照れまん君の花2012 紫陽花 その2

前回、紫陽花を載せましたが、写真が多すぎて載せきれませんでしたので、もう少し、敗者復活として第二弾、「その2」、を載せてみます。

まずは、近所の玄関横に咲いている大きな 墨田の花火。DSC_6030

いつもは真っ白なのに、今年はややピンクがかっています。

次は空き地に咲いている、普通の紫陽花。

DSC_6032

次は、農道の横に咲いているガクアジサイ。

DSC_5840

次は、蜜柑畑の中の紫陽花園に行ってみます。

これは今年最初に行った時の写真で、雨が降り出しそうな曇り空の日。
まだ花はちらほら状態でしたが、ヤマアジサイはかなり綺麗に咲いていました。

DSC_5011

この後、何回か行きました。その一番最後、最近行った時の写真を次に。
この時は、もう花が終わりかけて変色した物も多く、花が重いのか多くの花が下向きにうなだれています。

DSC_6099

次は、日除けの中の ヤマアジサイ が好きなので、その写真を1枚。

DSC_5553

ここの畑の中の紫陽花を載せてみます。

DSC_6072

DSC_5548

次の写真は、花びらの端が、ぎざぎざになっている 可愛い花。

DSC_5754

  次は  ガクアジサイ。

DSC_5132

DSC_5047

DSC_6014

DSC_6011

下の花は、初めは何の変哲もない白い花なのに、不思議な色になります。

DSC_6075

血しぶきを浴びたような模様になります。

DSC_6090

どうして、こんな模様になるのでしょうか?不思議です。

俳句を一句詠んで載せようと思うのに、どうしても出来ません。討死です。

次は ウズアジサイ。青とピンクの2種類あり、こちらはピンク掛かったもの。

DSC_6102

次は、オーソドックスな西洋アジサイ。

DSC_6083

紫陽花は俳句歳時記では夏の季語ですが、別名が沢山あって、その中に 四葩(よひら) と言う言い方があります。
これは、普通一つの花びらにあたるところが四枚なので、そう呼ばれています。上の写真でも四枚ははっきりわかりますが、もう一枚写真を載せてみます。

DSC_5673

この写真だと、花びらが四枚と言うのがはっきりと解りますね。
ところが、この花びら見えるものは、本来は 萼(がく) です、と書いてある。
それで、萼紫陽花 なのかと思ったら、漢字では 「額紫陽花」(がくあじさい)と書いてある。
」 の字ではなく 「」 の字が使ってある。なぜ?どうして??と調べてみる。
これはどうやら ガクアジサイ に関しては、花の感じが周りに額縁をはめたように開くので、額紫陽花 と呼ばれるようになったかららしい。
なので、本来は 萼 の字を使うべきなのでしょうが、 の字が当ててあるようです。

DSC_5121

次は、優しい白花を一枚。

DSC_6124

さてさて、このあたりで今年最後の紫陽花の花にします。

DSC_5663

紫陽花の写真を、その1、で 21枚。その2、も21枚も載せてしまいました。

こういうことで、今年2012年の紫陽花は、これくらいにしておきます。

◆        ◆        ◆

広告
カテゴリー: , 写真 パーマリンク

照れまん君の花2012 紫陽花 その2 への15件のフィードバック

  1. medaka4841 より:

    うわぁ ぎょうさんの紫陽花や!
     紫陽花は折り紙でも作りやすくて よう折ったもんです。
    渦紫陽花 面白いですね、一昨年のさくらんぼ狩りの時にどこやらの道の駅で初めて見ました。
     とても豪華ですが 山紫陽花や墨田の花火の方が好みやなぁ。
    昔 紫陽花摘んでて 手が腫れ上がったことがありました、有毒だったんですね 紫陽花って。

     紫陽花が 雨を含んで 傘止める

    • 照れまん より:

      medaka さん こんにちはー
      紫陽花は有毒です と書いてあっても 食べる人はいないでしょう?なんて思っていたのですが。
      そうですか、切った時にも 手が腫れることがあるのですね。気を付けます。
      この時期には沢山もらうので、そのまま 手にぶら下げてました。
      紫陽花は、同じ花でも 一週間たって行くと 色が変わっていて、別の花みたいに見えるのでいいね。
      沢山の種類があるみたいに 見えます。

      折り紙で作った紫陽花を見てみたいです。是非ブログにアップして下さい。
      俳句出来ましたね。 雨と紫陽花は 本当に絵になります。

  2. fujim より:

       紫陽花や通り過ぎてくはなし声   ふじ
    ふううむ(14)(15)は面白いですねぇ・・・・ はじめはあんなに白いのにね、、
    その1の(11)の写真で、右手前の花がウスピンクとうす水色の花びらが混ざり合って咲いていて、 とてもいい雰囲気だと思ってたのですが、 あれがこの(14)でしょうか?

    (10)の左下の花びら・萼は 五枚? に見えるなぁ~^^。
    (13)の左下の 四ひら の真ん中にある小さい花が、 開いてますよネェ!?
    先日、 絵の教室の先生ンチに咲いていた紫陽花にも開いたのがあって、 可愛いと思って写真に撮ったのですが、 これは成長すれば全部開くんでしょうかネェ?  以前の自分の記事でも確かめたのですが、 開いてるのは一枚しかありませんでした。  全部が全部、いずれは開くというもんではないんでしょうかねぇ・・・・・??

    どれも一つ一つ可愛いですね。 どれもいいです(^~^)*
    日よけの中の (6)ヤマアジサイなんて、 青い宝石のようですね。 
    こう言いながらも ヤマアジサイ と ガクアジサイ がしっかり見分けられるか自信がないのですが、 太く頑丈なガクアジサイに比べ、 ヤマアジサイは枝も繊細で弱々しい印象 と書いてあります。  見れば簡単にわかりますかねぇ?

    その1 でも思ったのですが、 広範囲の景色の時には全体にピントが合っていて、 アップのときは背景がしっかりぼけていい感じですね(^^)*  絞りを自在に操ってるんでしょうね?☆☆!
    さあて皆さんのところでたっぷり紫陽花を見せてもらったので、私がしんがりをつとめて・・・・ と言いたいところですが^^、 あたしゃまだ4月の記事が><;; 急がなきゃ。

    • 照れまん より:

      fujimさん いつもゆっくり見て下さって ありがとうございます。
      紫陽花は ついつい多く撮ってしまうので、枚数が増えてしまいます。

      俳句、出来てますね。紫陽花のある公園でしょうか?私はいつも 一人で見ているのでうらやましいですよ。
      前回の 11番の 右手前にあるのが 討死 の14番です。(討死と勝手にあだ名をつけていますが?)
      紫陽花は 四葩 と言いながら 3枚の種類もありますし、所々に 5枚の花弁もあり、八重のものもありますね。今は 本当に種類が増えています。写真を撮る方は ありがたいですね。
      紫陽花には 青空 とか ベニガク とか 一つ一つに名前があるらしいのに、品種名は さっぱり解りません。多少 場所によって 色が違いますよね。

      それから、私の田舎で 俳句大会がありました。「みかんの島俳句大会」と言うのですが。
      それに出していた句、「海に添ひ桜に添ひて島の道」  が 特選に選ばれて 賞を貰いました。
      申し訳ない気がしましたが、副賞の 立派な 額縁 を貰いました。互選も1位で 7票 だったのですが、互選賞は行った人しかもらえないので、残念ながらこちらは 無しでした。
      一度も行ったことのない 俳句会や俳句大会なので、申し訳ない感じです。

    • fujim より:

       ☆おめでとう! おめでとう!! オメデトウ*!~~!*
       「海に添ひ桜に添ひて島の道」 これはとてもいい句だと思いましたよ!
      「海に添ひ」と「島」のコンビネーション、道に沿って桜ではなく桜に添って道があるとしたところ、キュンときます。  松やほかの花ではなく「桜」であるところで、単なる写生に終わらず気持もいろいろ伝わってきます。 
      気球からこんな景色を見ていたら泣きそうですよ、 あー 涙で霞んできたぞ(^^)* このくらいに誰にでも分って貰える句が作りたい、ものです><;;

      紫陽花の句が詠めません、なんて言うから、それっ今だ! とばかりに出て来ましたよ fu(^^。
      medaka さんの、自分が立ち止まったのではなく「傘止める」、これがいいですね。 medaka さんの句にはいつもこの、ピリッと何かが光ってますね。
      小太郎君がまた、「おさげ髪」 な~んていいの作っちゃって・・・、チッやられた(ー_ー)!!
      照れまん君も 「討死です」 なんて言いながら、 いいのができてるんでしょう~~!  でもまさか 紫陽花で討死 ッて使っても、 この写真と一緒でもない限り 通じないと思うなぁ*~~*

  3. haw小太郎 より:

    こんばんは^^。
    いやいや、沢山あじさい撮ったね~!!
    どれも綺麗に撮れてると思うよ^@^
    どのあじさいもおひさまの光を受けて鮮やかに映えてますよ~^^。
    あと欲をいえばだけど、あじさいと言えば雨が似合うよね。
    雨に濡れたあじさいも撮ってるなら一枚欲しい感じだね~。

    あじさいや遠い記憶のおさげ髪  小太郎
    なーんちゃって^@^

  4. 照れまん より:

    小太郎さん こんにちはー
    おさげ髪 の子 って誰だ~~!!
    俳句が自然に ひょっこり 出てくるようになったんと違う☆
    上出来・上出来。
    紫陽花を 沢山載させてもらったよ!
    雨の日は 外に出んからね。紫陽花その1、 の方の 18番が 雨上がりのすぐ後に撮ったものです。
    これで、今年の紫陽花は 終わりで~す!!

  5. Pu'uwai より:

    「海に添ひ桜に添ひて島の道」  おめでとう。
    これだけで島の春が彷彿とするね。 素晴らしい!

    照れまんさんの紫陽花の写真はどれもこれもきれいだねぇ。fuさんも撮っているらしいからと今日撮りに行きました。 もう、ちょっと雨もようの時に行きたかったけど、お天気の紫陽花は風情がないね。まぁ、そのうちにupする積りだけど、、、、。 ウズアジサイを初めて見ました。かわいい紫陽花だねぇ。凡そ紫陽花らしくないけどちゃんと紫陽花だった。

    そこで、1句
    うめ鉢に絵のぐ溶かしてウズアジサイ  ぷうばい
    fuさん、子どものパレットに梅の花型のあったよね。知らない?

    • fujim より:

      Puさん、陶器の梅皿知ってるよ。 ウチのどこかにまだあるよ。 
      水彩画に使ったのかネェ?  普通のブリキの四角いパレットの方が安かったのではねぇ・・・? まてよ、普通のパレットを使ってたね。 じゃ梅皿はナンに使ったんだ?
      「用途 - 日本画用で、色の調合や濃度の調整に使います。 」 ッて書いてある。 ふううんそんなこと小中学生で一応習ったんだねぇ・・・。

        海に添ひつづく島みち花の雲   ^fu^見上げてみました。

  6. 照れまん より:

    pu’uwai さん こんにちはー
    写真を褒めて頂き、ありがとうございます。うれしいですよ!!
    あるある、梅鉢のパレット。 懐かしいね。
    普通のパレットで、横に小さな仕切りの並んでいるものも、端に丸く梅鉢模様に仕切りのあるものもあるよね。
    そういう意味でも この俳句 なかなかいいんじゃない☆ アジサイは 水の器。 渦紫陽花 は花びらに水がたまるし、そこから水を貰って 絵の具を溶かして写生するような・・・・。そんな感じにも取れる。

    皆さんが いい俳句を詠んでいるのに、私は一向に出来そうもないので、こんなんでお茶を濁して置きます。

            七変化 八・十・苦渋消費税     照れまん

  7. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー
    梅鉢のパレット って 日本画用?? ってことは、fujimさん は日本画もやっているの。
    fujimさん 俳句、作ってますね。
           紫陽花や通り過ぎてく話し声   ふじ
    この句、とってもよく解りますよね。  私はゆっくりアジサイの花を鑑賞している。その横を、話をしながら通り過ぎていく人達。
    この句は   「   過ぎてく 」 というところが現代風。ちょっと苦労しているかな??ここがピシャリとはまれば・・・。
    私の句は 最初は こんなんでしたよ。
      五百本なれど千本桜かな   →  桜花カーブばかりの島の道  →
      海に添ひ桜に添ひて島の道 
    最初 五百本 の句だと 風刺ですよね。それで、写生にしようと思って  カーブばかりの島の道  としたんだけど、これじゃ見たまんまで面白くない。ホンで しばらくして、もっと 臨場感が出ないかとあれこれ考えて、 海に添ひ  の句にしました。
    俳句は、自分で自分の句を 添削していくのが面白いですよね。ガラッと変わることもあれば、結局元に戻ることもある。ホント 不思議です★

          あぢさゐに出迎えらるゝ供養かな      照れまん    

    • fujim より:

      ちゃうちゃう日本画なんてやってまへん、水彩(と鉛筆)だけです。 
      子供が学校で使っていた梅皿がどこかにまだあると言ったのです。

      照れまんさんの句、 五百本 →  桜花カーブ → 海に添ひ桜に添ひて・・・・ いい流れですね。  感激しています。  そして自分のと比較してはっきり判りました!^^!
      私のを書いてみます。
        紫陽花や通り過ぎ行く人の声 → 紫陽花や通り過ぎてく話し声 → 紫陽花や話し声して通り過ぐ
      ここで、前にも同じような句を作ったような気がして探してみました。 
      2008年 4年前の句  「紫陽花や時おり声の過ぎ行きぬ」

      書いてて全く恥ずかしいですね><;; 替えてるつもりで捉えかた、発想は全く変わってませんねーー 4年前とも全然発想が替わってないですよfu;fu;fu;
      それに較べると、照れまん先生のは、→矢印 で進むたびに、 全くちがった捉え方がしてあります。  発想が豊かなんですね!!  私にはどうもそれが欠けてるらしい><。。

      ワイワイ句会は大変勉強になりました。 
      私たち出来のいい?生徒のお蔭で^^ある意味先生も一回り大きくなれたでしょうけど(アハハ)、私も一つ一つ自分なりに考えることでとても面白く勉強になりました。 ありがとうございました~~!!

  8. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー
    私の島にある 千本桜 を詠もうとして 何句か作って見ようとしただけですよ。
    それが なかなかうまく出来なくて、あれこれ 考えていたのです。

    最初に俳句を作ると そこのイメージから 抜け出せなくなりますね。私も 同じようなものばかりが出来て、これって 前に作ったよね!なんてのが沢山あります。
    今回の句会は 私が一番勉強になったんじゃないでしょうか。師匠の言う、自分で責任を持って 地元で句会を主宰してみなさいというのが よく解りました。
    結論から言うと、私には 句会は向かない と言うことを ひしひしと感じました。

    泣きの一句に 出そうかと思って 出さなかった句を・・・・。

             桜花一目惚れしたカメラ持ち      照れまん

  9. medaka4841 より:

    句会は何も顔合わせてするものばかりじゃないよね。
     ネット社会なら ネット句会ブログ句会で良いじゃない?

  10. 照れまん より:

    medaka さん こんにちはー
    今はネット時代ですからね。ネット句会もいいですよね。
    沢山の ネット句会があるようなんですけど、私は パソコンは苦手なので、あまり探しに行ったことがありません。ブログを見るのも いつものレギュラーの人達の所を 毎朝一回りして見て、それから朝が始まる感じです。
    私は 実は・・・、一度も句会に行ったことが無いんです。だから、俳人と言う人とは話をしたことがなく、人の作った俳句を読むのは すごく苦手です。
    だから、句会と言うのはどんなものか、一からやってみるのもいいかと思った次第です。
    私のように あまり外に出ることが出来ない人間には これが一番いいですね。ネットで皆さんと話が出来るし。
    時間的に 期限を作ると 窮屈になるのでので、適当なところで区切って、そこから始まりと言う実に優柔不断な句会ですが、それがのんびりして いいですよね。
    今は、こちらが勉強させて もらっている と言う感じですが、こんな句会があっても いいですよね。
    蝶調さんから 次の句会はいつですか~? 蜜柑を用意しますよ~。もし、蜜柑のない時期だったら ジャムでも送りますから、いつでも いいですよ!と言われているのですが・・・・。
    そのうち第3回を 開きますので ヨロシク!!
    前回は、わたしが すごいミスったので 落ち込んで へこんでいました。
    皆さんの 俳句は 前より着実に進歩 してましたね。だいぶ、俳句らしく なって来たので、楽しみです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中