照れまん君の花 「ジャーマンアイリス」

       ジャーマンアイリス
           (1)
        
                         2009 05 11
 ものすごく背が高くて、豪華で美しい花。
70cm~1mくらいあり、とても目立つので、すぐに解ります。
我が家のお隣に沢山咲いているので、名前を聞いてみたのだけど、
名前は知らないと・・・。
 そこで、他の人にも聞いてみたが誰も知らなかった。
この植物は冬にも枯れないし、何の手入れもしないのに、毎年春過ぎ
から初夏に掛けて、 きれいに咲いてくれるようです。
            (2)
        
  白と紺が美しい ジャーマンアイリス プラウドトラディション だろうか?  2008 05 06 
   被子植物門・単子葉植物綱・ユリ目アヤメ科・アヤメ属   
                 ジャーマンアイリス
   学名 : Iris germanica  L(1753)
   英名 : Tall  Bearded  Iris    (トール・ベアデッド・アイリス)
   独名 : Deutsche  Schwertlilie
            原産 : 地中海沿岸
 日本では、「ジャーマンアイリス」の他、「ドイツアヤメ」・ヒゲアイリス」・
レインボーリリー」 と呼ばれている
            (3)   ジャーマンアイリス系 白い ニオイイリス
        
   ニオイイリス の奥に  紫木蓮が見えます       2008 04 22
 ジャーマンアイリスと 他のアイリスの見分け方は、まずこちらの
ジャーマンアイリスは背が高いこと。それに、他のアヤメなどが球根
で増えるのに対して、こちらは根茎で増える。
 アヤメなどは湿地帯を好むがこちらは乾燥した土地を好む
それともう一つ見分けやすいのは、大きな外側に垂れた花びらの内側
に毛のようなものが生えている。下の写真を見て頂くと解ると思いますが、
黄色の花びらの中央部分に黄色の毛のようなものが見えます。
この毛により 「ヒゲアイリス」 と呼ばれるそうです。
            (4)
                                                    黄色        2008 05 06
 アイリス の最初に出てくる記述は、3500年以上前の古代エジプト
そうです。古くから地中海沿岸にはあったようです。
 最も古い絵に書かれたものは、BC1500年頃 クレタ島クノッソス宮殿
に描かれたもの。ジャーマンアイリスが描かれているそうです。
その後、ギリシャ時代(BC371~BC287) アイリスの名前が世界に
広がっていったそうです。
 ギリシャ時代には、花より根茎の香りに関心があり、香料の原料として
取引されていたそうです。
             
            (5)
        
                ピンク      2009 05 03
     ギリシア神話では、虹の女神『イリース』は、ネプチューンの息子タナウス
と人魚の間に生まれた。彼女はゼウスやエラに仕え、虹の橋を渡って地上
に来ては寿命を終えようとする人々の魂を、再び虹の橋を渡って帰り、
神々の住むパラダイスに運んだ。イリースの歩いた後には アイリス の
花が咲いた。このことから、アイリスは永遠に続く生命の象徴として
ヨーロッパの人々に愛されるようになった、と言うことだそうです。
        (6)
        
    山吹色と茶色  ジャーマンアイリス・ダズリングゴールドだろうか?     2009 05 06
 ジャーマンアイリス のことを調べていると、ジャーマンアイリスという種
自然界には存在しません。ドイツとも関係はありません と書かれて
います。
「え~~っ、どういうこと!」 と訳が解らなくなってしまいます。
私は、「ジャーマンアイリス」と言うからには、ドイツに古くから生えていた
アヤメか、ドイツで品種改良された品種ではないかと思いましたが、どうやら
違うようです。
 ジャーマンアイリスは、色々なアイリスを掛け合わせて作られた、人工交配
種らしい。だから、自然界には存在せず、ジャーマンアイリスとい自然種は
無いということなのですね。
             
 ギリシャ時代に人気の出たアイリスはその後の記述では、1500年代に
フランスの植物学者によって書かれているらしい。
 その後、1700年代、スエーデンの植物学者 リナウス氏により、研究
分類されたらしい。
 リナウス氏 って誰?
            (7)
        
                2008 05 03
 Carolus von Linnaeus カルロス・フォン・リナウス  これはラテン語
表記。 (1707~1778)
 Carl von Linn (Linn の二つ目の n には、上に点が付いています)
リナウス氏というのは、あの有名な リンネ氏のことだったのですね。
 リンネ氏は、世界中のあちこちから2000種類ものアイリスを取り寄せ、
分類したそうです。
 その中に、たまたま ドイツから運ばれてきた アイリス があり、それを
ドイツのアイリスだと思い込み、分類上の学名を イリス・ゲルマニカ とした
そうです。
   学名 : Iris gerunica L   ゲルマン は ジャーマン
      
 その後の分類も ゲルマニカ が使われたため、ジャーマンアイリス
名前が使われるようになってしまった。
 (別サイトに、ドイツ文目というのがあり、これを掛け合わせて作られた、
と言う記述もありますので、全くドイツと関係が無いことも無いのかも
  知れません??)
 日本には、19世紀に入ってきたようです。
 学名をそのまま使い、ジャーマンアイリス と呼ばれるようになったようです。
          
            (8)
        
             2008 05 06
 日本では ジャーマンアイリス と呼ばれていますが、欧米では、
べアデッドアイリス(ビアデッドアイリス)と呼ばれているそうです。
その中でも特に背の高いもの、いわゆる日本でジャーマンアイリスと
呼ばれている70センチ以上の物を トール・べアデッドアイリス と呼ぶ
そうです。
            (9)
        
              2008 05 16
 私は最初、このアイリスを写真に撮った時、名前が解らないので、パソコン
に取り込む時、フォルダ名を 「コンドルみたいな1mくらいの花」 と書いて
いました。
 もし、下の花を最初に見たら、きっと 「マンとヒヒみたいな花」 と書いたで
しょうね。
         (10)
        
                    2009 05 11
    俳句では、「あやめ」 や 「杜若」(かきつばた) ・「菖蒲」(しょうぶ)・
アイリス」 がそれぞれ独立した季語として、別々に掲載されています。
記述もかなり長く、俳句も沢山載っています。
 どれも、「夏の季語」 に分類されています。
 ここでは、ジャーマンアイリス ということで、花の紹介だけで、今回は
俳句は載せません。
 あやめ や 杜若 菖蒲 アイリス は別の機会に、俳句歳時記を載せ

てみたいと思います。

花言葉を調べると、サイトによって違うので困ります。誕生花も日にちが

違っているので、どうなんでしょう?それを書いてみます。
  誕生花 : 5月29日、6月29日、7月6日 があります。どれが正しいの??
  花言葉 : 「焔」・「使者」・「燃える思い」・「恋の便り」・「豊満」・
「よろしくお伝え下さい」  何故、サイトによって違うの???
           (11)
        
      ジャーマンアイリス系 背丈の低い早咲きの品種            2009 04 14
 ジャーマンアイリスの花びらは、上に3枚、下に3枚見えます。
いわゆる花弁は上弁3枚下弁3枚
 オシベは下弁のヒゲの部分の奥から上に伸び先に花粉が付いています。
メシベは花の中心部より小さい花びらのような柱頭が3つ出ています。その
中にメシベが3つあるようなのですが、はっきりとは解りません。
 下の写真は、真上からパチリ!
        (12)
        
                 2008 05 15
 「 いずれが菖蒲か杜若 」 美人の喩えに アヤメとカキツバタはよく
使われます。そのくらいすらっとして美しく、優劣が付けがたいというの
ですね。誰かさんと誰かさんみたい?
 私の廻りは、「いずれが アバタ か カイモチか?」 と言う感じ!
カイモチって解りませんよね。昔の田舎の食べ物で、もち米に芋やヒエ
などが入ってた柔らかいお餅。箸で切れます。
 最近復刻版が道の駅で売られているらしい?
   ―もしもし、話がアイリスしてますよ~!―     アヤ・メー 失敬!
 
 それにしても、アヤメもカキツバタもよく似ています。
その他にも 一初(イチハツ) 、ショウブ などみんなそっくり。
私にはほとんど違いが解りませんが、そのうちしっかり調べて、俳句と
写真を載せてみようと思っています。
          (13)
          
                    2009 05 01
 近所の裏の畑にジャーマンアイリスがありますが、ざっと見ただけで
4~5種類の花の色が見えます。とても色が豊富で美しい。一体、どれ
くらいの品種があるのでしょうか?
 以前はイギリスで品種改良が盛んに行われていたようですが、最近は
アメリカで人気が高く、アメリカで新しい品種が続々と作られているそう
です。
 上弁と下弁の色合い、上が薄くて下が濃い、上が濃くて下が薄いなど
花弁の形など、色々な組み合わせにより、いくつかの品種の系統に分け
て分類されているそうです。
 
 では、このあたりで、最期の写真にします。
 葉っぱが写っていなかったので、葉の写っているものを。
 葉はやや白っぽい淡い緑色の物が多いようです。
          (14)
          
                    2009 04 15
 ジャーマンアイリスは調べれば調べるほど難しく、解らないことが沢山
あります。古い時代には何と呼ばれていたのか、その後は何と呼ばれ
ていたのか?古い時代に自然交配していたのか?背の低いジャーマン
アイリスは何と呼ばれているのか??
 何分、植物素人でして、そのあたりのことは、よく解りませんでした。
ここに書いている事は、一応調べて書いてはいるのですが、多少の
間違いがあるかも知れません。その時は謝ります。
 教えていただければ、正しく訂正させていただきますので・・・。
                   ヨロシク!
       ジャーマンアイリス高さ競うは人なりき  照れまん
 今回は、 虹の花     と呼ばれる 
 ジャーマンアイリス を載せてみました。
        
広告
カテゴリー: パーマリンク

照れまん君の花 「ジャーマンアイリス」 への16件のフィードバック

  1. fujim より:

    ウヒャ~~  「若竹」 と 「若草」 は違うんですかー!  同じ様なモンだと・・・・  どこが同じじゃ、パチコン!☆!こそっと やり直しておきました。  ありがとうございまスミダ・・・照れまんさん きれい、きれ~い!!   空の色の中で白と紫がとてもきれいですね。 それにやっぱり、寝転んで撮ってるんですかぁ!?  白い飛行機雲の虹もかかってる・・・^^。きれいだし、 沢山の種類を網羅してますねぇ~。  白が印象的、 下弁の紫とのはっきりした違いも印象的ですし、同色の濃淡で仕上がったものなど、 いろいろあるんですね。相変わらずフォルダのネーミングが面白~い!  ということで、 また・・・・・!!

  2. 照れまん より:

           fujimさん こんにちはーやっと、念願の・・・・・・、 と言うほど大げさなものではないのですが、ジャーマンアイリス を載せることが出来ました。とっても奇麗な花でしょう。近所の人は、みんな花は知っているのに、名前を知りませんでしたよ。背が高いので、真上から撮ると、全くモニターは見れませんね。当たるも八卦、当たらぬも八卦 で何枚も撮りました。真下からも撮る時も、同じくです。結局大した写真にはなってないのですけど・・・。若竹 って 円楽さんが作ったビル で 若草 は 物語?   コラコラ!やっぱり自分が見ていた 若草山 は合っていたのだ。今日見たら、若竹山 になっているので、わたしゃあ 目が悪いので 間違っていたのだなあと反省してましたよ。よかったよかった。ということで、こちらも 誤字脱字、間違い がありましたら、ヨロシク!

  3. Pu'uwai より:

    照れまんさん めっちゃきれい! 種類多いねぇ~! よくこれだけ様々の色を集められたねぇ~!一初イチハツとジャーマンアイリスの違いってよく分らないけど、昔貰った花で、「一初よ」と下さった花があります。ジャーマンアイリスがまだ無かった頃だから、間違いなくイチハツなんだけどネット検索するとイチハツは青紫色となっていて微妙に違います。うちのは濃い紫と白の2種類 花はそっくりでもジャーマンアリリスのように背が高くなりません。咲くのも1月くらい早いです。 今終わりかけているけど明日晴れなら写真撮ってみるね。また、後で来ますね。 

  4. 小太郎 より:

    照れまんさん こんばんわ~うーん、こんな花の写真が山ほどPCに詰まっているんだな~いなかの畑のなんでもない風景なんだろうが、こうして花をクローズアップすると Beautifulというしかない。例によって講釈は斜め読みしているので・・またゆっくり読むとして・・わたしゃまず写真のバックが気になるんよね~ あれはどこじゃろ?ってね。(6)の写真は妙見側から神社に上がる石段?宮下からの参道じゃないよな~いやいや、妙見側からの道に鳥居はなかったし石段もなかった。じゃ宮下か~??(7)(8)の写真は照れまんちの裏かね?今は裏手に車が通れる道ができているんだよね。(8)は私の実家の丘の上の道によく似ている・・悪い悪い・・花を見んかい!!ってね~~(1)もいいけど(12)の写真が好きだね~ 葉の緑と白と青紫の花びらのコントラストがいい。(1)と(14)も青空に花がよく映えている。 背の高い花を表現したんだろうか?それにしても、fujimさんが言うように寝転んで撮ったんかな~ 背中が泥だらけになったじゃろうね~また 講釈じっくり読んでから出直そう。

  5. 照れまん より:

              Pu\’uwaiさん こんにちはー二児の母 。二児の父。  三時のあなた、もしもし!そういえば、  Pu\’uwaiさん も fujimさん も 小太郎さんも みんな二児の親?偶然だね!もしもし、違うでしょう?  虹の花 、そうです、これです、虹の花!本当に きれいな花 ですね。色合いが絶妙ですよね。1枚目・2枚目の 紺色と純白 なんか 、どうしてこの色の組み合わせが出来たんだろうと、ただただ感心するのみ。紫色の花もあるのですが、私のカメラで撮ると、何となく青っぽい紫色になるのです。どうしても見た目と同じ紫にならないのです。それが、最期の14枚目の紫です。ちょっと、逆光気味にすると、色の違和感がなくなるので、下から撮った写真を載せてみました。 Pu\’uwaiさんの昨年のコラージュ も見に行きました。紫の濃い色がよく撮れてますよね。今年の 虹の花 新しいカメラで 楽しみが膨らんでいます。ではでは、また・・・・。

  6. 照れまん より:

              Haw小太郎さん こんにちはー公爵の照れまんです。 え~~、違う?? 講釈タレの照れまんです。 そうそう・・・。花に愛情を持って写真を撮っている 照れまんです。小太郎さんは  Naoチャングムや Naoチャングム・ドーター や 孫チャングム に 愛情を持って撮っときんさい!それが、一番じゃけいねえ。6番は 当たり!  宮下の Nonnchi の家の横。畑の中じゃけえ、黙って こそっと撮らせてもらった。Nonnchi のお父さんは 一緒に入院しちょった事があってねえ、同じ部屋じゃった。それが、お父さんは すごい猫舌 なんよ!朝食の味噌汁が運ばれてくるわけ。お母さんが付き添いについちょるけえねえ。お母さんが、はい朝ごはんですよ て サイドテーブルを前に出して、その上にお膳をのセルンよ。病院側としては できるだけ暖かいものを出すように 色々工夫しちょる 訳よね。ほんで、味噌汁を一口そそるわけよ。そしたら、 「 アツ~~ッ!バカタレー、こがいな 熱いものが 飲めるか~!」て お母さんを叱りあげるんじゃけエねえ。やれんようねえ。ほんで、次から、お母さんが 味噌汁を口にお含んで、温度を見るわけよ。そしたら、食事が足元に来ちょるのに、お母さんが冷めるまで 中のほうにサイドテーブルを入れんわけよ。目の前にお膳が出ているのに お預けようねえ。そしたら、またお父さんが 怒るんよ。はよせ~、何をしようるんか~。持ってこい~。 て、ぎゃあぎゃあいうんよ。ほんで、おかあさんが しょうがなしにテーブルを近づけると 、味噌汁を飲むと また 「熱~~~ッ、こがいな 熱いのが飲めるか~!」って。お母さんが、ほんじゃから私が冷ましようるのに・・・。  バカタレ~、わかっちょらあ~。わたしゃあ、毎日 げらげら 笑うとった。昔の 男 って みんなああじゃったよねえ。Nonnchi のお父さんも もう亡くなったけど すごく囲碁が強かった。そんなこんなで、また・・・・。

  7. 照れまん より:

    皆様 こんにちはー突然ですが、今日 20時半過ぎ 皆様に大変お世話様になっておりました 照れまんさんが 元気に夕食を食べていました。こらこら、違うでしょう?そうそう、突然ですが、今現在 照れまん君の ブログのアクセス数が 59925件を越えました。もうちょいで 6万件に達しそうです。これもひとえに 皆様のおかげです。厚く御礼申し上げます。

  8. fujim より:

    照れまんさん ナニナニ!?  元気に夕食を食べていた?ということではないんですね。  突然びっくりするではないですか~~。6万件になるんですか~!  いつやらおめでとうとやったのは、あれは2万件でしたっけ?  嬉しいことですね。毎日何十人もの人が見に来て下さるなんてね、 ホントに嬉しいことです。  感謝感謝ですね。ところで、 照れまんさんが歩き回ってるのは、 本当に向こう十軒両隣だけですか~?!ナンの花のときでもたいてい、  何種類も取り揃えて見せてもらえますよネェ・・・  今回もいろんな種類の色が揃ってます。大島の人たちはみなさん、 いろんな種類を咲かせるのが好きなんですかネェ。名前を知らない人が多いところを見ると、 ずーっと咲かせ続けるので、 意識しなくても混ざって自然に増えていってるんですかネェ^^。

  9. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはーありがとう御座います。今日午後、無事 出産??   こらこら、違うって・・・・!今日午後、無事 アクセス数 が 60000件 を突破しました。これもひとえに 皆様のおかげです。ありがたいことですねえ。ただ寝ているだけの人生だったのに、こうして大勢の人に見ていただけるなんて、・・・・。自分では、ブログの記事すら書けなかったのに、隔世の感ですね・・・、なんて。本当にありがたいことです。人に見て頂けるなんて、初めのうちは 思いもしなかったですからねえ。fujimさんにも 相当に見ていただきましたね。ありがとう御座います。これからも、よろしくお願い 致します。

  10. fujim より:

     ☆60000個出産おめで・・・・・チガッタチガッタ卵じゃないんだから  ☆60000件突破 おめでとう!☆ これを何時何分に入れようかと、秒読みしてたんですよ。 午後でしたか、早かったですねぇ^^。誰かに見てもらえるってうれしいですね。 それも自分の知らないところで、いつの間にか見てもらえてるのがいいですね。自分の書いたものを見てくださいとノートを渡したりは、 恥ずかしくてとても出来ませんよね。  恥ずかしいけど、見てもほしい。その条件をクリアしてるのがブログですね。 人生が終わってしまう前に、 ブログのようなものが現れて本当によかったかもです。なかったら、 こんなに離れていて 今まで知りもしなかった皆さんと 知り合うことなどなかったんですよね。  うれしいことです。いつまでもブログを楽しんで続けられるぐらいには、 健康でありたいですね。 ジャーマンアイリスは、 青紫の中によくあんな純白が! と感心することしきりなんですが、 もう一つ気に入ってるのが(4)番の黄色。照れ仙人さんが 喜んで相好を崩した顔を、 「友達の輪」 ってしてる間から覗かせてるようじゃないですか~!~ 見る度にコッチまで相好を崩してますよ^^  本当は 「ヒゲアイリス」 だから てれひげじい と言いたいところですが、爺とはなんじゃ爺とは! と言われそうなんで・・・^^ゞ。   その下の(5)も(6)も かわったいい色ですよね。1mもあるんですね、 大きいですよねぇ・・・・「 いずれが菖蒲か杜若 」  ちなみに私なんか、 いずれが カボチャか南京か?? と言われてきましたよぉ ><ゞあははは

  11. Pu'uwai より:

    6万円突破、、、、6と00と00と 60,000件突破おめでとうございます。あと75件、私がキリ番を踏もうと頃合いを計っていたのに早かったですねぇ! 人気の照れまんさんですね。fuさん健康でいつまでもブログを楽しみましょう。おばばは今日ショートから帰りました。 送迎の運転手さんが「トミ子さんうちに帰るよ」って声をかけたら目をあけてにっこり笑ったって話してくれて胸がつまりました。あんなにボゴづかれているのに家がいんですね。(ボゴづいてるのは娘じゃけど) おばばも長生き、みんな、みんな長生きしましょうね。イチハツ、写真に撮りました。文目より大きくジャーマンアイリスより小さい中間 草丈は文目で花はジャーマン似かな。(3)の白い花はイチハツそっくりです。記事を読んでいて、ジャーマンはきっとこのイチハツから品種改良されたのだろうなって気がしました。ジャーマンとかダッチとかに惑わされて、ドイツのあやめだと思ってたのよね。ドイツ関係ないんだ。

  12. 照れまん より:

    fujimさん  Pu\’uwaiさん こんにちはーいずれが アヤメ か カキツバタ のお二人様、 ありがとう御座います。立てば芍薬 座れば牡丹、歩く姿は 百合の花 のような、お二人に見守られながら、 どうにかこうにか続けることが出来ました。日記のように書けばいいのに、人の日記を読んでもしょうがないよね、と思い、ごちゃごちゃと描き綴っています。大体一ヶ月に 四つ アップしようという感じでのんびりと書いています。ブログを作ってくれた離心円さんが 最近音信不通なので、どうしているのかなあと思うのですが、きっと忙しく、あちこち飛び回っているのかなあと思ったりしています。メールの仕方も知らず、やっとメールが出来るようになったら、ブログ作ったよ!見に行って・・・・って。ブログって何よ! と思いながら、自分のブログを見に行っていたのが、懐かしいですね。ブログの記事をどうやって書くのか知らないので、困らせてやろうと 滅茶苦茶長い文章を書いてメールしてたら、誤字脱字を校正するのが大変なんだから・・・・、とか、書かれていましたね。それが、いつの間にか ブログを楽しむようになってしまって。私なんかは、ブログを楽しむ と言うよりも コメントを楽しむ と言う感じが強いかなあと思ったりしています。まあ、そんなこんなですが、コメントに言いたいことを ズケズケ と書いて、後でしまった、と思うことも多々ありますが、お二人様は許して下さるだろうなと、甘えさせて頂いております。これからもヨロシク お願い申し上げます。           八重桜心二十歳のままにして     照れまん

  13. 小太郎 より:

    照れまんさん こんちわ寒の戻りからようやく脱したような気持ちいい朝ですね~いや~60000件おめでとう! とりあえず節目だからね。 まだまだ一里塚ですから頑張らんと。照れまんが3年前からブログやってるとは知らんかったよな。考えて見りゃ、親父の一周忌のあと、(2006年春頃)そこに寄った時にはブログの話は無かったし、パソコンのパの字も無かった。 パソコンが無かったらデジカメもまだだったんかね?そのうちブログ上で 照れまん句集を・・と期待してるんですがね~もう俳句ノートも何百冊になってるんじゃないの?てなことで 今日はmionに遊んでもらいに出かけます。 んちゃ。

  14. 照れまん より:

     Haw小太郎さん こんにちはーまさか、ブログを始めて こんなに多くの人に見てもらえるなんて、思ってもいなかったよ。ありがたいことですね。それがだねえ、段々と俳句を真面目にやらんといけんようになってきて、困った困った コマドリ仕舞よ!今までは、適当に作っていたのに・・・・。いい加減でよかったのだが、そうはいかなくなってきてしまって。俳句もネタ切れでねえ。新しいのが出来ずに困っています。みんなのブログを見に行っては、ネタを仕入れようという感じかなあ。そんな感じなので、これからもヨロシク・・・・。

  15. fujim より:

    うっくっく蝶々の旦那!  雨が降っていつまでもお寒うごぜえます。  いえね昨日、今年初めての蝶を撮りまして、えっへっへ初蝶と言うにはちょい遅いですがネ。   ま、ありきたりのベニシジミとモンシロチョウ、 心二十歳のままに思わず、 小太郎君のように追っかけようかと思いましたが^^ あっはは 二十歳にゃチョイとアイがある・・・・・  え~ おじゃましました~~~~  写真が溜まるばかりでブログにはならないんで、 ちょっとここに溢しとこうと思ってですね・・・・^^ゞ

  16. 照れまん より:

              fujimさん こんにちはーついに 初蝶を撮りましたか。おめでとう!ブログにアップするのを 待っています。わたしの方は 今年はなかなか 蝶が撮れずにいます。今は、カメムシ に首っ引きです。じゃ・・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中