照れまん君の俳句歳時記 「水洟」

    みずっぱな昔の自分ここにをり   照れまん
 
 戦後の子供って、みんな洟を垂らしていました。
 水洟青洟。それを、袖口で拭くので、袖はガビガビ。
 青洟は洟をすすると、するっとまた鼻の中に入っていき、二本が上下
するので、特急電車などと呼んで、面白がっていました。
 私などは、いまだに 洟垂れ小僧で 一年中水洟が出ています。
 アレルギー性鼻炎なのか、風邪なのか??
 おかげで、しっかり 鼻紙王子 しています。
         
             2009 11 12
             
 さてさて、俳句ですが、俳句に 「水洟」 の季語があるのをご存知でしょうか。
   「水洟」(みずばな) は 冬の季語
 傍題には 「みづばな」・「洟水」(はなみず)・「みずっぱな」 などがあります。
「ハナミズ」を辞書で引きますと、「鼻水」の漢字しか出てこないものもあります。
俳句では、殆どの場合、三水の「洟水」を使っています。
 水洟はものすごく俗な季題ですが、それを逆手にとって、素晴しい俳句が
幾つかあります。
それらを、少しだけ載せてみます。
       水洟や鼻の先だけ暮残る      芥川龍之介
 芥川龍之介氏の有名な俳句。水洟を代表する句。
 鼻の先に、夕日が当たっているのでしょうか。
 それとも、洟をかんでいると、だんだん鼻の先が赤くなってくるので、それを、
夕日に見立てているのでしょうか。面白い句です。
   この句は、芥川龍之介自身が自死する前に、主治医に「自嘲」と書いたもの
   を渡したそうです。その中に書かれていた俳句。
   作られたのは、それより少し前のようですが、本人にとっては、辞世の句の
   ような気持ちがあったのでしょうか?
   世の中、万物様々なことがありますが、自分の書き残した物など、ほんの
   ちょっと、鼻の先ほどのことしか書いていない、ということでしょうか?
   何も知らずに鑑賞していたのと、こういうことを知って鑑賞したのでは、随分
   イメージが違ってきます。とても深いものを感じてしまいます。
       水洟や仏具をみがくたなごころ   室生犀星
 室生犀星氏の句も面白い。
 仏具を磨いているので、手が汚れている。しかし、鼻が出そうになっているのだ
けれども、鼻をかめば手が汚れて不浄になるので、我慢しているのでしょか。
同じ手でも、仏具を磨く汚れと、洟の汚れでは違うのでしょうね。
 面白い俳句です。
       幇間の道化窶れやみづっぱな    太宰治
 この句は難しいですね。字が読めません。
 幇間(ほうかん)とは たいこもち。もう一つは、(やつ)れ と読みます。
男芸者といえばいいのか、たいこもちが水洟を出し、やつれながらも道化て
いるのが、何とも哀れだなあという句のようです。
 偶然にも小説家三人が詠んだ「水洟」の句。小説家の俳句は決して多く
はないのに、奇しくも三人が水洟の句を詠んでいるのが面白いですね。
 不思議です。
 その他の俳人の句も載せてみます。
       水洟や一念うつす古俳諧        鈴鹿野風呂
 鈴鹿野風呂(すずか のぶろ)氏。1887年(明治20)~1971年(昭和46)。
京鹿子」主宰。
 古い俳句の中に、その人の全身全霊の込められた、一念が滲み出ている句
があり、それを鑑賞しているのでしょうか。
そうすると、自分はだらしなく水洟が出てきてしまったのでしょう。
これはいかんぞ、一念発起しなくてはと・・・・、思っているのでしょうか。
しびれるような、いい俳句です。
       念力もぬけて水洟たらしけり      阿波野青畝
 阿波野青畝(あわの せいほ)氏。1899年(明治32年)~1992年(平成4)。
年を取ってしまうと気力も念力も萎えてしまって、水洟が出てきてしまいます。
いつの間にか、好々爺になってしまっているというのでしょうか?
それとも、何かとても気を張った仕事をしていて、それが終ってほっとしたら、
水洟が出てきてしまったというのでしょうか。
 どちらにしても、俳諧味のある素晴らしい俳句です。
       水洟や我孫子の駅のたそがれて    石田波郷
       水洟も郷里艶めく橋の上        飯田龍太
 どの句も、みんな素晴しい句です。俳句界大御所の競演。
 あと二句ほど、とても面白い句を・・・。
          水洟を貧乏神に見られけり        松本たかし
       水洟や仏観るたび銭奪られ       草間時彦
 草間氏の句は、奈良での吟だそうです。
 水洟を詩の中心に詠み込むなどというのは、世界の詩の中でも珍しいのでは
ないかと思います。ちょっと嬉しくなります。
 さてさて、上の写真。
 私の部屋のすぐ裏にある保育園の菜園で、朝から賑やかに芋掘りをしていま
した。そこで、私も起きて行き、パチリと撮らせて貰ったスナップ写真。
午後3時過ぎ、お八つ時に保育園にカメラを持って行き、芋掘り風景の
スライドショウーをさせてもらいました。
馬鹿受けでした。一廻り終わると、もう一度見せてというので2回目。
それが終っても、「もう一度〇〇君の鼻水の写真が見たい!」というので、
手動で早送りしながらもう一度見せました。みんな立ち上がってテレビの前に
来て大笑い。保母さんにも馬鹿受けでした。
〇〇君の名誉の為に、顔の全体は出せませんけど・・・。
 次に撮る時は、2枚目に可愛くとりますからね~! 
   〇〇君   ゴメンチャイ ★
 私は保育園のお八つの蒸かし芋を一個貰って帰りました。 ありがとう 
 今回は、久しぶりに 照れまん君の俳句歳時記。
 冬の季語 「水洟」 を書いてみました。
       ややこしや泣いているのか水洟か    照れまん
             
広告
カテゴリー: 俳句・生活 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「水洟」 への11件のフィードバック

  1. fujim より:

    うっぷわぷわはは・・・どうしても笑ってしまいますネェ   ○○君の作品ですからね、立ち止まらないわけにはいきませんよね。クダでも通してるのかと思いましたよ、あははは   お芋を掘るのに気を取られて、 気がついたらもう吸い込む段階ではなくなってたねぇ^^。   昔の自分ここにをり・・・ですねぇ、  その昔を思い出しますよネ。 でもさすがイマドキの子、 ホッペなんかツルンとしてきれい!  昔はタムシなんか作ってがさがさだったですよね。照れまんさんもなかなか楽しいですねぇ。  ときどきスライドショウなんかをされてるんですネ。   子供たちも大喜びでしょうし、みんなに見てもらうのも嬉しいですよね、 いいですね^^。  あれ、私はまだカメラでスライドショーをしたことがないヨ・・・芥川龍之介の句   体がこの世から消えると、 今まで自分の内からとうとうと溢れ出て、大層なことをしたように思っていたものも、無に等しい。  残るとしても鼻の先っちょぐらいのモンだ、 とそういう気持ちなんでしょうか。   それとも、 何も未練などない、そう腹をくくってはいるが、 いざこの期に及ぶとホンの一塊の消えない想いが胸の内をかき乱す、 しょうがないヤツさと自嘲しているのでしょうか。   こんなに水っ洟の句があるなんて知りませんでした。洟水って、 そんなにキレイなものでもないのに、 自分のもの・・・? と言う気がしますよね^^。  無下に出来ないというか、お前なんか俺じゃない、 なんて言えない様な・・・ うう><説明できない^^;;。   ややこしや泣いているのか水洟か  照れまん    傑作ではないでしょうか。さ、息抜きできたので、 ま~た ちまちま編集進めましょうかぁ・・・  ^^ではまたぁ・・

  2. 照れまん より:

    Fujim さん こんにちはーいつもありがとう御座います。保育園に行って スライドショウ をしたのは、これが わずか 2度目です。最初は 簡単デジカメを持ったばかりで嬉しくて、最初に撮った10枚くらいを見せました。今回も、カメラでパチパチ撮った30枚くらいを 順番に見せただけです。カメラとテレビをつなぐだけなので、簡単なのですが、それでも説明書を読みながらするので、なかなかことになりません。そしたら、保母さんも読みながら手伝ってくれ、何とか上映することが出来ました。パソコンでスライドショウをすると、色々写真と写真の間の変わり方など工夫が出来るのでしょうが、難しいことは出来ないので、そのまんまです。なかなか 受けましたよ。子供達が腹を抱えて笑って喜んでくれたし、時々保母さんが写っていると、他の保母さんに馬鹿受けしたり。結局、3回も同じ物を上映してしまいました。初めは お八つを食べていたので、みんな座っていたのですが、3回目にはみんなテレビの前に立って、大笑いしてました。今回、水洟を垂らしながら、たらたらと 書きました。次は 朝鮮朝顔 を と思っているの 一向にはかどらず、Fuお姉様の 木立朝鮮朝顔 を見に行ったり、うろうろしています。では、また・・・・。

  3. Pu'uwai より:

    mizuppana と打ち込んだらこんな文字 「水っ洟」に変換されました。 ちょっといいでしょう。貧乏神と風邪引きったら水っ洟ですよ。 もうじょろじょろと如雨露で水撒きしたくらい出ましたよ。久々の保育園ロケですね。こりゃ馬鹿受けしそうな良い写真ですね。こういうスナップ絶対コンデジの方がいい。 生き生きしてますよ。わちきはね、歯の噛み合わせがおかしくてどうかすると涎が流れるのです。困るのは、三味線弾いている時とかフラ踊っている時に出ると、もう、拭くに拭けず舞台だったらそのまま流しっぱなしで踊って楽屋にはけたら大急ぎで、衣装の時はハンカチなんて持ってませんからね。水っ洟って寒々しいのに家庭の味がする。 冬の日本家屋には付き物でしたよ。隙間風と一緒にね。照れまんさんのしじみ蝶もう一度見てみよう。しじみ蝶って表翅がブルーと茶色があるね。どう違うの?♂と♀? それとも違う種類? そのへんが曖昧になってます。fuさんのとこにもあったね。【長者は臼杵(大分県)に姫の供養のために、たくさんの石仏を作っていきました。 これが国宝の「臼杵磨崖仏」だと云われています。】  これ般若姫伝説の抜粋だけどhttp://hirao-kankou.net/hannyahime.htmlfuさん以前 神話の国の記事で 「磨崖仏」載せてなかったっけ? 

  4. Pu'uwai より:

    照れまんさん fuさんのらさんのフォト蔵見てたら 「秋の田村草」というのがあってhttp://photozou.jp/photo/show/176754/23033552これが下の「ヤマハッカ」にそっくりなのよ。 これのような気もするけどどうでしょう?

  5. fujim より:

    照れまんさん Puさん おはよう~~  タツナミソウ  http://www.plantsindex.com/plantsindex/current/group/gp_scutellaria_forest.htm  イヌコウジュ(犬香需)  http://homepage.mac.com/n_yoshiyuki/hana/inukouju.html  ヤマハッカ(アキノタムラソウとの違い)   http://www.geocities.jp/matsuura_syouiti/sub810-5.htm     (アキノタムラソウと同時期で同じ紫色、似たところがありますがアキノタムラソウは複葉、花は輪生するのに対し、      ヤマハッカは単葉、花は茎の片方に片寄って集まります。)みんなよく似てますよね。 複葉とか単葉とか言われても、写真ではよく確認できませんねぇ。 下唇に特徴があるような気がするんですよ。   ヤマハッカ(特徴)   「花冠は上下2唇に分かれ、上唇は直立して上のへりに4個の歯があり、紫色の細点が並ぶ。                  下唇は前に突き出し、両側が上に巻いて、中に雄しべ、雌しべを包み込む」照れまんさんの写真では、 両側がくるっと巻いて、 雄しべ、雌しべを包み込んでると見たのですが、 どうでしょうねぇ?私が見た磨崖石仏は臼杵ではなくて、 瑞巌寺磨崖石仏(玖珠郡九重町)で、 場所は違うけど、県は同じ大分県です。fujipa から話は聞いたことはあるけど、 臼杵には行った事がないなぁ・・・。 でもこの般若姫伝説にでてくる 柳井の地名発祥の 「柳と井戸」 は見ましたよ!ブログブログ・・・ はまだ始める前でした・・・ 写真もたしか撮ったんだけどーー。   次に金魚提灯を見に行ったときの記事に「前回来た時には、 柳井の地名発祥の 柳と井戸 を見たり」 しましたと書いてるだけでした><。今日はいいお天気になりました。のらさん、 お元気なんでしょうね、、 お元気であれば きままが一番ですよねJasskaさんも お忙しいのでしょうね。  働き盛りですからね^^。お二人ともお元気なのがなによりですが、 ちょっとさびしいですね。

  6. 照れまん より:

    Pu‘wai さん こんにちはー般若姫伝説 ありがとう。私の島に 般若姫伝説が いくつもあるのに 殆ど知りませんでした。般若姫のお堂が建てられているところがあります。読んでみて、あ~~、そうなんだと 初めて知りました。柳井の由来も 結びついてないから、聞いてもすぐ忘れてしまっていました。ヤマハッカ  アキノタムラソウ ありがとう御座います。似てますね~~。葉っぱもちゃんと 撮らんといけませんね。もう一度見に行ってこよう。もう花は無いと思いますけど・・・・。私の撮ったものは 上側に斑点があるので どうも ヤマハッカの方が近い感じがします。それから、Puお姉様の撮っているシジミチョウは  ウラナミシジミ だと思います。赤い点が裾にちょこんとあり、突起が羽の裾についています。これにそっくりなのが、 クロマダラソテツシジミ ですが、こちらは 波模様がやや少ないだけで、そっくりです。Puお姉様の 試し撮りのシジミチョウは たぶん ウラナミシジミ だと思います。私も ウラナミシジミ と クロマダラソテツシジミ は撮っていますが、まだ アップしていません。茶色っぽい シジミチョウを撮っているので、これの名前も今探しています。もう一度 般若姫伝説 読んで見ます。面白いですね。ありがとう御座います。

  7. fujim より:

      照れまんさん  Puさん  「般若姫伝説」非常に面白い!  他の記事もニ、三読んでみました。 まさに周防大島界隈のお話。 周防大島には四十八箇所巡りというのもありますが、 周防大島に行くに当たって、車で行くのに四十八箇所巡りじゃなぁ・・・と思案してたんです。   「般若姫伝説」 を訪ねて、  これに決めよう^^・・・Puさん、 行くよ~~!  私は11、12月を除いたらいつでもいいからね、 Puさんの都合にあわせるよ。 いい?もたもたしてたら、 私は一人で誰にも言わずに内緒で行ってしまうよぉ^^。 来年の楽しみが出来たよ  ^^ワクワク。

  8. fujim より:

    し、し、しまった! 四十八じゃないよもちろん、 八十八だった><。。。  うその四八、ちがぁた、三八だったーー;;

  9. 照れまん より:

          Fujim さん こんにちはーヤマハッカ ありがとう。  今 葉っぱを見てきたところです。対生なのですが、不思議なことに所々の葉っぱは 二つが片方に片寄っているものもあります。説明を読むと 葉は単葉で 対生、どちらかに片寄っている場合がある、と書かれているので、ピッタリです。間違いなく ヤマハッカだと 確信しました。 Puお姉様 Fuお姉様 ありがとう御座いました。ヤマハッカ はこれで一段落したので ほっとしました。いろは 四十八〇 じゃ無いんですから、 八十八ヵ所ですよ。すごいでしょう。島にあるのです。ミニ八十八ヶ所です。マイクロバスだと2~3日で全部回れるらしく、春には、白い服を着たお遍路さんをよく見かけます。お接待と言う日もあって、所々で、甘酒やお茶やお菓子のお接待があります。私が入院中に 患者にもお接待が配られ アンパンをもらいました。私の近くに お堂があるので般若姫 の伝説のものかと思ったら、違ってました。フカ地蔵 だと言うことでした。残念!フカ地蔵って何???さ~~あ、私もよく知らないのですが、昔フカが岩礁に取り残された少女を助けたらしいです。1年越しに、朝鮮朝顔 を載せようと、苦労しています。ダチュラ~~!2~3日で、アップできそう。

  10. Pu'uwai より:

    こんばんは山薄荷 で決まりね。 いつもながらfuさんの徹底検索には驚嘆する。よくよく見ると葉の付き方が違うね。fuさん マッテェ~~ !一人で行かないで、わっちの眼も連れてって~!  来年と言われるとおばばをどうしよう?ヨッシ助さんとチョッチ格さんのお供付きなら、まぁいいか! 行ってらっしゃい。必ず大島八十八ヵ所の紹介もつけてよ。(これは照れまんさんかな) それから、「私のPCの先生に、、、」なんて乞われて般若姫の竜宮城に行っちゃだめだよ。そっち方面、まったく土地勘なし チンプンカンプンなのに、切れ切れの言葉から繋がるもんだね。 これぞブログの楽しみだね。のらさん お元気だと思うけどこの頃さっぱり姿見てない。お孫さんの運動会の写真を撮りに行くって言ってたけどフォト蔵に載ってないね。以前、ブログは現実から離れた夢空間 一種のかけこみ寺のようなものだと仰ってたから現実が充実してるんだね。わちきはブログ大好き人間よ。 だってヨコハマから安倍川餅に繋がって般若姫から大島48手に繋がって  これが堪りませんね。フカ地蔵  気仙沼ならフカヒレになっちゃうね。照れまんさん しじみ蝶ありがとう。

  11. 照れまん より:

    Pu‘wai さん こんにちはー般若姫伝説 面白いですね~。もう一度読んで、これはしっかり覚えとこうなんて思っています。何で 般若姫 が出て来たの~、なんて コメントも読み返していました。大昔の 奈良 や 明日香 の人達が、日本は島国で 細長い弓なりの形をしているなんて、どうして解るんだろうといつも不思議に思っていたのです。飛行機がある訳じゃあないし、奈良盆地は山の中ですから・・・。昔の人たちは それなりに、あちこち地方へ出掛けていたということでしょうか。でも、奈良から大分は 遠かったでしょうね。  私なら 途中で死んでいます。それから、のらさんもさっぱり見ないですけど、ひだまりさんも ストップしています。お母様がすごく弱気になっている、なんて以前にブログに書かれていましたが、ご病気をされているのでしょうか?お母様といっても、私よりお若いのではないかと思うのですが、・・・・。ブログ友 は仕方がないですね。 遠くで見守ることしか出来ません。それで、いいのでしょうけどね。また話は変わるのですが、保育園の芋掘りに 神奈川の中学生が 五人 手伝いに来ていました。なんでも 修学旅行に来ていて、農家などに 2~3人づつに分かれて ホームステイをしていたそうです。そのうちの 2軒がすぐ近くだったので、来てくれたようです。 3人は女の子で 最初から来ていたので、記念写真を撮らせて貰いました。男の子は終わり頃に来ました。今考えたら、あの時 ブログに載せてもいいか聞けばよかった と後悔しています。みんなで、きちんと並んで 記念写真を撮ればよかったのになあと・・・。そしたら、神奈川のピチピチギャルと お友達になれたかも知れないのにと思っています。 残念!!今どきの修学旅行 って変わっているのですね。じゃ、また・・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中