照れまん君の俳句歳時記 「芙蓉」

ピンクとは健全美麗花芙蓉       照れまん

 P1180036 (1) 芙蓉     2008   09   27

              被子植物門・双子葉植物綱・ビワモドキ亜綱・アオイ目・アオイ科・
              フヨウ属 フヨウ

             学名 : Hibisucus mutabilis
              英名 : Cotton rosemallow 、 confederate rose
              和名 : 芙蓉 フヨウ
              漢名 : 木芙蓉、 芙蓉

              学名の Hibisucus属 は エジプトの神「「Hibis] とギリシャ語の
              「isko」似る、 から
              mutabilis は 変わりやすい、不安定

              原産地 : 中国・台湾、   沖縄・日本にも自生と書かれている

P1470110 (2) 花と蕾     2011   09   29

枝振りの日毎にかはる芙蓉かな       芭蕉

              芙蓉の花はとても美しいので、美女に例えられる。
              花は一日花なので、夕には萎んでしまうので、美人薄命の喩えとも。
              蕾が沢山あり、次々に咲くので、何日も同じ花が咲いているように
              見えるが、次の蕾が咲いている。

              花弁は5枚。中央に筒状のものがあり、その周りにびっしり雄蕊
              が付いている。中心の先端が五裂した雌蕊になっています。

P1460823(3)     2011   09   22

              さて、俳句です。

              俳句歳時記では、「芙蓉」は 秋頃に咲くので 秋の季語。
              傍題に 「木芙蓉」・「花芙蓉」・「白芙蓉」・「紅芙蓉」・「酔芙蓉」
              があります。
              俳句を見てみましょう。

                       秋の風芙蓉に皺を見付けたり             蓼太

              蓼太氏の句、確かに花を見ると、皺があります。
              大島蓼太・おおしまりょうた (1718~1787) 江戸時代中期の俳人。  
              代表句に、こんな句があります。
                      
世の中は三日見ぬまに桜かな            蓼太

              明治以降の俳句を見てみます。

                   露なくて色のさめたる芙蓉哉          正岡子規

                       物陰に芙蓉は花をしまひたる         高浜虚子

                      反橋の小さく見ゆる芙蓉かな          夏目漱石

P1170945 (4) 2008 09 27

                    ゆめにみし人のおとろへ芙蓉咲く        久保田万太郎

              万太郎氏の句、芙蓉の花は、毎年きれいな花を咲かせてくれます。
              しかし、人間はどんな美人でも、いつの間にか衰えてしまいます。
              憧れだった美人もいつの間にか・・・、自分の老化も感じています。

P1460556(5)      2011 09 13

                      白芙蓉暁の明星らんらんと             川端茅舎

                      逢ひにゆく袂触れたる芙蓉かな       日野草城

                      黒猫ゐてこの家の芙蓉まだ枯れず   秋元不死男

               いい句ばかりです。

12150045                                        (6) 花の枯れたあとの種  

                もう少し、俳句をみてみます。

                             呪う人は好きな人なり紅芙蓉             長谷川かな女

                             刈られても刈られても咲く芙蓉かな      松崎鉄之助

                             芙蓉咲く死後も一歳上の妻                神蔵  器

P1460608                         (7) 上の写真の花は何でしょう??
                  芙蓉にそっくりなので 芙蓉 だと思い、芙蓉のフォルダの中に入れていた。
              しかし、何となく違うような気がして調べてみたがよく解らない。
              どうやらこの花は 木槿・ムクゲ ではないかと思うのですがどうでしょう。
              木槿 も 芙蓉と同じ アオイ科・フヨウ属 なので、よく似ています。
              アメリカ芙蓉 や 草芙蓉 と言うのもあるのですが、少し違うよう。
              もし、どなたかお解かりでしたら、お教え下さい。
              木槿 については、、また別に記事を書きますので、ヨロシク。

              ここで、短歌を一首。

                   秋風が目まぐるしくも吹くと云ふ草の中なる紅芙蓉かな     与謝野晶子

P1280806                                              (8)

               もう少し、俳句を載せてみます。
               久保田万太郎氏の句を、もう一句。

                     三味線も器用 に弾きて芙蓉かな       久保田万太郎

                  これは女性が弾いているのでしょうか?それとも、御自分?

                              競ひ咲く花にはあらず芙蓉咲く          三橋鷹女

                 鷹女氏の句。廻りに他の花がないので、優雅に咲い ています。

                                紅芙蓉白芙蓉又紅芙蓉                星野立子

                立子氏の俳句は、典型的なこれぞ俳句という俳句。
              俳句は、名詞と名詞を助詞で繋げば俳句になる、と言われるほど
              簡潔を旨とするのが基本
。これが俳句初歩の頃に教わること。 
                この句は、名詞と副詞 だけで出来ている。芙蓉の他は不要?と 
              ばかりに、他の事は何も言わない。それで充分なのです。 
              たぶん、散歩していたら、こちらの庭にもあちらの庭にも、そしてまた
              こちらの庭にも咲いているのでしょう。庭のある端正な住宅街が思わ
              れます。

              それから芙蓉の中では、酔芙蓉 と言うのも有名です。
              朝は白いのに、午後からはだんだんとピンクから赤くなります。

P1300857(9) 酔芙蓉

              上の写真、上の白い花が今日咲いた花で、下のは昨日咲いて赤く 
              なり、萎んでしまった花。
              俳句には、酔芙蓉を詠んだ句が沢山ありますが、又の機会にします。

              以前、2007年に酔芙蓉の記事を書いたのですが、今見ると記事は 
              ガタガタ、写真は重なっているし、読みずらいので、リンクは 諦め
              ました。

P1470116 (10)     2011   09   29

              花言葉 : 繊細な美、 華やかな恋

              芙蓉の中には、淡紅色縞模様の「芙蓉連隊旗」と言うような変
              わった品種名 の花もあるようです。白花など、多くの品種があ 
              るようです。

              今回は、これほど美しいピンク色は無いぞ、と言うほど美しい
              ソフトピンクの花。
             
秋の季語、「芙蓉」  を載せてみました

                           ◆          ◆         ◆

広告
カテゴリー: , 俳句・植物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「芙蓉」 への23件のフィードバック

  1. kenji より:

    キレイなピンクのオンパレードですね~

    久保田万太郎はいいですね~

    • 照れまん より:

      Kenji さん こんにちはー
      ありがとう御座います。
      万葉集や古い和歌を探したのですが、見つかりませんでした。
      芙蓉は日本に自生していたと書いてあるのに、何故 古い時代和歌に詠まれなかったのでしょうかねえ??こんなにキレイなのに!!
      不思議です。
      久保田万太郎氏の俳句は いいでしょう。私も大好きな、俳人です。

  2. 昔の乙女 より:

    こんばんは。
    青空の下でピンクの芙蓉が綺麗だわ♬♪♫
    私は≪刈られても刈られても咲く芙蓉かな≫が好きだわ♡♡

    • 照れまん より:

      昔の乙女 さん こんにちはー
      ありがとう御座います。
      毎年 これでもかっ と言うほど刈り込まれているのに、夏になるとぐんぐん伸びて、枝がすごく繁りますね。強い植物です。
      よそんちの庭に咲いていても 背が高いので 垣根越しにでも充分撮れるのが、嬉しいです。
      内緒で撮らせてもらったものも何枚か・・・・。

  3. haw小太郎 より:

    こんばんは^^。
    この花が芙蓉という名前ですか!この花は大島でよく見かけましたよ^^。
    大きな花で何だろうとは思っていたけど、今はもう枯れているんでしょうね~
    ピンクの花も綺麗ですが、ヘッダーのトンボはよく撮れてますね~!!
    そういえば前に赤とんぼ談義をしたような・・その頃撮った写真かなぁ?・・VeryGood!!

    • 照れまん より:

      小太郎さん こんにちはー
      ヘッダーの赤とんぼは 2008年に撮ったものです。
      池の中にいるので、足を踏ん張って手を伸ばしていたら、ツッカケが池に落ちたと言う時の写真です。
      赤とんぼ と言うのは 一種類かと思ったら 沢山いるのでびっくりした。
      この写真は 赤とんぼの 胴体の横の模様が写っていたので、リスアカネ だろうと解りました。
      何で リス?なの??? と思って、調べた記憶!
      芙蓉は あちこちの庭や空き地に咲いています。種が飛んで繁殖するんだろうね??

  4. 蝶調 より:

    草刈り機 一株残す 芙蓉かな

    我が家のみかん畑には毎年雑草に混じってたくさんのピンクの芙蓉が咲いています。種をまき散らして増えるのでしょうね。本当に青空が似合います。

    • 照れまん より:

      蝶調さん こんにちはー
      ようこそ おいで下さいました。
      突然ですが・・・、 今日から 蝶調さんも 立派な俳人です。
      芙蓉かな  の 「かな」 がいいよね。立派な俳句になっている。それに、自分が草刈機を使っていて残したのに、あたかも草刈機に意志があって、美しさが解るような感じがして、そこがいいね。
      キレイな芙蓉の花の小さな株を残して草刈 なんて、素晴しい。
      認定書  今日からアナタも 俳句愛好者と 認定します。 パチパチパチ☆

      草むらの中に 一輪だけ 15cmくらいの小さな小さな株の芙蓉の写真を撮っていたのですが、解りにくいので、載せるのはやめました。

  5. Pu'uwai より:

    照れまんさん 惜しい95点  今回はこれで十分goodですよ。
    -4点の部分を下に書きます。
    -1点 
    大島蓼太・おおしまりょうた (1718~1787) 江戸時代中期の
    俳人。
    代表句に、こんな句があります。

    -3点
          芙蓉にそっくりなので 芙蓉 だと思い、芙蓉のフォルダの中に入れて
    いた。
    しかし、何となく違うような気がして調べてみたがよく解らない。
    どうやらこの花は 木槿・ムクゲ ではないかと思うのですがどうでしょ
    う。

    -4点
         秋風が目まぐるしくも吹くと云ふ草の中なる紅芙蓉かな 与謝野
    晶子

    -5点
         たぶん、散歩していたら、こちらの庭にもあちらの庭にも、そしてま

    こちらの庭にも咲いているのでしょう。庭のある端正な住宅街が思わ

    もう、どこでシフト+エンターをしなかったか解りますね。

    今回の記事は、字体も読み易いからこのフォントで行きましょうね。fuさんの記事の文字と同じ字体に見えます。大きさもバッチリ良いです。文字色や見出し文字の大きさ等々全てよく出来てますね。-5点はこのまま直さないでおきましょう。直して再投稿すると写真が同じだけupされます。つまり、記事の写真は増えませんライブラリーの写真だけ倍に増えます。PCにストレスをかけてPCが重くなる原因になりますから、このままで訂正するのはやめましょう。 もっと慣れたらライブラリーのダブった写真の削除の仕方も教えます。 お疲れ様でした。

    芙蓉の写真もトンボの写真も素晴らしい。
    俳句は、又、改めて伺います。

  6. Pu'uwai より:

    ありゃー しまった。 コメントでもスペースの部分が無くされてる
    1点めは ※ここでS+E  俳人。
    2点めは ※S+E    いた
    3点めは ※S+E   う。
    4点めは ※S+E  晶子
    5点めは ※S+E  た    こりゃ、謎解きだぁ  (?_?)

  7. 照れまん より:

    Pu’uwaiさん こんにちはー
    ドウモドウモ、ソウですか。 やっぱりと言う感じです。
    ちょっと、左の空白を 多くしすぎましたね。
    今度は、七文字分 開けて、文章の始まりは 8文字分開けた所もあります。
    自分のブログを見ると、まだ 左に少し寄りすぎくらいなんですけど、他のもので見ると違うのですね。
    3ヶ所 は少し長すぎると思ったのです。短歌も フォント14 だと納まりそうも無いので 12 に小さくしたのですが、それでも 駄目でしたね。
    やっぱり、左に貼り付けて書くほうが いいかもしれませんね。
    それと、7文字分も開けるのは 開けすぎでした。
    それと、フォントを大きくしてから、右に移動させると、プレビューで見ると、思った位置とは相当に違っています。B を使って文字を濃くしてからの移動も駄目ですね。
    小さい文字で書いて、それを移動させてから、文字のフォントや濃さを変えないといけませんね。
    やってるうちに いろいろ解ってきます。
    また、ヨロシク お願いします。

  8. Pu'uwai より:

    照れまんさん windows 7 でIEで見る人は5か所飛び出しただけです。XPやビスタで見る人はまったく申し分のない記事構成です。無理に縮めなくてもいいと思いますよ。fuさんはどう見えるか聞いてから次の記事構成を決めた方が良いと思います。

    やってるうちに解ってきますね。
    ここでも画像の枠がバラエティに富んでますね。(1)と(4)の枠なしは写真の広がりを一層強調してるし、撮った人が何を言いたいのか伝わって来る見せ方になってますね。「こせこせするなよ。小さいことに拘るなよ」と言われているような気がしました。
    最後の(10)白枠にちゃんと収まって、「ありがとうございました。又、来てください」とご挨拶しているように見えました。
    (7)木槿に似てますね。茎は木質か草花のような茎かで違ってくると思うけど、葉は木槿みたいですね。

    • haw小太郎 より:

      Puさん、
      ちなみにですが、私のwin-7、IE(9)では-5点の部分は見当たりません。
      綺麗な段落になっていて違和感は全くないです。
      firefoxでも全く同じに見えます。
      参考までに・・

      • Pu'uwai より:

        小太郎さん ありがとう
        PCによって見え方が違いますね。この記事はとても良い仕上がりだと思います。
        小太郎さんは確かNECでしたね。私のはfujituです。それだけでも差が出ちゃうんですね。

        照れまんさん
        うんうん、これで照れまんさんもwriterで書く快感に味をしめたってことですね。
        めでたし! めでたし! good! très bien (トレ 鼻炎)! 風邪ご注意

  9. 照れまん より:

    Pu’uwaiさん 小太郎さん こんにちはー
    お騒がせしてすみません。ありがとう御座います。
    何も記事の左端に余白を造らなくてもいいのに・・・・、ちょっとやってみたくて、ネッ!
    自分のパソコンで見るのは ちょうどいいのですが、色んな物によって、違いが出てくるのですね。
    WP で記事を書くのはやはり大変ですね。 ライターの方がはるかに楽です。
    A班 にして スペースキー を ダダダダ・・・と押して 空白を作るのは 結構カイカンがあって、面白いんですよね。これって、 私だけ???
    こんかいは A般 で 14回押したのが 文章の始まりで、俳句は 確か 20回 押したような???
    こいつ アホカ! と思うでしょう。  はい、アホちゃいまんねん パーでんねん★

    • haw小太郎 より:

      毎度~♪
      もしもし・・あ般?A般?・・・何のことを言いよるんかと・・外野席で首を捻っておりました。
      あ般と書いてあるスペースキーってどこにあるんやろ??と必死で探したよ~@@
      puさんもさぞや焦ったんじゃないかしらん^^。

      それで、writerでスペースを空けてもUPしたらスペースが無くなったり縮まってる。
      ずっと疑問に思っていたんだが、まーえーか、とほっておいたのよね。
      ところがA般で空けるとUPしても問題ないのよね~@@
      これは照れまん君の大発見ですよ~(私にとってはですが・・)!!

      というわけで、照れまんさん、Pu’uwaiさん どうもアリガト~^^。
      ほんで思い込みのpuさん^^・・私はNECではなくてVaio(SONY)です。

      • Pu'uwai より:

        小太郎さん  吹いてしまいました。
        思い込みのφ(*^m^*)凹puがお詫びします。 sorryです。Vaioでしたか。fuさんも、vaioにはお薦めの動画編集ソフトが入っているとかいないとか言ってましたね。

        やっぱり、みなさんの知恵は文殊より凄いですね。 あ般 A般 とっくに探すの諦めました。今時のPCにはどこ探してもそんなキーありません。キーに書いてある言葉が違うのだと気付いてからは頭の外でした。PCの違いってこんなにあるのですね。私のwriterはあ般できっちりお仕事します。1/2叩くだけで済みます。ダダダダダの機関銃じゃなくて火縄銃でダ ダ ダと打てば済みます。

        小太郎さん 照れまんさん こちらこそ有り難う御座いました。 勉強できて楽しかったです。

  10. 照れまん より:

    小太郎さん こんにちはー
    A般 と あ般  解ってくれた。 半角 と書かんといけんかったんかねえ。
    半角だと スペースを 認識してくれるジャろう。
    俳句を書いて 名前をうしろに書くと どうしても俳句と名前がくっつくんよね。
    それで、間にカーソルを持って行って 半角だったら スペースキーを叩くと 投稿しても 間が開いてくれる。やっているうちにわかったんよね。
    こいつら パソコンは アホヤね。片手落ちだよね。両方 駄目にすればいいのに。
    じゃから、スペースキーを 敵のように 何度も叩いて スペースを開けていた。
    気持ちが解るジャろう。今度二十回くらい 半角にして キーを叩いてみてん。
    スッキリ するよ! ホンジャ・・・。

  11. 照れまん より:

    Pu’uwaiさん こんにちはー
    私のも 富士通のFM V  なんですけど・・・・?
    Pu’uwaiさん が スペースは5回叩くと右に5文字分動くというので、私のとは違うパソコンか プラウザだと思ったのですが???
    私のは ライターで あ般だと 元に戻っちゃいうんです。だから、A般にして ダダダダ~~!1
    とにかく、少し解ってきましたので、次の記事を書き始めようかと思っています。

  12. Pu'uwai より:

    あれれ コメント欄の照れまんさんのプロフィが消えましたね。
    コメント書いてる時に メールアドレス 名前 ブログのアドレス(URL)が下に出てるでしょう。
    ここが正しく入ってれば出ます。何か違ってたら直します。そうすると出ますよ。それともプロフィを替えてる途中ですか?

    Windows7は同じ富士通です。fuさんや照れまんさんとお揃いにしたくて決めました。これには最新のwriter2011が入ってます。 照れまんさんと同じwriter2010は、vistaに入ってます。vistaはAcerという台湾製のPCなので、照れまんさんのとは違います。そんな事で、あ般も A般というキーはありません。 半角 全角 漢字というキーになってます。

    • 照れまん より:

      Pu’uwaiさん こんにちはー
      実は コメントを書いたあとで、ログインして無いのに気が付いたのに、そのままコメントを送信してしまいました。
      何でか解らないのですが、時々 ログインが 勝手に ログアウト しているのです。
      それを知らないで、コメントを書くことがありまして、前には送れなかったのに、今回はログインして無いのに、コメントが送れました。
      A般 も あ般 はみんな下に出るのかと思ったら、新しいものは無いのですね。

  13. medaka4841 より:

    芙蓉が秋の句だったとは。暑いときに咲くので夏だとばっかり思ってました。10月のうちに 近くのお寺の実生で増えた若芽をこっそり引いてきました。義父のお墓参りついでだから罰はあたらんやろと勝手に思っています。これ 大きな株になるんですよね。ベランダではそう大きくなられては困るのでほどほどの鉢で辛抱してもらうしかないなぁ。 で これは槿です。我が家もあるんですが 植えた覚えの無い土にくっついてきたお土産でした。大きくなるんだわ これが。芙蓉も槿みたいにスクスク伸びそうで怖い~。

    • 照れまん より:

      medakaさん こんにちはー
      ありがとう御座います。
      芙蓉は 背が高くてきれいな花なので 目立ちますね。
      私は 芙蓉も木槿も同じ花かと 同じフォルダに入れていました。
      だいぶ前に気が付いて、ムクゲ のフォルダを作って入れなおしましたが、まだ芙蓉に入ってるものもあります。
      やっぱり、7番は ムクゲ ですね。ありがとう御座います。
      次に木槿を書いて 載せておきます。
      今回は ライターで書きましたが、どうやら、ライターで 書けるようになって来ました。
      次も ライターで書いてみます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中