照れまん君の俳句歳時記 「葉牡丹」

 

葉ボタンの畑でラインダンスかな        照れまん

03010115

  葉牡丹は正月の飾りや冬の花壇に植えられている、お馴染みの花です。
花といっていいのか、葉っぱといっていいのか、とにかく葉を鑑賞する植物。

葉牡丹は、葉っぱが牡丹の花に似ているところから、葉を牡丹の花に見立て
て、葉牡丹と呼ばれるようになったよう。

  どことなくスカートに似ていますよね。それで話は変わりますが・・・・。
  「新婚さんいらっしゃい」と言う番組に、お人形さんのようなふわふわの
ヒラヒラの服を着た若い女の子が出演した時のこと。
  司会の三枝さんが、珍しそうに 「その、スカートはどないなってんの?」と聞くと、
「10枚はいてるの。見せたげようか?」とあっけらかんと言う。
三枝さんが「えっ、見ていいの?」 と目をパチクリとしている。
女の子がスカートの裾の部分ををめくって、一枚二枚と数え、10枚ほど
数えて、「こんだけ!」というので、「オヨヨ、初めて知った!」、と三枝さん。
  お人形さんのような服のスカートって、あんなに重ねてはいているのを、私も
初めて知って驚きました。男はスカートなんか遠くから見るだけですからね。
  最近はTVで、スカートをはいた男をよく見ますけど・・・・・・?? もしもし・・・★

03010116

  被子植物門・双子葉植物綱・フウチョウソウ目・アブラナ科・アブラナ属・
  ヤセイカンラン・変種ケール   品種 ハボタン

  学名 : Brassica oleracea L    val ocephele  DC.f.tricolor Hort 
           Brassiica はアブラナ属、古いラテン語でキャベツを意味 
            (アブラナ属はブラシカ属と書かれる事もあります) 
  英名 : omamental cabbage,      omamental Kale,    flowering Kale

  ケールはアブラナ科アブラナ属。キャベツもアブラナ科・アブラナ属。

  ● ケールの原産は地中海地方。原種はヤセイカンラン種と考えられる。 
  ●キャベツは西ヨーロッパ原産と考えられ、原種はやはり ヤセイカンラン種と
考えられている。イベリア人が利用していたものが、ヨーロッパに広まったよう。

  ケールは結球しないが、キャベツは結球するという違いがあるようですが、
元々は 同じヤセイカンランから進化したのではないかと考えられるようです。
(キャベツの中には、結球しない品種もあるそうです)

12230052             (3)  上の葉牡丹は葉っぱの先がチジレている縮緬系の種類。

  ハボタンは、おもに日本で品種改良されたのではないかと考えられるよう
です。ただ、いろんな面で、はっきりとは解らない部分があるようです。
  鎌倉時代中期、若しくは江戸時代初期にキャベツが渡来し、そこから変種
が登場したのではないかと考えられるようですが、これには異論もあるよう
です。
  元々日本に入ってきたのは、キャベツの種類ではなく、結球しないケールの
種類が入って来て、その中から自然的に変種が現れ、それが観賞用に栽培
され始めて、品種改良がされたのではないかとする説の方が近年は有力な
ようです。

  江戸時代の1778年に山岡泰安の書いた『本草正正譌』(ほんぞうせい
せいぎ)に、牡丹菜として葉牡丹が記載されているそうです。これが、文献
としては初見だそうです。
  明治以後、葉牡丹は海外に紹介され、現在では世界中で栽培され、品種
改良が行われてをり、色んな新しい品種が創出されているそうです。

  キャベツは、1850年代、幕末に渡来したのは確実なようですが、それ以前
にすでに入っていた可能性もあり、それがいつ頃なのかは、なかなか解らない
ようです。

P1400379        (4)     2011 01 17     ミニ葉牡丹   スミレの花と比べて小ささが解るでしょうか

  さてさて、俳句です。

  俳句では 「葉牡丹」は 冬の季語。
  傍題に、「牡丹菜」があります。
明治以前の俳句は見つからず。それで、明治以後の俳句を載せてみます。

          葉牡丹にうすき日さして来ては消え    久保田万太郎

          葉牡丹やわが想ふ顔みな笑まふ        石田波郷

          葉牡丹や砂のこぼるる雲母壁            野村喜舟

P1400608                (5)     2011 02 01

          葉牡丹の色かさなりて開きそむ      長谷川かな女

          金印の地や葉牡丹の主顔              角川源義
源義氏の句は、福岡県志賀島で詠まれた句。

          葉牡丹に大玄関をひらきもし           京極杞陽

  皆様は、葉牡丹には花が咲くことをご存知でしょうか。
畑にそのままほったらかしにしていると、3~5月頃、黄色い花が咲きます。

P1330462           (6)   2010  04  14

上の写真は本当に葉牡丹なの?と思うかもしれませんので、全景を載せて見ます。
下の写真に二本の葉牡丹が写っていますが、左側の花に近づいて撮ったのが上の
写真。

P1330463             (7)    2010  04  14

  アブラナ科の花なので、アブラナの花とよく似ています。
葉牡丹」は冬の季語になっていますが、「葉牡丹の花」の方は、まだ春の季語
として認知されていないのか、俳句歳時記には掲載されていません。おそらく、
ほとんど葉牡丹として鑑賞された後は、抜かれてしまうからなのでしょう。

  女流俳人の句を二句。

          葉牡丹を街の霰にまかせ売る          中村汀女

          葉牡丹や女ばかりの昼の酒            桂  信子

  信子氏の句、最近では女子会など、女の人だけでお酒を飲む機会も増えて来た
ようです。ここでは、昼の酒となったのですね。休みの日?独身者ばかりでしょうか?
お酒は焼酎、日本酒、ワイン、シャンパン、ビール??女性ばかりだと話は尽きな
いですから、きっと楽しい会なのでしょう。もしかして、超高級ワインのロマネコンティ
なんかを飲んだりしていて・・・・???

P1320860           (8)     2010  03  26 

上の写真は、畑の中でぐんぐん伸びている、葉牡丹。

葉牡丹の花言葉
         「物事に動じない」・「祝福」・「利益」・「記憶に残る思い」

  先程、江戸時代1778年に書かれたものが、葉牡丹の最初の文献と書きまし
たが、それ以前、1709年に貝原益軒の書いた『大和本草』の中に、「オランダナ
・紅夷菘」 と書かれたものがあるようです。
  これは、はっきりと何なのか解らないようなのですが、以前はキャベツではなかろ
うかと 考えられていたようです。ところが、これがケールであって、ここから葉牡丹が
生まれてきた のではないか、という説もある、と書かれたものもあります。

P1420750         (9)    2011  04  05        背の高くなる品種の葉牡丹

          葉牡丹に植ゑ替へられし港かな        黒田杏子

          葉牡丹のひだひだにのる雨の粒       谷和子

          葉牡丹の渦かサラファンの唄か        高橋悦子

  悦子氏の句。サラファンとは、ロシアの民族衣装、肩紐の付いたワンピース
ドレス。婦人用エプロン風の、ジャンパースカートに 似た民族衣装のようです。 
  サラファンの唄とは、「赤いサラファン」のことでしょう。母親が娘の婚礼の為
の赤いサラファンを縫ってあげるというのに、娘は結婚には興味が無いから
いらないという、そんなことを歌っている唄なのですね。
  唄は聞いた事があっても、内容は知りませんでした。お蔭様で、ちょっと
賢くなりました。
  高橋悦子氏、昭和11年東京生まれ。掲句は、「渦か」と「唄か」が重ねられ
て、不思議な疑問形の楽しい句になっていますね。

  最初に載せた私の句、「葉牡丹の畑でラインダンスかな」の句は、俳句を
始めたばかりの二十数年前に作ったもの。

  葉牡丹は俳句にはちょっと詠みづらい。花なのか葉なのか??それと、
イメージがありすぎて、一度イメージが湧いてしまうと、そこから抜け出せ
なくなってしまう。

          葉牡丹に見抜かれてをり下心        照れまん

  こらこら!!すみません。これは大変お粗末な俳句でした。どうしても、
ヒラヒラスカートから抜け出せない自分がここに居ました。
  名誉挽回に、泣きの一句!

          葉牡丹や脇役にある助演賞        照れまん

  そういうことで、今回は冬の季語、「葉牡丹」を載せてみました。

◆                ◆                ◆

広告
カテゴリー: 俳句・植物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「葉牡丹」 への16件のフィードバック

  1. nekorossa より:

    女ばかりの昼の酒 って 女正月でしょうか。
     我が家にもこのミニ葉牡丹あります。小さいポッドに3株入ってるというお得用です。
    鯉もこの葉っぱちぎってやると食べていました。キャベツやもんね。

     葉牡丹が 迎える年始客といったところでしょうか。
    枝つくりの葉牡丹も年々色が鮮やかなものが増えてますよね。
     私は葉牡丹よりブロッコリーの方がええんですけど。
    同じアブラナ科やし・・・。

    • 照れまん より:

      nekorossa さん 明けましておめでとう御座います
      猫薔薇さん、新年より ハンドルネームを 新しく変えられたのですね。

      葉牡丹 って 何となく 正月だなあと 思いますね。昔は、ナンデこんな葉っぱを植えるんだ?と思っていましたけど。
      てっきり新年の季語かと思っていました。そしたら、冬の季語だったので、ちょっと以外でしたが、、納得しました。
      近所の庭や畑に植えてあるのが、少しづつ色や葉の形が違います。たぶん、無数に品種があるのでしょうね。
      まる葉・珊瑚葉・チリメン葉、高性種  などなど、色々あるようですね。

  2. 蝶調 より:

    こんにちはー  もんしろ蝶調です。

    照れまんさん お元気そうでなによりです。
    私は先日フラワーランドに行ってきたのですがいろいろな葉牡丹が植えてありました。そこには遊園地のような観覧車がありました。久々で乗ってみようかなと思って近づいてみると何と観覧車のボックスには葉牡丹が横向きにびっしりくっつけてあるのです。これは人を載せるためのものではないことが分かりましたが葉牡丹がちょっぴりかわいそうな気がしました。一日中ぐるぐる回されて。

    観覧車 乗った葉牡丹 なに思う     なんちゃってー

    ところで、私は葉牡丹を見て何を思ったでしょう。
    「葉牡丹は食べられるのかなー?」 千切りにしたらきれいかも、野菜いためには少し硬いのかな・・・・・

    • 照れまん より:

      蝶調さん こんにちはー
      主役になれない、脇役の伐られ役、葉牡丹のお龍 照れまんです。
      観覧車に葉牡丹を乗せて 何をするんでしょうか??そんなん 聞いた事が無いですね??
      何か、目的があるのでしょうか。太陽に当てている??それとも、ただ単に お客さんが少ないから代わりに 葉牡丹を乗せている?? 元々、人を乗せるものではない??
      「観覧車のボックスの中には葉牡丹がびっしりとくっ付けてある」 ってことは、葉牡丹が上向きではなく、横向きにボックスの中にくっ付けられているってこと??
      う~~ん、山口県人のやることはわかりませんねえ。
              観覧車に乗せられ葉牡丹目を廻し

      実はね、私も書きながら、ナンデ葉牡丹は食べられないのだろう?と不思議に思ったのです。何故日本では 食べることをしなかったのだろうかと??食べられますと書いたものもありましたが、人間が食べないので 虫が大好きで食べるとと書かれたものもありました。日本では、食べる人はいないですよね。
      柑橘博士・蝶博士・植物博士 の蝶調様 是非食べてみてください。

  3. fujim より:

    照れまんさん こんにちはー
    へぇ、サラファンってロシアの民族衣装のことかぁ・・・   ♪赤いサラファ~ンを私に着せて やさしく母さんさとすよう・・・・歌があったな と思いながら読み進むと、まるで見透かされたようにそのままの記述になってました^^あはは。
    サラファンと聞いて ピピッとくることはダレも同じなんですね^^。

    「葉牡丹のひだひだにのる雨の粒 谷和子」 も見たままナ感じがよく分かりますが、 「葉牡丹やわが想ふ顔みな笑まふ 石田波郷」 これ、 思い出す顔がみんな笑っている と私も同じように感じるのではないかと、詠まれた気持にとても親しみを感じます。
    同じように感じるったってじゃお前はどう詠んだ? ナンテ訊かないで下さいよ><。 
    苦にもなりませんが、花の写真にもなってません。 
    昨年春だったか売れ残りの苗をもらって、ちょこちょこっと土に埋めておいたんですよ。
    そしたらヒョロヒョロヒョロと伸びて、 そう言えば花、咲きましたよ。  ・・・でも、私は写真を撮るなんて思いつきもしませんでした。  さすが照れまんさんですね!@@!  写真も2、3年分あります、いつもながらきっとよく整理されてるんですねぇ!☆☆!

  4. fujim より:

    事のついでに、
    照れまんさんがご自分のブログ記事を、コメント欄などで紹介したいときに必要なことがあるかもしれませんので、
    それぞれの記事の 「短縮URL」 の取得の仕方 を書いてみます。
    この方法で得た 住所ですと、長いアドレスにはなりません。  ただしこの住所は、ログインしないと取れませんので、自分のブログの紹介にしか使えませんので、念のため。

    1 WPにログインします。

    2 アドレスを取得したいブログの編集画面を開きます。
      * 「ダッシュボード」 ⇒ 「投稿」の「投稿一覧」 をクリック ⇒ アドレスを取得したいブログのタイトル (例えば: 「照れまん君の俳句歳時記「書初め・筆始」 ) の 「編集」(この文字は例によって隠れていますので、カーソルをウロウロさせて探します。) をクリックします。

    3 「投稿の編集」 画面が開いたら、 上から2、3行目にある 『短縮URLを取得』 をクリックします。
       このときにもし、 「スクリプト化されたウインドウを許可してください」 というようなメッセージが出るようなら、 指示通り許可をしてから、 もう一度 『短縮URLを取得』 をクリックします。

    4 上のほうに 『Explorerユーザープロンプト』 というウインドウが開き、 URLが書かれています。  これが住所です。

    5 この住所をコピーして使います。

  5. 照れまん より:

    赤いサラファンのよく似合う fujimさん こんにちはー
    やっぱり、fujimさん は 「赤いサラファン」をご存知でしたね。
    私もネット検索で聞いて、この曲カイナ! と思った次第です。
    fujimお母様が 赤いサラファンを 編まなかったから お嬢様が嫁がないんじゃないでしょうか?これから、赤いサラファン を縫わなきゃあ・・・・★

    葉牡丹 と言うと 何となく正月の飾りを思い浮べますね。そのせいか、冬の暗い寒い感じを読むより、明るい感じの句の方が多いですね。
    やっぱり、葉が奇麗だし 豪華な感じがするからでしょうか??

  6. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー
    URL って 長い間 何だろう?? って思っていたのですよ。
    URLを取得 とか書いてありますよね。何だか解らないので、一度も触ったことも 見たことも無いのです。
    そういうことで、URL の説明ありがとう御座います。
    ゆっくり読んでみます。理解できればいいのですが・・・・!!

  7. Pu'uwai より:

    いやぁ 照れまんさんの写真 きれいですね。
    これならガンデジ芙蓉 イランイランの紐皮饂飩ですよ。うちのイランイランは寒い日に母が具合が悪くてうっかり取り込むのを忘れたら枯れてしまいました。それから母も程なく枯れたので予兆だったのかと母を送っていったのだと思う事にしました。元々母の退院祝いに買った花なのでね。

    葉ボタンがとても明るく綺麗に咲いて、綺麗に撮った写真の素晴らしいこと。花の写真はこうでなくちゃね。そうそうこの黄色い花も見覚えがあります。写真?無論撮ってありませんよ。fuさんと同じく見ただけです。

    fuさん 短縮URL取り方ありがとう。これ便利そうですね。

  8. 照れまん より:

    Pu’uwaiさん こんにちはー
    主役になれない葉牡丹ですが、なんか 正月っぽくて いいですね。

    ところで、私の タムロン君が 初めは かなりきつくて キッチリしていたのが、使っているうちにだんだんゆるくなってきて、今は下向きに首からカメラをぶら下げていると、伸びきっていることがあります。
    咄嗟に撮ろうと思ったときに ものすごく大きいのがバッ と現れるのでびっくりしたりしていますが、だいぶ慣れてきましたので、今は大事に横向きに持っているようにしています。
    Pu’uwaiさん のコメントを読んで、おんなじだ と安心しました。

    • Pu'uwai より:

      照れまんさん fuさん
      18-270調整の結果報告
      修理が上がった来た時に、取り替えた螺子4個も一緒に入ってました。これ以上固く締め付けると悪影響がある直前まで締めたそうです。買った時よりきつくきっちりでした。「使っているうちに、又、ゆるくなりますからその時は又、調整にだしてください」とコメント付でした。現在はかなりゆるくなりましたが、丁度良いゆるさを保ってます。5年保証をつけているので、あまりゆるくなれば再度調整して貰うつもりです。

      照れまんさん 首から下げて歩く時はロックをすれば伸びません。
      レンズを嵌めた状態で上から見て右側に「lock」 (白い文字)と書いた枠があるでしょう。そこを爪を使ってカメラ側に引き下げるとlockの文字の下に赤い線が出ます。ロックオンの状態でレンズは伸びません。ロックを外す時はレンズ側に押し上げます。伸びるようになります。

      fuさん 短縮URL 使ったことないよ。ハイパーリンクだけしか知らなかった。
      又、いいのがあったら教えてね。 へてから19日がわちきの誕生日や、蔵はめでたくお正月にしてたけど正規に直した。どこかのあひるさんもお正月だそうね。 元日生まれがそんなにいたかなぁ?、、、いや独り言

  9. fujim より:

    Puさんが修理に出したと言うタムロン君、その話を聞いたときから気になっていましたが、 私のニコン18-200 も、下を向けてるとズームアップされます。 
    私はソンナモンだと思っていたのですが、 Puさんが修理に出したと言うので気になって今日、 来られた写真のFさんたちに訊きました。
    当然そうなります、と言うことでした。  ゆるいぐらいでないとスムーズに操作できないと、写真家お二人が口をそろえて言われましたので、ほっとしてますよ。 それに今までそれで不都合を感じたことはないので、これでいいのだと思ってます。 
    たしかに、お、大きくなってると思ったことはありますけど、どうせ動かして合わせるのだし、写してる時にズルズル動くわけでもないし・・・・
    Puさんのタム君がどのくらいどうなるのかはわかんないけど、・・・・ 修理してどうなったのかなぁ、よくなったのかな?

    へてから Puさん、
    Puさんも 短縮URL を使ったことなかったの~~?  私は何度かコメントの中で 短縮URL を使ったことがあるので気がついてるかと思ってたよ。
    残念なことに、自分以外の人の 短縮URL が取れないのよね。
    俳句勉強中の私としては、照れまん宗匠の俳句 を纏めて、いつでもパッと見られるようにしたいのよね。
    俳句は季語ごとに纏めることは出来るけれども、ついでに記事にも飛べたらいいと考えた時に、アドレスが長すぎ!! あの長さを繰り込む気がしない、 かと言って宗匠に全部の 短縮URL を教えてくれ、なんてねぇ・・・ 言えないよネェーー。

    • Pu'uwai より:

      fuさん
      なら宗匠拝み倒して下書きする時に タグに「言葉」を入れてもらいな。 writerのカテゴリーの右横にタグの欄があるから、そこに「言葉」を入れて貰う。照れまんさんのサイドバーの検索枠で、タグに入っている言葉を検索するとその記事に飛ぶよ。何て言葉を入れたかは記事のカテゴリーの次のタグに表記されてる。
      {例}  私のどんど焼きの記事参照してみて、カテゴリー 日常茶飯事 タグ お正月 って入ってるでしょう。 お正月で検索すると関連記事が出て来る。

  10. haw小太郎 より:

    こんばんは^^。
    葉ボタンでスカートを連想するの~!?
    ・・そういえば上から見たバレリーナのスカートに見えなくはないかも^^。
    花を見て何かを連想するということは、花に愛着があるってことよね~。
    私なんぞは見てただ通りすぎるだけですよ>^^<。
    一枚目の葉ボタン綺麗に撮れてるなー!さすがニコタムじゃ~!??と思いきや・・
    全部照れまん写真蔵からの出品のようで・・^^。
    この時期葉ボタンは畑にないのかしらん?
    7の写真、あれが葉ボタンとは知らなんだ!@@・・どうみても菜の花でしょう。
    時期もそうじゃないかしらん?・・こんど見たらよく見ておこう^^。

    • 照れまん より:

      小太郎さん こんにちはー
      まだ、前のパナ君で撮ったものがだいぶあるので、それをぼちぼち出そうと思っています。
      葉牡丹は 畑の中に 無造作に植えられているのが、ところどころにあります。たぶん、植えたまま忘れられるんだろうね。花が咲くのがあるので嬉しいです。
      正月の松飾などの下に、必ずあるよね。
      何で 門松の下に 葉牡丹を植えるようになったんだろうね。奇麗といえば奇麗だけど・・・・。

  11. 照れまん より:

    fujimさん  Pu’uwaiさん こんにちはー
    一眼は なかなか設定が覚えられなくて 困ります。
    今日 ちょこっと散歩に出たら、ちょうどトンビが飛んでいるのですよ。それで、ピントが 花用 の一点 にしていたので、これを 沢山の場所で合う設定に変えようと思うのに、どうしても変わらない。
    それで、一点のまま撮ったんだけど、遠すぎて、結局近くに来てくれないので駄目でした。
    ほんで、帰って来て 取説を読んで、 ああっ、ココだったのか?とやっとピントの設定の変更が解りました。
    一度やっているのに コロッと忘れているのですよ。年ですね!
    どこに何があるか ボタンの位置と 中の位置を憶えるのに 当分かかりますね。

    タム のレンズは 何の問題もなく 上手いこと撮れています。一番根元まできちっと治めていれば、伸びることはありませんね。
    URL はまだ試みてはいないのですよ。一度見に行ってみます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中