照れまん君の俳句歳時記 「木槿」

 

道のべの木槿は馬に喰はれけり       松尾芭蕉

P11705791)   木槿      2008   09   09

          最初に載せた芭蕉の句。木槿の句としては最も有名な句。
      この句を読んだ時、私はまだ木槿の花を知りませんでした。
      何となく、音的に ムクゲ と言う響きがきれいではないし、馬が
      食べるというので、どんな花なんだろうと想像をめぐらしていた。
      ブログをするようになって木槿の花を知った時、見たことはある 
      ので、この花だったのかと、納得した次第。

P1170580(2)     2008   09   09

              ムクゲ という言葉の語源ですが、これがなかなか面白い。
          平安時代には、すでに日本に渡来したと、考えられるようです。
          その時、中国では 木槿 と書いて、「ムーチン」とか「モックン」 
          と発音をしていた。それを、聞いた日本人が木槿花 と書くと
          花・華は「ゲ」と読む。それで、ムーチンゲ   →  ムクゲ、や 
          モックンゲ  →    ムクゲ になったとする説。

            それから、もう一つ。韓国には日本よりかなり早い時代の古代 
          に入っていた。そこで、ムクゲのことを、朝鮮では「ムグンファ」と
         発音していた。それが、日本に入って来て ムグンファ → ムクゲ
         になったとする説。

            それともう一つ、ムクゲ の漢字表記にはもう一つ 「無窮花」が 
          あります。発音は「ウーチャンフォア」 と言うようです。 
          この漢字を日本風に読むと、むきゅうげ→むくげ   になったとす
          る説もあるようです。

            どちらも、外国の言葉や文字が関係しているようで、それが
          日本に入って来て変化したというもののよう。
            日本人が考えた名前なら、もう少しキレイな呼び方になるので
          は、と思ったり・・・・。
            いや、こりゃ失礼!

P1140812

(3) 2008 07 13

            被子植物門・双子葉植物綱・アオイ目・アオイ科・フヨウ属
          ムクゲ

         学名 : Hibiscus syriacus
          和名 : ムクゲ
          英名 : rose of Sharon

          学名の syriacus は 中東のシリア から
          英名の Sharon は 中東イスラエルの地中海沿岸ネタニア地方

          漢語 :槿・木槿・無窮花・朝槿・瞬・朝瞬・朝鮮 他多数あり

          原産 : インド・中国

          インドでは仏教の「一切空」の概念を表す仏法を象徴する花と 
          される
          中国では 瞬 は 帝瞬 の言葉に使われ、徳を象徴する花

P1460221 (4) 八重の木槿 2011 08 22

              木槿は韓国の国花
          花の美しさもありますが、花が長く咲き継ぐこと。散っても咲き
          散っても咲く粘り強さが、国民姓をあらわしているそうです。
          ちなみに、北朝鮮の国花は「木蓮」だそうです。
            中国は「牡丹」。

            英国は、イングランドが「薔薇」で、スコットランドが「アザミ」
          など地方によって違うよう。
            フランスは「アイリス」。オランダは「チューリップ」。
            アメリカは「西洋オダマキ」と書かれたものもありますが、制定
          はされていず、州の花が決められている、とも。

            日本の国花は、樹木系が「桜」で、草系が「菊」。 
          ところが、これは法律で定められたものではなく、何となく認め 
          られている周知の国花です。このように、国によっては制定さ  
          れていない国もありますので、サイトによって違っています。  
          そんなことで、ココの記述が間違っていたら御免なさい。
           謝ります!!   
            
P1280380

(5)     2009   09   06

          木槿     ムクゲ  の漢字は随分難しい。
         読めないという人が居るかも知れません。ところが、この漢字の
         木偏の右の文字が間違っています。間違っていますが正解です。

                    すみれ、キン       声符は キン
          草系のスミレや  ソクズ・トリカブト,をいう。
          この漢字に木偏が付いて、ムクゲ。槿 の文字は本来は菫の字。
          中国では、木偏に菫  と書いていた。 
         【私の勝手な推測ですが、遠くから見た時、菫が木に咲いている
         ように見えたのでしょうか?ただし、これは、私見ですので、悪し  
         からず】

           槿  と  謹に使われる右側の文字はよく似ていますが、本来は 
           違います。
槿の本来の文字の右側は  スミレ  の字です。
           現在日本では、菫でない字、謹と同じ文字が使われています。

           槿 だけでも ムクゲ と読みますが、木槿でムクゲとしています。

           中国の白居易の漢詩に
           「・・・・・松樹千年終是朽、槿花一日自成栄・・・・」とあります。
           この詩から、木槿は一日花とされていますが、実際には二三日
          は咲き、八重の品種では、二週間くらい咲き続けるものもある
         
ようです。
          それで木槿の花は、茶花として活けられているようです。

P1460218(6) 2011 08 27

            さて、いよいよ俳句にいきます。
            俳句では 「木槿」  は「秋の季語」。
          真夏の7月頃から10月に掛けて咲いていますが、秋の季語に  
          なっています。
            傍題に、「木槿垣」・「白木槿」・「紅木槿」・「花木槿」・「きはちす
          などがあります。私の持っている「日本大歳時記」には載ってい
          ませんが、「底紅」 という言い方もあるようです。

            ところで、前回の「芙蓉」も「木槿」も暑い夏の盛りに咲いている 
          のに秋の季語とは変だと思われる方がおられるかも知れません。 
            季語は元々、1~3月が春、4~6月が夏、7・8・9月が秋の季語
          だからです。7月7日の七夕が秋の季語なんです。
          でも、これって変ですよね。実体感とはかなり違います。かつて
          は旧暦だったので、今の新暦とは一ヶ月半くらいのズレがあり
          ましたので、それでよかったのですが、今は違和感があります。
          そこで、最近は生活的なものは、実態に合わせようと二ヶ月ずら
          し、秋なら  9・10・11月を秋の季語にしている歳時記もあります。  
            そういうことで、俳句の季語は新暦による混乱がまだ残ってい
          ます。

            ではまず、江戸時代の俳句を見てみましょう。
          最初に掲載いたしました芭蕉の句は、馬上吟と書かれています。
          馬に乗っていて小休止したのでしょうか?そしたら、馬が側に
          生えていた木槿の花を食べ始めた。面白いですね。

                           「馬上吟」   
               道のべの木槿は馬に喰われけり       芭蕉

               もとの露すゑのしずくや花木槿         暁台

               寝る外に分別はなし花木槿              一茶

P1470010(7)    木槿と黄金虫の子供         2011   09   25

            明治以後の句をみて見ます。

               かけ落の夫婦来て住む木槿垣         正岡子規

               馬つなぐ綱にこかるゝ木槿かな             〃

               馬ひとり木槿にそふて曲がりけり           〃

               いつ迄も吠えゐる犬や木槿垣           高浜虚子

               縄簾裏をのぞけば木槿かな             夏目漱石
                  (なわのれん うらをのぞけばむくげかな)

            漱石の句は、正岡子規に送りたる句稿の中の一句。

                馬を見ることもなくなり白木槿           阿部みどり女

            阿部みどり女氏(1886~1980年)、北海道札幌生まれ。
          高浜虚子に師事。
            木槿の俳句を読んでいると、馬の出てくる句が多いのに気が 
          付く。これは、芭蕉の句が俳人の頭の中にあるので、それに 
          よる一つのオマージュだと思います。

P1140927(8) 木槿と熊蜂     2008   07 13
これほど花粉まみれにならなくてもいいのに、というほどのクマバチ。

                白木槿まいにち咲いてまいにち淋し       山口青邨

                他人の母の八重歯や木槿も若々し         中村草田男

                底紅の咲く隣にもまなむすめ                後藤夜半

            「底紅」は木槿の花の中心に赤い色がありますので、こう呼ば
         
れます。

                この家のよく掃かれあり木槿垣             能村登四郎

                きはちすの花も淡海も日暮れかな          森澄雄

            森澄雄氏の句、「きはちす」 は木槿のこと、木に咲く蓮のよう
          なので、 別名「木はちす」。

P1460607(9)   2011  09  15 
上の写真、前回芙蓉の時に載せましたが、この花は木槿と判明。
ブログ友からのご指摘と、私も調べましたところ、同じ花が見つかり
ましたので、木槿と確証しました。

             現代の新しい俳句も見てみましょう。

               気づかずに咲き継ぐ花も木槿かな       稲畑汀子

               木槿垣何時も洩れくる同じ曲              稲畑廣太郎   
               木槿垣今日はソナタの二楽章                  〃

             稲畑汀子氏の御子息が廣太郎氏。高浜虚子の曾孫。
          稲畑幸太郎氏はクラシックがお好きなようで、こんな句があり
          ます。

                その中に朝比奈隆めく燕           廣太郎
            どんな燕なのでしょう。私にはよく解りませんが、燕尾服の 
          イメージからなのでしょうか?
            では、私の拙句を一つ。

               年惜しむ我が師朝比奈隆逝く       照れまん
            2001年12月29日に、指揮者朝比奈隆氏は御逝去されました。
          私はちょっとだけ大学で習っただけなのですが・・・。学生時代、

          皆して「あんな棒で弾けるかい?」  とボロクソに貶していた事、 
          今頃謝ります。御免なさい!!
            いつの間にか、自分があの頃の朝比奈先生の齢になっている
          ので驚きです!!

P1170578(10)    2008  09  09

        木槿の短歌を一首

       雨はれて心すがしくなりにけり窓より見ゆる白木槿の花     斉藤茂吉

           ムクゲという言葉の響きが、あまり美しくない、と始めに
           書きましたが、そのことについて一言。
              万葉集の時代、朝顔が槿では無いかという 説がある
           ようです。万葉の時代には、朝に咲く奇麗な花を朝顔と
           呼んだ。最初は桔梗が朝顔と呼ばれたが、そのうち外来
           の槿が入ってくると、こちらが、美しいので朝顔と呼ばれ
           るようになった、という説があるようです。

           木槿の花言葉 : ゆかしさ、 慈しみ

P1170576(11) 2008 09 09

 

Kポップ韓流ドラマ木槿咲く       照れまん

              今回は、前回載せました「芙蓉の花」と、とてもよく似ている
          同じ科・同じ属の花。
            夏から秋に掛けて咲く美しい
花。
            俳句では、秋の季語に分類されている「木槿}を載せてみ
          ました。 

 

◆                 ◆                ◆

広告
カテゴリー: , 俳句・植物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「木槿」 への18件のフィードバック

  1. Pu'uwai より:

    照れまんさん 花丸 花丸 完璧にできたね。

    fuさん あ般はあったよ。あんな処見ないよ。いつも半角・全角キーだけしか叩いてない。やっと発見しました。
    それからWriter2009は2010のベータ版、正規版が2010だから、内容は同じなのよ。私はは2009も2010もどちらも使ってたよ。。。。。。。。この期に及んでまだ言うか! ポカ  イテッ  それ逃げろ(--〆)

    • 照れまん より:

      Pu’uwaiさん こんにちはー
      実は ライターを使っていて、色んなことがありました。
      まず、写真は全部 中央揃え  です。
      文章は左端に合わせて書いています。ところが、それを下書き保存してスイッチを切ります。ホンデ、もう一度スイッチを入れて、ライターを開いて文章を書こうとすると、前の文章が 中央揃え になっていたことが一度。
      それと、文章の文字が 斜め文字に 文体が変わっていたのが一度。
      それと、三番の写真の番号と日付のところにアンダーバーが入ったこと。この、アンダーバーを消そうとしたのですが、どうやっても消えないのです。たぶん、文字を消してやりかえれば消えるのだと思いますが、それでは面白くないので、何とか消そうとしたのに、どうやっても消えないので、そのままにしています。
      文章を書く時に 左手で あ の文字を打つとき、その隣のCapusLock のキーや その上のTabキーによく触れることがあります。それで、何かが変わるのか?よく解らないのですが、とにかく、文章が中央揃え や 斜め文字に 変わっていました。
      Pu’uwaiさん は 左手で Aのキー いわゆる あ の文字を打つときに どの指で打ちますか。
      私は 薬指で打ちたいのに、どうしても薬指は心もとないので、左手中指で打っています。
      又ややこしいことを言いますが、今回は あ般 ではなくて あ の文字のキーのことです!!
      詰まらんことを言って、すみません。

  2. fujim より:

      道のべの木槿は馬に先越され後に残りし道草ぞ喰う  ・・・アア一休み・・・
    ということで照れまんさん、『A般 も あ般 もみんな下に出るのかと思ったら、新しいものは無いのですね。』と言うことはなくて、みんな在りますのでご安心を^^。
    ただPuさんは、A般 あ般 を変更する手段として、マウスを使わずに、左上の2段目にある「半角/全角」と書いてあるキーを使って替えている、と言いたかったようです。
    Puさんのおかげで 花丸 花丸 完璧ですって!? おめでとう~~。 

    ところでPuさん、1行が長くて途中で改行されてしまうのは照れまんさんだけではないですよね?  文字数がずっと長い小太郎さんや私のものも同じように改行されて見えると言うこと?

    照れまんさんの撮った木槿はよく開いていますね。 日当たりのよさによるのでしょうね。
    芙蓉とそっくりなのに少し趣が違います。  (2)の写真のようだと木槿とすぐに判るのですが、白や八重などになると間違えそうです><;

    • fujim より:

      言い忘れた!!
      『余力がなくて逃げるPuさんを追えーん! ザンネンムネン(--〆)』

      • 照れまん より:

        fujimさん こんにちはー
        お元気ですか~? 
        てっきり、  坂の上のクモ膜下  にでもなりかけて ウンウンうなっているんじゃないかと思っていましたよ。よかったよかった!
        文章を 左端から 右端までびっしり書いて行を変わって書いた場合。
        PC が勝手に そのサイトの幅に応じて、自動的に その文章の長さで最初から最期までちがうところで、キッチリ行を変わってくれるんですよね。

        ちなみに、私も A般 と あ般 を変える時は マウスでなくて 左の2番目の列の左端のキーを叩いています。

        芙蓉と木槿 はよく見ると違いますね。最初写真を撮った時には、同じは芙蓉かと思ったのですが、ブログのお陰で、よく解りました。

      • Pu'uwai より:

        あはは アッカンベー! 
        fuさんのブログはきれいに改行されてる。FireFoxで見てもIEで見ても段ずれはない。gooのテンプレートだからと思う。照れまんさんの記事、小太郎さんの記事はFirefoxで見れば段ずれはない。IEで見ると、照れまんさんは右余白を広く開けているから段ずれはない。小太郎さんは段ずれがあるけど中央揃えで書いてるから段ずれは下の段の中央に飛び出すので読み難いことはない。WPのテンプレートがブラウザの規格に合わないのだと思う。

        世の中圧倒的にIEで見てるよね。Firefoxなんてのは、1年前は中級者向けのブラウザと言われてたよ。

  3. haw小太郎 より:

    こんばんは^^
    スンマセン、花が全く同じに見えたので・・どひゃー記事が違うし花も違うんかい!
    この花今も咲いてない??背の高い垣根のような枝にこの花が??
    写真の時期は夏場だから、違うんでしょうかね。
    いやいや・・芙蓉も槿も私には区別できんでしょうね~><。
    Kポップ韓流ドラマ木槿咲く ・・ふーむ・・その心はなんでしょう??実は奥が深~いんでしょうね~@@
    ムクゲって聞いたことはあったけど、この花とは結びつかんかったね~
    ムクゲ・・これがムクゲの花・・よーく見て芙蓉と見分けられるようにしておきます^^。

    • 照れまん より:

      小太郎さん こんにちはー
      韓国の国花 が ムクゲ だったんだね。何となく、聞いたことがあるような、知らんかったような・・。
      ムグンファ と韓国では言うらしいんだけど、知ってた。Naoチャングムは 知っているんだろうねえ。
      そういわれてみると、ムクゲ と チマチョゴリ と何となく似てなくも無いよね。
      いやいやー、誰も読まんような 長いのを書こうと思って書いてしまった。

      今は 韓流ドラマ はあちこちでやっているね。こちらでは、夕方、なんか古い時代の戦国時代のようなドラマをやっているよ。今度 題名を見ておこう。
      韓流ドラマ と KーPOP  は花盛り、満開だよね。
      まあ、大して意味の無い俳句で、御免!ペコリ・・・・★

  4. Pu'uwai より:

    照れまんさん
    私は昔英文タイプ打ってたから、指は10本使います。Aは小指です。画面を見たまま打ち、キーボードを見て打つことはしません。タッチは早いですよ。

    1. (3) 20080713の罫線はwriterで下書き中に、上の方のバーにB I U A Aと並んでいる所があるでしょう。 そのU(アンダーバー 下線)を打った為です。 (3) 20080713 ここを青く反転させて、もう1回 U を打つと下線が解除されて消えます。それ以外では何をしても消えません。

    2. 斜めの文はその前の I(斜めのIの字)を打ってます。同じように反転してもう1回打てば消えます。又はキーボードの半角・全角の下のTabを打っても斜めになります。

    3. 前の文章が中央揃えになった時は、すぐ下に中央揃えの画像を入れてませんか。シフト+Enterで改行すると下の画像に引っ張られて左揃えが中央揃えになることがあります。画像の上下はいよいよ投稿と言うまで改行のまま(1行あけ)で下書き保存しておく方が無難ですよ。

    • 照れまん より:

      Pu’uwaiさん こんにちはー
      ひえーーーー! A の文字は 小指で打つ☆
      それって、 プロじゃないですか。英文タイプを打っていた。
      それこそ、キャリアウーマンの バリバリOL じゃ無いですか。素晴しい!!
      そこに、御主人様が うっとりされたのでしょうねえ??? 小指に惚れた~~~☆
      「小指の重いで!」  こらこら、  「小指の思い出」でしょう。
      わたしゃは パソコンを打つたびに あ の文字の時、この文字は 何で左端にあるの???
      これは、右手の人差し指で打つようにすべきだったんじゃないの??なんて、ブリぶり ブリッコしながら、寒ブリ の ブツ切れ状態で 打っています。

      実は、まだ問題があって、写真の下に日付を入れる時、ちょうどいい具合にすぐ下に入る時と、一行あいてしまう時があって、これが、困るんです。
      一行あいてしまうと、あれこれやるんだけど、うまく行が詰まらなくて、そのままにしたのが 5番 の写真の下 の日付です。
      写真に リンクが張っているのも知りませんでした。リンクはどこにあったのか、もう一度、見に行って見ないといけません。
      自分では リンクをしたつもりは ないのですよ。知らんかったのです。

  5. fujim より:

    照れまんさん こんにちはー
    ウンウンうなってはいませんが、坂の下のクモカッカカッカとなりながらゲンナリしています^^。

    Puさん ありがとう。 私のは多分大丈夫とは思ってましたが、小太郎さんのものも段ズレがあると聞いて安心・・・あんしん??^^あはは小太郎君にシツレイな、いや照れまん君のだけ段ズレがあるんだったら話がややこしくなると思ったのです。
    照れまんさんもこれで不満はないのですね?  Puさんから見て完璧で、照れまんさんから見て満足??なら、いうことはありませんね。  私から見ればあのぉもう少しこぉぉしておいた方が・・・と思うことはありますが言うことはないですネ^^。

    「三番の写真の番号と日付のところにアンダーバー」 は、 「三番の写真 と 日付」 が一塊になって、大きい方の 写真(640px) にリンクされてるためのアンダーバーと思います。
    日付をクリックしても 写真(640px) を見ることができるので、実験してみたのかと思っていました。

    もし、バーを消したいのであればリンクを外せば良いので、方法としては、
    「日付」 だけのリンクを外そうとするよりも、
    まず、 「写真と日付」 全体のリンクを解除し、
    あらためて 「写真」 だけにリンクを貼る方法がいいと思います。
    リンクのはずし方は・・・・えーっと今まででもやってますよね? 写真を入れ替えてたのか・・・? 自分の分かるどんな方法でもいいので・・・・(^^v

    • 照れまん より:

      fujimさん こんにちはー
      ありゃりゃ、ですよ。確かに 日付のところにリンクが張ってありますね。
      自分は リンクのことは すっかり忘れていたので、リンクのところは全然いじって無いのですが、勝手にリンクを張ってくれるんですね。
      文章は 左から右へ びっしり書くほうがいいに違いないのですが、悩んでいます。
      一行の文字数が多すぎるような気がするだけなんですけどね。でも、その方が行自体は少なくなるのでその方がいいかと思ったり。
      しかし、皆さんは天才ですね。いろんなことが解っている。
      ライターで書くと 行が 一行一行に見えるのに、プレビューで見ると一行づつ飛び飛びになっていたり、何で?と思うようなことがありますね。
      こうやりながら、もう少しやってみます。

  6. fujim より:

    こんばんはー
    Pu姉は明日からのルミナリエツアーで有頂天!^^! イルミネーションを撮りに行くんですってよ。  フォト蔵 で写真の大勉強してるの知ってますか? オオハリキリです^^。 

    ライターの画像のリンクは、右のメニュー[画像タブ]の最後のところにありますね。
    リンク先 に  『ソース画像・URL・なし』 とあり、
      * [ソース画像] が初期設定になってますので、弄らなかったらこれになって、アップした画像にリンクします。
      * [URL] にすると「ハイパーリンクの編集」のウインドウが開きます。  空白にリンクして飛んで行きたいところのアドレスを入れます。  空白の横の[リンク先]を開いて、過去の記事にリンクすることも出来ます。  [新しいウインドウでリンクを開く]にチェックを入れると、リンク先は別ウインドウで開きます。 そしてOKします。
      * [なし] を選択すると、リンクされません。

    確かに、左から右へ びっしり書く方が簡単でどのテンプレートにも対応するのでいいかもしれませんが、文字数が多すぎる気がするし、私も左右に余白が少しあった方が好きですよ。
    「サツマイモの花」 ぐらいだったら違和感なく読めたのですが、「木槿」だと1行の文字が余りにも少なすぎてどうも・・・アンバランスに思うのです。 
    行頭のスペースも文字数のうちに入ってるのでその分短く見えるんですよね。
    それで、行頭をインデントで下げると、もう5、6文字は入れられるようになるのではないですかねぇ?? 違うかなぁ・・・^^。
    でもライターにはインデントはありませんね、ライターで余白ナシで仕上げた後、WPの方でやることになるので、メンドウ・・・・?ですよね。

    どのPCから見ても同じに見えればいいですけどね、、、 ま、どこかで手を打たないとしかたないですね。  照れまんさんと私は同じように見えてるはずですので、気になるとはいっても、照れまんさんが感じてる程度ですから ^^ご心配なく。

  7. 照れまん より:

    こんにちはー
    今回は 文章の横幅が 少し短すぎましたね。
    大体、写真と同じくらいにしようと思うのだけど、右端の位置が解らないので、ついつい短めにしてしまいました。
    リンクも 次の回 で色々見てみます。

    今年撮った写真の虫干もしなければと思っているのですが、優柔不断でなかなか手が付けられません。

    記事も あれこれ工夫しながらやってみるのは 面白いですよね。

    ただ今、左手の 小指で A の文字を打つ練習をしているのですが、これが なかなか難しいです。
    確かに指や手首を動かさなくてもいいので、いいと思うのだけど、他のキーに 触れるので チョームズカシイです。
    Pu’uwaiさんは キャリアウーマン だよね!!
    もしかして、fujimさんも A のキー は小指で叩いている????
    そうか、fujimさんも キャリアウーマン だったね!!
    私なんか、インフルエンザ・ウイルスの  キャリア・う~・マン  なんですけどね。ンチャ★

  8. fujim より:

    こんにちはー  写真と同じぐらいの文字は入って欲しいですよね。  入らないのは、言うてしかたのないことですが、Win7 の方がよくないのと違いますかねぇ。

    小指でA! おお、やってみてチョウダイ^^、 私はパソコンの触り初めが50代だったので、所詮無理と思ってブラインドタッチ(今ではタッチタイピングというらしい。) は 諦めました。
    ビジネス英語程度はチーンガチャと戻しては打ってましたが、時代が違います^^。  PCのキーボードには応用できなかったので、両手で打つ振りをして10本は使っていません。 スペースキーは親指でと読んだことがありますが、左右人差し指の方が早いです^^。  「A」も小指を使うよりは薬指の方が早い。  左右中指を一番使ってますねぇ^^ というキャリアなしウー!☆ でした。

    ご褒美にボジョレヌーボー買うてみる  ^ふじ^  どこやらで盛り上がってるのを読んで、「疲れを癒すにはこれくらいいいだろう!」と買ってしまいましたよ。  普通のワインとどう違う味なのかも知りませんしねぇ^^ゞ  今年はPCのセイか歳のセイか今までになく疲れましたーー。 なかなか 立ち直れそうにない気分・・・・には好奇心とお祭り気分のヌーボーを!^^! 
    トゥクトゥクトゥクボジョレヌーボー知りたくて  ふじ  ド素人はこのトゥクトゥクトゥクの音がいい、と今まで思ってたのにそうでもないんですかねぇ??

  9. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー
    自分の昔書いた短歌は すっかり忘れています。
    この前、kennji さんのところに書いた時には、ウルオボエ というか、思い出さないのでこんな感じだったよね、と思いつつ書きました。
    その後、ちょっと調べてみようかと、日記を出してみてみましたら、全然違っていました。
    面白いというか、馬鹿馬鹿しいのが幾つかあったので、書いて見ます。
       「 パールマン、ブーニンそしてカラヤンも最期に「ン」が付く人は天才 
         ムスチフラフ・ロストロポービッチ長い名だ 正しく書けば字余りになる

    こんなのを書いていました。馬鹿ですね。 1988年です。
    ワインの短歌も見つかりましたが、馬鹿馬鹿しいので 止めておきます。
    それでは、しっかり薬指を 鍛えておきます。

  10. medaka4841 より:

    Puさん英文タイプ・・・!ひえ~ 恐れ入りました。主に2指本です。だから照れまんさんのようにCapus押してます。ほんでも1字で気付くからどって事ない。ほんで Puさんルミナリエ楽しかったやろか?すっごい人やねんけど。私なんて 行く気もせえへん。子供が大きくなったら面白くなくなってしもた。孫できたら行くやろけどその頃にはやってへんかもね。

    木槿 ムグンファ 最近の韓ドラに時々出てきますね。高句麗の民 しぶとく生き残り明日へ繋げる
    人生これでなきゃね。負けてなるか この寒さ っていきなり卑近な内容でひつれいひまひた。餅が熱い!寒いんで餅焼きましてん。

    • 照れまん より:

      medaka さん こんにちはー
      韓流スターや韓流ドラマって 何で日本の女姓はあんなに キャアキャア言うのか わかりませんねえ。
      アホチャうかと 思ってんですけどね。
      KARA はいいんです。KARAはスタイルいいし、足は長いし可愛いし・・・。
      こらこら、それって お同じじゃん と言われそうですが、違うんです。

      ムグンファ って言うんですね。韓国の国花がこの花だとは知りませんでした。
      何となく チマチョゴリの色とかデザインとかに 取り入れられているような感じ・・・。
      前回の花は やっぱりムクゲでしたね。当たりでした。それで、書き加えておきました。

      年末 と言えば第九ですね。みんな、一所懸命演奏しているのでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中