照れまん君の蝶 「クロマダラソテツシジミ  追伸」

            クロマダラソテツシジミ
  前回 クロマダラソテツシジミ を載せましたが、追伸!!
  どうやら我が家に住み着いているようなので、もう一度撮って
 みましたので、追加します。
  今回は、クロマダラソテツシジミ だけを載せて見ます。
              
        (1)
        
        2010 08 25    皐月の上の クロマダラソテツシジミ
  昨年9月9日に最初に撮ったのと、ほとんど同じ場所。我が家の庭。
 今年は昨年より、かなり個体数が多いようです。
  トリミングせずに載せてみると、この大きさになります。
  今年はついに、幼虫を発見しました。
  我が家の庭の 蘇鉄 に住み着いています。
        (2)
        
         2010 08 26    クロマダラソテツシジミの幼虫(茶色の虫)
  蘇鉄の柔らかい新しい葉が、ほとんど食べられています。
 相当数の数の クロマダラソテツシジミ が羽化しているようです。
 蘇鉄が枯れてしまうかもしれないので、困ったなと思うのですが、
 蘇鉄の木が枯れることは無いそうなので、このまま暫らく様子をみて
 みようかと思っています。
        (3)
        
          2010 08 25
  翅の表側がなかなか撮れなかったのですが、少しだけ開いて
 くれましたので、撮った写真。
        (4)
        
         2010 08 26  フジバカマ の葉の上
  もう一枚翅を少し開いたもの。
        (5)
        
         2010 08 26  サルトリイバラ(ホッテンドウバ) の葉の上
  翅の後ろに、糸のような突起がありますが、この突起はどうやら
 動かせるようなのです。
  写真を撮っている間に、確かに動かしています。
  次の3枚の写真の突起を見て下さい。
        (6)
        
         2010 08 26
  上の写真と下の写真 (7)・(8)・(9) は数秒間隔で撮ったもの
 ですが、はっきりと突起が動いています。
  どうやら、意思で動かしているような気がするのですが、・・・・。
 どうでしょう。           
        (7)
        
        2010 08 26
        (8)
        
        2010 08 26
               
   地面スレスレの低い所にいるのは、実に撮りにくい。
        (10)
        
     2010 08 26   ヨモギの葉 の上の クロマダラソテツシジミ
  では、最期に今日撮った トレトレの写真。
  うまい具合にヒップアップ?? 後ろの突起を上に向けてくれ
 ました。突起は上下左右に動くよう??
        (11)
        
         2010 08 30
  上の写真のサルトリイバラの葉は蔓の茎に棘があり困り者。庭に
 沢山生えてきます。しかし、この葉は柏餅、この辺りでは、(ぶっとん
 もち)とよばれる、蒸し菓子の葉に使われるので、近くにあることは
 ありがたいと言えばありがたいのですが・・・・。
  今回は極最近、8月末に撮った クロマダラソテツシジミ だけを
 特集と言うほどではありませんが、載せてみました。
           
広告
カテゴリー: 動物 昆虫 パーマリンク

照れまん君の蝶 「クロマダラソテツシジミ  追伸」 への10件のフィードバック

  1. 小太郎 より:

    クロマダラソテツシジミ・・・なんでもないチョウかと思ったが、山口県で2番目の発見でしたか。ネット検索してみましたよ。東南アジアからの迷蝶?で、2007年に初めて沖縄で確認されたとか??それがいまや九州やら四万十やらで大発生! ソテツを食い荒らす害虫・・と書いてあるけど。ついにjounenjiにも大発生かいね~ なるほど・・(2)の写真を見ると、こりゃ確かにすごそうですね~ソテツは大丈夫なんでしょうか?それにしてもやっぱ温暖化?といわれて久しいが、大島の海では世界最大級?の珊瑚礁が発見されたとか?もはや大島も亜熱帯になったということかね~大島はいつのころか片添とか国道沿いに椰子の木を植えたよね。なんで大島に椰子の木なんじゃろ?と、いつも首をひねっていましたが・・そのうち椰子の木がそこらじゅうに自生するんじゃなかろうかと思いますよ・・そんなことで、またまた・・

  2. fujim より:

    もしもしおはよー!  照れまんさんチの庭の 蘇鉄 に 「住み着いて」 いるのですか! すばらしい☆!☆山本さんチより先に「バタフライガーデン」が出来るのでは・・・!  黒いネットを張ったりしてないから、そこまではいかないか?^^ゞ蘇鉄に卵を産みつけて孵化、それで名前に 「ソテツ」 と入ってるというのは本当だったのですね!コンデジでこの大きさに撮るのは、すごいです。  一眼レフ顔負けです。 コンデジは 「広角側で、近づいて撮る」 が鉄則だそうです。 石になって待ち、手を伸ばして撮る照れまん君ならではの写真ですねぇ パチ☆パチ☆パチ☆そのうち、 翅の後ろの突起の上下左右の意味も解明できるのでは?  そうなると照れまん蝶博士の誕生じゃワ~~!  こんなに素晴らしくはないけど、私も妻黒載せとくカナァ・・・・・

  3. 照れまん より:

    小太郎さん こんにちはーシジミチョウ というのすら知らなかったのに、クロマダラソテツシジミ だけを 載せるようになったんだからね。初めは パソコンのフォルダは 蝶 だけだったのに、その中が 大中小 に別れ・・・・。今では 小 の中も シジミチョウ だけでも 何種類かに 分かれています。去年 山口県で発見されて 今年は 大発生。もう完璧に 住み着いているよう・・・。今年は特に暑かったけど、もはや 亜熱帯か 熱帯みたいだよね。冬の寒さにも 耐えられる智恵を持つのかね?それとも、冬でも生き延びる事ができるほど 暖かいのか???まそういうことで、また よろしく・・・・。

  4. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー我が家の 蘇鉄 が丸禿げになったらどうしようと思うのですが、どうしようもないですね。fujimさんの蝶も なかなかのもんですよ。新しいカメラになってからのものも みてみたいですね。蝶は その時 其処に居ないと 出会えないので なかなか難しいですよね。突起のある蝶と 無い蝶が有るのですよね。ムラサキツバメ と ムラサキシジミ のような。それから黒揚羽 のようなものは 翅全体が後ろの方に少し延びた部分がありますし・・・。何か 飛ぶ時に 影響があるので その形が 一番よかったのでしょうね。 しかし、どの蝶にしても、いい形をしていますね。じゃ、また・・・・・。

  5. Pu'uwai より:

    どのクロマダラもきれいに撮れてますね。 カメラのカビはまったく分りませんね。翅に傷一つ無い蝶を撮れるなんて幸せですね。 蘇鉄のつるっぱげ位惜しくはないでしょう。蘇鉄は強いから枯れるなんてことはないですよ。 うちの蘇鉄の子どもも随分大きくなったけどこんな虫が付いたら嫌だなぁ。 蘇鉄が禿げるのはいいんだけど虫が嫌い。今年は、蓑虫が大発生して危うくエリカやフォザギュラを枯らすとこだった。そうそう、以前アマリリスで 本あまりりすのヘラドンナリリーの画像がないと言ってたけど近々upします。アマリリスにリンクさせてくださいね。

  6. 照れまん より:

    Pu\’uwaiさん こんにちはー代わり映えもせず またまた 蝶を載せてみました。蝶を撮っていると 段々と 愛着が湧いてくるものですね。ホンアマリリス 見ましたよ。アマリリスと そっくりですね。これでは、同じ名前になるはずですよね。あまりによく似ているので、びっくりしました。どんな花も アマリリスを見たらかすんで仕舞うとは 本当ですね。ではでは、またよろしく・・・・・。

  7. 猫と薔薇と私と より:

    あありゃ この蝶々なら 知ってる!面白いなぁと思ったから。外と中がずいぶん違ってびっくりしたもんね。 蘇鉄の綿毛食べるの?知らなかった! まさに蓼食う虫も好き好きですね。あんなもの 美味しいんかなぁ。 猿取り茨はこちらでもお餅包みますよ。 但し柏が無いからだそうです。実家じゃどちらも包みます。猿取り茨はあんこ入りの白餅。柏はヨモギのあんこ入りと我が家では分けていました。 こんなにきれいな蝶なら もうちょっとましな物を食草にしたらええのにねぇ。蘇鉄の綿毛 食べるから 表があんな色してるんやろか?

  8. 照れまん より:

    猫と薔薇さん こんにちはークロマダラソテツシジミ は 山口県より 関西大阪方面のほうが 発見が1~2年早いのです。たぶん、関西の方が 相当温いというか、暑いのでしょうね。たぶん、そちらの方には 沢山繁殖しているのではないかと思います。それから、サルトリイバラの葉 は 餡入りお餅に包みますね。これは西日本でしょうかね。うちの方は ほとんどこの葉に包んでいます。美味しいお餅ですね。では、またよろしく・・・・。

  9. fujim より:

    こんにちは~当然のことですが、蝶によって性質?が違うのがよく分りますね。褄黒豹紋はPuさんのところを見ても、雄雌ともギョッとしたように私の方??カメラ^^?を気にするところは似ていますが、このソテツシジミは、そんな雰囲気はなくて、 人が居ようがカメラがあろうが、そ知らぬふりを装ってるように見えます。後の突起の動きにあわせて変わってるところが、他にないかと較べてみるんですけど、・・・うーん^?^上に上げてる(6)に較べて (7)の方はお尻の先っちょも突起と一緒に下がってるんではない? と 思ったけど、最後の(11)を見ると??びみょう・・・・^^。 やはり心のうちの意思表示か、それとも何の意味もない、盲腸みたいなもの・・・?ムラサキツバメ、ムラサキシジミを見ると単に退化し損ねたの?なんて^^。揚羽なんかも同じものだとすると 随分立派ですよねぇ、 そんなことも分ったら面白いですね。柏餅を柏の代わりに包むのは、オテンポの葉で、 サルトリイバラなんて知らないナァ・・・ と思ってたら、オテンポの葉が サルトリイバラの葉のことだったんですね!

  10. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー後ろの 突起は何と言う名称かは知りませんが、あの突起を見るだけでも 結構面白いのですよね。自分の意思で動かせるのでしょうかねえ??? 解りませんが 飛ぶ時にバランスがよくなるのでしょうか??もし、そうだとしたら、哺乳類の尻尾のような役割があるのでしょうかねえ???あるものと 無いものがあるのも 面白いですよね。サルトリイバラ の葉はそちらでは オテンボ と言うのですか。こちらでは、ブットンバ と呼んでいます。それで、ブットンモチ という名前で 普通には呼ばれています。パック入りや ビニール袋入りで お菓子屋さんで売られていますね。ではでは、また・・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中