照れまん君の花 「鬼百合・高砂百合」

我が家の庭に、どこからか種が飛んできて勝手に咲いてくれる
二種類の百合の花があります。
鬼百合 と 高砂百合
今回は、この二つの花を載せてみます。

「鬼百合」

(1)  鬼百合    2011 07 29

葉っぱの付け根に 零余子・ムカゴと言う種(珠芽・しゅが)が出来ること
を知らず、皆ハナクソの付いた草と呼んでいました。
草だと思い、毎年草刈機で刈られていました。それで、この草にこんなに
奇麗な花が咲くことを知らなかった。
鬼百合さん、御免なさい!
それで、昨年の 零余子 の写真を・・・。

(2)  鬼百合の零余子   2010 07 09

昨年、この草は刈らないようにと頼んだところ、残った草に、初めて花が
付いてくれた。そこで、やっとこの草が鬼百合だと知り、花の写真を撮る
ことが出来ました。

(3)  鬼百合    2010 07 29

鬼百合は何故鬼百合と呼ぶのでしょうか?
私の感じとしては、朱色の色合いと黒い斑点によるドギツさから、
鬼に見立てて、鬼百合と呼ぶようになったのかと思ったのです。
それで、色々名前の由来を探してみたのですが、中々見つかり
ません。やっと見つけたサイトにこのように書かれていました。
【 名前の由来は『本草和名』(ほんぞうわみょう・918年)に
漢名 百合(ひゃくごう) 和名 由利 とある。 
また『日本釈名』(1700)江戸時代中期のものには、名前の由来
を「茎細く花が大きく風にゆり動くので、ユリと呼ぶという。オニユリ
は形が大きく見事で豪快に見えるから、鬼が付いて鬼百合と呼ば
れるようになった。】
と、書かれています。花の色のことには触れられていないのが
以外です。そうかなあと、ちょっと疑問です??

英名 は Tiger lily タイガーリリー。

ユリ科・ユリ目・ユリ属   

学名 : Lilium lancifolium Tumb
和名 : オニユリ  鬼百合
別名 : テンガイユリ 天蓋百合 、トラユリ 虎百合

オニユリは中国原産で日本に早く渡来したのではないかと考えられ
ているそうですが、はっきりとは解らないようです。
日本原産と書かれたサイトもありました。

今年は、7~8個の花を咲かせてくれた。
それで、もう少し 今年の花を載せてみます。

(4)   2011 07 29

 庭のどんなところに咲いているかと言うと、下の写真。
殆ど崖の側です。

(5)   我が家の庭  2011 08 01

写真中央付近、崖の側に、鬼百合が見えるでしょうか?

(6)    2011 07 29

 オニユリ、最期の一枚。

(7)   2011 07 29

 

「高砂百合」

何だか、とってもお目出度い名前の花。

(8)  高砂百合   2011 08 10

どうしてこの名前が付いたのか、その由来を調べてみました。
そうすると、この花は、台湾原産の花
沖縄の方言で、台湾のことを「タカサング」と呼ぶそうです。それで、
高砂百合」 と呼ばれるようになったようです。
そう謂われれば、昔台湾の高地民族を、高砂族と呼んでいましたね。
結婚式で歌われる「高砂やこの浦舟に帆を上げて~」、の高砂は
関係なかったのですね。

(9)   2011 08 11

近所の空き地や道路傍に、無造作に咲いていますので、その写真を
3枚ほど載せてみます。

(10)   2011 08 07

花や蕾に、ほんのりと薄紫色が見えます。それに、葉が小さい
ので、高砂百合だと思います。

(10)   2011 08 07

よそのうちの庭にも咲いていたので、入り口から2~3歩入ってパチリ!

(11)   2011 08 07

ユリ目・ユリ科・ユリ属・テッポウユリ亜属   
タカサゴユリ 高砂百合

学名 : Lilium formosanum Wallace

最期に、もう一度我が家の庭の高砂百合。
我が家に咲くのは背丈が30cm~50cm しかありません。
よその空き地に咲いているものに比べると、半分か3分の1位の高さ
しかありません。それで、高砂百合なのかとちょっと不安なのですが、
葉っぱは細くて、蕾にやや薄紫色の出たものがあるので間違いはない
と思うのですが、自信はありません。

(12)   2011 08 11

このあたりで、最期の写真にします。

(13)  2011 08 11

百合」 と言うのは 俳句では 夏の季語
今回は俳句は載せませんでしたが、又の機会に載せたいと思います。
なかなか自分の句が出来ないので、出来た時に・・・・。

以前載せた 「鬼百合」 ← はこちら。

今回は、庭に自然に咲いてくれる百合の花を2種。
鬼百合」 と 「高砂百合」 を載せてみました。

 

 

広告
カテゴリー: パーマリンク

照れまん君の花 「鬼百合・高砂百合」 への30件のフィードバック

  1. 大鳥居 より:

    わーい!一番載り! これは他所でも書いたような・・・

    のらさんとか、issyoさんとか、新しい(?)お仲間が増えて、賑やかになって良かったですね。しかも、音楽も俳句もお好きなようで。
    よろしくお願い致します。私、照れまん先生の愛弟子の 宮島大鳥居 と申します。俳句も一瞬、入門致しましたが、3日坊主で、あっと言う間に破門されましてございます。
    所属しておりますオーケストラの演奏会前後は、いつも、泣き言・弱音のオンパレードで、照れまん先生を煩わせております。センセ、これから9月4日の本番までわずか2週間、ラストスパートでございます。頭の中はアタックナンバーワン。古い? 

    テレマンのviola協奏曲、なかなか良い曲ですね。コンパクトですし。もっと演奏機会があってもよさそうな曲ですねー

    センセのお庭は、本当にいいですねー縁側もあって。崖まであって!ウサギとかニワトリとか、放し飼いにしたい感じです。(一体どんな感じなのでしょうか^^?)

    • 照れまん より:

      大鳥居 さん こんにちはー
      一番搾り オメデトウ御座います、じゃなくて 一番載り ありがとう御座います。
      もうすぐ 演奏会なんですね。
      序奏とロンドカプリチョーソ があるんですね。
      それに、メインがモーツアルト41番 なら 楽勝じゃないですか。
      でも、指揮者の先生のお名前が  ケンシロー  でしょう。   物凄く厳しそう。
      正拳・裏拳・回し蹴りが 飛んで来るかも・・・。
      だから、みんなは 日清のラ王 のカップめんを持って 防がんとね。
      ということで、崖にしがみ付いている あばら家 に住んで 一番搾りも カプチーノも飲めない 照れまんでした。

  2. のら より:

    こんにちは 蛾太郎ののらです。
    ガタロは大阪弁で「河童」のことです。上方落語でときどき登場する古い言葉ですね。
    夜中撮影で蛾を追って朝になったら近辺の景色が見えて、周りにきれいなササユリの薄紫の花が咲いていたことがありました。
    ユリってどうやって種が運ばれるんでしょうね。
    照れまんさんところの庭や付近に自生する鬼百合や高砂百合はまるでいままで雑草扱いされていたようですが、もったいないことですね。もしも大阪の数少ない草むらでユリなんかが勝手に咲いたら話題になると思いますよ。

    鬼百合の花弁が反り返ってすごい形になるのに対して高砂百合は管楽器を思わせる繊細な形ですね。

    • 照れまん より:

      蛾太郎 の ノラック さん こんにちはー
      蛾 の写真を あれだけ撮っている と言う事は 昆虫類は 整理しきれないくらい撮っているのではないですか?
      トンボ・蝶・バッタ 虫 などなど 数え切れないでしょう。
      ワタシは 最初 蝶をフォルダに入れる時、蝶 だったのですよ。それが、大中小 に分けて。
      そして、それでも駄目で ヤマトシジミ とか ベニシジミ ・紋白蝶系 など黄色い揚羽と黒い揚羽に分けて・・・・。それでも駄目で、今は蝶の名前がいっぱいに分かれています。
      特に 普通に多いモノは ベニシジミや紋白蝶 などは 2010年版 や 2011年版などに分けてしまっています。種類と 数がすごいことになりますね。
      のらさんは HD がいっぱい必要になっているのでしょう。

      ところで、ガタロウ ッていうと わたしが大阪にいた頃、戦後 川で廃品回収をしている人のことをガタロウ って言いませんでした??あれって、河童からきてたんだ!!

      白い百合は 確かにトランペットのような感じですね。それから、昔の蓄音機時代のスピーカーにも似ていますね。

  3. fujim より:

    ♪く~ろゆりは~恋の花・・・・♪  なば鬼百合はナンの花?

    この一枚目! この色! 覗き込んだようなこの角度! しっかりしたシベの勢い!
          オニユリの魅力の虜に~~
       〜 とりこ になりました は・ふ・ほ ♪

    バックはきれいに整理されてるし、すばらしいと思います!!
    会心の写真ではないですか? 惹かれてここから目が離せない・・・^^

    いいナァと思って考えてもなかなか句にはならないものですね。
    花の感じはぜんぜん違いますが、思い出した句を一つ。
      ユウスゲか鰥夫の家の軒に揺る   ふじ
    ユウスゲかどうか分らなかったら、季語にはならないか^^??

    • 照れまん より:

      fujimさん こんにちはー
      最近 ちょっと 進歩したのが、ブログで 解らない言葉が出た時に、すぐに反転して、左上の方で検索することを 覚えたことです。
      だから、ヤモメ 鰥夫 寡婦 もすぐにわかりました。こんな漢字があるんですね。
      それから、俳句をしていても 花の名前は聞いた事があっても どんな花なのか知らない・解らないことが しょっちゅう。
      ユウスゲ も検索して すぐに解りました。これって ユウスゲって言うのかと解りました。もしかしたら、写真に撮っているかも知れません。黄色い 百合みたいなのが ポツリと咲いていたのをなんだろうと思って 空き地で取った記憶があります。またゆっくりと探してみますが、どこに入っているかが 問題です。
      夕菅 って夏の季語にちゃんとありますね。歳時記に3句 載っていました。
      ワタシとしては 小菅ちゃんがいいですけどね。体が柔らか~~い。こらこら!
      黒百合の花の歌があるの~~??? 知らな~~い!!

  4. のら より:

    そうそう ガタロは「河川にての廃品回収業」と枝雀落語「代書屋」に登場しますね。
    自分の年齢さえまともに覚えていないおかしな男が就職することになって履歴書を代書屋に頼んで書いてもらうという傑作なストーリーです。
    照れまんさん よく知っていますね戦後にそういう仕事があったことを。
    川の中でうろちょろするからガタロ(河童)と呼ばれたのですね。そのころは鉄などの金属材料がけっこう高く売れたらしくてマンホールの蓋なども狙われたということですよ。
    関連して「アパッチ」というのも思い出します。
    開高 健作の「日本三文オペラ」で詳しく語られていますが、旧陸軍砲兵工廠跡に出没して金属を盗む一味でアパッチと呼ばれた一団がありました。
    当時、旧陸軍砲兵工廠跡には大砲銃器や戦車、さまざまな機械類、部品などが散乱していましたが戦後の混乱期は管理が行き届かずアパッチの天下だったようです。

    あ!百合の花から話題をそらせてしまいました。すんません。

    • 照れまん より:

      のらさん こんにちはー
      たぶん、大阪にいた頃 ラジオかTVで 落語を聞いたんじゃないかと思います。
      そうですよ、代書屋 です。
      もしかしたら  桂小米 の頃じゃなかったかと思います。大学生にすごい人気がありました。
      小米のままだったら よかったのに・・・、なんて思うのですが。
      枝雀 にならなくてもよかったんじゃないかと、思いますけど・・・。残念でしたよね。
      枝雀さんが 病気になって、それから復帰した頃に出した本を買って読んだ記憶があります。

      何で アパッチ って言うようになったんですかね?
      山口県は今でも アパッチが出没しています。
      今年になって、溝や側溝に金属の桟のような蓋がありますよね。あれが沢山盗まれるってニュースでやっているのですよ。
      こんな時代になっても、金属を盗む ヤカラがいるモンですね。

  5. Pu'uwai より:

    こんばんは
    クロユリの花知らないの? アイヌの悲恋?だったような、
    fuさん、たしか北原三枝と裕次郎の映画よね。
    照れまんさんはやっぱり若いですね。
    そうそう、屑ひろいってありました。
    現在の金属を盗む ヤカラって大掛かりな窃盗団でしょう。
    東北では放置された車やバイクが盗まれてアジアに輸出されてるって
    まことしやかなニュースが言われてますよ。
    アパッチというより、東洋名がついてるのでは? 
    口は禍の素だからこの辺で、、、、

    鬼百合、鹿の子百合、山百合 夏の百合はこれに限ります。
    高砂百合は最近の百合だと思うけど、
    球根ばかりか種でも増えるから旺盛な繁殖力で、
    どんな荒地でも咲いてますね。
    地が肥えてれば丈が高く1.5mほどもなり、
    痩せた地なら30cmでも咲いてます

  6. fujim より:

    おはよう!  ユウスゲを撮ってるかもしれないのですか! もし撮ってたらぜひいつかアップしてくださいね。  写真はチラッと見ましたが実際には見たことがないのです。 ユウスゲって、名前がいいでしょ^^ 楚々として優しげ~な花でいいなぁとイメージしてるんです。
    小菅ちゃんってだれ??

    あらま! 「黒百合の歌」を知らないの~~? 北原三枝と裕次郎ではなくて、「忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ!!」で有名な・・・ソンナモン知らないか^^ 佐田啓二と岸恵子の「君の名は」の挿入歌の一つだったと思うけど、  たしかアイヌの女(これが北原三枝かな?)の淡い・・?激しい・・? 恋心を歌ったものだったか。

    ここで蛾太郎のらさんに会えるのは嬉しいですねぇ^^。  でもお二人ともなんと古い話をしてますねぇ、、、 Puさん 屑ひろいじゃなくて「鉄くず拾い」よね。
    現在のような窃盗団ではなくて、いうならばリサイクル。 道に落ちてる古釘まで拾ってお金にしてたよね。 
    ちなみに 時の流れに身をまかせ~~~ は、 ・・・ テレサテン
    く~ろゆりは恋の花~ は、 ・・・ 織井茂子(おりいしげこ・1954)
    古いよ~^^ (1954)なんてわたしゃまだ生まれたばかりじゃわサ(^ー^*)

    • fujim より:

      キャッ、直接映像がでるんだったね??? 音、デカイ><><;;

      • 照れまん より:

        Pu’uwaiさん fujimさん こんにちはー
        いやいや~~、 「黒百合の歌」 聞かせてもらいましたよ。
        すごい パンチ力のある 歌い方。 何となく アジアの歌 ッていう感じ!!
        織井茂子 さんって 「君の名は」 を歌っている人なんですね。
        すごい、説得力のある歌い方。  う~~ん、聞いたことはあるのですが、・・・・。
        黒百合の方は 昭和28年にヒットと書いてありますね。やっぱり、「君の名は」の中の曲?だったんだ。ワタシは まだ 生まれてないんじゃないの~~????

        黒百合といえば、前の NHKの大河ドラマ 愛 の  直江兼続 の時に 黒百合事件があったような。北の政所 と 茶々 の争いに  直江兼続の奥方が巻き込まれたような。
        たしか、コスモスさんが日本アルプスに登った時に 黒百合の写真を撮っていたような記憶??
        北海道には普通にあるんですね。

        鉄くず拾い  うちの方では  ボロ買い  って呼んでましたね。

  7. Pu'uwai より:

    あはは 久しぶりに歌を聞いたよ。
    アイヌの娘役の北原三枝は、裕次郎の奥さんになって、
    佐田啓二と岸恵子の「君の名は」だったのか。ラジオで一世を風靡したよね。
    佐田啓二 若い! ハンサム!  ハムサカムイダ!

    屑ひろい? 誰それ? えっ、わちきのこと!  へぇ、鉄くず拾ってました。
    リサイクルよね。あの頃は日本は貧しかったから無駄なものは何もなかった。
    そうだ、「モクひろい」って知ってる? 煙草の幾らか長い吸殻を拾って自分で吸うのよ。
    涙ぐましい努力の末の復興、繁栄。 おひさまばりよね。

    今、ゴンの縫合手術で病院に置いて来た。夕方に退院できる。
    もどきは息災かや? ゴンは負け猫、 逃げ猫だったのに、
    区画整理で野良猫が駆逐されて、やっとこさ番長になれたのね。
    ところが、もともとダメ猫だから負けて大怪我しました。
    お盆でおばばが連れて行ったかと思ったよ。
    「返してくれ」って泣き喚いたら、おばばは濡れ衣だったみたい。 あはは わりぃ わりぃ
    おや、雨が降り出したよ。涼しくなりそうだ。

  8. 照れまん より:

    Pu’uwaiさん  fujimさん こんにちはー
    ハムカ サムイダ??  ハム ハサムニダ ??  カムサ ハムニダ???
    子供の頃に 佐田啓二さんが亡くなったって ニュースになっていたのは知ってましたが、ドラマも映画も見た事が無いのです。
    うちの 父親は NHKしか見ちゃいかんと言う人で・・・・。それも、NHK のニュースとドキュメントだけ。
    辛うじて シャボン玉ホリデー だけは 見せてもらえたんですよ。

    モク拾いだけど、うち等の方は 夏でも火鉢があってね、火は入ってないんだけど それで タバコを吸ってそこの灰に差し込んで消すんですよ。
    そしたら、次の人が 灰の中から吸えそうなのを探して 吸ってました。

    ヘテカラ ユウスゲ ・ キスゲ  夕菅・黄菅   らしきものが 写真を探したら出てきましたよ。黄色とオレンジの中間くらいの黄色。
    小菅ちゃんも 探したら ウイキ にありましたよ。
    小菅麻里 ちゃんと 言うのですね。昔は体操で強かった人。今は ロスで 体操教室をしているとか。
    そういうことで、また・・・・。

  9. のら より:

    シャボン玉ホリデーなつかしい!
    ザ・ピーナッツとクレイジーキャッツが楽しかった。
    音楽の先生が金盥を生徒に持たせてゴツンとやる話をされていましたが、クレージーのメンバーの誰かがその先生のお弟子さんか?と思っていましたよ。
    金盥をギャグに使った場面多かったですもんね。
    クレイジーの音楽もまたけっこう洗練されていましたから、後に続くドリフターズとは全然違っていましたし、新鮮でしたね。

    fuさんにお尋ね。
    youtube動画をこのコメント欄に埋め込むのはどうしたらいいのですか?
    埋め込みコードのコピペでOKなんですか?

    • fujim より:

      こんばんはー
      今日は写真の勉強に???疲れて、 グッタリして遅い夕食をとりながら9時からの金曜ロードショー「名探偵コナン!」を、 はじっ~~めて見ていました!!  どうしてかと言うと、以前海自の音楽隊の演奏する 名探偵コナンの曲 を聞いて、いい曲だ~!と思っていたからですが、名探偵コナン って、 音楽、楽器を扱った探偵物だったんですか!@@!  なにしろ実際に見たのは初めてなモンで・・・・・^^ゞ

      シャボン玉ホリデー も 夢であいましょう も なつかしいですね、、、
      ラジオにかじりついて聞いていたのは、ラジオ連続放送劇『君の名は』と、歌謡ベストテン?かなにかで第一位を続けていた 三橋美智也の「哀愁列車」。 第一声の ♪惚~れ~て~ の「ほ」と言うところが好きで、 そこが聴きたいばかりに毎週かじりついていましたよ^^あははは。

      のらさん、Youtube動画はアドレスを入れるだけでこうなるんですよ。  そのくせ、ブログの記事にはこういう風には出来なかったような・・・・・コメントではこうなるって変ですよね、 ビックリです^^。
      アドレスを入れる行に、 空白スペースやほかの文字を入れたらダメかもしれません。

      • 照れまん より:

        fujimさん こんにちはー
        名探偵コナンの劇場版があるぞ、と 見ようと思っていたのですが、最初15分くらい見ただけ。
        パイプオルガンが出ていたし Vn や Piano も出ていたので見なくっちゃ と思ったのにあえなく撃沈。
        頭が重いのと ノドが痛いので、TV は消して 寝てしまいました。
        ところで、昔あったドラマ 「太陽に吠えろ」 と 「名探偵コナンのテーマ曲」 は どことなく似ていると思いませんか。雰囲気が似ています。
            似ているとは 思わない・・・?? ソウですか。

        作曲者が同じようなのですよ。昔の スパイダース のメンバー じゃないかと思うんです。

      • fujim より:

        スパイダーズと言うと堺正章や井上順がいたグループですよね?  その二人以外の人はほとんど知りませんが、そんな作曲する人も居たんですね。
        「太陽に吠えろ」と似ています!! それで岩国基地祭で 「名探偵コナンのテーマ曲」 を聞いたときに、 初めてのはずなのに聞いたことがあるような気がしたのでしょうね。
        すごく疲れていてぼーっとして食べながら見ていたのですが、 ストーリーはともかく、 中で演奏されるヴァイオリン、歌われるAmazing Grace、、、 音楽がとてもよかった! 思わず観客になりきりました(^^)。
        受話器はコナン君がサッカーボールを蹴って外したとして、 絶対音感のある人の声で、プッシュホンの ピポパ をかけることができるんですかねぇ・・・・?ーー?  あははそんなことでもぼんやり考えながら^^ ・・・夏風邪は馬鹿にしないでおとなしく寝てた方がいいですよ。

  10. 照れまん より:

    のらさん こんにちはー
    思い出しましたけど もう一つ 夜に見てもいい番組がありました。
    夜8時以降は 子供はTVを 見てはいけなかったのですが、夜10時だったか??
    「夢であいましょう」だけは許されていました。
    楽しい 番組でしたね。
    「シャボン玉ホリデー」も「夢であいましょう」 も音楽あり 歌あり コントありで とても楽しい番組でした。
    今になって思うと とても品のいい番組でしたよね。

  11. cosmos より:

    こんばんは。
    のらさん、おかえりなさい!
    みなさんのコメ読んで、おもしろくて、楽しくて、ついつい参加したくなりました。
    「黒百合の歌」 って知らないな~、と思ったけど、聞いてみたら知ってた。
    最初のところは、しっかり一緒に歌えましたよ。
    「高砂百合」は近年空き地でどんどん増えています。
    球根で増えるのかと思ったら、種が飛ぶんですね、我が家の庭にも、
    今年初めて真っ白な花が二本咲きました。 毎年咲いてくれたらうれしいな。

    「黒百合」は白山に登ったとき、群生してるのをみました。
    黒というより、紫のあせたような色で、花の内側には鬼百合のような斑点があって
    花言葉は、「恋」 「嫉妬」 「復讐」 だそうですが、美しい恋というより、
    後のほうが合ってる感じでした。
    写真を撮ろうと顔を近づけたら、鼻がヒン曲がりそうな、とんでもない臭いがしました。
    黒百合は交配するために、この臭いでハエをおびき寄せてるのだと、
    ガイドさんに聞きました。
    ♪く~ろゆりは~恋の花・・・・♪ ってせっかくいい雰囲気だったのに、
    ぶち壊してしまったみたい・・・  ごめんなさい m(-_-)m

  12. 照れまん より:

    コスモス さん こんにちはー
    コスモスさん 何をおっしゃいます。黒百合を現地で見ることなんか出来ませんから・・・。
    コスモスさんの 貴重な体験記 素晴しいですよ。
    写真を見た時に 黒百合 と言うより クリスマスローズ か オダマキか そんな感じに見えたことを憶えています。ユリ科 と書いてあるので、百合は百合なんですね。
    その昔 戦国時代に 茶々のわがままで 上杉家が 茶々の部屋まで 黒百合を部屋いっぱいになるほど運んだ と言うのはすごいですよね。
    白山のあたりの高い山から取ったものを 大阪まで枯らさずに運ぶって大変だったでしょう。4~5日はかかるんじゃあないでしょうか。
    部屋いっぱいにした黒百合の花、さぞかし香りがあったでしょうね。香りと言うより 匂い 臭い なんですね。そうすると、強烈な臭いだったのに違いない・・・・ですね。

  13. haw小太郎 より:

    こんばんは^^。
    百合と言えば同窓会で会った岡村のユリ・・じゃろ??君はぱっと名前が出てくるから凄いよね@@
    白いユリは山から飛んでくるのかどこにでも咲いていますね。
    我が家にも何本か咲いていますが、花がきれいなのでそのままにしているとか。
    鬼ゆりは飛んでこないけど、、そういえば鬼ゆりは和佐の山道に沢山咲いています。
    これも野生種なんでしょうね~。
    いやいや・・ここも同窓会のようでいいですね~^^。

    • 照れまん より:

      小太郎さん こんにちはー
      白い背の高いのが あちこちに咲いているね。
      高砂百合 とか 鉄砲百合 とか 知らなかったけど、調べたお陰で名前を憶えた。
      それから、近所の庭には 鉢植えの背の高い 百合にそっくりなものが咲いている。
      色は黄色やピンクなどの花がある。
      あれって、百合なんだろうか、と思いつつ眺めて、遠巻きに写真を撮らせてもらったりしている

      君は お盆が終って どこかに孫さんを連れて 旅行に行ってるのかと思っていたよ。

  14. のら より:

    コスモスさん お久しぶりです。
    ずいぶんご無沙汰しましてすみませんm(_ _)m でした。ずっとお元気なご様子、なによりです。

    最近はブログは開設していなくて、写真の保管庫代わりに「フォト蔵」を使っています。
    さまざまな写真を載せていますが、もっぱら蛾を集めることに興味を覚えてアルバムを整理しています。

    蛾が取り持つご縁でまた照れまんさんところにお邪魔することになりました。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    ******** ********

    最近見た花で、百合に似ていて百合でなかったものに「ナツズイセン」というのがありました。
    ピンク~薄紫の花で、たくさんの花が群れるように咲いていましたが、葉がぜんぜん無くて異様な感じでしたが帰って調べてみましたら彼岸花と同じ種類でした。
    アマリリスもそういえばよく似ていますね

  15. のら より:

    照れまんさん、またおじゃまします。
    fuさんに教わったので試しにyoutubeで見た(聞いた?)枝雀さんの「代書屋」を載せてみます。
    代書屋にもいくつか違うバージョンがあるようで、落ちにガタロが出てくるものとポン(菓子)が登場するものがありますね。
    かなり長いので、ずいぶんお暇な時間があれば聞いてみてくださいね。

  16. Pu'uwai より:

    あはは 蛾太郎 聞きましたよ。 大阪は水の都 川の町なのですね。

  17. 照れまん より:

    のらさん こんにちはー
    「代書屋」 落語 ありがとうございます。
    聞きましたよ。昔聞いた記憶では もっとガタロウの部分が長かったような気がしていたのに、こんな感じだったのですね。30年以上前の記憶なので、殆ど忘れていました。
    他の落語も 次々聞けそうなので ありがたいです。他の 落語も 聞いてみます
    こんな風にタダで聞けたら、CD やDVD はこたえるでしょうね。
    私にとっては うれしいことですけどね。

  18. fujim より:

    蛾太郎のらさん、 ありがとう!
    横浜の弟が若い頃 「落語は面白い、DVDの全集を買ったよ。」 と言ってたのを思い出して、その中に代書屋があるか訊いてみようと思っていたんですよ。
    落語も最近はトンと聞く機会がなかったのですが、はじめてPCでゆっくり聞きました。
    お二人ともこれを聞いていて、ガタロ を覚えていたんですね! すごい^^あははは。
    ついでに談志さんのも聞いて、同じ話でも話し手によって味が違ってくるのも分りました。

  19. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー 
    ワタシは 枝雀さんが大好きなのですが、談志さんの ガタロウ も聞いてみたいですね。暇な時に聞いてみます。

    今日は fujimさん のところの 岩国航空祭を見に行き コナンのテーマ を聞いてきました。
    コナンのテーマ や 太陽に吠えろのテーマ を スパイダースの人が作曲していたなんて 知りませんでしたよね。
    スパイダースといえば  ドラム の田辺昭知氏 が スパイダクション という会社を作って 事務所の社長をしてました。それが、後に  田辺エージェンシー と言う事務所に名称を変え、今は タモリさんなんかが ここの事務所に所属する 芸能人です。
    その昔 スパイダースと ブルーコメッツ を見ていると、スパイダースが自由奔放で ブルーコメッツが几帳面で礼儀正しい と思っていたのですが、実は逆だったようなんです。
    ブルーコメッツは 比較的自由で一人一人が独立していて、 スパイダースの方は団体行動で礼儀・上下関係など、何ごとにも非常に厳しかったと、後に言われていました。
    そんなことで、また・・・・。

  20. 照れまん より:

    のらさん fujimさん こんにちはー
    代書屋 を他の人でも 聴いて見ました。
    面白かった。 東京の話は 内容は同じでも かなり違いますね。
    それから、桂枝雀さんの 代書屋 の他のも聴いて見ましたが、こちらには 「ガタロウ」が出てきません。
    TV や ラジオ は放送時間の関係で、色々変えるのですね。
    落語を纏めて 聞いたのは久しぶり。ありがとう 御座いました

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中