの薊があるようです。基本種はモリアザミ。近縁種はヤナギアザミ。
山口県の絶滅危惧種 ⅠA 類 に指定されているそうです。
         (4)
         
                  2008 06 04
 薊・あざみ の最も古い記述は、
新撰字鏡』しんせんじきょう (10世紀初頭)のものに 阿佐弥」 、
和名抄』  わみょうしょう (932年)に 「阿佐美」 とあるそうです。
 延喜式の内膳司(927年) 耕種園圃の栽培リストに アザミ があるそうです。
この頃、すでに食用の為に、栽培されていたようです。
 根を食用・薬用にしていたようです。しかし平安時代の200年くらいの間に、
牛蒡(ゴボウ)が広まり、薊の根は次第に食べられなくなっていったようです。
薊の新芽や新葉の柔らかいものも、お浸しや和え物にして食べていたよう
です。
         (5)
        
                 2008 05 29
 アザミ の語源 については、幾つかあるようです。 
  説1、まず、私の持っている歳時記に書いてあるものですが、
     花が綺麗だからと手に取ろうとすると、棘に触れ痛い目に値う。       
     いわゆる「アザムカレル・欺かれる」ことから、アザミ になった。
  説2、アザム 惘 は傷つける・驚きあきれる という意味があり、棘に刺されて
     痛くて驚きあきれるから。アザム → アザミ になったというもの。
  説3、葉がギザギザになっている。このギザ が ガザ になり アザ になり
これに、ミ・実 がくっついて アザミ になった。
  説4.沖縄八重山地方では トゲ のことを アザ という。トゲが沢山ある
     ことから、アザミツ → アザミ になった。
 う~ん、色んな説があるのですね。どの説が正しいのでしょうか?
           
 万葉集には、アザミの詩歌は一首も読まれていないようです。
 西暦900年ごろには「阿佐実」と記述されているということは、それ以前に、
すでにアザミと呼ばれていたのでしょうね。
 万葉の頃か、それよりももっと前の時代に、誰かが 
「これは、あたいのアザミ! 」
なんて、言ったのでしょうか??    コラコラ  
            (6)
        
                 2008 06 09
 漢字というのは、読むことは出来ても、書くことはなかなか難しいもの。
そこで、アザミを辞書で調べる前に、うる覚えながら、書いてみることにした。
そうしたら、どういうわけか 「蘇」 という字になってしまい、あざみにならない。
辞書で調べて、やっと正しい字が書けた。
    薊 ケイ・カイ、 あざみ 
 薊 という漢字。何で魚を書くの?    
 声符 は草冠を付けないで「魚」偏に 「リ」と書いて 「つけ」と書いてある。
楚の人、魚を治むることを請う。刀に従い、魚に従う・・・・・。以下省略。
そして最期に、薊 は アザミのこと と書かれているが、どうしてこれがアザミ
なのかとは、何の説明も書かれていない。 
 別のものに、草冠 + 魚 + 刀 で 薊 と書いてある。魚の骨のような
棘が、刀のように刺す草ということのようだ。
 (但し、これは漢字字典や中国にこのような記述がある、という学術的な
    ものではありませんので、参考までに・・・・。)
        (7)
        
                2009 04 29
 さて、いよいよ俳句です。
 俳句歳時記 では、「」 は 晩春 「春の季語」。
 傍題に、「薊の花」・「眉つくり」・「眉はき」・「真薊」・「野薊」・「浜牛蒡」 が
あります。
 俳句歳時記では「」の季語に分類していますが、自然界はそう簡単に、
です、という訳にはいきません。
 よく見かけるのは、5月~7月。秋に咲く薊も沢山あります。
5月5日子供の日は、俳句ではすでに夏の季語になります。したがって、夏
に分類されても、おかしくありません。実際、新しい歳時記には「夏」に分類
されているものもあるようです。
 ここでは、従来の分類に従い、とします。夏になれば、「夏薊」、秋になれ
ば 「秋薊」 と書きます。
 俳句を何句か、紹介してみます。
       花薊露珊々と葉をのべぬ    飯田蛇笏
      (はなあざみ つゆ さんさんと はをのべぬ)
 飯田蛇笏氏の有名な句に
       芋の露連山影を正しうす       飯田蛇笏
という句があります。この句の場合、「露」が秋の季語なので、季節は秋に
なります。
最初の方の句は、「花薊」が春で、「露」は秋の季語。春と秋と季語カブリ。
この句の場合は、春の薊を詠んでいますので、春ですね。
珊珊 という言葉が出てきますが、これは普通に書くと「燦燦」ですよね。
太陽が燦々と輝くというように使われますが、こちらの珊々の文字はあまり
見たことがありません。珊瑚礁の珊 に使われています。
  珊珊 サンサン とは、『佩玉の音、すべて清逸なるものをいう』とあります。 
 唐の時代の詩に出てくるそうです。「~、~、風珊珊たり」。
薊の棘のある葉に、丸い露が幾つも清らかに輝いて、まるで音楽を奏でているよう、
というのでしょうか。
 とにかく、格調の高い、素晴しい句です。
        (8)
        
                2009 04 29
 もう少し、俳句を載せてみます。
       世をいとふ心薊を愛すかな      正岡子規
       双眼鏡遠き薊の花賜る         山口誓子
       薊咲き下田通ひの船がゆく      臼田亜浪
 いい句ですね。もう少し載せてみます。
       くもり来しひかりのなかの薊かな   久保田万太郎
       八雲立つ風土記の丘の鬼薊     渋谷かず代
       薊咲く富士の鉄砲水の跡       鷹羽狩行
         (9)
        
     我が家の裏の畑 手入れをしないので草ぼうぼう      2009 05 12
 薊の花言葉 :「独立」・「権威」・「厳格」・「満足」・「報復」・「人間嫌い」・「安心
触れないで」・「復讐」・「批評家」
  6月29日 の誕生花
 [ 6月29日生まれの人は、知的好奇心が強く、多彩な才能の持ち主。
  非常に勉強熱心。興味を覚えると何にでも手を出す。趣味も多く、
  器用なので、すぐに人並以上のレベルに達する。
  ただ、根気があるほうではないので、何とかものになると、努力を
  怠ってしまう。  有名人には 橋下徹  パパイヤ鈴木 など・・・。 ] 
  と、書いてあります。
 今話題の、橋下徹大阪府知事は 6月29日生まれなのですね
 さてさて、もう少しだけ、現代俳句を書いて見ます。
       カルデラの奈落の淵の花薊      佐藤景心
       野薊を活けてこの世の片隅に     村山洋子
 一句目は、山口県の秋吉台でしょうか?
 どちらの句も、人生を感じさせる、素晴しい句ですね。
   
 ではでは、長くなりましたので、ここらで最後の写真にします。
         (10)
        
                         2009 05 20
       野に出でし女が一人花薊      横井かず代
 女の人は一人で出掛けるのは、何となく恐いですよね。危険です。
それが、広い野原に出てみると、誰もいないので思わず心を自由にしてみる。
そうしたら、其処に薊が咲いている。私もアザミのように針を纏っていたら、
自由に何処にでも行けるのになあと、ちょっと思ってしまう。
女一人 と 花薊 とが、絶妙の雰囲気をかもし出しています。
 ではでは、最期に私のつまんない句を・・・・。
       花薊不法侵入ゆるしたろ       照れまん
 今回は、何処にでも咲いている、春から秋にかけて咲く花、
 俳句歳時記では 春の季語 「薊」 を載せてみました。
        
           
              
広告
カテゴリー: 俳句・植物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「薊・あざみ」 への17件のフィードバック

  1. fujim より:

    わぉ、アザミちゃん、 元気そうなのにどこかさびしそう、 これは歌のせいですカネ^^。メリハリがあって絵になる気がしてきますよね。  ついカメラを向けてしまいます。 確かに根はごつごつしたごぼうのようですが、 廃っていったところをみると味は牛蒡より劣ったんでしょうね。見た目にはひょっとして毒草ではと思ってしまいそう・・・。 もし南の方から来たと言えるなら、私としては説4が一番分かりやすいなぁ^^。山口県の絶滅危惧種アキヨシアザミがあるんですね。  これはぜひ行って探してみなきゃですねぇ。草紅葉の時期とは少しチガイマスカねぇ・・  秋吉台の草紅葉の頃も一度行って見たいと思ってたんだった^^。うふふ、やはり頭を突っ込んで蜜を吸ってますね、そして逆さまになった方が飲みやすいんでしょうか。ウチトコと同じような格好をしています^^。姫、姫、高嶺の百合のそれよりも、秘めが隠れておりまする。   秘めたる夢をそんなにお隠しにならずとも、一筋なのは分っております。   くれない燃ゆるあざみの花とても姫の夢を隠すことは出来ますまい・・・って、・・こんな回りくどいことで分りますカイナ  ^?^あはは阿佐美の唄2番より。ラヂオのスイッチを入れるとよく、 伊藤久男さんのあの声でこの歌が流れていましたよね、、、、あれれ、知らない? 時代がチガウ><;

  2. Pu'uwai より:

    おお ここにも 薊素通りするのも気がひける・・・なれど長居はできぬ あざみの棘に刺されてイタタッタ。ごめんよ・゚゚・。 。゜゜(´□`。)°゜。

  3. fujim より:

       キャハハハ 棘に刺されて逃げちゃった人がいるよ、照れまんさん おはようございます。いえねぇもう、驚きはしませんけどね、 10番、 よくあれだけ大きく撮れましたよね~~! 体中に花粉をちりばめてるのまで分りますよ。  ウチトコのと格好は一緒でもオオチガイ!@@!花も一本一本を真上からアップで見ると、 星型に開いて可愛い・・・  チョット見にはそんな風には見えませんよね、1 や 10 のように UPでないと分らないところですねぇ!ところで前のコメント、 また訳のワカランコメントじゃと思うとってでしょ><ゞアハハ 単に 「姫たる夢を」 ではなくて 「秘めたる夢を」 では? と書けば簡単に済んだところですぅぅーー;ゴメンチャ~イ  エ、エー!わざとだったの~~!

  4. 照れまん より:

                Fujim さん おはよう 御座います意味わかんねえ~、とか思っていたら、二番? 2番って 何よ??あと三日くらい 考えて誤字脱字を確かめて アップしようと思っていたのに、パソコン画面を開いたまま、他の部屋に行ってたら、自動的にスイッチが切れていたのです。そこで、もう一度 書き足しをしようと、スイッチを入れるとすぐに、ブログの書き込み画面が出てきたわけです。ところが、これを一旦 記事の保存にしようとしたのに、保存のところがなくなっていたので、アップするしかなくなりました。ほんで持って おおあわて。 とにかく、アップしてから 記事の書き足しを 行なっていました。朝になり、コメを読み Fuji お姉様 姫って何よ???ようやく、記事を確かめようかと思い、ノートと 照らし合わせていたら・・・。姫 秘めし・・・・・、ありゃりゃりゃ、こんなん、書いとったんかいなあと、ようやく納得。お姫様 のおっしゃるとおり、参りました。西の政所 Fuji のお局様 の D300 に 座布団 一枚!

  5. 照れまん より:

          Fujim さん こんにちはーアザミちゃん おそくな~て ごめんんね。ようやく直しました。ありがとう~。作詞家の詞を間違ったまま 載せ続ける所でした。ありがとう。ついでに、あちこち、手直しもしました。他に間違っている所はありませんか?呆け老人になってますからね、古い記事にもあちこちあるかも知れません。見つけたら、教えて下さい。じんわり 言ったのでは分からない御仁ですからね。Fujim お姉様は何を言ってるのだろうと、とぼけてましたから・・・。解るまで、相当時間がかかりました。ではでは、ひとまず 御礼まで・・・・。

  6. 照れまん より:

    Pu‘wai さん こんにちはー土・日は忙しいのに、ありがとう御座います。もうすっかり夏ですね。夏といえば フラ 。色んな大会があるのでしょう。頑張って下さい。

  7. ひだまり☆☆ニコニコ より:

    照れまんさん、おはようございます^^(*^o^*)オ (*^O^*)ハ (*^。^*)ヨー!!遅くなりましたが、、、、先にクイズの答えです(笑)ひだまりがパソコンを買ったのは「おか〇友達」でしたwwあ~~マぬけな答えで・・・(^^;(^^;今回は照れまんさんの方から、好きなだけ座布団を投げて下さいねっ(*^_^*)♪アザミちゃん おそくな~て ごめんんね♪・・・・もあざみの歌もひだまり、聞いたことがないような。。。でもね、♪ アザミ馬鹿よね。おトゲさんよね~~♪この歌知っていますよ~~(笑)うーーん、でもでも誰が歌っていましたっけ~~うーーんあ~~、今日は一日中頭の中でグルグルしちゃいそうで~す(^^;(^^;パパイヤ鈴木さん、天地人でイイ役していますよねっ^^ひだまりもあざみをパチリと撮ったので、そのうちにアップしますねっ。照れまんさんも素敵な一日を過ごして下さいねぇ~~(^_^)/~

  8. のら より:

    アザミの花がどっかから不法侵入してきたんでしょうか? いや、迷い込んできたにちがいありません。今頃だれかが探しているかも知れないですね。「あざみちゃーん、どこ行ったん?」去年、近くの府営住宅が老朽化して取り壊された空き地に今年たくさんのアメリカオニアザミが咲いています。こいつのトゲは縫い針みたいに硬くて近寄るのが怖いですが花は見事にきれいです。たった1年で雑草が生い茂りこんなアザミまで咲いてるのも不法侵入だからでしょうか?それとも前の住人が植え込みかなんかにしていたのが残っているのですかね。このアメリカオニアザミの花の形とゴボウの花はやや似ています。葉っぱはまったく違いますけどね。以前ブログで間違えて掲載してしまったんですよ。^_^;写真のノアザミはアザミの中でもいちばんきれいだと思います。(いえ、全部知ってるわけではありませんけど・・)色といい形といい、丸くて存在感がありますよね。野草の中ではピカイチでしょう。たいていのアザミは横向きか下向きに咲いているように思いますが、ノアザミとアメリカオニアザミは真上に向かって堂々と咲いていますね。薊の魚は棘が魚の骨のように鋭いことから来てることを初めて知りました。そういえば葉の形全体が魚の骨みたいですね。「くもり来しひかりのなかの薊かな   久保田万太郎」がいいですね。 フォトジェニックな風景が偲ばれます。そういう写真が撮りたいと思います。ところで、記事の編集などに「メモ帳」を利用すると便利ですよ。ブログに直接書いていくと手が離せなくなったりしますし、放っておくとパソコンがスリープモードになって全部が消えてしまうことがありますね。メモ帳で書きながらデスクトップに「名前をつけて保存」と完成まで都度「上書き保存」を繰り返していくと内容の変更や段落の移動なども楽ですよ。完成したらブログの記事作成欄にコピペです。因みに、このコメントはメモ帳で書いています。一度試してみてください。ではまた。

  9. fujim より:

    こんにちは~  いやぁこれは難しいですねぇ。「眉つくり」 これはもうもってこいの季語、 花薊 よりずっとぴったりかもと思ったのですが、「ゆるしたろ」 これはどうでしょうねぇ。  上五で見た時に、 インパクトがあってこれは面白いとはっきり思ったのですが、下五に来て、 どちらの方がいいかとなるととたんに、 すごく難しいですね。 どちらでもいけるのはいける句と思うので、 どちらかを選ぶとしたらの話ですよ、、 どっちかなぁ。・・・昨日から頭抱えています^^。   解釈は変わりませんかねぇ? インパクトをとるか自然な流れをとるか、、、うーんーー;見るたびに絶妙だなぁと感心してるのが、 「あざみの歌」 の歌詞の配置?並べ具合、1、2、3番の置き方、絶妙!^^ソンナヘンナトコロニ感心スルナ><!  それと魚の骨! そっくりの棘を持ってきてるところ、さすがですねぇ^^v。今年はNHK山口テレビ放送開始から50周年だそうですね。  古いカメラの話などが出てたこともあって、 急に思い立って、展示してると言う当初のテレビカメラなどを見に、 テレビ山口に行ったんですよ。  そのうち、そのときの写真載せますね^^。

  10. 照れまん より:

     ひだまりさん こんにちはー答が  おか〇 友達って、もしかして  オカマ 友達!   パパ イヤ~~ン!  アザミ のトゲ で オカマ野郎の お尻を刺しちゃうぞ~~ なんてね?   コラコラ!いやいや、きっと おかし 友達 なんですよね。 一緒に お菓子を食べに行く友達・・・・。「天地人」 面白くなってきましたね。目が離せなくなってきました。

  11. 照れまん より:

    norak さん こんにちはーゴボウの花 って見たことが無いので、探して見ました。それから、アメリカオニアザミ も探してみました。なるほど、なるほど と初めて見ました。ところがです、アメリカオニアザミ はあまりいい写真を 見つける事が出来ません。ここは、のらさんの  アメリカオニアザミ を是非とも みたいです。 ゴボウの花もヨロシク。メモ帳は のらさんに教えていただき、その後は、漢字を調べる時と 漢字の登録の時だけ 使っています。進歩をしていませんです。植物というのは 調べて見ると 本当に面白いですね。私の部屋の すぐ後ろが畑なので、ここに沢山アザミが咲いてくれるので、助かっています。何度も 撮ることが出来ました。ではでは、また・・・・。

  12. のら より:

    照れまんさん おはようさんでーす。のらが撮ったアメリカザリガニ・・じゃなかった、アメリカオニアザミとゴンボ(大阪弁でゴボウのこと)の花をブログのフォトにアップしましたよ。ちょっと見、よく似てます。じっくり見るとじぇんじぇん違いますけどね。このページおもしろいので見てみてください。照れまんさんの作じゃないですよね?http://home.att.ne.jp/omega/HAL2000/koen/k030.html次のふたつのページもちょい参考までに。http://primula.velvet.jp/hokkaido/amerikaoni.htmlhttp://troian.at.webry.info/200906/article_10.html

  13. のら より:

    また来ましたーっ。実はのら作のゴボウの花は枯れる直前で色が白っぽく見えます。そこでwebを探したらけっこうきれいなのを見つけました。これです。http://nature.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/gobo.jpg

  14. 照れまん より:

    norak さん こんにちはーリンク、ありがとう御座います。ゴボウの花も アメリカオニアザミ も綺麗に撮れた写真ですね。これなら よく解ります。 確かに、似てますねえ。  パッと見 はどちらか わかりません。ところで、久保田万太郎氏の句   「  くもり来しひかりのなかの薊かな  」いい句ですよね。だんだん曇ってきているのに、薊の所には まだ光が 当たっているのでしょうか。舞台の女優さん のような、そんな魅力のある美しさが、ひときわ輝いている、 というのでしょうね。俳句を作り出した頃、よく言われたのが、客観写生。写真を撮るように、その場の一瞬を詠みなさい って・・・・。意味解らんわあ~、と思っていましたが、・・・・・。今は 性懲りも無く、意味の解らん俳句を作り続けています。

  15. 照れまん より:

    Fujim さん こんにちはーいつも、きっちり見て下さって 感謝致しております。レイアウトは この方がいいか、ああしたほうがいいかなどと、あれこれやっているうちに、まあこれでいいかとあきらめています。写真の配置も 順番はどうしようかなどと考えながら、・・・・。一番気に入っている写真を 一番前に持っていこうか、一番後ろにしようかなどと いつも迷いますね。Fu お姉様のブログも 最近はすごく洗練されて、背景なども色を変えたり、写真の大きさを変えたり、随分工夫されていますよね。私の俳句は、 こうしてみたり、 ああしてみたりで、なかなか定まりません。 「花薊~」の最期の句は   「野薊の不法侵入ゆるしたろ」   が一番しっくりいくんですけどね。まだ考え中です。

  16. Pu'uwai より:

    照れまんさん ごめんなさいスパムメールの件でご迷惑かけたこと謝ろうとして、うっかり旧エンゼル日記からプライベートメッセージ送信しました。旧エンゼル日記はアクセス制限してるから入れないことを失念してました。混乱させて申し訳ありません。それでは、また、これに懲りずによろしくお願いします。 眉つくりあせって棘を大きくす  ぷうばいいやみばかりを言うて生きの句気にいっていたのだけどなぁ~。

  17. 照れまん より:

          Pu‘wai さん こんにちはー日曜日は フラ の大会があって お忙しいのではないかと思いますが、ありがとう御座います。私は メールは よく解らないので、見るのも遅いし、開いてみようと思うまで、時間がかかるのです。それで、Pu お姉様の メールも 影響も混乱もしていませんし、何の事か実はよく解っていないのです。同じタイトルの メールが二通 あったので、これはおかしいぞと思い、まったく 開かぬままにしていました。6月30日のは読みました。7月2日 のは スパムメール と書いてあるので 何の事か解らず、まだ開いていません。メールは 基本的なことを何も習ったことがないので、すごく億劫で 解らないことだらけです。これからも ヨロシクお願いします。眉つくりイヤミばかり~      の句。 実はこの句は もう少し考えたら面白くなるかもしれないと思い、・・・・。全国大会に出せるようになるかもしれないぞと、取っておくことにしました。 まあ、ダメモトで 毎年出しているので、50万円を目指して・・・・。ムヒヒヒ で 欲が勝っていますので・・・・・。              結果は???   半年後   です。フラ 頑張って下さい! ではでは・・・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中