照れまん君の花 「鬼百合」

          鬼百合
 6月13日 に、このブログ記事で
 「この植物はなんでしょう?」 というのを載せました。
 葉っぱの付け根に、茶色の玉のある植物。下の写真。
        (1)       
        
            2010 06 08
    この植物の茎の先に小さな蕾が付き、次第に大きくなり、なんと花
を咲かせてくれました。
 我が家の庭に初めて咲いてくれた、花です。
              
 まずその写真を見て下さい。
            (2)
        
         2010 07 27
 どうやら、これは 鬼百合 ですね。間違いないです。
   ユリ目・ユリ科・ユリ属      オニユリ    鬼百合
   学名 : Lilium lancifolium
    毎年雑草だと思って、引かれていたので花を見たことがなかった。
今年はこの草だけは引き抜かないように頼んでいたので、一本だけ
残してくれていました。
 それに、7月6日 2cmくらいの小さな蕾を発見。
 下は翌日撮った蕾の写真。
       
            (3)
        
           2010 07 07
 この小さな蕾が段々大きくなっていきました。
 約7~8cmに伸びた所。
        (4)
        
        2010 07 15
 蕾が大きくなって10cmを越えると、ほんのりとオレンジ色をして
きました。
        (5)
        
        2010 07 25
        
 もうすぐ開くなと毎日何回となく、見に行っていたのです。
そしたら、7月27日。
この日は朝早くから、庭の草引きをしてくれていたので、ちと
やばいなあと思いつつ。草引きが終った後、行って見ました。
そしたら、見事に花は開いていましたが、草引きの時に花に
当たったのか、花びらが2枚ほどは落ちていました。
でも、立派な花が付いていました。
 鬼百合に間違いなし。
そっくりな花に 小鬼百合 というのがあるらしいのですが、こちら
は葉の付け根に むかご は付かないそうなので、これはやはり
鬼百合です。
        (6)
        
         2010 07 27
 我が家の庭は栄養不足なのか、ヒョロとして地面に倒れ掛かって
います。
 俳句では 「百合」 は 夏の季語
それから、葉の付け根に茶色の玉ができていますが、あれは
零余子」(むかご) 又は 「球芽」(むかぶ) とも言い、秋の季語
になります。
 百合 も 零余子 もまた俳句の記事をきちんと書いて載せようと
思いますので、その時はヨロシク。
            (7)
        
        2010 07 27
 皆様から、鬼百合ではないかというご意見を頂いておりました。
ありがとう御座いました。
 花が咲いたら、はっきりと 鬼百合 と言うのが解り、すっきり致し
ました。
我が家の名前の解らない草、葉っぱの付け根に茶色の玉のある
草なので、通称 ハナクソクン と呼んでいましたが、名前がはっき
りと解りましたので、これから 鬼百合」 と呼ぶことが出来るよう
になりました。
        (8)
        
        2010 07 29
 それから、色々なサイトで調べていたら、広島の人の植物図鑑に
山口県周防大島に鬼百合の群生地がある、と書かれていました。
私は周防大島に住んでいるのに、全く知りません。
いつか、誰かが鬼百合の群生を撮ってくれるかも知れませんので、
その時を楽しみにみにしています。
 もし、もう一度、鬼百合を撮りましたら、その時にもう少し詳しく調べ
て載せてみたいと思います。
 今回は、我が家の庭の片隅に、たった一輪咲いてくれた鬼百合
以前名前を聞きました答として、取り急ぎ書きましたのでこれで、
失礼致します。
 では、また・・・・・・。
広告
カテゴリー: パーマリンク

照れまん君の花 「鬼百合」 への9件のフィードバック

  1. 照れまん より:

    Pu\’uwaiさん こんにちはーあの ムカゴ の植物に花が たった一輪だけ咲いてくれました。ピンポン・ピンポン   Pu\’uwaiさん 当たり  大当たりです。 確かに 鬼百合ですね。 間違いないでしょう。大当たりの  Pu\’uwaiさんには 賞品として 猫の目薬を 差し上げたいのですが、残念ながら近くに獣医さんが居ませんので。お言葉だけですが、   おめでとう・・・・!!早速、写真を載せて見ましたので、見てみて下さい。とりあえず、ありがとう御座いました。

  2. 小太郎 より:

    ありゃりゃ、猫が・・鬼ゆりになっとる!@@!猫の話をしようと思ったが、ゆりの話は・・と、、昔、ゆりちゃんて名前の子がいたよね~何ゆりちゃんじゃったっけ?・・絶対おったよね、ゆりちゃんていう名前の子はたいていかわいい子だったと思うが・・いやー思い出せん!そういやーこの頃見ますよ鬼ゆりの花。普通の家の軒先とか庭先とかに咲いているのを、、一枚目の写真をちょいちょい見たのと同じような感じに・・鬼ゆりってこの花か~ 子供の頃、山に行くと鬼ゆりを見た記憶があるような・・真っ黒い花だったような・・そんな遠~い記憶でした。じゃ また。。

  3. fujim より:

    ありゃりゃ、猫が・・・ジャなかた  ありゃりゃ、バッチを脱いだトタンに走り出しちゃった みなしごパッチさん こんにちはー!猫どころじゃない、 わたしゃまだ、サフランモドキにどうしても言っておきたいことがある^?^ な~んて思っとったら、ほろほろと落ちけるあのムカゴ、 ハナクソ君が無事花をつけたのですねぇ おめでとう~!~花を見れば悩むまでもなく、鬼百合ですよね。 やっと抜かれることなく、今か今かと待たれて^^日の目を見た花、 花色もですがシベが立派ですね!この花の模様とシベ、プラス写真に、 いかにもオニの名に恥じない 勢い があります。 「ユリ」といえば黒百合、 「半平太」と言えば月形半平太、 と思っチョる人もいるようですが、「ユリ」と言えば 零余子 というわけではないのですね。 ウチ?のタカサゴユリも、あちこち今年も芽を出して蕾をつけていますが、 ムカゴはつかなかった、と思う。 どこが違うんでしょうね。

  4. 照れまん より:

    Haw小太郎さん こんにちはーこっちの 欄 に猫のj話を書いてもいいよ。百合ちゃんといえば  吉永小百合 ジャけど、 城山小学校では 岡村さんよね。ニシガタ の子。小さい時に 可愛かった子は 大人になっても 可愛いよね。何年か前に会うたことがあったけど、やっぱり かわいかった!! 子供が何人か居たと思う。恐らく、子供さんは 今では30歳を 越えちょるジャろうね。 本州に住んでいるらしい・・・・。そういうことで、また・・・・。へてから、大島郡には 鬼百合の群生地があるらしい。そこで、NAOチャングムに 車に乗っていて見つけたら、あそこにあると 場所を憶えておいてもらってよ。写真に撮ってもらうと NAOいいんだけどね、チャングム!!

  5. Pu'uwai より:

    やぁ 咲きましたね。夏は、これですよ。この強烈な夏色・・・・・これこそ鬼に恥じない。母は鬼百合だから100歳を窺う勢いで、父は鹿の子百合だったからさっさと死んで、わちきは黒百合。。。。。。@@  (^-^;違う、違う 小百合、、、、、これも違う、山百合、、、、ウソー タカサギユリかな。 サギにご用心ね。照れまんさん、これですっきりしたね。 照れまんさんの鬼百合はいい色に撮れてますね。一際朱色が冴えてますよ。ピタリ賞 ありがたく頂きましたよ。

  6. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはーあのね、サフランモドキ なんだけど 小太郎さんのところに よく似たのが載っていたから 調べていたんです。まずね サフランモドキは  ゼフィランサス属 カリナタ    と言うのですよ 。 そして、もう一つ、      ハブランサス属 ツビスパサス  と言う そっくりなものを 発見。これがね、どちらもよく似ていると言うか、素人のサイトは 平気で間違っています。小太郎さんンちの花に似ている ツビスパサス と言うのも発見したのですが、これがたった一つのサイトしかないので、どうだろうと???リンクはしないのですが、サフランモドキも これはちょっともう一度、よく調べてみないと わからんぞ~~、と思っています。そんなこんなで、また・・・・・。

  7. 照れまん より:

    Pu\’uwaiさん こんにちはーきょうは一日 MSN の調子が悪くって、書いた記事も保存が出来ず、消してしまいました。夜7時に 開いて見ると やっと 自分の写真が全部出てきたので ヤレヤレです。 Pu\’uwaiさん これは、鬼百合に間違いないでしょう。一本とっておいて 引き抜かずに置いてもらって、よかったです。やっと 咲いてくれました。 Pu\’uwaiさんが、前に書いてくれたコメによると、3年目に咲くのですかね。ということは、この枝は三年生きていた??小さい枝も数本あり、それも 抜かないようにしてもらいましたので、それは来年か再来年になるのでしょうか。チャチャの 黒百合事件を思い出しますよ~~。そういうことで、また・・・・・。

  8. Pu'uwai より:

    零余子って小さいでしょう。 それが地面に落ちて芽を出して栄養を球根に蓄える。鬼百合の球根はにんにく位に大きくなると花が咲くのです。それまで、地上を切られても地中で生きてますから、毎年生えて又切られてやっと照れまんさんの頼みで花を結んだのですね。鬼百合にとっても照れまんさんは恩人ですね。 来年は花の数が増えますよ。ところで小鬼百合があるのですね。おばばが鬼百合ならわちきは小鬼百合かな。小太郎さんが見たのは小鬼百合かもね。高山植物で見かけたような気がする。

  9. 小太郎 より:

    こんちはー百合と言えば黒ユリ、半平太といえば月形を思い出すいい男、それは私です。ナンチャッテ・・でも月形と武市はイコールですよ~百合・・ゆり・・ゆりちゃん?たしかおったよな~いやいや思い浮かばんから同級生じゃなかったんか・・・と一日考えておりましたよ。。ところが!岡村・・・ニシガタ~~ で胸のつかえが下りたような気がしたね~なんかおったね~そういやー 城山小だけだったん?白木中もよね?いやーやっぱダメじゃ!まぼろしがなんとなく浮かぶようですぐ消える!!ほんとアンタはすごい。ほんでも思い出したいね~岡村・・・うーーんん

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中