照れまん君の俳句歳時記 「狸・タヌキ」

   片方の靴なし狸また来たか     照れまん
 裏の畑へ散歩に行こうかと庭へ降り、外へ出ようとした瞬間、庭の中から
黒い物体が私の方に走って来た。
 危ない、ぶつかる!と思った瞬間、足元をすり抜け庭から外へ走り出て
行った。
「うわーーっ、狸だ~~~!」
っと、慌ててカメラのシャッターを切ったのが、下の写真。
まだ何の設定もしていなかったので、下のような薄暗い写真にしか
なりませんでした。
             (1)
         
                2009 10 12
 ところで、狸って、俳句歳時記では季節はいつでしょうか?と聞かれても、
なかなか難しいですよね。最近は春でも夏でも見かけますから、・・・・。
  俳句歳時記では、「狸」 は 冬の季語。
昔は、食料のなくなる冬に、狸は人里に下りてきていたのでしょう。
それで、冬。傍題には、「たぬき」・「」(むじな) があります。
 最近では、のべつ幕なし、一年中見かけるようになりました。それは
山に餌がなくなったのと、人里には人の捨てるゴミなどの餌が豊富にある
からでしょう。あちこちに、餌付けされて人懐っこくなった狸もいるようです。
野生の狸は、夜行性で、人を見ると怖がるので、すぐに逃げたり隠れ
たりするので、なかなか写真には撮れません。それが、最近はたまに昼間
でも見かけるようになりましたので、写真に撮るチャンスはあるのですが、
かなり遠くて、思うようには撮れません。
今回は、すぐ近くで撮れたので、ラッキーでした。
 これもちょっとピンボケですが、下の写真。
慌てて撮るので、みんなこうなります。
        (2)
        
          2009 10 12
  動物界・脊索動物門・脊椎動物亜門・哺乳綱・ネコ目(食肉目)・
  イヌ科・狸属    タヌキ  狸
  学名 : Nyctereutes procyonoides  Gray, 1837
        英名 : Raccoon dog
        分布 : 日本・中国・ロシア東部  
     
 狸は、雑食性です。
    正字は 「貍」 。 リ・バイ、のねこ・たぬき。
元々中国では、山猫などの胴長の猫に似た中型の哺乳類全般を指して
いたようです。
日本でも最初は、山猫・鼬・穴熊・狢・タヌキ などを呼んでいたようですが、
次第にタヌキだけを指すように変わっていったようです。
              
 さて、俳句ですが、狸は変幻自在。今は冬の季語ですが、古くは他の季語
と組み合わされて、どの季節にも登場します。
 まづは、そういう句を載せてみます。
      山里は狸もまじる踊かな        花弄
 上の句は、盆踊りに狸も混じっていると言う、夏の俳句。仮装して
盆踊りを盛り上げている人がいるのでしょうか。それとも、茂みに狸が出て来たのか。面白い俳句です。
      戸を叩く狸と秋を惜しみけり      蕪村
 
 蕪村の句は、秋の終わり頃の句になります。
      戸を叩く音は貍か薬喰い        子規
 子規の句も、「薬喰」(くすりぐい)というのが、冬の季語。冬季に栄養を
採る為、獣の肉を食べること。邪気を払い、血行がよくなるので、「薬喰」
と言われています。
何かの獣の肉を食べているのです。そうしたら、戸を叩く音がするので、   
風か?はたまた貍が来たのか?ヤバイんじゃないの?という、面白い句。
 私は子供の頃には、全く狸を見たことがありませんでしたが、最近は
ちょくちょく見かけるようになりました。鼬もチラッと見ることがあります。
         (3)
        
            部屋の窓からパチリ       2009 10 11
 では、冬の季語としての狸を載せてみます。
      子狸も親に似ているふぐりかな    青木月斗
 青木月斗氏は明治12年、大阪生まれ。昭和24年奈良大宇陀で亡くなる。
享年71歳。戦争で奈良に疎開していたようです。
狸のきん〇ま八畳敷き  とか言われています。江戸時代の古川柳に、
  「狸の子はや睾丸も四畳半」 というのがあります。
え~っ、そうなの?と、笑ってしまいます。   
      枯野原汽車に化けたる狸あり     夏目漱石
 漱石の句、どこかアニメの一場面のような感じがします。
      かりくらの月に腹うつ狸かな      飯田蛇笏
 「かりくら」 とは 「狩座」「狩倉」「狩競」、狩猟地や狩猟の競いあいのこと。
ここでは お狩場のことだろうか。夜は猟をしないので、狸が腹鼓を打って
いる、というのでしょうか。
                   
        (4)
        
       広島の銘菓 「新栗まんじゅう 極楽たぬき」
      罠の上ほじくりかへす狸かな     阿波野青畝 
      大江山生野の道の狸罠        富安風生
 「狸罠」というのは、俳句では別の独立した冬の季語として、扱われて
います。
狸罠」、傍題に 「狸狩」があります。
 それからもう一つ、「狸汁」というのも 冬の季語 にあります。
      分校の或日給食狸汁        江本如山
      方正を守る豆腐や狸汁       石井露月
 狸の現代俳句も見てみましょう。
      晩成を待つ顔をして狸かな     有馬朗人
      長靴を倒してゆきし狸かな     大木あまり
        (5)
        
             2009 10 12
 戦国時代の最も人気のある武将は 織田信長
 そして、次は百姓の出から天下を取った 豊臣秀吉
この二人に比べるとやや人気は落ちるようですが、徳川家康
            
 徳川家康は狸親爺と呼ばれ、人を騙したり嘘を付くのが上手だと思われ
ているせいでしょうか、やや嫌われているようです。実際に戦国時代を
終らせ、戦国乱世を平定したのは、徳川家康
 現在の政治家にも狸親爺そっくりなのがいますよね。
国民の方を向くと、国家国民の為、と言いながら、裏では権力と金を
握るため、あらゆる汚いことを平気でしている。お金を貰っても、秘書に
任せているので一切知らない、とシラを切り通す政治家は、今に始まった
事ではありません。
 「狐と狸の化かし合い」 とは、よく言ったものです。
 江戸時代の古川柳に、
   「 化けてきた狐狸を起こすなり 」  、というのがあります。
 ところで、私が最初に書いた、「片方の靴なし貍また来たか」 の句は、
愛媛県の南海放送のラジオ番組 「夏井いつき の 一句一遊」 で、
読まれたもの。
この番組は朝10時より10分間、月曜から金曜まであるのですが、とても
面白い俳句番組。
月曜から金曜までがグレード制のようになっていて、月曜の初心者や
駄洒落のような句から、だんだん上手な句になり、金曜日には かなり
いい句ばかりが読まれます。投稿者は金曜日を目指しています。
私はたまにしか投句しないのですが、久しぶりに金曜日に読まれました。
その金曜日の最期に今週の「天」の句が発表されます。
 「一句一遊」昨年11月30日から12月4日までが、兼題 「貍」 でした。
 月曜日の句から書いてみると、
     「徳川の貍親爺を嫌う父     しらさぎじろう  
 ラジオなので、漢字の表記は正確にはわかりませんが、俳号は白洲次郎
をモジって、白鷺次郎 としているようです。
 続いて、火曜日
     「貍貍化かし化かされ真珠婚    イーちゃん  
 イーちゃんは、結婚30周年なんですね。お互いがタヌキだと言うのです。
40周年ルビー婚50周年金婚式。そこまで長く俳句を続けて欲しいものです。
 続いて水曜日
      「噂聞くほどには見えず野の狸   きせん    
 以後、省略しまして、金曜日から二句。「天」の一句前の句。
      「子貍の小屋へ真っ直ぐ昼休み   ほろよい  
 「貍」の週の 「天」の句。
  「ただ海を見たかっただけ貍の子   太郎   」 天晴れ~ 
 とても、面白い番組です。瀬戸内地方の人は是非お聞き下さい。
         (5)
        
     以前「一句一遊」 で二度「天」を頂きました。
     その時の賞品 「一句一遊 俳句ノート」です。
 「もしもし、起きて下さいよ~。狸寝入り はバレてますから~!」
え~~、私ですか?
 「そう、狸ジジイのあなたですよ~。たぬき蕎麦が伸びますよ~!」 
キツネがよかたのにな~~ぁ!
 「じゃ、自分で作って~~!」      
あららっ、ドテッ!!
  獲らぬ狸の皮算用 と言う諺もありますね~。 
  昔話や童謡には頻繁に登場する狸。どことなく愛嬌があったり、化かしたり

化かされたり、諺にもいくつも出てきます。
 話は変わりますが、以前 NHK FM 金曜午後2時より、2時間番組で
「おしゃべりクラシック」 と言う番組がありました。(今もあります)
俳優の渡辺徹さんがパーソナリティーを勤めていた頃の話。
 渡辺さんがパーソナリティーを始めて間もない頃、1通のお便りがありました。
 「ホルスト作曲の“惑星”の中に、『たんたんたぬきの金時計~~』 と
言うにそっくりな部分があるのですが??」という問い。
 そこで、渡辺さんが番組中、曲を聞いて笑い転げていました。
確かに一瞬ですがよく似ているのです。狸が大騒ぎをしていて、それが音痴
な感じがして、実に可笑しいのです。
 その後、続々と、クラシックの曲とよく似ている曲のの投書があり、とうとう、
「よく聴くと、どこか似ているぞ、コーナー」、が出来ました。
           
 クラシックとよく似た曲は沢山あるのですが、それはまたの機会に・・・・。
      屋代島人より狸多くなり    照れまん
 ということで、あれやこれやと長くなってしまいましたが、
今回は、冬の季語 「狸」 を載せてみました。
 では、また・・・・。
                 
       
広告
カテゴリー: 俳句・動物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「狸・タヌキ」 への14件のフィードバック

  1. Pu'uwai より:

    きゃーはははっははーーー たぬき可愛い!照れまんさんちは、たんたん たぬき タヌキ島だったんだ。 昔から狐や狸は里山に付き物だったんですね。 月夜に腹づつみ(腹つづみ、どっちかな?)よく聞きますね。照れまんさん、狸の写真よく撮れましたね。 子狸なのか痩せてますね。「ただ海を見たかっただけ貍の子   太郎   」  無心な子どもそのものですね。 狸の子じゃなくて人の子でもいい。「片方の靴なし貍また来たか」  これこれ子犬もよくやりますね。 靴やサンダルを噛んで遊んで「返して」って言うと一丁前に唸るんですね。中国では、体が温まると冬に犬を食べるそうです。「これは中個の食文化だ」 日本人が鯨を食べるようなもんですが「これは日本の食文化だ」 狸汁も犬肉とあまり変りなさそうですね。たぬき汁にしないでね。これを知って、三味線の為に殺生するのではなく余ったものを無駄なく利用しているんだと三味線の皮が気にならなくなりました。とんとんと三味線の皮たぬき汁  ぷうばい

  2. 照れまん より:

    Pu\’uwaiさん こんにちはー早速、ありがとう御座います。これはどうも 子狸 のよう。 ちょっと、怪我をしているようなのです。たぶん、犬か何かに追われ、親とはぐれてしまったのだと思います。それで、一匹が暫らく近所をうろうろしていたようですが、そのうちに見えなくなってしまいました。どこかに、行ったのでしょう。狸汁 って食べたことは無いのですが、少し臭みがあるので、味噌を入れて鍋にしますとか、書いてありますね。猪の方は すごく美味しいそうですけど、こちらも食べた事がありません。牡丹鍋ですよね。馬刺し は辛うじて 食べたことがあります。私の島は 狸が増えすぎて、業者に獲ってもらっています。業者はお金を貰って獲るのですが、獲った狸は暫らく餌を与えて飼い、毛並みが良くなってから、毛皮として売るそうです。では、また・・・・・。

  3. 小太郎 より:

    照れまんさん こんばんわー!狸が遊びに来るとはさすが名刹すごいね・・照れまんに写真撮られる狸も狸だあ~ね・・っとこりゃまた失礼!   裏山で狸囃しの笛太鼓  小太郎ところでさっき広島ホームTVで安下生の 千鳥別館 粟屋 が紹介されていた。知らん買ったヨ。快念寺の向かいあたりにあるらしい。そこで みかんなべ をやっていた。 みかんなべは道の駅の前の何とかいう店も、以前TVでやっていたが、、みかんなべを出す店は大島で11件あるんだと・・ なかなかがんばってるんだね~みんな。とりあえず また・・

  4. fujim より:

    「うわーーっ」 と慌てて撮ったにしては、 (1)番、 とてもよく撮れてるんじゃありませんか、 ほぼ真上からですよ! 狸はすぐに人懐っこくなりますね。  この辺りでも狸が出ます。 前の家のときに猫のエサを狙って毎晩やってきて、 サンダルはかじられたり、 それこそ片方なくなったりしてました。最初は逃げていても、すぐに、 少し追っ払ったぐらいでは逃げなくなり、 しかたなく外にエサを置くのを止めて来なくなったんですが、 写真も沢山撮りました。  ここの狸よりみすぼらしかったですよ~。「薬喰」という単語ははじめて知りましたが、 「薬と思って食べる」 とはよく言いますよね。少々不味くても 「くすり、薬、、、」 そう思って食べろ^^。  狸の味はどうなんでしょうね。「戸を叩く」 で思ったのですが、 昔の戸はよく風で、 まるで誰かがトントンとしたようなそんな音がしましたよね。今のように、 がっちりしたサッシ戸になると、 なぜかドンと大きな音が聞こえたりして、 聞こえた時には恐い。

  5. Jass より:

    こんな近くまで来るのね。 けど、野生の顔してるわ。

  6. 照れまん より:

            小太郎さん こんにちはーミカン鍋 ってよく宣伝したりしているけど、地元の人は食べたことが無いよね。洋菓子だけど、三蒲に 菓子の季 の支店があるけど、あの柳井の「菓子の季」 はインターネットで売れた洋菓子の日本一になってたらしいよ。ザッハトルテ というチョコレートでコーティングした丸い洋菓子だけど、すごい人気があるらしい。広島の銘菓 極楽たぬき って知ってた??広島に住んでいても 知らなかったんとちがう??       裏山で狸囃子の笛太鼓    小太郎この句、なかなかいいよね。小太郎さん、これは小太郎さんの 二句目 の作だから よく憶えといてや・・・・・。

  7. 照れまん より:

               fujimさん こんにちはーカメラを持った時は、スイッチを入れて、オートにしとかんといけませんね。最初の写真は タヌキを見つけた瞬間に、カメラの電源を ON にしたんだけど、セットが晴れの日 になっていたので、残念でした。曇りでなくても、せめて オート にしとけば もう少しいい状態で撮れたのに・・・・。それでも、ぎりぎり 真下を走っているのには 一枚だけ 間に合いました。我が家は、昼間ものすごくいい天気で晴れていて、それで夜になると、時々はっきりした音で ミシミシ ミシミシ と響きます。おお~っ、大丈夫かと 思いますが、木が縮んだり、伸びたりしているのでしょうね。木って 生きているのでしょうね。ではでは、また・・・・・。

  8. 照れまん より:

           おお~~っ、 jassさん お久しぶり~。元気にしてますか~。すごい、田舎でしょう。庭にタヌキが来るのですから・・・・。このタヌキは 子ダヌキ では無いかと思います。ちょっと怪我をしているようなので、野犬か何かに襲われて、親とはぐれてしまったのだろうと思います。疲れていたのか、庭の隅でじ~~としていたので、そろ~っと近づいて 撮りました。時々は そちらのコンサート情報も よろしく お願いします。

  9. fujim より:

    こんにちはー 非常識なfujimです。常識がないのでマジでお聞きします。  国母選手、 モチロン今まで全然知らない選手ですので、えこひいきでの乾燥、感想ではありません。  飛行機を降りるときの服装、 ネクタイを緩めた服装ではいけなかったのですか?「いいんじゃないの?」 とニュースの間に、 2、3回言ってしまいました。確かに私は ときどき常識を逸したところがありますので、 この際、 皆さまのご意見を訊いておきたいと思います。日本を背負ってる時には、 あんなラフな格好ではいけなかったのでしょうか?  私には、こんななんとも知れないところで押さえ込むから、 ダメなんだ~~! としか思えませんでしたが、 極、 常識的なところをよろしくお願いします。ほかに訊いてみる人が居ないモンですみません、 ここでコメントさせてもらいます。 正直なところを、 お暇な、 無理のないときに  ・・・・・やはり、服装はチャンとしてないと・・・・ねぇ??^^;;あ、狸と関係ないことで・・・メンボクナイ><。  片方の靴なし狸また来たか これは、火曜日か水曜日? と思ったのに、金曜日!  とかなんとかも付け加えないと・・・ これではカバーできないか^^ゞ。 子だぬき たしかに元気ないですね。  普通なら野生だから、痩せてはいてもきびきびしていますよね。

  10. 小太郎 より:

    こんばんわ~小太郎です。そういや朝、開会式に出られないスノボの選手のニュースをチラッと見ましたが、なんか歯切れの悪いコメントしてましたね~ありゃダメですぃね・・悪いと思って反省する態度を見せるなら、最初からするなって思いますね~自分のスタイルで通したいなら通せばいいんですよね。 競技も不参加で帰国すべきでしょう・・・以前の亀田兄弟と一緒です(以前は人を馬鹿にした態度だったが、最近はマシになっている)。スノボだけの大会ならまだしも、オリンピックは日の丸を背負う重みがあるんですよ!私はおおむね やくみつる の意見とsameですね~いつも。すんませ~ん・・fujimさんの意見に逆らうようで<>・・とまた、 ”これは、火曜日か水曜日? と思ったのに、金曜日!  とかなんとかも付け加えないと・・・”って意味分かりましぇ~ん。ま、わたしには関係ないけど・・・

  11. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー国母 選手 有名になりましたね。このことについて、「北の国から猫と二人で想うこと」  さんが かなり辛辣なコメントを書いておられます。税金を使って、あんなエチケットすらないような人間を外国まで出す必要は無いと・・・・。それは同感で、全くその通りなんですけど、ワタシは全く別の考え方です。前回トリノオリンピックの時、行く前のスノーボードの選手の記者会見にはぶっ飛びました。自分達は金メダルを撮るのが当たり前・・・・・、  みたいな事をラップで歌ったりしていました。    なんだ~、こいつ等は と言う感じでした。それが、競技が終って帰って来た時の記者会見は殆ど何も喋られず、ただただ うなだれてました。普通の青年でした。私の地方の言葉では  ホンシゴ入れられた・・・、と言う感じです。世界のレベルの高さ・ワザの習熟度・高さ・完成度・精神力、どれをとっても日本選手は最悪。全員予選落ち、しかも結果なし に終った選手もいました。    こんなはずじゃあない   ですよね。それによって、彼らは勉強した事も多かったのではないでしょうか。世界大会で勝つ ということと、オリンピックに勝つ ということは全く別物です。世界大会には出てこないような、プロの選手がオリンピックには勢ぞろいする訳ですから。スノーボードの選手は あのレゲエみたいな格好や 不遜な態度・反社会的とも思えるような言動が、彼らのスタイルなんですよね。一応制服を着ているだけでも、彼らは相当妥協してくれているのです。ワタシは、若い時って、怖いもの知らずの横柄さがあってもいいと思っています。スポーツをやっているだけでは、とてもオリンピックに出られるようにはなりません。何度も何度も転びながら、怪我をしながら必死でワザをマスターしているのですから。駅にたむろしている若者とは、違うと思います。だから、取り立てて 服装を指摘することも無いと思うのですが、・・・・・。制服を着ていますので。長野オリンピック の時、里谷多英選手が金メダルを取りましたが、その時 メダル授与式の時、国旗掲揚で帽子を被ったままだった、と言うので外国から批判を受けました。折角の金メダルが、後味の悪いものになってしまいました。しかし、日本の教育は 国旗掲揚すらしないような国です。だから、仕方のない面もあるのですよね。それに屋外だし、寒いのと嬉しいのとで舞い上がってしまって、ついつい忘れていたのでしょうけど。とんでもないことになってしまいました。書き出すと長くなりそうなので、とりあえずこれくらいにしておきますが、オリンピックって 色々なドラマが生まれますよね。いいことも悪いことも、・・・・・。だから、面白いのですよね。これでは答えになっていませんね。

  12. fujim より:

    よく知らない者が、何やら分らないことを言うのは止めよう、削除だと思ってきたら、遅かりし、^^ もうご意見が入ってました。小太郎さんの意見で想像するに、制服を着たからにはたとえ、式ではなくても、どこであろうとネクタイを緩めるようなことはしてはいけないと、決まってたわけですね? すんません、そこのところを全然知らないで言ってますんで、早速、ありがとうございます。 <(_ _)>

  13. fujim より:

    前のコメント投稿とと同時に照れまんさんからも コメントが入っていまして、さっそくありがとうございます。 感謝いたします。>あんなエチケットすらないような人間を外国まで出す必要は無い< という意見は、 本人向けではなくて、その人を選んだ人向けの意見ですね?  そう思えば、そういう人を選んではいけないことですね?レゲエみたいな格好がいけないのなら、 最初から選んでないはずですよね?  選ぶときにはそれでよかったけど、いざ行くときにはこれではいけないと言うのであれば、 選んだ人が、 責任持って本人に前もって言うべきですね? もし、私だとしたら、言われなければ分りません。  もし私だったら、 たぶんキンチョウして、ネクタイなど緩めたりせずにきちんとして飛行機から降りたでしょう。  それは単に日ごろからそんな感じだからです。  でも私が日ごろから、ラフな格好が普通で、普通に生活しているのであれば、 言ってもらわないとわかりません。いやー、すみません。  こんなことをこんな場違いなところに書いてしまって><。スノーボードの選手だったのですか、 そんなこともはっきり知らない状態で 軽はずみなことを書いてしまいました。前回トリノオリンピックの様子、覚えています。 >それによって、彼らは勉強した事も多かったのではないでしょうか<全く同意見です。  私たちが選んだ彼らは、 このオリンピックで成長したにチガイナイ、、、それではいけないことだったのでしょうか。  はっきり言って私は、金をいくら取るかということに余り関心はありません。多く取れれば、 お~~!と、 拍手もしますが、 4年に一度と言う 「世界の祭典」 に興味があるのです。でも、重ねて申し上げます。  こんな場違いなところで意見を聞いたりしまして、申しわけありません。貴重なご意見、ありがとうございました。   お邪魔しました~~。

  14. 照れまん より:

            fujimさん こんにちはーバンクーバーオリンピック、 國母選手 惜しかったですね。今朝のテレビで、國母選手の問題が起きた時、街頭でアンケートをとったら 100パーセントの人が、空港での服装や態度が悪いと思うと言う答だった。それが、試合が終ったあと、同じ場所でアンケートを取ったら、今度は 70% が あの服装はいいんじゃないかと答えたそうです。みんな、いい加減ですよね。マスコミに踊らされています。私としては、少なくとも銅メダルくらいは 取って欲しかったのですが、残念でした。冬季オリンピックの種目は まかり間違えば 大怪我や命を失うことがありますからね。そのくらい危険な競技を必死で練習している人達です。ジャンプ や 滑降、アルペン、モーグル などのスタートラインに素人が立ったら、怖くて足がすくんで、全く動けないと思います。アメリカのスポーツ記者の日本のメダル予想が 3個 。高橋選手がフィギアで銅を取ったので、3個にはなりました。なにはともあれ、よかったです。そういうことで、また・・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中