照れまん君の俳句歳時記 「 榠樝の花 ・ カリンの実」

  人界と森のあはひや花榠樝  照れまん
 ( じんかいと もり の あわいや はなかりん)
             (1)
        
           2008 04 15
 「    カリンカ カリンカ カリンカ マヤ
        庭にはいちご 私のマリンカ  エイ
       カリンカ カリンカ カリンカ マヤ        ~~」
  ――もしもし、照れまんさん 何を歌ってはりますの?
    のりのりで曲を速くしたりして・・・・。違うでしょ~??? ――
 「今回は、カリンカ じゃないの??」
 ――何を言うてはりますの? 今回はカリンか?やて???カリン でしょう。
 「え~~っ、カリンカでなく、カリンか? カリンか? 榠樝か、カリン・・・か?」
 お~い、誰か一発 照れまんさんを殴ってちょうだい。 ハ~イ ポカ 
 「デ~オ~、イテテ・イテテ・イテテ・イテテ・・・・。」
 ――ところで、カリンカ とか、マリンカ ってなんですのん? ――
 「カリンカは植物の カリーナで ガマズミ と言うらしい。
 マリンカは植物の マリーナで エゾイチゴ らしいですよ?」
 ――え~~っ、初めて聞きました~。
 「ワタシも初めて 言いました。」
            (2)
        
              2008 04 15
  被子植物門・双子植物綱・バラ目・バラ科・ナシ亜科・ボケ属  カリン
  学名 : Chaenomeles  sinesiis     カエノメレス シネンシス
   Chaino (開ける) + melon  (リンゴ)で裂けたリンゴと言う意味。
   ギリシャ語では melon  は リンゴなのだろうか?
   みんな、リンゴと書いてある。
  原産 : 中国
  別名 : 安蘭樹(あんらんじゅ) ・ 喰わず梨
 日本に渡来したのは非常に古いらしく、いつ頃入ってきたかははっきりとは
解らないそうです。
 おそらく、千年前には入っていたようです。
             (3)
        
      新しい葉(ノコギリ葉)と蕾    2008 04 15
  榠樝  この漢字、ちょっと カリン とは読めませんね。
  普通は 「花梨」と書きます。その他、「花櫚」(カリン)、或いは「唐木瓜」
(からぼけ)と書くようです。
 榠樝 の漢字の語源を調べてみましたが、「字通」には見つかりませんでした。
中国では、昔カリンを  榠樝 と書いたらしい。
今では 木瓜 (もっくわ) と書くそうです。
 日本では 木瓜 と書けば ボケ と読み 朱の花の咲く木瓜のことですから、
ややこしいですね。
確かに、実(み)はちょっと木瓜似ています。
 以前書いた 「木瓜の花と実」 ← ボケの記事はこちら・・・・。
            (4)
        
 上の写真。 榠樝の木が何本も植えてあるように見えますが、これは一本です。
低い所で枝が分かれると、みんな上を向いて伸びるので、何本も木があるように
見えてしまいます。
 さて、いよいよ俳句ですが、 「榠樝の花」 は 晩春、春の季語
傍題に、「くわりんの花」・「からぼけの花」・「西洋 榠樝」・「メドラー」 など。
この辺りでは、4~5月にかけて、花が咲いています。
 メドラー  Medlar    又は Common  Medlar       と言うのは、セイヨウカリンで、
ボケ属ではなく、セイヨウカリン属の植物。
  学名は Mespilus  germanica  
       
 俳句では  「榠樝」、「くわりん」の表記の句が多いようです。
       榠樝の花数えたくなるやさしさに    相馬遷子
    (かりんのはな かぞえたくなる やさしさに )      そうませんこ
 カリンの花は何とも言えぬ優しさと気品があります。桜や梅など、他の木々の
ように、枝にあまり多くの花を付けません。
その奥ゆかしさに、思わず花の数を数えたくなってしまいます。
            (5)
        
                  2009 04 09
      甲斐犬もくわりんの花も夜明け前      黒田杏子
 甲斐の国は、山に囲まれているので、日の出は遅いのでしょう。日の出には
まだだいぶありながら、やや明るくなってきているのでしょうか。
犬にも 榠樝の花にも、もうすぐ夜明けですよ、と言う句。
ただそれだけを詠むのであれば、「~夜明けかな」でも 「朝(あした)かな」、
でもいいのです。ところが、「夜明け前」としています。
 それに、系助詞の「も」が使われています。系助詞の「も」を使うと面白いことが
起きます。
 この句のように、並列の系助詞の「も」を使うと裏の意味が作りやすいのです。
たとえば、「私好きです」と書けば、当然その裏に「あなたも好きですね。」
ということです。ところが、この系助詞の 「も」 は安易に使ってしまうと、
句格が低くなると言う欠点があります。
 前掲の句では、「 も、B も~」と犬とカリンが書かれています。ところが、
ここには、「~ も、 も~」ということが隠されていると想像されます。
この CとD に何を想像するかで、まったく意味が違ってきます。
 私はこのように読んでみます。
  「C は私」でD は俳句」・・・・、ではないかと思います。
カリン夜明け前だけれども、「」も 「私の俳句」にとっても、今は
夜明け前なんですよ、ということではないでしょうか?
            
 「夜明け前」と書くと、何となくのっぴきならないものを感じてしまいます。
島崎藤村の小説「夜明け前}は確か木曾地方だったでしょうか。
掲句は、甲斐の国のようです。
           
 甲斐といえば、俳人の飯田蛇笏氏飯田龍太氏のような、素晴しい格調
高い俳句を詠まれた俳句宗匠の郷里。
 黒田杏子氏の胸中に、自分や自分自身の俳句活動に、俳句維新のような、
新しい旅立ちへの並々ならぬ決意のようなものがおありだったのではないで
しょうか。
 榠樝の花は咲いてから実になるまでに時間が掛かります。それに実は生食
することは出来ません。ゆっくりと、ホワイトリカーの中などで、抽出・熟成
されていきます。
 眼前の甲斐犬・ 榠樝の花 を詠みながら、私と私自身の俳句の未来が、
これらに重ねられているのでしょうか。
            
 続いて俳句を読んでみます。
      小暗きに散り敷くことよ花かりん       岸田稚魚
            (6)
        
       カリンの6~7cmの青い実    2009 06 26
  榠樝の花が咲いた後、やがてが成ります。
 「 榠樝の実」 は 俳句では 秋の季語
        
 言い換え、傍題に、「花梨の実」・「かりんの実」・「くわりんの実」・「あんらん樹
「唐梨」(からなし)・「きぼけ」・海棠木瓜」(かいどうぼけ) があります。
カリンは、初めは青い実ですが、秋になると、黄色く熟れて来ます。
春のカリンの季語の時には、必ず「花」とか「咲く」と書かなければなりま
せんが秋の場合は  榠樝の実 と必ずしも書かなければならないということ
はありません。ただ 「カリン」 とだけ書かれている場合もあります。
カリンだけで、実のことを言う場合がありますので注意が必要です。
 俳人の臼田亜浪氏が、かりんの花と実の両方の句を作っておられますので、
書いてみます。
      榠樝咲くと見て眠りたり霽れてをり     臼田亜浪
     (かりんさくと みて ねむりたり はれており)      うすだあろう
      秋風の榠樝二三顆寝て見ゆる        臼田亜浪
    一句目。普通は「晴れる」と書きますが、「霽れる」なんて見たことがありません。
 霽れる (はれる)  声符は セイ。 雨後に晴れるの意
眠る前にかりんが咲いているのを見た時には小雨が降っていたのでしょう。
目覚めてみると雨が止んでいて、すっかり晴れていたというのです。
二句目、部屋でごろりと横になっても かりんの実が見えるのです。
臼田氏のお宅の庭には、 榠樝の木が植えてあったのでしょう。
         
 その他、 榠樝の実の俳句を 載せてみます。
      くわりんあり鳥羽僧正の絵巻あり       後藤 夜半
      生家にもくわりん二十は付いている      阿波野青畝
      くらがりに傷つき匂ふかりんの実       橋本多佳子
 素晴しい句ばかりです。
          (7)
        
         7月になり 少し色づき始めた実     2009 07 16
 カリンは ビタミンC ・ リンゴ酸・クエン酸・タンニン・アミグダリンなどが含まれ
昔から漢方薬に用いられていたようです。喉や咳にいいようです。
現在は、ホワイトリカーなどに漬け、果実酒として飲まれることも多いようです。
とても体にいいそうです。 
       産土神や旅の鞄にくわりんの実       角川春樹
 産土神(うぶすながみ) と言うのはその人が生まれた土地の守護神。
確か、父源義氏は富山県のご出身。
調べてみると春樹氏も富山県出身と書いてあります。
 ちょうど、果実の収穫をしていたので、写真に撮らせて貰いました。
        (8)
                     
                                 2009 11 07
      上の写真。ジャガイモみたいですが、カリンの実です。
 とれとれの採れたてです。
  続いて、榠樝の幹を見てみます。
         (9)
        
                      2008 04 15
   榠樝の樹皮が剥がれかけています。この木の樹皮は毎年剥がれるそうです。

それで、雲紋状・うろこ状の不思議な模様が幹に現れるようです。
 榠樝の木材は、赤くて固いので、古くから飾り棚や机などの家具材や、
床の間の床柱に使われているそうです。
 長くなりましたが、最期にもう一枚、 榠樝の花の写真を・・・・。
            (10)
        
                   2009 04 09
             
 私は榠樝の花を昨年初めて見ました。
 畑の一番上の段に咲いています。昔はまだまだ上に沢山の畑がありましたが、
今ではこの上は荒れてしまい、雑木林になっています。
この畑の持ち主のお家には、今は誰も住んでいません。
 五月の連休に、息子さんが都会より帰って来て、草刈をしていたのが見えた
ので、登って見ました。私より7~8歳年上。
 懐かしいね、と言う話をしながら、このピンクの花の咲く木の名前を聞いた所
 榠樝だと教えてくれました。
「実が熟れたらあげるけえ、 榠樝酒を作りんさい」 と・・・・。
お兄さんは、自分ではまったく作ったことがなく、母親が生きている頃には、
作ってくれていたそうだ。
「たった2個でも出来るよ!」と・・・・。
お母様が亡くなられて、もう20数年がたったようだ。
        
      二個二個の果実酒の夢 花榠樝    照れまん
 今回は、畑に咲いている  榠樝・カリン の花と実  載せてみました。
                   
                
                   
                   
                  
広告
カテゴリー: 俳句・植物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「 榠樝の花 ・ カリンの実」 への26件のフィードバック

  1. Jass より:

    くわりんのど飴、よく舐めてます!ほんで、照れまんさんの最初の句は、きれいだな。かりんのお花の向こうは、黒い森。 けど、こっちにはかわいい笑顔を見せてくれてるね。夜明け前の句もきれいだな。犬の吐く息が白くて、薄明の中でかりんの花びらに夜露が光ってて、この世に生あるものが、みんなひそやかに息をしてる感じだ。

  2. fujim より:

    照れまんさん おはようございます。 「霽れる」 とした句を見たことがありますが、 まさか 「こんな字も知っとるぞ」と言うだけのことではないだろうナとは思っていましたが^^、 そういう意味があったんですねぇ! これは使う機会はありそう・・・でも私なんかが使うと 「知っタカブリ」と思われるか><ゞJassさんの感想、いいなぁ~~。     どうして季語が重なるのに 「秋風の」(臼田亜浪さん)と わざわざ入れたのかがわかりまっしぇんーーゞ     他の句も、うーん、、、どれもわたしには難しいものが多い。そうそう、2日前にはじめて木瓜の実のホンモノを見たんですよ。   照れまんさんが書いてたのはこれかぁ・・・^^ カリンは 「確かに、実(み)はちょっと木瓜 (に、が抜けてるネ)似ています。」ナツツバキの幹も皮がむけて、 するするした雲紋状の模様が見えていました。  ちょっと空気が冷えるとすぐにノドが痛くなるので、カリンはのど飴でお世話になってます。   袋に絵が書いてあったような気がしますが、 こんな花だったんですね^^。  橘の色チガイにも見ゆ花カリン><ゞ ;;ドチラモシラナイモンデ;;照れまんさん、調子いいですね。  私はまだ松が口に残ってて呑み込めない><;食べなくてもいいか、、、松は、  「松」は季語にならないのに、 春夏秋冬新年、 どの季節にも沢山の季語があるんですねぇ。さすが松ですよね^^、  常緑で、 私利私欲のない公僕?のように一年中黙々と人間と関わっている、ということなんですかねぇ。 ほかにも松のように、 四季を通じて違った呼び名で季語になってるものあるんでしょうかねぇ、 なさそうですよね。今日は朝から よく降り続いてますねぇ・・・送り梅雨?ごみを捨てに誰か送ってってくれないかなぁ・・・  ^^ではまた、、、カカリン カカリン カカリン カマヤ、、あれ!??!

  3. 照れまん より:

    Jass さん こんにちはーJass さんの コメントを読むと、いつも私より Jassさん が 詩を作った方が、よっぽど いい詩が出来るのではないかと思います。 榠樝の花って、漢字は読めなかったけど、綺麗な可愛い花でしょう。名前が解った時には、ちょっと感動しましたよ。カリン酒 作ってみたいね。

  4. 照れまん より:

         カカリン カカリン カカリン カ?カ?カリントウ私も カカリン だと思っていましたよ。カリンカ カリンカ ・・・・なんですね。昨年、写真を撮っていたのに 載せたいのに名前が解らず、そのままにしてました。その時には 実が成るのも知りませんでした。 だから、ちょうどよかったです。カリンの実が成るよ と聞いたとき エ~~ッ! でした。おかげで、実の方も載せることが出来ました。綺麗な花ですよね。確かに 花橘 とちょうど同じくらいの大きさですね。今日は 朝起きて ラジオ体操をちょっと覗いてみました。子供が9人ほど居ました。私は 第一 の真ん中くらいまでしたらしんどくなり、かえって寝ました。朝から、何か音がするなあと思って庭を見たら、雨の中 合羽を着て 庭師のおじさんが 剪定をしてくれていました。ほんまの 松手入れ ですが、季節が 合いません。今年の我が家は 松手入れは  夏の季語です。   合羽着て梅雨にも負けず松手入れ    照れまん    季語カブリの季節違いですね。 んちゃ!

  5. 猫と薔薇と私と より:

    アハハ カカリンカマヤ は 私らが歌いましたがな。 庭にはいちご 私のマリンカ って。 三木の少し西に行くと 黒田庄という所があって そこは 花梨を町ぐるみで作っています。おまけに 「カリンダジュース」まで作って その絵柄が 山本リンダのデフォルメ! 味がいいので 気に行ってます。 道の駅まで 行かないと買えないのが辛い!。滅多に 飲めません。確か 押入れのどこかに 花梨の蜂蜜漬け 入ってるはずなんだけど。 何しろ 香りが凄い! 机に転がしてると 部屋中香ります。蜜が 表面に出てきますよ。 是非 蜂蜜漬け 作って下さい。 

  6. 照れまん より:

           カカリン カカリン カカリン オカカ猫と薔薇さん こんにちはー。カカリンを 書きながら、これは猫と薔薇さんが この前歌ったと書いていたから、曲の事は 猫と薔薇さんに聞くのが一番だなあと思いながら書いていました。良く知っているようで、まったく知らない曲ですよ。何度も何度も聞いたことがあるし、歌ったことがあるような記憶があるのに、カカリン 以外の歌詞はまったく出てきません。歌詞カードを見て、初めてこんな歌詞が付いていたのかと知りました。意味も知りました。 カリンのジュースって 飲んでみたい。カリン と 黒田庄 と 山本リンダ で カリンダジュースですか?ちょっと ベタ というか、照れまん君みたいな人がいるのですね。広島には  ためしてカンテン! というのがあるらしいし・・・・・。カリンを 貰ったらどうしようと 色々作り方を見てみたのですが、容器を煮沸消毒しろだとか、砂糖何キロだとか面倒だなと思っています。はちみつ漬け だったら そのままに蜂蜜を入れるだけでいいのでしょうか。是非とも作ってみたいです。

  7. fujim より:

    こんばんはー、 防府は大変なことになってますね。  こんなことになるとはね、 あんな土砂の光景はみたことないですよ。 すごく広範囲に土砂の海、、 262号線どの辺りですかね、 テレビで見るあの光景ではぜんぜんどこか分りませんね。右田小学校の名前が出てたんでその辺り?  降るといえばすごい降り方、急に土砂降りだったですからね。 こちらの方は、パッと止んでる時間が長くなってますけど、 、、局地的な降り方ですから怖いですよね。心配ですね、 ホントこれ以上被害が広がらないように祈るばかりです。

  8. ひだまり☆☆ニコニコ より:

    照れまんさん、おはようございます心配で昨日何度もここを覗いていました。ひだまりも集中豪雨の凄まじさを知っているので、、、これ以上被害が広がらないように、みなさんが落ち着いた暮らしに戻れるように祈っています。

  9. 照れまん より:

     Fujim さん こんにちはーFujim さんの 里は 防府市じゃないんですか。ご実家は大丈夫でしたか?自然の猛威は すさまじいですね。綺麗で美しい 近代的なビルディング が 土砂に埋まってました。中に居た人たちは、ここは安住の地だと思って、のんびりと過ごされていたでしょうね。亡くなられた方には ただただお悔やみ申し上げるしかないですね。もう一度、前線が戻ってきて、大雨が降るかもしれないと予想されているようです。これ以上は、災害を出さないように、ただただ祈るだけです。ではでは、・・・・・。

  10. 照れまん より:

              ひだまりさん こんにちはー照れまん君は 大丈夫です。ラジオ体操に毎日行っているのですが、大雨の日は誰もいませんでした。ラジオも流れていませんでした。そのセイか、昨日は 喉が痛くなり 風邪のようなので、ひどくならないうちにと思って、昨日近くの開業医の所に行き風邪薬をもらいました。寝込むことはなさそうです。今日もラジオ体操に行ってきて、第一 だけ 行ないました。もう年ですね。第一だけをしただけで、しんどいしんどい!子供のラジオ体操は イヤイヤ ちんたらちんたら しているのです。それで、子供に 「喝~ッ!」を入れようかと思うんだけど、その前にこっちの方がしんどくてくたびれているので、毎回 早引け しています。そんな、軟弱者の照れまんです。では、また・・・・・。

  11. ひだまり☆☆ニコニコ より:

    照れまんさん、おはようございます^^(*^o^*)オ (*^O^*)ハ (*^。^*)ヨー!!昨日ね、ここを携帯電話から見て、照れまんさんのコメントを見つけてホッとしました(><)そちらの様子をニュースで見て、とても心配していました。2004年7月にこちらの県を襲った集中豪雨の時、家屋の縁の下の泥上げ作業のお手伝いをさせていただいたことがあるのですが、ひだまりがやっても何処をお掃除したかわからないくらいの惨状でした。水害の恐ろしさを見ていたので、ここ数日間何をしていても落ち着かなかったですよ。今回の水害の被害に遭われた皆様には、心からお見舞い申し上げます。照れまんさん、毎朝ラジオ体操をやっているのですねぇ~^^ひだまりは最近運動不足で、「くびれ」がなくなり、花梨の実のような体型になっていますよ~~(^_^;)(^^;だから、もっともっと引き締めなくては・・・(汗)子供の頃から風邪を引くと熱が出るよりも先に、咳が止まらなくなったので母が作った「カリン酒」を飲んで治しました。今でも、「アレ風邪かな」って思ったら、薬を飲む前にカリン酒を飲んで早めに寝るようにしています。次の朝「あ~~ら不思議!」風邪さんがどこかに飛んで行って、笑顔で仕事に行けるようになるのですよ。花梨の不思議で偉大な力と母の愛には感謝してるひだまりです。あ~~~母の愛は直ぐに忘れてしまい「ありがとう」すら言ってない、ひだまりなのですが、、、、(滝汗)照れまんさんの風邪が早く治るように越後から「愛のパワー」を送ってみます。おだいじにして下さいね☆

  12. のら より:

    豪雨お見舞い照れまんさん お久しぶり。今回の水害、山口県はたいへんでしたね。防府の老人ホームを襲った土石流は大量の雨による山腹崩壊が原因だとのこと。その遠因に温暖化や開発という名の森林伐採があるのではないかと危惧します。いまだ行方不明の方の捜索が続いているようで、やるせない思いがいたします。「カリン」について、じつは最近、過去に撮り貯めした写真の整理をしておりまして、法隆寺・中宮寺で撮ったものの中に名札に「菴羅樹(あんらじゅ)」という実を付けた樹木の写真がありました。菴羅樹がわからないのであちらこちらで調べてみました。インドのある場所で釈迦が経を説いたところを菴羅園(あんらおん)といいマンゴー園であったという説明もありましたが、写真の果実はどう見てもマンゴーとはとても違っていてリンゴのようでした。照れまんさんの記事の中で「あんらん」とあり、果実の写真がほとんど同じなのに気がつきました。別のところでは・・「魚は子を多く生むけれども、そのまま魚となるものは少ない。菴羅樹の木には花は多く咲くけれども実になるものは少ない。人もまた同じである。菩提心をおこして、み仏の悟りを得ようとする人は多いけれども、一歩もしりぞくことなく、ひたすら菩提心をつらぬいて、真実のみ仏の道に入っていくものは少ない。・・日蓮聖人遺文」というような説明も見つけましたが、照れまんさんの記事のカリンは花はたくさん咲いて果実は少ないのでしょうか。たまたまつい最近調べていたものがここでお目にかかるなんて偶然ですね。菴羅樹の写真はすこし古いものですが、フォト蔵にアップしてみました。見比べてください。http://photozou.jp/photo/show/176754/23853645

  13. 照れまん より:

          カリン のような カレン な体型の ひだまりさん こんにちはーひだまりさん、大変大変!昨夜より、また ものすごい雨と雷。それで夜はパソコンのコードを全部外していました。朝起きても、まだ 断続的に強い雨が降っていたのですが、ラジオ体操に行って見ました。やっぱり誰もいないなあと思っていたら、屋内でちゃんとラジオがかかり、3人の子供が来ていました。エラ~~イ!新潟の水害の時 川の近くにあった 大きなお寺や墓地が 跡形もなくなっていたのを テレビで放送されていた記憶があります。あの後 どうなったのでしょう。こちらは、またしてもかなりの量の雨が降りましたので、どこかで被害が出ていると思います。それと、今日 広島の新球場で オールスターゲーム が行なわれる予定なんだけど、午後からの天気はどうなるでしょうか?ところで、私は年がら年中、風邪を引いているので カリン酒 を作ってみたくなりました。

  14. 照れまん より:

               のらさん こんにちはー「あんらん樹」 私はちっとも気が付かず・・・・。自分が何処に書いたか探してました。歳時記に載っているものを丸写ししたもので・・・・。別名を書くのを忘れていたので、書き足しました。私の見たカリンの木は 花は数えてはいませんが、100個くらい咲いているような気がします。桜や梅に比べると少ないです。実は、15~20個くらいでしょうか。写真に撮れる高さには 3~4個しかありませんでした。後は上の方になっているので、マイカメラでは難しかったですね。そこで、アンランジュ というのを調べて見たら、出てきました。中宮寺の アンラジュ 。この木はとても有名なのですね。のらさんの撮った写真と同じ、看板も同じです。アン羅樹 というのが  安蘭樹 と同じなのでしょうか。植物というのは 調べていくと 本当に面白いことがありますね。昔は日本に マンゴー なんて無かったので、この実を それに見立てたのでしょうか???よく解りませんが、とにかく、アンランジュ  アンラジュ カリン というのが、繋がってはきました。こちらは ゆうべ からものすごい雨が降りましたが、今日昼前になり 漸く上がっています。被害が出てなければいいのですが、 お昼のニュースを見てみます。

  15. fujim より:

    照れまんさーん、 てっきり寝込んでるのかと思いましたよぉ~><ゞ 昨晩はすごい降りでしたねぇ、、 寝てましたが、起きたら家が浮いてないかと思いましたよ。今朝から周防大島町も土砂災害警報がでてましたが、 大丈夫・・なんですね。もう一度、前線が戻って来る? 予報どおりでしたね、 梅雨明け宣言はまだですよねぇ・・・。これ以上はホントに困ります、  と言っても、こうなっては祈るしかないのですが、、。寒いと感じる前に何か羽織ってますか、 特に湯上りなど、、、 上腕が風に晒されると冷えるので、私は夏でもたいていひじの隠れるものを羽織っています。松手入れの後始末はすみましたか?  調子の悪い時に無理しちゃダメですよ^^。    ひとり居に相づちの欲し送り梅雨   ふじ   名を知れば遠く見るよな花カリン   ふじ防府市が〝里″ということではないのですが、 住んでいたのは協和発○の社宅です。伯母や従兄弟が住んでいたのですがなくなって、 今は従兄の連れ添いがいますが、年賀状だけの付き合いになっています。近くに塩田がありました、 航空基地の近くのような ・・・、 照れまんさん、エライ! (去年も言いましたっけ?^^ゞ) ラジオ体操のことです。 何とか言いながらも出かけて 「喝~ッ!」 と思いながら^^されてることに感心します。 ラジオ体操は私も途中から、 ああエラッ><・・、、こりゃあ運動になる、 と思ったんですがコンジョナシですけぇ、続きマシェン。

  16. 照れまん より:

    Fujim さん こんにちはーいやあ、ゆうべは よく雨が降りました。雷も鳴り始めて、だんだん近づくので また パソコンのコードを 全部外していました。朝起きた時って、不思議なんだけど パソコンのコードを外していることを コロッ と忘れているのですよね。スイッチを付けて、インターネットに繋がるのに 5分は掛かるので ずっと待ているのですよ。ほんで繋がったと思ったら、エラーデス という表示。雷で あちこちがやられているのかなあと思ったりしていると、バッテリー残量が あと 〇分です と出るのですよ。そこで、やっとコードを外していることに気が付いて、・・・・・。Fujim さんは 生まれは防府 じゃ無くて 戸田 ???なんですか?我が家の親戚は 三田尻 と 防府 に1軒づつ。昔は、三田尻 と呼んでいましたよね。栗原恵 ちゃんの母校も  三田尻女子高 !今日は オールスター が マツダ・ズームズーム・スタジアムであるのですが、こちらは少し夕方 陽が射して来ていますので ありそうかなと思っています。            荒梅雨やたうたう川が龍になり    照れまん

  17. Pu'uwai より:

    昇竜の残した爪か玉を射る  ぷうばい季語はないけど今の気分よ。 ああ、めんたま潰れなくてよかった。 あの蜂は誰の刺客か? にっくき蜂め!瞼と腕と2ヶ所刺されました。 お医者さんにね、「どこを刺されたのかパニックになって解らないんですけど、目玉じゃないですよね?」「目玉だったら、相当痛いでしょうねぇ~」 と目をくりくりさせた目の大きい若いお医者さん (思わず噴いた)1時間点滴受けて帰る頃にはお岩さんでしたよ。 あははー3日間起きられなかった。かりんは雌雄異株だから、雄の木は花は咲けども実がならない。最近の園芸種は改良されて1本でも実がつくよ。「菴羅樹(あんらじゅ)」これ見てお寺によく植えてある訳がわかった。のらさんのはかりんですね。

  18. fujim より:

    照れまんさん おはようございます。  今朝も一応降ってませんねぇ・・・・ありゃひどい眼にあった Puさん!  誰の刺客か?  って、 ま、まさか私って思ってるわけじゃあ・・・?  こわいよ~~。。荒梅雨、 今回はこの季語がぴったりでしたねぇ。  わかりましたからもう結構ですと言いたいですね。川が滔滔と流れて到頭瀧になった、、 ? チガッタ、、荒れ狂う龍になったのね、 おぉ~!! ズームズーム・スタジアム、 セが負けて1:1でしたね。  雨はぎりぎりセーフでしたね、終わった頃からパラパラ来てましたね。生まれは三田尻です、 それを里と言うんですかィねータ><、、4、5歳でこちらに来ていて、 もう家もないんで里という気が薄いんですが><、 懐かしいのはすごく懐かしいんですよ。少し上の従兄姉がごろごろ居たんで、 冬休みに子供だけで三田尻から中の関行きに乗って伯母さんちに遊びに行き、そこで始めて、 近所の人たちと御餅を搗いてがやがやと過ごす大晦日、 を体験したのを思い出します。駅名も三田尻が防府に変わったときには違和感がありましたけど、  慣れましたね^^。

  19. Pu'uwai より:

    花梨のこと書くの忘れたから追加します。「あはひ」って響きが好きで、境界線とか間という意味で捉えていいのかな?「ゆきあひ」とか「あはひ」って言葉に人と自然の融合というか、人は自然の中にある物体の名前の一つに過ぎないって感じます。だから最初の句のひびきがいいなぁ~!雑木林になってしまった元畑とかろうじて畑で残っている地とのあはひが花梨だという単純な風景なのにもっと深い奥行きを感じて年月の風化と自身の老いを重ねてます。花梨の花は夕刻、薄暮のころにぼっと浮き出た花が一番風情があります。葉柄が無くて直接枝に貼り付いている花は素朴さと剛毅があり華麗さはないから「なんてきれいな花なのだろう!」 と言ったときに、不思議そうに私の顔をみた人がいました。その人はきれいだと思わなかったのでしょう。 桃や桜のようなパッと見の美しさはありませんからね。樹皮が剥すと、百日紅や沙羅のようなつるっとした地肌が出ます。うちのはもう少し、白い花で2,3本ありましたが、20年経っても一度も実を付けませんでした。イラガの幼虫が付くから区画整理で伐りました。花梨の実は、咳止めですが、焼酎の果実酒は子どもは飲めないので砂糖をたっぷり入れてでシロップのように出て来た汁を薄めて飲むと美味しいですよ。

  20. 照れまん より:

         Pu‘wai さん こんにちはーひどい目にあいましたね。お見舞いに行こうかと思ったのですが、きっと Puお姉様の顔を見ると 笑ってしまいそうなので、止めておきました。きっと旦那様が優しくして下さったことと 思います。 優しく薬を塗ってくださったのではないですか?本当に フラ の前だったら 大変でしたが、終った後でよかったですね。カリンの花って 本当に綺麗ですね。昨年、写真を撮った時に すぐに  この花なあに? と聞きたかったのですが、そのうち解るだろうと のんびりと構えていました。Pu お姉さまに聞いたら 一発で解っていたのですね。カリンの花って 桜や梅に比べると 花が一回り大きいし しっかりしているので、庭に植えても綺麗でしょうね。海と空の間をヨットが航行している、などの 間 アイダ ですが、あいだ だと 何となく 硬い感じがします。それが、 あはひ というと優しい感じになりますね。私も 首をムカデに刺されて 2センチくらい赤くなっていますが、そんなにたいしたことはありませんでした。ではでは、また よろしく・・・・。

  21. fujim より:

    照れまんさん、おそくにこんばんはー秋の季語 「ひぐらし」 がもう鳴いてるんですよ。  それも夜明け前、 一鳴き二鳴きなんです。ひぐらしが鳴いたと言えば夕方と思われますね。  「夜明け前? 薄明?」 ほかに何か言葉があるのかなと探して、天文雑学のサイトで見つけました!  誰ぞ彼(たれぞかれ)で 夕方「黄昏時」、 彼は誰ぞ(かわたれぞ)で 明け方「かはたれ時」ナンだそうですね、 ホントに使われてるんでしょうか^^。  [ 暦と天文の雑学 ]   http://koyomi8.com/directjp.cgi?http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0502.htm「あはひ」 と同じぐらい柔らかく感じるなと思いました。  というそれだけのことでありますよ。ここで一句あるべきと思うでしょ?  あははは出来てればイウコトナシですけどネ^^ゞ  ひぐらしか かはたれ時に 今鳴くは はたまた  鳴きたるは かはたれ時の ひぐらしか   あきゃきゃきゃ、 こんなんしか浮かばないのでしたーー;前回出てきた 「あはひ」 はナンだったかなぁ・・・  思い出せずにいましたが、 梅と桜のあはひでしたねぇ、、。ムカデと聞いたときには、ゲッ、となったんですが、 イタイらしいーー!?ですネ  だんだん治まってますか?何かクスリは塗ってるんですよね。  ウチにも出たことがありますんでねぇ^^ 一度ですけどね。どういうわけかボタッとどこからともなく落ちてくるんですよ、 どこにいたのー!? ですよね、 突然です、ギャ!です。でも噛まれたことは、ありません。  出たときになにか甘いような ニオイ がしたような気がしたんですが、 気のせいですかねぇ? 今でも寝ていて何かニオイがすると気になるんですが・・・。   ではでは気をつけておやすみなさい。

  22. 照れまん より:

         Fujim さん こんにちはーたそがれは 普通の使いますが、かはたれ時 も たまに使われていますね。ヒグラシ も つくつくぼうし も 秋の季語だけど そうは問屋がおろさない  時がありますよね。かはたれ時のひぐらし  の句は 面白いんじゃないですか。これは、諧謔ですよ。これぞ 俳味。   万歳!最近は 月暦 が流行っているらしくて、昔の 月暦 で 生活してみると 面白いらしいです。漁師 さんたちは 昔から 月の運行で 潮の満ち干 で漁に出かけますから、いまだに 月暦 のようですが、昔ほどは月のことは言わなくなりました。ムカデは 外に放り投げた後で しまった写真を撮っておけばよかった と思いましたが、時すでに遅し。真夜中でしたからね、仕方がありません。形が気持ち悪いですよね。じゃ、また・・・・。

  23. KEN16 より:

    照れまんさん久しぶりです賑やかくなって何よりです。カリンと聞いて思い出す香りのおい果物?若かりし頃はまだ臭覚は機能してました。懐かしいですねーェ!奥ゆかしい句がたくさんあるのですねーえ!のらさんのところでカリンのことを見まいたが、古い果物?ですねーえ!またゆっくり寄らせてもらいます。

  24. 照れまん より:

                KEN さん こんにちはー  ご無沙汰いたしておりますありがとう御座います。KEN さんの 方は どんどん リニューアルされているのに、こちらは相変わらずで 代わり映えしませんが、どうにか続けています。KEN さんの嗅覚の方 まだ回復されていないのですね。早くよくなるといいですが・・・・。私も暫らく寝ていたりしましたが、あまりひどいことにもならず、グズグズとしながら、生活しています。これからもヨロシク お願いします。

  25. fujim より:

    甲斐犬もくわりんの花も夜明け前暗がりにチョット身じろぎする甲斐犬も、 薄明りの中にぼんやり白く見えるカリンも、 じっと夜明けを待っている。同じ様に私も、 ほかの、すべてのものもまだ夜明け前、 みなぎる想いを秘めて、密やかに待つどきどきが伝わって来るようです。と、 そこまでは察することが出来たとしても、 甲斐犬や、榠樝の花に、飯田蛇笏氏や飯田龍太氏の郷里であるとか、カリンはゆっくりと抽出・熟成されるなどということが繋がってることは、 解説を読んでやっと知り、知ればそれだけ深く、 読取ることが出来るんだなあと、 しみじみ思いました^^。人界と森のあはひや花榠樝  の方は解説がありません。   ずっと人界という言葉に引っかかっていて、強すぎるのではないか、 ほかに代わる言葉はないか、 にんがいと読んだらどうか、 などと考えていましたが、何日も掛けて何度も読んでるうちに、 慣れるというか^^、 男性なんだからきっぱり 「人界」 でいいのかぁ と、だんだんそんな気がしてきています^^。人界とは? その人界ではない「森」とは? ・・・ カリンの花が咲いていることで辛うじて森 (人など住めぬ捨てられ廃潰した場所)と、化してまわずにいる・・・ということ?   そのぎりぎりのあはひを受け持つ花、、  派手ではないカリンにはそんな雰囲気が感じられます・・・  な~んて ^^ゞあはは 理屈っぽいねぇ、  星の性格判断のとおりだ、 「ともすれば理屈っぽくなりすぎる・・・」 から、  止めとこうと思ってたのにぃー ><;;   読み流してちょうダイねぇー。

  26. 照れまん より:

          Fujim さん こんにちはーFujim さん するど~~い。確かに最初作ったときは 人界 はありませんでした。最初に作ったのはこうでした。     「 榠樝咲く森と畑のそのあはい 」   これだと以前に作った事のある俳句と言葉を入れ替えただけなのです。 「杏子咲く梅と桜のそのあはい」    Fujim さんは お見通しでしたね。これを逆にして直したものが、 「人里と森のあはいや 榠樝咲く」 でした。 ひとざと です。これでもよかったのですが、なんとなく インパクト が無いなと思い  ちょっときつい言葉ですけど、  人界  にしました。ちょっと きつすぎですけどね、 榠樝という漢字が難しいので この方が響き合うかなと ・・・、言う感じで これにしました。人の俳句を読むのって なかなか難しいですね。意味の解らない俳句が一杯あるので、読めた俳句だけでも 少しづつ書かせてもらおうかと思っています。いつも長いブログをきちんと読んで下さって、感謝致しております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中