照れまん君の鳥 「チャボ・ニワトリ」

    みの虫をついばむ鶏や燦として     飯田蛇笏

燦 サン の字は 燦々などと使われます。「光り輝いて鮮やか」とか「きらめく」という意味らしい。燦 の一文字で使われるのは、珍しいですね、鶏(にわとり)は「とり」と読みます。
蛇笏氏の俳句は非常に格調が高くて素晴らしい句。この句は、「蓑虫」が季語なので、秋の俳句になります。

DSC_1596

我が家から裏の畑の方に散歩に出てみたら、ちょうど鶏を小屋から出して、遊ばせているところだったので、「写真を撮らせて」とパチパチと撮らせてもらった。
この中に、一羽だけ矮鶏(ちゃぼ)が居ます。

DSC_1589

小学生の頃、チャボというあだ名の子がいた。今でもたまに会うとチャボと呼びますがちょっと悪いので、名字で〇〇君と呼んだりしています。なので、チャボと聞くとすぐにその男の子の顔を思い浮かべて懐かしくなってしまいます。20年くらい前にあったのが最後ですが、チャボ君は立派なお父さんになって、子供が2人いましたので、もしかしたら、もうお爺さんになっているかも??

鶏小屋の戸を開けておくと、みんな外に出て思い思いにミミズを探したり虫を食べたりしています。ミカン畑の中を自由に動いていますが、決して遠くのよそのうちの畑までは行きません。

DSC_1579

小一時間、外で遊ばせています。

DSC_1572

名古屋コーチンが10匹と矮鶏が1匹です。
飼い主のお母さんにはとても懐いているので、全然逃げたりしません。

DSC_1573

お母さんが抱いて首をさすったりすると、とても気持ちよさそうにじっとしています。

農作業が終わって、お母さんが鶏の餌を用意してバケツを叩いて、
「餌やるよ~、はよ来んさいよ~!」というと、鶏が集まってきます。

DSC_1609

お母さんの後を付いて、鶏小屋の方にヒョッコヒョッコ付いていきます。

DSC_1613

遠くにいた鶏たちも、遅れまいと慌てて鶏小屋の中に入っていきます。

DSC_1615

それで、餌箱に入れられた餌を皆で食べ始めます。

DSC_1624

全部で 11羽、確かに居ます。
チャボもちゃんと帰って来ています。

DSC_1626

我が家も、このお宅から、矮鶏と名古屋コーチンを七羽貰って来て飼っていたのですが、その後名古屋コーチンのオスは朝早く鳴くので、あまり鳴かない烏骨鶏(うこっけい)に換えてもらいました。

そこで、我が家の 「烏骨鶏」。猫のモドキがちゃっかりとモデルになってくれました。

12130060

母が7羽飼っていたのですが、母が亡くなった後、、次第に死んでこの時は二羽になっています。その後、最近まで一羽生きていたのですが、ついにそれも死んだので、鶏は一羽も居なくなりました。

  脊椎動物門・脊椎動物亜門・鳥綱・キジ目・キジ科ヤケイ属

  学名 : Gallus gallus domesticus
  英名 : Chiken
  和名 : ニワトリ

学名の dmesticus が面白いですね。よく似た単語に domestic がありますが、1、家庭的・家事に関すること。2、自国・[国内と言う意味があるようです。Gallus はヤケイ属。

起源は東南アジア(中国南部)に住んでいたヤケイ(野鶏)が家畜化されたものではないかと考えられているようです。日本には、4~5世紀ごろ伝来したようです。

今では品種改良され、多くの肉食用や卵用や観賞用の種が作り出されているそうです。
矮鶏 も 名古屋コーチン も 烏骨鶏 もその中の一種のようです。

もう一度、名古屋コーチンと矮鶏の写真を載せてみます。

DSC_1571

最後は矮鶏。

DSC_1599

        にわとりの畑に遊ぶ梅雨晴れ間     照れまん

今回は、鶏・ニワトリ 矮鶏 と 名古屋コーチン を載せてみました。

◆        ◆        ◆

広告
カテゴリー: 日々徒然, 俳句・動物 パーマリンク

照れまん君の鳥 「チャボ・ニワトリ」 への12件のフィードバック

  1. Pu'uwai より:

    (12) 雄鶏かと思ったらチャボなの? チャボの♂ですね。
    (7)がかわいい。お母さんと連れ立って仲よく帰るのね。

    昔農家の庭先で鶏の世話をするのは子どもの仕事だった。友達の家に行くと、餌を持って、「トォー とっとっと」って呼ぶと鶏が集まってくる。餌をあげて竹の唐丸籠を被せてました。鳥小屋なんてなかったと思う。あっても今夜のように台風でも来なければ庭先で十分だったのね。

    やけに、風が強くなって来たなぁ、、、、、家が飛ばなきゃいいけど。

  2. 照れまん より:

    pu’uwai さん こんにちはー
    台風の 戸締り ばっちり行いましたね。
    えらい スピードが速いみたいなので、風がかなり吹きそうですよ。お気を付け下さい。

    鶏を飼っているお宅も、今は高齢化で、かなり数を減らしているようです。
    昔、私の村では 縁の下で ニワトリを飼っていた家もありましたよ。
    唐丸籠は懐かしいですね。

  3. haw小太郎 より:

    こんばんは^^。
    このお宅は養鶏農家なの?それとも趣味で鶏を飼っているのかな?
    名古屋コーチンを飼ってるんだね~!@
    烏骨鶏は見えないけど、飼ってるんだろうか?一度卵を食べてみたい^@^
    君のうちでも飼ってたとは知らなかった。じゃ君はいつも烏骨鶏の卵を食べていたわけだね~!@
    やっぱ普通の卵とは違うんだろうね~!??
    いやいや、このお母さんどっこで見たことがあるような・・だけど、分かりません^^;
    ほんでチャボって呼んでたよね~^^・・ほんでまた、誰のことでしたっけね~、、忘れた^^;
    2007年のモドキとウコッケイの写真はほのぼのとした感じでいいね~^@^

    • 照れまん より:

      小太郎さん こんにちはー
      ニワトリはどうかいねえ。 意表を突いとったじゃろう。
      ここのお宅は、以前はもっとたくさん飼っていたようだけど、今は趣味程度に少なくしているよう。
      烏骨鶏はよく卵を生むので、みんなで食べていたよ!
      チャボってあだ名を覚えとった。同じ苗字の子がいたので、チャボともう一人は ドカチンじゃった。
      子供の頃は、すごいあだ名を付けるよね。

      • haw小太郎 より:

        oh!やはりチャボはヒサオだったよね~!@
        外入のちんぐを思い浮かべてしまった。
        彼とは去年同窓会で話をした。確か大島で建設関係の仕事をしているとか・・だったと^?^

        ところで、fujimさんのコメがスパムに入ってない??

  4. kenji より:

    お疲れ様です…飯田蛇笏は大好きな俳人です。
    「をりとりてはらりとおもきすすきかな」というひらがなばかりの一句に惹かれました。

    • 照れまん より:

      kennji さん こんにちはー
      飯田蛇笏は いい俳句を作りますね。最も尊敬している俳人です。
      こんな句を作りたいという目標の俳人です。

  5. fujim より:

      あお虫をついばむ鳥や散として ・・・ ふ~む 
    飯田蛇笏さんも見ていたのかと思いましたよ。
    先日、急にぎゃあぎゃあ外が騒がしくなったので出てみると、大きめの鳥十数羽が飛び回って騒いでるんです。  銜えて振り回してるのは大きな幼虫でした・・・ あれがギャングと言われるムクドリだったかも。
    あ、つい思い出してしまったので^^ゞ、 鳥ではなく 鶏 ですね。

    「決して遠くのよそのうちの畑までは行かない ・・・」 ニワトリ ってソンナモンなんですよネェ・・・ ウチのトリ・・・ そんな感じですね、 ペットですね。
    自由な時間は適当に畑で餌を啄ばみ、 「はよ来んさいよ~!」 と聞こえると三々五々そちらに集っていく・・・ 絵に描いたような穏やかな田舎風景ですね~~!
    周防大島がどんな土地柄なのか分かるような気がします。 
    家に鍵をかけるなんてほとんどないような、、そんな感じがしてしまいます。
    「大きな森の小さな家」の場面を思い出してしまった。 
    いや、「大草原の小さな家」だったか??

    モドキ、懐かし~~い!  烏骨鶏、若いモドキ、、、みんな思い出になっていきますね。
    (??消えたのでもう一度入れてみます。)

  6. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー
    御免なさい。 スパムに入っていましたので、引っ張り出しました。
    WP は何か変ですよね。私には さっぱり解りません★
    昔は どの家も鍵を掛けるなんてことは なかったのですが、橋が架かってからは、鍵を掛けるようになりました。
    近頃は 蜜柑泥棒も出てくる始末です。蜜柑小屋は 鍵も掛けずに 収穫して追熟させますので、そのままですよね。人家から離れたところにあるので、泥棒に取っては 最高のものなのでしょうね。ごっそり蜜柑がなくなっていた、なんてこともあります。
    蜜柑泥棒なんて、考えられませんでしたけどね。

    ところで、最近 新しい技を覚えまして、カメラを 連写で撮ってみました。そんで、今は連写にしたままですが、1枚も 撮れるので、連写にしておいても何にも変わりませんよね。何か不都合があるのでしょうか?

    そういえば、昔  「大草原の小さな家ダニ」  と言うのが流行ってましたね。

  7. fujim より:

    やれやれやれ^^、 やっと現れた、ありがとう~~ほっとしました。
    二度入れてますので、後の方を削除してもらえますか?   いや、はじめの方に 「承認待ちです」 と入ってるようなのでこちらを削除した方がいいですかね。

    コッチは何も変わったことをしていないのに、どうしてなんでしょうね。
    その日の気分次第・・・^^?
    小太郎さんも、ありがとうございました~~。

    連写で撮ってみましたか^^!
    連写にしたままで便利だなと、私も思いましたよ。  いざ早いものを撮る時に役立つ^^。  一枚しかいらない時には指を離せばいいだけですからね。  不都合があるかどうかはよく分りません。

    私は1枚撮り に切り替えてますがその理由は、 ダダダダ と鳴ってしまうので、 周りに人が居るときに 「花を撮ってるのに連写?」 って思われそうでちょっとはずかしい^^ それでまあ切り替えとくか・・・・と(^^)。  蝶や鳥を狙うことが多いときには、連写にしたままでいいような気がしますね。

    ちょっと心配になるのは、 ピントや手振れに集中がうすれるかも、ということと、 あとはせっせと選んで捨てるのに枚数が多くなってる分時間が掛かる、 ということですね。

    • 照れまん より:

      fujimさん こんにちはー
      これも スパムに入っていたんですけど、どうしてでしょうね?
      よく解らない WP です。
      外国人からも スパムに 14人くらい 入っていたのに、いつの間にか だんだんと自然に消えていき、今は 誰も居なくなりました。変ですね!

      雉を 連写で撮ったのですが、結局3枚しか撮れず、藪の中にすぐに隠れてしまいました。
      これでは、1枚撮り と 連写とちっとも変らないなと思ったのですが、どうでしょう。
      3枚のうち、1枚目はピンボケなので、結局取り込んだのは 2枚だけでした。
      だから、 今の所、連写にしても 枚数は そんなに変わらないですが、これからどうなるか、暫くやってみます。

  8. 匿名 より:

    広島のテレマン君ですか 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中