照れまん君の蝶 「2011 ウラギンシジミ」

「ウラギンシジミ」

(1) ウラギンシジミ  オス    2011 10 03

 今年はなかなか蝶が撮れず、ほとんどアップアップのギブアップ
状態。
そんななかで、アサギマダラ がここのところ数日来てくれやっと
写真に撮る事ができました。
その少し前に ウラギンちゃんも庭に来てくれ、どうにか撮ること
ができました。
今年の目標の中に、ウラギンシジミ のオスとメス の羽の表・裏
をきっちり撮りたいと思っていたのですがなかなか来てくれず。
そんな中、ようやく9月中頃から2週間ほど、我が家の庭に来て
くれましたので、パチリ!
昨年までに、メスを撮っていたので、それらも一緒に載せてみます。

(2)  2011 09 22

 ウラギンシジミ はかなり敏感なので、なかなか近寄って撮ること
が出来ません。
それに、なかなか羽を広げてくれないので、表の模様を撮ること
が出来ません。

(3)   2011 09 23

チラ見 状態でも、撮れたら嬉しいのです。

最初、オスとメスが二頭いましたが、いつの間にか オスだけに
なってしまいました。下の写真はメス。

(4) ウラギンシジミ メス  2011 09 27

 下の写真、蟹の甲羅に止まっています。

(6)   2011 10 03

 この蟹の甲羅、実は私が食べたあと庭に放り投げたものです。
その殻に多少美味しい部分が残っているのか、ランチしているよう
なので、パチリ!

(6)  ウラギンシジミ と オキザリス  2011 10 03

 

 ここで、以前撮ったメス を載せてみます。

(7)   ウラギンシジミ  ♀   2009 11 05

上下の写真は  2009年に撮ったものです。

(8)   ウラギンシジミ ♀    2009 10 13

 上の写真、散歩していたら農道の白線の上に止まってくれました。
ラッキー とパチリ!!

続いて、今年撮った ウラギンシジミのオス
2週間撮っていて、ほとんど撮れなかったのに、やっと最期の最期に、
羽を広げて砂の上に止まってくれましたので、パチリ!

(9)  ウラギンシジミ  ♂    2011 10 03

ウラギンシジミ は目がとっても可愛いのです。目元パッチリ!
下の写真を見て下さい。アイラインがなんとも可愛い。
それに、手足もソックスをはいているようで可愛い。
この写真の蝶に ウラギンの銀次郎 とあだ名をつけています。

(10)

 チョウ目・アゲハチョウ上科・シジミチョウ科・ウラギンシジミ亜科・
ウラギンシジミ属    ウラギンシジミ

上の分類では シジミチョウ科 と書きました。ところがウラギンシジミ
をよく見ると、シジミチョウとは 形も大きさも全く違います。
それで、最近は シジミチョウ科 ではなく、ウラギンシジミ科 として、
新しく科が作られて分類され始めているようです。

学名 : Curetis acuta
和名 : ウラギンシジミ   裏銀小灰蝶

(11)   2011 10 03

 ウラギンシジミ とは 羽の裏が銀色。銀白色なので、ウラギン
蝶のことを知らない時には、羽の裏とは開いた上の方かと思って
いたので、逆に思っていました。
開いた時、上の方になるのが表で、閉じている時見える方が裏
なのですね。
そこで、もう一度、裏の写真。銀白色がエナメル質に見えます。
このエナメル質に見えるのは、顕微鏡で見ると、超極細の小さい
毛のようですが、肉眼ではただ白くツルツルに見えます。

部屋に入ってきたので、手に乗せてパチリ!

(12)

 (10)・(12)の写真は古いカメラの300万画素で撮っています。
画素数は少なくても、それなりに撮れていますね。

もう一度 羽の表の写真。

(13)    2011 10 03

このあたりで、最期の写真にします。

(14)   2011 10 03

今回は ウラギンシジミ の特集として、以前撮ったものと新しく
撮ったものを、 雄・雌 と 羽の 表・裏 を載せてみました。

 ◆       ◆      ◆

 

広告
カテゴリー: 動物 昆虫, 日々徒然 パーマリンク

照れまん君の蝶 「2011 ウラギンシジミ」 への8件のフィードバック

  1. issyo, k より:

    照れまん さま

     ウラギンシジミ、初めて知りましたが、写真を撮っている、照れまんさんの写真技術を含めた努力というか、知識というか、執着心というか、遊び心というか、蝶に対する愛というか・・・・・・・

    感動しました。勿論、今回だけではありませんが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    • 照れまん より:

      issyo 様 こんにちはー
      ありがとう御座います。
      俳句が なかなか出来ないので 写真で誤魔化しています。
      歳時記を読んでもピンとこなかった季語が、写真を撮り ブログを書き始めたら、結びついたというものが随分御座います。
      花の名前なんか ほとんど知らなかったのが、少しづつ 名前と花とが 結びついて、面白くなってきたりしています。
      私の持っているカメラは コンパクトカメラなのです。通称は バカチョンカメラ ですが、これが可愛がってやると、どんどんいい色合いで撮れるようになったりして、喜んでいます。

  2. haw小太郎 より:

    ウラギンちゃん スゴイね~@@、、蝶調さんも真っ青じゃないの^^。
    ウラギンは白もいいね、もちろん翅を広げてもいいけどね。
    私も♂♀両方撮ってますよ~^^。
    ほんでもピントはこっちの方がよっぽど決まってますよ。
    ウラギンは止まればこっちのものだけど、なかなか・・ぴゅーぴゅー飛びまわってね~><。
    ・・わたしもいつのまにか蝶のことが普通に話できるようになってしまいました・・?^^?

    • 照れまん より:

      小太郎さん こんにちはー
      へたの横頭巾ちゃん じゃけえね。
      下手な鉄砲 数撃ちゃ アンタッチャブル よね???
      動くし 逃げるし なかなか うまいこと撮れんから 面白い。
      蝶博士 あたりになると ウラギンとか 紋白・キアゲハ ・ヤマトシジミ なんかは 見向きもしないんだろうね。
      素人は ウラギンでも 撮ると 嬉しいんよね。
      ウラギンは 顔が とっても可愛いのです。meのカメラでは無理ですが、お宅のカメラでは、バッチリ 目玉が撮れると思います。期待してます。

  3. fujim より:

    こんにちは~
    メスとオス、違いすぎよねぇ? 両面とも裏に見えますよね、メスは手抜きし過ぎじゃないの、 そんなことではイカンぞ(^^)。
    (7)と(8)を較べてみると、翅の幅を伸ばしたり縮めたりできるのがよく分りますね。
    あれ? (7)の左の翅の先、文字が入ってるように見えませんか?
    TELEMAN・・じゃないか^^、 でもあれは模様ですか? 疵ですか?
    ウラギン銀次郎君の 目 ってどれ?
    あの黒く見える球ですか!? あんなに大きいのですか!◎◎!ビックリ

    オスと照れまんさんの根気比べ、 照れまんさんの勝ち☆☆!! 根性ですねぇ。  2週間も粘られたのでは降参するしかない、触覚までキチンと揃えて敬意を表してるよ。
    翅を広げたところを撮るだけでもナカナカなのに、雄と雌の ウラとオモテ、バッチリ・・・ さすがです☆☆パチパチパチ

    • 照れまん より:

      fujimさん こんにちはー
      最近の男の人に 妙に着飾りたい人が 多くなっていますよね。
      オオニシケンジ っていうと 普通の男って感じですが、 はるな愛  となると、世界一 ですからね。
      やっぱり、オスは 本来そういうのを持っていたのでしょうか。
      銀次郎君も キレイで 美人 ですよね。
      ウラギンちゃんは 目がとにかく 可愛いのです。これが撮りたいのですが、外ではそんなに近づけないし、私のカメラでは無理なので、諦めています。
      この程度の写真でも、感じは解っていただけますでしょうか・・・。
      マクロをお持ちの方に、期待しています。

  4. Pu'uwai より:

    ♂はオレンジで♀が白なのですね。
    見分けがつかないと思ってたのに、蝶簡単でびっくりしました。好みでオレンジでも白でもどっちでも良いですね。色の好みじゃないって、、、それなら雄がいい。 なんのことやら、三味線やら えへへ(・。・;゜☆ペシsorry

    裏銀ちゃんの目かわいい。セセリの目もかわいいよ。ところがセセリの顔は可愛くない。撮り方でブスにもヒョットコにもなりますね。セセリの目は真っ黒だけど裏銀ちゃんは眼底が白ですね。これがアイシャドー効果になる訳だ。マクロでも照れまんさんの超接近には敵いませんよ。ここまで近づけないですからね。
    今年は、殆ど蝶を撮らなかったな。気持ちが唄と踊りに行ってしまったから写真が二の次になって、撮らなくても、まぁ、いいか。 こうして皆さんので楽しんじゃおう。 fuさんも近々浅黄斑蝶をupするそうだしね。

  5. 照れまん より:

    Pu’uwaiさん こんにちはー
    蝶簡単 なんて、 Pu’uwaiさんも いつの間にか 笑点の視聴率を上げるのに、貢献していますよ~~!
    静岡の文化祭はさすがに大都市。すごい舞台ですね。
    あんな所に出ていたら、それは燃えますよ。素晴しい!!

    それに引き換え、私の方は ウラギン やら ウラナミ やら ウラナミジャノメ やら 裏街道ばかりを チマチマと 撮ってばかりです。
    セセリは目がでかくて 可愛いですよね。しかし、小さくて、なかなか撮りにくい・・・・・。
    舞いペースで ぼちぼち やりましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中