照れまん君の追伸 「唐辛子」

   前回、唐辛子を載せましたが、その追伸です。
 
 前回の写真の (1) (2) (7) (10) (追加その3)、の唐辛子の品種名が
解りました。
 今朝、また写真を撮りに裏の畑に行ッたところころ、丁度農家の人がいました
ので、唐辛子の品種名を聞きましたところ、唐辛子の中の 「鷹の爪」 と教えて
下さいました。
 それで、もう一度、写真も撮りましたので載せてみます。
             鷹の爪
         (1)
         
          2009 10 12
 昨年植えていたものも、「鷹の爪」 でした。
 農家の人に、この鷹の爪はどうするのかと聞いたところ、これは干したあと
ミキサーで細かくして、自家製一味唐辛子を作るんよ、と言っていた。
     上・下 の写真は 新しく撮ったものですが、代わり映えしませんね。
         (2)
         
            2009 10 11
         万願寺唐辛子
 昨年、別の畑で撮った万願寺唐辛子の畑の奥さんが、今年も成っているので
写真を撮りに来んさい、というので、行ってきました。
それで、万願寺唐辛子の写真も、もう一度載せてみます。
         (3)
         
          2009 10 11
 万願寺唐辛子は大きくて、大体10~15cm。長いものは 20cmくらいあり
ます。
 ウィキペディア によりますと、京の春野菜 と書かれていますが、別のサイト
では、旬は6~8月と書かれています。
 この辺りでは、8月~9月頃に成っているようです。歳時記の唐辛子の季語と
ピッタリ 一緒です。
 農家のお母さんは、自分のうちで食べるだけを作っているそうですが、よく成る
ので、食べきれないそうです。青いものを食べて、赤いものは食べたことが
無いそうです。赤くなったものは捨てているそうですが、勿体無いですね。
          (4)
         
           2009 10 11
 私が写真を撮り終えて帰ろうとしたら、お母さんが「持って帰りんさい」と、両手に
持ちきれないほど、万願寺唐辛子を捥いでくれました。
 それで、家に持って帰り、夕方写真に撮っていました。
        (5)
        
 小さく見えますが、大きいのです。
 縁側で写真を撮っていたら、モドキジュニアがやって来ました。
「これは何や、食べ物ちやうんか・・・・???」ってな感じです。
        (6)
        
 上へ上がってきて、匂いを嗅いだりしています。
 「赤いのは食べられるんか?」 ってな感じ!
        (6)
        
 やがて寝そべって、唐辛子にちょっかいを出して、遊んでいます。
            (7)
        
 頂いた万願寺唐辛子は、早速晩御飯に、まるっぽのまま焼いて食卓に上がり
ました。
ピーマンのような青臭さがなく、柔くてとても美味しいですね。
「唐辛子の王様」と言われるはずです。
 食卓に上がった万願寺唐辛子の写真を撮ればよかったのですが、食い意地
が張っているので、コロッと忘れていました。
 では、最期に、唐辛子を使った活け花の写真を・・・・。
         (8)
        
       2009 09 05
 今回は、唐辛子の品種が解りましたので、その「鷹の爪」と「万願寺唐辛子
を追伸として、載せてみました。
広告
カテゴリー: 日々徒然 パーマリンク

照れまん君の追伸 「唐辛子」 への7件のフィードバック

  1. Pu'uwai より:

    私の直感では、↓の (2)(7)(8)が鷹の爪だと思った。「ししとう」は無いなって感じた。 鷹の爪は上向きになるけど、ししとうは5cmくらいで下を向いてなるね、ちょっとでこぼこがある。KENさんの言ってた「甘長とうがらし」ってひょとして「万願寺とうがらし」のことじゃないの?焼いて食べたら美味しかったでしょうねぇ。 味噌で甘辛く煮ても美味しかったよ。序でに、糠味噌に漬けたらこれは不味かった。青臭くて味なしで辛くなって硬い。もどきジュニアかわいいなぁ! このあどけなさが堪りませんね。fuさんは今日だけ大人しくしてて明日からは、横浜中を歩き回ってるよ。

  2. 照れまん より:

           Pu‘wai さん こんにちはー久しぶりに モドキジュニア の登場です。ジュニアは 一歳になるのに あまり大きくなりません。こんなものなんでしょうか?それとも、栄養不足?以前は 近くには寄って来なかったのに、毎日餌をやっていたら、今では膝の上に乗ってくるようになりました。万願寺唐辛子 は 甘唐辛子 と呼ばれているそうなんだけど、KEN さんとこの 甘長 は 万願寺かもしれませんね。Fujim さんは 観光もしているでしょうか。娘さんが一緒にいらっしゃるので、安心ですね。

  3. fujim より:

    照れまんさん、Puさん、ただいま~ タダイマのご挨拶がおそくなってごめんね~。  やること済ませてチャンと身繕いしてから^^と思ってたのに、ヤマナシモドキが飛び出してくるもんだから、 わ~ぉこれだーってヒトリゴトを言ってしまったよ^^。お天気はとてもよくて暑いぐらいでしたよ。  10日は、立派に成長した浜っ子甥姪に感激しながら、しゃなオットト・・・しゃな・ドドスンと座り込んでいましたが、 あとの一日半はゆっくり観光してきました。  うふふふ美味しいものも食べたし、、、^^。まだねぇ、 生活スイッチが作動しない感じで一日過ぎました・・・えー、唐辛子と言えば鷹の爪、 鷹の爪と言えば唐辛子、 としか知識がなかったのですが、、、 ふむふむ鷹の爪の大きいものではなくて、 種類が違うんだと言うことですね^^。  名前が分ってスッキリしたーという写真になってますよ。  焼いて食べた!って、 つやつや写真を見ただけでもおいしそう!15センチ以上はだいぶ大きいですね、 見たことがないかもしれない。  ししとうとどう違った味なんでしょうね?  獅子唐は知ってますよ、 ちょっとずんぐりで先が尖ってない。 食べるものが全然なかったので、さっき買い物に行ってまた買っちゃった。小さいホタテと炒めヤキしました。  柔らかくて美味しい。  活け花も自然と共同生活してる感があっていいですねぇ。昔、 田舎の土間や軒先に吊るしてありました、 色がそんなところにも似合うなぁと思って見ていました。目の前のものしか頭にないモドキジュニア、 夢中になってる仕草はかわいいよね・・・・・ でも騙されないゾ、 私の気持ちが分ってもらえるとは思えないモ~ン^^。。

  4. 照れまん より:

    Fujim さん こんにちはーお帰りなさい。 都会はどうだったですか?充分楽しまれたことと 思います。  後片付けがなかなか 大変でしょう。ドレスアップした お姿を 是非とも拝見したいものですね。こちらは もう一度 唐辛子で 駄目を押しました。偶然 2軒の 農家の人に会えたので ラッキーでした。おかげで、万願寺唐辛子も沢山もらって、味わうことが出来ました。そちらの、横浜のグルメ 観光 その他、また写真を楽しみに致しております。

  5. KEN16 より:

    どうもどうも・・・もどきジュニアお元気で何よりです。赤くなった実はこちらでは”鷹の爪”でイナワラで編み上げして”ふれあい市”なので売ていますが、照れまんさんの竹かごの飾りはとっても秋を感じます!「唐辛子の王様」万願寺唐辛子の赤いのは矢張り“猫マタギ”だったのですか?食べなかったのですねーェ?KENは昨日その甘長トウガラシの赤い実を取って捨てました。ところで、赤くなった実は甘いのでしょうか?辛いのでしょうか?改めて確かめてから、また報告しまーす。

  6. 猫と薔薇と私と より:

    あ~ 鷹の爪 これ 薔薇の殺虫剤に使います。真っ赤になったのを 鍋で煮てその汁を他の溶液(月桃エキス)と混ぜて スプレーします。ハダニや アブラムシ除けですねん。母は畑に そのままぶちまけるんだそうな。そうすると 当分アブラムシ付かないそうな。 しかし 乱暴やな・・・。 それも 土がよく乾いてるのを見て 根から離してかけるそうな。そらそやろな 水切れの植物にとってこれは強烈。当然 アブラムシは堪りませんね。私は 他のものと混ぜるのですが それでも鷹の爪の臭いはプンプンします。 キムチにはたっぷり入ってるようですが ニンニク大嫌いだから 食べません! しかし あの真っ赤さ見ると 凄いなぁ お腹 消毒やなぁと 感心してます。 満願寺は 高いのです。だから そう簡単には買えません。スーパーにもあまり置いてなくて 道の駅に買いに行きます(*^^)v。赤くなったものは 母もポイしてますよ。(=^・^=)には おもちゃですね。

  7. 照れまん より:

        KEN さん  こんにちはー我が家は 貰って来た 万願寺唐辛子の中に入っていた赤いのも3本 みんな食べたそうです。私は 青いのしか食べなかったのですが、子供は食べたようです。青も赤も 味は変わらんよ と言ってました。もしかして、赤いほうが栄養があったりして・・・・?そんなことは無いですかね???とにかく、赤いほうも食べられるようです。本当のところはどうなんでしょうか?食べても何の問題も無いのでしょうか??また解りましたら、教えて下さい。赤く熟れたのを 捨てるのは、ちょっともったいない気がします。結構作るのは難しいと書いてあるのに、KEN さんは 畑で作っておられるのですね。すばらしい・・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中