照れまん君の 「越冬紫ツバメ、その2」

昨年12月14日頃より、我が家に飛来し越冬している「ムラサキツバメ」。
1月9日までの写真は、以前載せましたので、その続き。
初め三頭だったのが、いつの間にか四頭になりましたので、先ずその写真。

DSC_0187               (1)    2012  01  08

1月8日の写真、小さいですがハランの中に、4匹居るのがお解かりでしょうか。

天気のいい日には、太陽に当たって翅を温めるのか、近くで羽を拡げたりします。

P1490059            (2)    2012  01  09      棕櫚竹の葉の上に止まったところ

4匹だったのに、いつの間にか1匹がどこかに行ったまま帰らず、3匹になりました。

P1490064           (3)    2012  01  13

3匹は、オス・メスが一緒にいます。どうやら、オスが2匹でメスが1匹のようです。
翅表に紫・青色の紋が奇麗に見えるのは、メス。

DSC_0323              (4)    2012  01  17

(4)・(5)は メス。昆虫は普通はオスの方が奇麗なのに、ムラサキツバメは逆。

DSC_0360             (5)    2012  01  17

次の下は、翅を開いているのが、オス。

DSC_0377             (6)      2012  01  18

次も、オス。
人の気配を感じると、すぐに翅を閉じてしまいますので、一瞬のうちにパチリ!
それで、慌てて撮るので、ピンボケになります。

DSC_0429             (7)      2012  01  22

冷たい雨の日も、葉の影で、どうやら無事に過ごしたようです。

DSC_0451             (8)    2012  01  23

朝は横になっていますが、昼頃日が当たると、みんな縦になります。

DSC_0617           (9)      2012  01  30

1月を過ぎる頃にも、まだ3匹で仲良く越冬しています。

次は、2月に入ってからの写真。
今にも雪が降りそうな、暗い2月7日。どこに蝶がいるか解りますでしょうか?

DSC_0745              (10)    2012  02  07 猫のE君

チラホラと雪の舞う日もありましたが、みんな元気なようです。
天気のいい日は、どこかへ水でも飲みに行くのか、食事に行くのか、二匹になったり一匹
になったりしていますが、夕方になるとまた三匹になっています。

DSC_0838             (11)    2011  02  12

ハランの葉の丸くなった所にまだ居ます。

DSC_0853(12)    2011  02  16

次は、2月23日。
日が当たり始めたら、一匹のメスが翅を拡げてくれました。

DSC_0972             (13)      2012  02  23

次は、メスとオスが同時に翅を拡げてくれた所。
オスの方は、陰なのでちょっと解りにくいですが、2枚。

DSC_1003           (14)      2012  02  23

DSC_1002           (15)      2012  02  23

オスとメスの翅を開いた違いがお解かりになりましたでしょうか。

もう一度、メスが翅を開いてくれた所。

DSC_0997           (16)      2012  02  23

尻尾の突起が何とか写りました。

DSC_1016             (17)      2012  02  23

蝶の写真を撮り始めるまでは、越冬する蝶が居るなんて知る由もありませんでした。
まさか、我が家の庭で越冬する蝶が居るなんて、と驚いています。

このあたりで最期の写真にします。最後の写真は2月の最後に撮った写真です。

DSC_1210           (18)      2012  02  29

写真中央の蝶は、ムラサキツバメの特徴のお尻の突起がありません。
千切れてしまったのでしょうか。

この越冬中のムラサキツバメは、「山口むしの会」の会報で紹介されて、ちょっとだけ
有名になりました。

そういうことで、今回は、1月~2月にかけて、我が家の庭で越冬している?
ムラサキツバメ  その2」 を載せてみました。

◆            ◆            ◆

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

照れまん君の 「越冬紫ツバメ、その2」 への15件のフィードバック

  1. 昔の乙女 より:

    こんばんは。
    成長がよく分かり素晴らしい観察日記だわ\(^o^)/
    日中は出かけてもちゃんと同じ場所に帰るのね(@0@)

  2. 昔の乙女 より:

    コメントが消えちゃったわ。
    スパム扱いになっちゃったようね。

  3. 照れまん より:

    昔の乙女さん こんにちはー ありがとう御座います。
    コメントは スパム の方に入っていました。   ゴメンナサイ (^∪^)!  ペコリ☆
    もう、大丈夫と思います。WP は 度々あれこれ起こりますねえ。

    代わり映えしない写真なんですけど、マタシテモ 載せてしまいました。
    どうやら、蝶たちは 冬を越したようです。

  4. Pu'uwai より:

    越冬ツバメしっかりと生きてますね。
    「山口むしの会」の会報で紹介されて、、、、依然fuさんの蛾が紹介されたブログでしたね。
    凄い、今度は照れまんさんのムラサキツバメが紹介されたのですか。
    朝方は寝ているってことはそのスタイルが一番エネルギーを消費しない形なのでしょう。
    暖かくなると起きて水を飲んだり、日向ぼこしたりですね。
    葉蘭の丸まった窪みに入って寒さを避けてるのも本能でしょうが賢いですね。

    • 照れまん より:

      Pu’uwaiさん こんにちはー
      12月から、しっかりと 葉の中に止まって生きています。
      この蝶は、意外と寿命が長いですよね。発見からとうに49日は過ぎましたので、もうすぐ丸三ヵ月になろうとしていますので、百カ日は 迎えそうです。春まで生きるとすると、4~5ヶ月は充分に生きていそうです。
      ちっちゃい体で、健気ですね。

  5. fujim より:

    こんにちはー
    冷たい雨や雪マガイの日が多かったのに、ムラサキツバメちゃん無事ですネェ~~ ☆パチパチパチ☆  お、ホントだ! 山口むしの会の「ニュースとお知らせ」に写真つきで報告されてますね。 ムラサキちゃんおめでとう!!
    えー?どこに居るの~? ワカラ~ン・・・? E君より早く見つけないと、と思って本気になって探しましたよ^^。 大きくしてみてやっと見つけました~~v
    縦3等分、横3等分してできる四つの交点の内の一つ辺り^^ に居ますね。 一番良さそうなところを探し当てるものなんですね。

    開いたところも閉じたところも、メスのムラサキの光沢もオスも、とてもいい色に撮れてる!  寝たり起きたりはやはりお天気によって気分が^^変わるんでしょうか。
    写真の絞りは f5.6 ぐらい?ですかね。 ボケが出ると奥行きが出ていいですが、(14)(15)のように開いたところを、もし、両方ともピントを合わせたかったら、 「絞り優先」 にして f8やそれ以上に、もう少し絞ればいいかもしれませんね。  花を撮る時でも、花芯だけにピントを合わせるか、花びらのどの辺りまで合わせるかで、 絞りは気にしないといけない重要なことになってきます。
    暖かくなって越冬のあとは、 どうするのでしょうねぇ・・・・??

    • 照れまん より:

      fujimさん こんにちはー
      ソウなんですよ。14・15 を撮った時に、どちらかにピントが合うので、どちらもきちんと見える方法は無いかと、その場でやってみたのですが、駄目でした。
      そういう時に、F値 が物を言うのですね。
      今まで、F値なんか いらったことも 触ったこともないので、知りませんでしたよ~。
      その場になって見ないと、解らないことってありますね。
      こういう時に F値を憶えないといけませんね。
      F じゃ無くて f値 なんですね。
      たぶん、f5,6 くらいだろうと思うのですが、普段は見たことも無く Pオート で撮ってました。
      これはいいことを聞きましたね。これで、少しは f値 が解るようになればいいのですが。
      今度撮る時には 両方にピントが合うように とってみたいです。ありがとう!!

      それと、もう一つ、太陽の当たっている部分はいいのですが、日陰の部分が暗くなりすぎるのです。これも 両方がはっきり見える、暗いほうも、もう少し明るく見える、方法は無いのでしょうか???

  6. fujim より:

    こんにちはー FFのF値です。 小文字でなくてOKです。  時々レンズの開放値と絞りの数値を区別して小文字で書いてあるのも見ます。 が、大文字でいいようです^^。
    そうですか、やっぱり両方にピント合うようにやってみましたか、エライ! 

    F値(絞り)が自分で替えられるのは、絞り優先(A)とM(マニュアル)の時です。
    Pオートやシャッター優先、Autoでは替えることはできません。
    だからF値を牛耳りたかったら^^、 絞り優先 にします。
    F値を牛耳る ということは背景のボケ具合を自分好みにすることでもあるので、 『花などを撮る時には 絞り優先 で』 と 一般的に言われている所以です。 

    ということでまず、ダイヤルを A に合わせます。
    それから、シャッターを半押ししてデータ数値が表示されている間に、 右手でカメラの前側にあるダイヤルを回すとF値を替えることが出来ます。
    ソンくらいはシッチョル! アハハ失礼! 初めての動作かもと言うことで念のため書きました。 自分のときにはですねぇ、すぐに表示が消えてしまって、 最初はなかなかうまく替えられなかったモンで^^ゞ  それなりにコツがいります。

    「露出補正」
    カメラが自動的に決めてくれた数値、 よりも明るくしたかったり暗くしたかったり、 そういう時の出番が 「露出補正」、 意図的に +- して、 明るくしたり暗くしたり、 白くしたり黒くしたり したいときに使います。
    今回の場合は、「もう少し明るく見えるようにしたい」わけですよね。

    ・ 構えたときの右上、シャッターボタンの手前にある +/- の小さなボタンを押して、 親指でメインダイヤルを回します。
    ・ もう少し明るくしたいと思ったときは、 メインダイヤルを 左 に回します。 
      (元が 0.0 だったら、+マークと 0.3 ⇒ 0.7 ⇒ 1.0 のように替わり、だんだん明るくなります。)

    「横画を撮ったら縦画も撮ってみる」 、 「一枚撮ったら、必ず露出補正をして、プラスマイナス両方を何段かずつ撮って置け」 と、先生から写真教室で言われています(^^)。
    自分でうまく行かないことは、 照れまん君にマスターしてもらおう!!
    と言う魂胆で知った振りして書いていますので、 そこんとこよろしく~~。

    • fujim より:

      ということで、 おはようございます! 
      「露出補正」 が頭に入ったところで追記です。  実はこれでは、照れまんさんの質問の答えにはタブンなってないでしょうね*^^ヾ
      「そんなことしたら、日向の方が白飛びするんとチガウか?」
      そうですね、くっきり明暗が違いすぎますよね。

      明暗の差を無くす方法で私がイチバンやってることは、 自分の影の中に被写体を入れる、 わざと自分で陰にして撮ります。
      透明のビニール傘を差して撮ったこともあります。
      フラッシュを焚いてもいいかもしれません。
      今思いつくのはこの三つですが、 これでうまくいくでしょうか。

      写真の先生ならここで、「NDフィルター(減光フィルター)を使う。」とかの説明をされるかもしれません。   レンズの受ける光の量を減少させるフィルターで、被写体の明暗差が大きい時のために、半分がNDフィルターになっている「ハーフNDフィルター」というのもあるようです。  が、私はまだそんなに凝ってませんので使ったことがありません。

      以上追記です・・・・ って、最初からこれだけでよかった^^? スンマセン、、その前にぜひ知っておいて欲しかったモンで  つい 露出補正 の話を先にしてしまいましたがな・・・・(。_。*));;

  7. haw小太郎 より:

    こんばんは^^。
    越冬ツバメはまだいるんですね~@@
    山口虫の会!見ましたよ^^。キッチリ名前入りで紹介されてましたね^^。
    これは毎日チェックをせんといかんよ~!・・言われんでも毎日見てるよね。
    写真は当然D51になってるようですが、コンデジはもう使ってないのかな?
    蝶のアップは望遠側で撮ってるのかな?
    望遠のPオートだと1点以外はボケるよね。
    ♀の碧い模様が何とも綺麗だね~!
    またその後を楽しみにしておこう^^。

    • 照れまん より:

      小太郎さん こんにちはー
      チマチマ ちまちま 同じモノばかり 撮っています。
      毎日 ほとんど変わらないのに、なぜか 撮っているんだよね。
      最初、D51 のことを 何も知らずに撮った時には、緑の葉が死んだような色になっていてね。これって、どうなの と思っていたら、あれこれいじって撮るうちに、だいぶ解消されて、緑らしくなって来たんだけどね。
      まだまだ・・・・だね!
      コンデジは 雨の日に撮ったものがあって 載せようかと思ったのだが、ピンボケのブレブレなので ヤメタ。左手に傘を持って、右手でコンデジを撮っているのに、なぜか 手振ればかり。暗いので、シャターが遅いので、そうなるのだろうね。
      ムラサキツバメの写真が増えすぎちゃって 困っています。2011 から 2012 のフォルダを作ったのに、それでも多くなったので、2012 3月もまたその中に作ったよ。
      蝶を撮るのは 望遠があると 便利だね。 以前に比べると、格段に撮りやすくなった。5cmまで近づく必要がなくなったので、これは いい!!

  8. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー
    今日 もう一度 蝶を撮ってみました。
    その時に、初めて F値 と言うのも変えてみました。 F8 F9 に変えて 撮ってみましたが、ほとんど変化はありません。
    A に変えて、ファインダーの中を覗いたら、F6,3 とありましたので、グリグリで F8 と 9 に変えてみましたが、別段何も変わりませんでした。
    今日は 蝶が30cmくらい離れていたので、無理だったかも。
    とりあえず、そういう ご報告まで・・・・・。

    • fujim より:

      こんにちは~
      さっそくやってみてくださってありがとう、、、ですが、絞り優先が効いていない感じなんでしょうか?
      実験の積りで、F値を 11 16 22 と上げてみて貰えますか?
      F22 までいってもナンの変化もなければ、そのレンズでは 絞り優先オートが効かないことになります。  NIKKORではないので、それはあり得ることですので、一度やってみてくださいね。

      絞り優先オートが効かない場合でも マニュアル(M)では有効ですので、 Mにして F値と シャッター速度を決めて撮ればいいだけ^^?の話ですから ナンラ^^問題はありません。
      出来ればそれもやってみるといいと思いますが、  その前に、、、

      TAMRON 18-270mm で F22 までやって何の変化もなかったら、レンズをもう一本の NIKKOR 18-55mm に付け替えて、絞り優先(A) で撮ってみましょうか。 これは間違いなく 絞り優先(A) が効くはずです。

      少々面倒になってきましたか^?^
      でも自分のカメラ、レンズについては、なにが出来てなにが出来ないのか知っておく必要はありますよね、、、ね、ね、と なだめる・・・^^。  ぜひ気が向いたときに、やってみてくださいませませ・・・・ヒラニ(^^A);

      • 照れまん より:

        fujimさん こんにちはー
        考えてみて 蝶を撮る時にしなくても、部屋でやってみればいいジャンと思いついて、やってみました。
        そうしたら、F22 まで 変えられますね。それに、後のボケも 変わってきますね。
        蜜柑と林檎を並べて やってみました。
        ふむふむと ちょっと F値を変えるのが 解ってきそうです。
        今度、実地でやってみます。
        それから、シャッタースピードは まだまだ先にします。
        そういうことで、ヨロシク・・・・。

  9. 淡路のBS より:

    俳句の頁から入りました。お邪魔します。素晴らしい「むらさきつばめ」83歳にして初めて知りました。句を詠むのに難産の折、綺麗なところにたどり着きました。気持ちがよいのでもう寝ます。9月23日午前一時25分。照れまんさん、有難う。”感謝のうちに”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中