照れまん君の俳句歳時記 「蟷螂」

    蟷螂の羽は滅多に使はざり    照れまん
     (  とうろうの はねは めったに つかわざり  )
        (1)
        
 小学生の頃、痩せた子供には、なぜか カマキリ と言うあだ名が付いていた。
どこかのクラスの中に、大抵一人くらいは カマキリ と呼ばれる子がいた。
 何を隠そう、それは私なんですけどね。
 私の田舎では、どの家にも屋号みたいなものがあって、それを面白がって
あだ名にしていたり、おじいちゃんを廻りの人が「〇〇ちゃん」とか呼んでいる
ので、面白がっておじいちゃんの名前で呼んでいたり、子供の頃は色んな
あだ名を付けていました。
 今の子供達はどうなんでしょうか?
 さてさて、今回は カマキリ
        (2)
        
                                                                          2008 06 27
 「蟷螂の斧」 と言うのはよく聞きます。
 何となく意味は解っていても、詳しくは知りません。そこで、まづ蟷螂のことを
調べてみました。
 中国古代、漢の初期の頃の韓嬰(かんえい)の書いた「韓詩外伝」より、ほん
の一部を抜粋して原文を書いてみます。
     「・・・・・。對曰、此所謂螳螂者也。・・・・・・。」
 訳    答えて曰く、これはいわゆるところ 螳螂なるものでございます。
 「螳螂」 と、紀元前すでに呼ばれ、書かれていたようです。
  螳  正しくは虫偏に堂と書く。 螳一文字で 螳蜋・カマキリ のこと。
 それが、二文字、蜋 と書く。
 の字が当てられ の字が当てられ、蟷螂に。
 今では、殆ど 蟷螂の文字が使われています。
            
 「蟷螂の斧」とは、自分の弱さをかえりみず、強敵に挑むこと。はかない抵抗
の例えと書いてある。
 斉の荘公が馬車で狩に出たとき、馬車の車輪に向かって斧を振り上げている
虫に気づき、「この虫は何か?」と聞いた。
 そのときの御者の答が、先ほど書いた漢文です。まだ続きがあります。
「この虫は前に進むことはあっても、引くことを知りません。自分の力を考え
ないで、敵を軽んじます。」と御者は答えます。
 それを聞いた荘公は静に微笑み、
「これが人だったら、天下に轟く勇者なるだろう。カマキリの為に道を開けよ!」
と、馬車を避けて行かせた、という故事。
        (3)
        
                                                         金糸梅と子カマキリ      2009 05 29
  昆虫綱・カマキリ目・カマキリ科  オオカマキリ や チョウセンカマキリ
                                 など多数。
  オオカマキリ  Tenodera aridifollia  Stoll. 1813
 カマキリ は学者さんによって幾つかの違う分類方法があるらしく、とても
難しいので、一番簡単なものを書きました。
世界中では2000種前後が確認されているよう。一説に寄れば4000種
ともいわれ、種類が多くはっきりとは解らないようです。
 日本には、カマキリ科 と ヒメカマキリ科 の 2科9種 が生息とか。
但し、沖縄など南の島々には、それ以外数種類が生息しているそうです。
 日本に生息しているカマキリは、意外と少ないのですね。
            
 カマキリ の語源は 前足が鎌のように棘があり、この鎌で切るような動作
をするところから、鎌切 から カマキリ になったようだ。
 この説は、見たまんまですよね。
            (4)
        
                                                   2008 8 14
 さて、いよいよ俳句です。
 俳句歳時記では 「蟷螂」 は 秋の季語
 傍題に、「たうらう」・「とうろう」・「斧虫」・「いぼむしり」・「いぼじり」・
拝み太郎」・かまきっちょ」・「子かまきり」・「祈り虫」  などがあります。
 俳句を見てみます。
      蟷螂が片手かけたり釣鐘に      小林一茶
 次は、明治以後の俳句。
      かまきりのゆるぎいでしがものをはむ  吉岡禅寺洞
            (5)
        
                                                                         2008 11 13
 もう少し、俳句を見てみます。
       蟷螂や二つ向きあふ石の上       正岡 子規
       蟷螂の斧向けたるはわれなるや     刈谷次郎丸
 次郎丸氏の俳句は、よく解ります。
 カマキリはカメラを近づけると、こちらをじ~と見ていて、身構えます。
           ゆさゆさと風に身を漕ぐ蟷螂かな    野村喜舟
                           
        (6)
        
                                   梔子とカマキリ       2009 06 24 
       枯色が眼よりはじまるいぼむしり      後藤夜半
       蟷螂のたゝみのこせる羽子うすく      河野静雲
       息詰めて見る蟷螂の食ふものを       右城暮石
 暮石氏の句。カマキリが虫を捕まえて、バリバリと食べているのでしょう。
それを、呆気にとられて見ているのです。
           蟷螂の虫の羽まで食みてをり       照れまん
 次は、虫を捕まえて食べている写真。  
         (7)
         
                                                   2008 11 06 
 カマキリが何か大きな昆虫を食べています。左手に羽、右手に虫の腹を抱えて
います。
       かりかりと蟷螂蜂の貌を食む      山口誓子

       ( かりかりと とうろう はちの かおをはむ )
 山口誓子氏の句は、歳時記によって表記が違っています。
かりかりと~」 が 「かり/\と~ 」の繰り返し文字で書かれているもの。
 そして、「貌」の字が 「白に点々」が下にある文字で書かれているもの。
どちらが正しいのかは解りませんが、私のパソコンでは、表示出来ない文字
なので、表示出来る方の文字を書きました。
   カマキリの斧は手ではなくて、前脚です。前脚で摑んでいます。
  その他の脚は、中脚と後脚の、計6本の脚。
         螳蜋の斧は手であり脚であり     照れまん
 カマキリ にはもう一つ、「蟷螂生る」(とうろううまる)と言う 夏の季語」 
があります。
 傍題に 「子蟷螂」・「蟷螂の子」があります。
       一陣の風に乗り来ぬ子かまきり      中野三允
         (8)
         
       桜の木 と カマキリの卵だろうか?   2008 04 01  
 「蟷螂生る」の 夏の季語の例句を。もう少し載せてみます。
       蟷螂の斧をねぶりぬ生れてすぐ      山口誓子
       (とうろうの おのをねぶりぬ あれてすぐ) 
       蟷螂や生まれてすぐにちりぢりに     軽部烏頭子
       (とうろうや うまれてすぐに ちりぢりに       かるべうとうし )
 カマキリ はとっても フジバカマ の花が好き!
 藤袴には色んな昆虫が寄って来るので、じーと待っているようです。
        
 (7)は去年、(9)は今年の写真。
         (9)
           
                                                藤袴 と カマキリ       2009 10 22
 三日前に アサギマダラ を撮っていて見つけました。三日たっても、まだ
同じ所にいます。3日目に撮った写真。
 藤袴はとっても居心地がいいようです。
去年は虫を捕まえているのをカメラに撮りましたが、今年はまだ虫を捕まえて
いるのを見ていません。獲物を獲るのが下手なのでしょうか。少し痩せてきて
いるような感じ。アサギマダラ だけは絶対に取らないようです。
毒蝶というのを知っているのでしょう。
 もう二句ほど、秋の季語、カマキリの現代俳句を・・・。
       蟷螂のみどり紛れぬ動きかな    稲畑汀子
       枯色も攻めの迷彩枯蟷螂      的野 雄
      枯蟷螂 の句が出てきましたが蟷螂枯る」という、「冬の季語」があります。
傍題に 「枯蟷螂」 があります。ですから、枯蟷螂は冬の俳句
冬にじっとして、死んでいるような茶色のカマキリ。
 もう一句だけ、冬の俳句を載せてみます。
       蟷螂の眼の中までも枯れ尽す    山口誓子
 では、最期に、写真を一枚。
 洗濯物をベランダに干していたら、バスタオルの上に乗っていたので、
    パチリ!
            (10)
        
                                                   2008 11 13
 スタジオで撮ったような雰囲気! カマキリがモデルさんみたい??
一眼レフで撮ったみたいですね。コンパクトでうまく撮れました。  
背景は庭なのですが、左手で画用紙を後ろに持って撮りました。 
       待つことも人生なるやいぼむしり     照れまん
 今回は の季語 「蟷螂生る」 と 秋の季語 「蟷螂」 と
冬の季語 「枯蟷螂」 を載せてみました。 
            
                   
広告
カテゴリー: 俳句・動物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「蟷螂」 への8件のフィードバック

  1. fujim より:

      照れまんさ~ん  出てきますねぇ・・・!卸しても卸しても  棚からぼた餅ならぬカマキリ、、  まだまだありそうですね、ほくほく。 そうですか言われてましたかぁ^^ ・・・大抵一人くらいは・・・ハイハイいましたねぇ、ひょろっと背の高い人、最近はどうなんでしょう。ウギャギャギャー、これは見たくなかったなーー(7)番、 手だろうが脚だろうが持ってる物はナニ! 自分より大きなものかかえてませんか。 桜の木の卵はその後どうなったんでしょう。  うじゃうじゃ出てきそうで思い出したんですが、 のらさんチの子供さんが机の引き出しで飼ってたというお話は、 カマキリじゃなかったっけ^^?  ある日子供部屋中うやうやうやと這い出した生きものに、奥さんがギャーというお話、、、。   子カマキリはあの格好が可愛いですよね。  でも部屋中うようよいたらギャーだねぇ。  蟷螂や生まれてすぐにちりぢりに  そのままですね。 この句の作者、 私の歳時記には 「軽部烏頭子」 となってるんですよ。  前も違ってたからたぶん私の本が間違ってるんだろうと思うんですけど、 ネットで見ると、 「烏帽子」 「烏頭子」 両方とも「かるべ うとうし」 としてありますね。   同一人物なんですかねぇ??「烏頭子」 さんは 1891. 3. 7(明治24)~1963. 9.20(昭和38)らしいのですが、 「烏帽子」 さんは分りません。  http://www.weblio.jp/content/%E8%BB%BD%E9%83%A8%E7%83%8F%E9%A0%AD%E5%AD%90最後の写真、 「ハイ、今!」 のポーズばっちりの写真ですねぇ! それに色調がとてもよくていい・・・ うふふガンデジと勝負!(5)番と同じカマキリでしょうか、 羽が珍しい・・・・・。   ではでは また・・・

  2. 照れまん より:

        Fujim さん こんにちはーえらいこっちゃー、えらいこっちゃー ですよ!完璧に名前を間違っています。私は間違って読んでいました。虫眼鏡でよく見ると  軽部烏頭子 さんですね。うとうし さん なんですね。 えらいこっちゃ です。ありがとう御座います。 軽部烏頭子 さんの句を 以前にも掲載したような気がするのですが、何処で載せたのか解りません。きっと、間違っているはずです。しかし、自分の記事の検索方法も解りません。かなり遡って 見てみたのですが、見つかりませんでした。Fu お姉様 するどい! 10枚目の写真と 5枚目の写真のカマキリは 同じカマキリ です。いなくなっていたので 洗濯物を干したら その上に乗っかって来ていました。1時間後くらいに撮ったものが 10枚目です。ベランダの手すりに乗っているので 外で撮っています。カマキリの名前は 一応調べたのですが、間違いそうなので 名前は書かないことにしました。子カマキリ が うじゃうじゃ 出て来た所が見てみたいですね。とりあえず ありがとう御座いました。まだ間違いがありましたら ヨロシク !!

  3. fujim より:

    照れまんさん  おはようございます  えらいこっちゃー、えらいこっちゃー【マクロには、広角マクロ、標準マクロ、望遠マクロがある】 というのを、 はじめて知りました~~! ありがとう。デジタル一眼では、マクロレンズではないレンズでマクロ撮影ができると書いてあります。どうもぴよぴよちゃんを見てみると、 今まで私は、 広角マクロで撮ってたようです。やっともやもやしてたものが、 スッキリしてきました。   と言っても今書いてあるものを読んだだけです。 今度チャンスがあったら望遠マクロで写してみます。 「マクロの望遠って ありますよね?」  という前のコメントがきっかけでした。  本当にありがとう!~~!「望遠レンズのボケの効果と、マクロレンズのボケの効果は同じ」「望遠レンズの表現とマクロレンズの表現は違う」 ということらしいです。(4)番やるきマンマン君、 さあさどっからでも掛かって来い、 相手は誰だいと言ってる、 これはダレだ ^?^軽部烏頭子さんが正しかったですか?  私は途中で改名でもされたのかと思っていましたが、軽部烏帽子と言う人もおられるんですね。  句もたくさんあります。  師弟か親子の関係でしょうか?「土ふかくしどみは花をちりばめぬ」 「七夕の色紙と吾子とちらばれる」 「稲刈りのたけなわにして野はしずか」 こんな句のようです。

  4. 照れまん より:

                 Fujim さん こんにちはーもしかして、もしかして 大発見かも・・・!私の持っている 「現代俳句鑑賞辞典」 には 軽部烏頭子 さんしか載っていません。それで、軽部烏帽子さんを調べてみると 確かに俳句が出てきますねえ。これは私が見たところなんですが、どうやら、私と同じ間違いをしているのではないか と言う感じがしました。漢字を パッ と見た時 軽部烏帽子 に見えてしまうのですよね?それで、間違ったのではないでしょうか???軽部烏頭子 さんの 出版している句集の名前が 烏帽子さんの方にも同じ句集名が出て来るサイトがあるので、これはきっと間違ったのだと思います。どうでしょう。私も 漢字を パッ と見たとき 勘違いをしてしまったので、他の人も間違ったのでは???そんな間違いは あんた だけ・・・、と言われるかもしれませんね。本当にもう一人 軽部烏帽子 さんが いるのでしょうか。息子さん??? だったら、句集名が 同じになることは 有りませんよね。結論としましては、  軽部烏頭子 (かるべうとうし) さんの拝号を 私を含め 誰かが漢字の間違いをしてしまった為、何人かが間違ってしまった・・・・、というのが、今の所の 途中経過での結論です。もし、Fuお姉様 何か解りましたら よろしくお願いします。今日 雨が降るのに、まだ 藤袴の上に カマキリが止まっています。粘ってますねえ~。窓から見えます。それから10枚目の写真ですが、もう一枚 まったく同じで ピンボケの背景が写った写真があります。だいぶ、前だったので 10枚目になぜ背景の庭が写ってないのか 不思議でした。そういえばと 思い出しました。5枚目の写真を撮る時に、カマキリが 影になって暗くなってしまうのです。そこで画用紙で光を反射させて 撮りました。その後、暫らく後に撮った10枚目は 画用紙を左手で、背景の所に持って、右手で写真を撮りました。だから、背景が無いのですよね。自分でも コロッ と 忘れていました。まあ、それが書きたくて・・・。・・・・ということで、また・・・・。

  5. fujim より:

    な~るほどナルホド、 それでスタジオでモデルさんを撮ったような仕上がりになってるのですね。 照れまんさん、プロ球、級のテクニックですよ。 fujipa仲間の元写真屋Fさんが言っておられました。 Fさんは全国大会にも何度も入賞されてる人なんですけど、 背景がごちゃごちゃしてるときには 「大き目の色がみを使ってバックの処理をしなさい」 ということなんですよ。  白の紙で光を反射させることも言っておられました。すごい! 照れさんはたぶんそういうことが自然に身についてられるんでしょうね^^!  色がみと言われてもですねぇ、 カメラを首に掛けて歩くだけでもはずかしいのに、色紙までヒラヒラさせるなんてねぇ・・・・な~んて言ってちゃダメとは思いますが・・・><ゞでも、 一味違った作品になるってことは (10)で分りました、 効果あり^^。何も使ってないですが(9)番、 これもなかなかいいですよね。 距離があるので適当にボケてくれて、青空に伸び上がって振り返ったような図で、画面全体の表情がありますよね。  え、まだいるんですか? 股踏ん張ってばかりいないでって言われてもぉ、、 どんな格好すりゃいいのよーー  と言っておりますが、 あまりアチコチ歩き回るのは好きじゃないのかなぁ^^軽部烏帽子さんの句には、 名前の後に [しどみ]の花 と書かれたものが多いですね。 [しどみ]の花 ってなんでしょうね。会・グループの名前、 俳句雑誌の名前、 句集? 個人が間違えたのがひろがったのか、 烏頭子さんとほとんどの句が混ざってないところを見ると、 その会では使ってた名前を後に改名したか、 担当者が間違えて出してしまったか、なども考えられますねぇ。いずれにしても同じ句集名があったということは、 同じ人であることにはチガイナイ。  ちょっとすっきり^^。[しどみ]という花を見て、 ボケのこと? と思ったら木瓜によく似た花なんだそうです。今にPuさんが、 顕微鏡で見るようなすごい写真をビシバシ上げてきますよ~。  そうなったら ふふふさすがの照れまんさんも 矢も立てもたまらず ・・・   ショウショウ 賞金 それまでに賞金稼いどかないと^^ね!

  6. 照れまん より:

           Fujim さん こんにちはーFuお姉様は 天才ではないですか?よく見つけましたよね。 軽部烏頭子 かるべうとうし  さん。私は コロッ と間違えていましたけど、気が付きませんでした。そこでついに発見 ! 一つのサイトで 見つけました。軽部烏帽子・えぼし と書かれ 振り仮名が (うとうし) と書かれています。烏帽子 えぼし なのに 振り仮名は ちゃんと名前になっています。句集も 「しどみの花」 と書かれています。あるサイトに 烏頭子 さんの出版した句集が 「しどみの花」 と 「灯虫」 と書かれています。私の持っている本には「灯蟲」しか書かれてないのですが、たぶん 「しどみの花」と「灯虫」 の2冊は出版しているようです。そこで、軽部烏帽子(かるべえぼし) さん の方に 「しどみの花」より と書かれているので、たぶん間違いないのではないでしょうか。軽部烏頭子 (うとうし) さんを 軽部烏帽子(えぼし) さんと 漢字を読み間違ってしまった と言うのはどうでしょう。それにしても 軽部烏帽子 さんで 堂々と俳句が載っていますねえ。軽部 さんという俳人は 他には 見つかりませんでした。軽部烏頭子 うとうし  さんは 東大出身なんですね。エリートです。それで、 軽部烏頭子 かるべうとうし さんで 間違いないと思います。Fuお姉様 ありがとう御座いました。写真って 面白いですね。あれこれ 工夫しながら撮ってみたりしています。結構これが面白いのですよね。カマキリ君は 昨日 やっと 小さな蜂を咥えてました。待てば帰路の日よりあり・・・・、 ですね。

  7. 猫と薔薇と私と より:

    カマキリと書くと 工藤直子さんです。 かまきりじろう君の詩  へい! 夏だぜ おいらのかまは どきどきするぜ!こんな調子です。歌にもなってるようです。 谷川俊太郎さんの次に好きな 詩人です(^-^)。我が家は 今年 かまきりが来ませんし 残念なことに 揚羽も爪黒豹紋蝶もきませんでした~。以前はよく来てたのになぁ。 おかげで 梔子も菫も坊主にならないで済んだけどね。そういえば 子猫は かまきり怖いみたい。親になったら おもちゃにしてしまうけどね。 蟷螂を威嚇しおり 猫の爪  めだか

  8. 照れまん より:

         猫と薔薇さん こんにちはーめだかさん ??いつもありがとう御座います。工藤直子さんって存じ上げないのですが、面白そうな 詩 ですね。私は読んだことがありませんが、猫と薔薇さん は本当によくご存知ですね。昔 文学少女 だったのでしょう。 今も文学少女・・・、かな?私の住む所は ものすごい田舎なので、いろんなものが居てくれて ありがたいです。ではでは、また よろしく・・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中