照れまん君の俳句歳時記 「ラ・フランス」

ラ・フランス座せば動かぬココ・シャネル     照れまん

 

P1480693

二軒目の八百屋に在りぬラ・フランス     高澤良一

ラ・フランス は昔あまり見かけませんでしたが、最近はよく見るようになりました。
形が面白いというか、ユーモラスなので、それだけでも詩になります。

考えあぐねて洋梨の形になる           星野早苗

物思へば洋梨も「考へる人」のさま         林 翔

ラ・フランス 品種名 : Blanchet Claude
フランス原産の梨。

英名 : Europian pear
          形は 女神の乳房、果汁はビーナスの涙と称される

1864年、フランスの ジュロード・ブランシェ氏が発見したので、品種名に彼の名が。
日本へは、明治36年、1903年に静岡の農業試験場に導入された、とあります。
ラ・フランス の他に 別品種の ル・レクチェル なども近年有名になっています。

俳句では、「」 は 秋の季語

「日本大歳時記」には,「梨」の中に、傍題が幾つか在りますので書いて見ます。
「日本梨」・「赤梨」・「青梨」・「二十世紀」・「長十郎」・「洋梨」・「バートレットキーファー」
「シナ梨」・「梨子」・「ありのみ」・「梨売」 などがあります。
「ラ・フランス」 と言うのは載っていませんが、「洋梨」の中に含まれます。
現在では、ラ・フランス でも充分理解されますので、新しい歳時記には掲載されて
いるかも知れません。
「ラ・フランス」 だけで、独立した季語として成立させても、面白い
と思いますけど・・・。

ラフランス裸婦ラフランス戴き頃       富田敏子

富田敏子氏のとても面白い句。裸婦の像か絵画が飾ってあるのでしょうか?
それとも、ご自分が風呂上りでバスタオル一枚?そんなことは無いか!
ラフ というのが重なって面白いし、調べがいい。
ところで、最近の小学生に聞きました、と言うのが放送されてました。
「自分のお母さん、はどんなお母さん?お母さんと聞いて一番に思いつくこと、お母
さんと聞いてどんなイメージを思い浮べますか?」
という問いに子供の答え。
「勉強しろとガミガミ言う」・「長電話」・「昼寝をしている」・「自分は手抜きばっかり」
などが上位。もちろん、「優しい」というのもありました。
下位のほうに僅かにあった答。「お母さんは風呂上りに、パンツ一枚で部屋の中を
うろうろする」というのがありました。なんで?どうして?と思いましたが、最近は女の
人が一人で住み、一人で子供(娘)を育て ている人が多くなり、家に男の人が居なく
なったからのようです。
面白いですね。裸婦というので、ちょっとそんなことを思い浮かべたりしていました。

ラ・フランス は食べ頃がやや難しい追熟させる果実。
西洋梨は木の上では成熟しない特性があるので、捥ぎたてはあまり美味しくない。
摘果後、10日から2週間置くといい香りがし始め、甘みが出てまろやかな舌ざわりと
なって美味しくなる。その頃が、ちょうど食べ頃です。

実は、私は富田氏の句を初めて見た時、とても面白くて感激したので、自分も
ラ・フランス の句 を作ってみたい と思ったのです。
それで、作ったのが最初の句。
最近の若い女性は楽をしたがり、ブランド好きの
遊び好き。そんな所をちょっと俳句に詠んでみました。誰のことかと言うと、誰で

しょう??一般的に若い女の子としておきます。

もう少し、ラ・フランス の句を載せてみます。

洋梨にヴィーナスの線ありにけり       篠田純子

西洋梨ごろんと一つ静物画              高澤良一

どちらの句も、芸術を詠んでいます。

ラ・フランス時々パリの方を見る       三富みきえ

三富氏は パリにお住まいだったことがあるのでしょうか?含みのある句です。

ラフランス五百羅漢の二重顎          古川塔子

五百羅漢とラフランスの取り合わせは、意表を付いています。

別姓の二人の卓のラ・フランス         内田美紗

内田氏の句は、現代ですよね。

P1480702 ラ・フランス と レッドドラゴン     2011 11 15

ラ・フランス だけでも、いろんな句が読めますね。
これから、どんどん ラ・フランス の句が詠まれるではないでしょうか。

熟成は推敲の間ぞラ・フランス           照れまん

まだ、秋の基本季語の「梨」を書いていないのに、その中の洋梨の「ラ・フランス」
だけを先に書いてしまいました。

以前、「山梨 ← を書いたことがあります。もしお暇でしたら、そちらを御覧下さい。

そういうことで、今回は秋の季語 「梨」 の中の洋梨の一品種、
ラ・フランス」 だけを取り上げ てみました。

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「ラ・フランス」 への21件のフィードバック

  1. Pu'uwai より:

    TPPの照れまんさん こんばんは

    動きましたね。どうやら山場は越えましたか。 良かった。良かった。
    ラフランスの香りはいいですね。甘く美味しそうな香りです。
    花は知ってますがドラゴンフルーツは食べたことないのです。
    美味しかったですか。どんな味?
    花は白の月下美人と同じ花ですよ。夜咲きます。

    ラフランス ドラゴンボーイといい勝負   プウバイ

    日本の梨は追熟しないから木で完熟させますが、洋ナシは追熟させなきゃいけないんですね。あべこべですね。

  2. 照れまん より:

    Pu’uwaiさん こんにちはー
    とうとう、TPP に参加表明??? ではなくて、GPP!! こらこら、何のコッチャ?
    ところで、今頃になって やっとライターで書くことを決心しました。
    WP もあれだけ 記事を書くのが不都合なので、そのうち直してくれるだろうと思っていたのに、諦めました。
    祭の記事を書いていた時、終わりの方で 最期の写真3枚と記事を書き終えて、そのまま文章を書き直しをしていたら、写真も記事も終わりの方が3枚分、全部消えてしまい、どうやっても復元できなかったのです。
    それで、腹を立てて ふてくされていました。
    ということで、ラ・フランス からは ライターで書いています。
    写真の載せ方が 変わったのかなあと思ったりしたのですが、変わってはいない??のでしょうか。
    何はともあれ、やっと ライターで載せることが出来たので、まあまあです。

    ドラゴンフルーツは 日本で食べるものは 美味しくないと書かれていますね。こちらは サボテンの木の上で完熟させると美味しくなるのに、日本に出すものは 未熟のまま摘むそうです。それで、ドラゴンの方は 追熟 はしないので、置いていても 美味しくはならないそうです。
    果物も 色々 個性があって面白いですね。
    ドラゴンの方はまだ食べたことが無いので、どうやって食べるんだと 思案中です。

  3. 蝶調 より:

    今晩はー。近くに住んでる蝶調です。ご無沙汰しています。祭り以来音沙汰がないのでまたくしゃみかなと心配していました。裸婦ラフloveで無事復活されたので安心しました。パソの方も調子が悪かったのでしょうか。今度はライターを使ってパリパリ載せて下さい、楽しみにしています。ラ・フランスの俳句はみんな面白いですね。

    ではまた。

    • 照れまん より:

      蝶調さん こんにちはー お久しぶりで御座います。
      ブータン から お帰りなさい。
         え~~っ、ブータンには行ってない?
      そうでしたか。私はてっきり ブータンの山の中で 蝶を追いかけているのかと思いましたよ。
      ブータンからの来賓は 国王夫妻。
      そうでしたか、ブータンの服装は どことなく 日本の着物に似ているような・・・?

      そちらは アサギマダラ の飼育に 没頭しておられる・・・?
      蜜柑が だんだん 食べ頃になってきましたね。
      コチラノ ラフランス はもうチョイ 食べ頃になっていません。

  4. haw小太郎 より:

    こんばんは^^。
    ラ・フランス座せば動かぬココ・シャネル・・いい句ですね~!!
    ・・とは思いますけど、意味が分からんのです><。
    ココ・シャネルはシャネルの5番よね・・いやいや私のような凡人には俳句は奥が深すぎますよ~><。

    これはwriterで書いたの?・・そういえば写真がwriterですね。
    writerで書いて、これでよしと投稿するとupした記事が「ありゃっ」っていうことがよくある。
    殆どがセンタリングしたつもりが左寄せになってる箇所があるのよね。
    それで何度もwriterで修正しては送信したりしている。
    ほんで最近writer画面の左下に「編集・プレビュー・ソース」というタグがあるのに気づいたわけ。
    そこのプレビューをクリックすると投稿しなくても不具合が分かるのが分かった??というオソマツでした。

    ところで、ドラゴンフルーツっていうのかなぁ、赤いのは・・私は食べたことがないんよね・・多分。
    美味しいんでしょうか?

    • 照れまん より:

      haw小太郎さん こんにちはー
      あのね、最近は 田舎のおばあさんでも ブランド品を持っているのよね。
      小生が入院中に やたら ブランド品を自慢する お婆さんがいたのよ。
      これが、シャネルのバッグ とか スカーフ、 これが グッチの財布 とか・・・。
      どうやら、娘さんが買ってくれるらしい。それに、いらなくなった物を お母さんのところに 使いんさいと 置いて帰るらしい。
      その他にも ブランドを自慢する人もいたのよ。
      男 って ブランド品は持ってないし、あんまり興味が無いよね。
      ほんで、わたしが、「男はブランド品は持ってないからねえ・・・」と言いつつ、
      タオルケットを持って行ってたので、「このタオルケットは エマヌエル・ウンガロ なんよね。それから、この肩掛けは イヴ・サンローラン でね、パジャマが ピエール・カルダン、ボールペンはダンヒル、、このシャツが アーノルド・パーマーで、この小さい香水は ジバンシー なんよね!」
      って言って見せたら、お婆さんが 口をぽかんと開けていた。
      ほんで、とどめにね、  やっぱり フンドシ は福助じゃねえ、 と言ったらみんなで 大笑いじゃッた。
      いやー、あの頃の入院は楽しくて。毎日 アフタヌンティーをしていた。誰かが お見舞いにお菓子を貰うので、それを持ち寄って、お八つにしていた。
      いまは、あんなことはなくなったねえ。寝たきりの人が増えて、個室が多くなったので、ほとんど患者の交流はなくなったみたい。
      私の部屋に いっぱい患者が集まるので、よう看護婦さんに叱られていた。
      そういえば あの時 シャネルの香水でなくて 偶然ジバンシーの香水を持っていた。

      ラフランス困った困ったラフざんす     じゃがね、 ドラゴンフルーツ が腐ってきている。

    • Pu'uwai より:

      小太郎さんにお訊きます。
      wrierで記事を書くときの注意点として記事幅がありますね。
      ラフランスの記事はvistaで見ると記事幅一杯で改行はおかしくありません。Window7で見ると記事幅が足りなくて改行が変に切れて、2段になってます。小太郎さんはどんな風に見えてますか?

      • haw小太郎 より:

        Pu’uwaiさん こんばんは^^・・ってここは照れまん君のとこですけど^^。
        改行というのは文章が1行で終わらずに下の行に段落しているということですかね~?
        改行のことは気が付きませんでしたのでもう一度見てみました。
        win7でブラウザはIE9とfirefox8を使っていますが、テーマ2010はIEとfirefoxではフォントが違って見えます。
        おそらくvistaとwin7で見たときはフォントが違うのではないですか?
        私の場合、WPをIEで見ると見ずらいフォントになったり若干問題があるようなので、
        今はfirefoxを使うことが多いです。
        IE9で見るとpuさんの言われるような箇所が見えます。
        ですが、firefoxでは照れまん君の記事は改行なく見えます。XPで見るのと変わりないです。

  5. fujim より:

    光の陰影が絶妙!!
    右に出来た黒い影を背景に、お皿の反射を受け止めたらふちゃんが
    白く滑らかに浮き出て見える・・・ 素晴らしい!!
    裸婦ラフランスは芸術だ~~

    座して動じぬファッション界の重チリ(尻^^?)と 裸婦ラフランス! うまい!! 

    この絵を見ては息抜きさせてもらってる 眼の どこも・ショボショボでした~~!
       Writerで投稿 おめでとう!

  6. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー
    ようこそお越し下さいました。
    DVD作成で 大忙しなのに どうもどうも です。
    重い腰を上げて やっと ライターで記事を書くことにします。
    この記事を書くのに 物凄く時間が掛かってしまいましたが、どうにか書けマシタ。
    少しづつ慣れれば MSN の時と同じように書けるようになるでしょう。
    リンクも出来たので、まずまずです。
    WP に直に記事を書くと バックスペース を叩くと 記事が消えるのが どうにもなりませんでした。復元できる時と 出来ない時があるので、困りました。
    そういうことで、これからも、よろしく・・・・。

  7. 照れまん より:

    Pu’uwaiさん こんにちはー
    やっぱり!!
    あのね、記事を書きながら これだと改行が変になるんじゃあないかなと、思いながら書いてました。
    今回 MSN に書いていた時とお同じ書き方をしてみました。
    こう書くと、たぶん WP で古い記事を見た時に 行がずれるのと、同じになるのではないかと思いました。
    改行をする時に shift を押さえてエンター をしているのと、shirt を押さえないで改行しているところがあります。
    ライター で記事を書く蘭は とても右が広いのです。ところが ブログの記事の幅は やや狭いので、その幅の違いが 書き方によって 残りの文字が中途半端に出るのではないかと思います。
    小太郎さんは ほとんど記事は 中央揃えで 書いているので、問題は無いのだと思います。
    そこんとこ よろしく・・・・。

    • Pu'uwai より:

      小太郎さん 照れまんさん お騒がせしました。
      お二人のコメントからよく分りました。
      IEのレイアウトは横幅が狭くて、Firefoxのレイアウトが若干広いです。
      その為に、IEでは行ずれが起きます。ちょうど5文字分です。

      Firefoxで見る読者はこのままで良いけど、IEのwindows7の読者の為には1行を5文字分少なく改行すれば揃います。行ズレは起きません。ということが解りました。

      照れまんさん
      writer2010の古いバージョンですか?
      私のvista(古いPC)もそうなので、もし、使い方で聞きたいことがあったら言ってください。確認できます。

      それじゃ、 よそ様の所でがたがた五月蠅く言ってすみませんでした。

      • 照れまん より:

        Pu’uwaiさん こんにちはー
        Writer の バージョン情報を見たところ  2009 のようです。
        これだと どうなんでしょうねえ。
        たぶん、文章を書く時、左端から始めて 右端までバッチリ書くと 自動的に次の行がいい具合になるのだと思います。
        行を変えようと Enter を押すと プレビューで見ると 一行あいています。それで、Shift を押して 行を変えると 行が詰まっているのでちょうどいいのが解りました。
        まだ、解らないことだらけなので これからもヨロシク☆

  8. kenji より:

    こんばんは…ラ・フランスの俳句がこんなにたくさんあるとは知りませんでした。みんな奥が深くてイイ作品ばかりですね~最近、俳句も勉強中ですが短歌と違ってはるかに難しいです。このブログで学習しますのでよろしくお願いいたします。

    • 照れまん より:

      kenjiさん こんにちはー
      ワタシのブログで 学習だなんて おこがましいですよ。
      面白 可笑しく 書いているだけですから・・・。
      私は モノグサ の優柔不断 なので、 一ヶ月に 三つか四つしか 記事はアップしてませんので・・・。俳句はたまになんですよ。
      そこんとこ ヨロシクお願いします。
      ラフランス の短歌 作ってください。 俵万智さんの 短歌を探してみたのですが、検索では見つかりませんでした。
      ではでは・・・・。

  9. medaka4841 より:

    ドラゴンフルーツ高いです。追熟はするようですよ。うっかりほっとくと腐るもん。半分に切ってスプーンで食べるのがおいしい。
    ラ・フランスは今じゃ うんと安くなって 買いやすいですね。
     出始めのころ 山形から取り寄せましたよ。日本の梨と違って甘かった!柔らかかったけど。
    いつも ワゴン(傷みかかってる商品)から選んでます、そしたら丁度 食べごろやもんね。
    バートレットはどっちかというと林檎っぽい味がしました。
     どちらもジャムにしたらすごく贅沢な味でした。あ 勿論金額も贅沢で 二度と作れません。作りません。
    しかし ここは使いにくくなりました!細かい仕様変更するし。

  10. 照れまん より:

    medaka さん こんにちはー
    梨のジャムは 昔は見かけませんでしたが、最近はありますね。
    ドラゴンフルーツは その後3日して 食べてみようと見たところ もう半分腐っていて 捨てられました。
    残念!  果物は早く食べないと いけませんね。
    パイナップルは いつまでたっても誰も食べないので、テーブルの上で よく腐っています。可愛そうな パインちゃん★

    それにしても、とうとう WP に直に記事を書くのを 諦めて、ライター で書き始めました。
    ライターの 特徴が まだつかめてないのですが、記事が消えることが無いので とても楽に書けます。
    その点はいいです。
    WP って なんか日本人ユーザー のことなんか これっぽっちも 考えてないですよね。日本語はすごく書きにくい。
    英語を書いてる分には 何ともないのでしょうか?それが、ず~~と疑問でした。
    medakaさん WP 頑張って下さいね。

  11. kenji より:

    こんばんは…いつもお世話になっています。ありがとうございます。
    一応、京都にある短歌結社「塔」所属です。
    HPもありますので、一度のぞいてみて下さい。

    …失礼しました。

    • 照れまん より:

      kenji様 こんにちはー
      「塔」短歌会を見ました。
      ウイキペディア にもでてきましたので 読みました。
      短歌会 の方はほとんど知らないので 読んでみてびっくり。
      毎月10首も 投函するのですか。すごいですね。
      京都は大学の町なので いい先生が沢山おられますよね。
      私が知っている歌人は僅かしか居ないのですが、その中で 最も好きな歌人が 河野裕子氏でした。
      テレビの「短歌」 と 新聞の 歌壇 の蘭はよく見ていました。
      まだお若いのに 惜しい歌人を亡くしましたね。まさか あの 河野裕子氏が 「塔」 だったとは知りませんでした。
      そうでしたか、kenjiさんは 「塔」 でしたか。
      これから、ガンガン いい歌を詠んで下さい。

  12. cosmos より:

    こんばんは。
    ラ・フランスという名前を知ったのは、そんなに昔じゃないように思うのですが、
    実家には、私が生まれたときから二十世紀梨や他の和梨に混じって、10本くらいしかなかったけど、洋梨の樹がありました。 見た目はラ・フランスと全く同じで、緑色の硬い時期に収穫して出荷していました。
    熟すと黄色くなって、甘くてトロッととけるような食感でとてもおいしかったです。
    「よしもと」 という名前でしたので、「よしもと」 のことをラ・フランスと言うのだとばかり思っていましたが、調べてみると種類が違うようで、輸入された苗木を岡山県の「好本亀太郎」さんが、購入した中に、1本だけ違うものがまぎれこんでいて、これに「吉本号」という和名がつけられて日本で栽培されるようになったのだそうです。 完熟でレモン色。多汁で香気も強く、甘く、高級品。 と書いてありました。
    お店で「よしもと」 という名前は見かけないし、聞きたくても父はいないし・・でも照れまんさんのおかげで、「よしもと」の謎が解けました。
    「山梨」のところで、二十一世紀梨のことを話されてましたよね、品種改良されて出来た「二十一世紀梨」は確かに存在してましたが、もうひとつ人気がなくて、栽培されなくなったようです。

    • 照れまん より:

      コスモスさん こんにちはー
      大阪の子供が悪いことをすると、
      「こらっ、そんなことしたら、ヨシモトに入れるで~っ!」
      という、あのヨシモト とは違うんですね。
      好本と言う品種があるんですね。ありがとう御座います。又新しいことを知りました。
      ラ・フランス は本国のフランスでは ほとんど栽培されて無いと書いてあるのですよ。
      気候が合わないらしいのですが・・・。違う新しい品種 を植えているのでしょうか?
      そのあたりは 詳しく解らなかったので、ココには書きませんでした。
      岡山は意外と果物の県なんですね。
      ラ・フランスは山形が一番と書いてあったような。ル・レクチェ は新潟県とか・・・?
      洋梨は寒い方が合うのでしょうか???
      ヨシモト は名前が面白いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中