照れまん君の俳句歳時記 「鰯船」

 

鰯船二艘くっつき出航す    照れまん

DSC_6720

二艘の船が鰯網を下しながら左右に別れて行き、湾いっぱいに網を広げます。下の写真の二艘の間にいる小船は、鰯の見張り船で、大抵網元が乗っています。

DSC_9909

鰯船二艘離れてから速し     照れまん

 

俳句では 「鰯」は秋の季語。その鰯の中の傍題として、「鰯船」があります。
鰯の季語、傍題をすべて書いてみます。「鰯引」・「鰯網」・「鰯船」・「鰯見」・「真鰯」・「秋鰯」・「鰯売」・「鰯干す」・「」などがあります。

DSC_8768

海原を竹で叩いて鰯追ふ     照れまん

DSC_8516

二艘の鰯船は、大きく網を流しながら湾を囲むと、次第に二艘の船は近づき、またしてもぴったりととくっつき、大きく円を描いた網を巻き取り始めます。下の写真は、見張りをしている船。

DSC_8517

どんどん網を巻き取り、範囲を狭めていきます。

おこぼれをねだる鴎や鰯船      照れまん

DSC_8519

だいぶ網が狭まったので、鰯を運ぶ船がやってきました。これは足の速い船です。新鮮なうちに、出来るだけ早く陸揚げする港まで運びます。

DSC_8528

二艘の鰯船は海岸近くに離れて付くと、そこから網を巻き始めます。この時、網を巻くと船が沖に流れてしまうので、流れないようにテトラポットに錨を咬ませます。錨は少しづつ移動させて、やがて両方が重なるところで、二艘が一緒になります。下の写真で船から前の方にロープが見えますがこの手前に二艘それぞれの錨があります。

DSC_8509

鰯漁を終えたようです。

DSC_8388

大漁や鰯こぼるる濱の道       正岡子規

掬ひ出す船の鰯の無尽蔵      右城暮石

DSC_8374

下の写真の真ん中付近に、鰯船が二艘と小舟が写っているのですが、解りませんね。

DSC_9903

鰯引き見て居るわれや影法師    原石鼎

鰯網沖にたゞよふ帆二つ       原石鼎

このあたりで、最後の写真にします。
最後の写真は、港の灯台です。

DSC_0776

以前 「鰯」 ← を載せたことがあります。
鰯や鰯の季語について、詳しくお知りになりたい方は、そちらをご覧下さい。

今回は 「鰯」 と言う秋の季語の中の 「鰯船」 を載せてみました。

◆            ◆            ◆

広告
カテゴリー: 写真, 俳句・生活, 俳句・動物 パーマリンク

照れまん君の俳句歳時記 「鰯船」 への10件のフィードバック

  1. Pu'uwai より:

    新鮮な鰯は美味しいからね。鰯を魚の餌にするなんて勿体ない。でも養殖や水族館では餌がないと困るしね。鰯はこうやって2艘の船で巻き網で漁をするのですね。見張りの船、運搬の船と漁業共同体だというのが良く解りました。 漁師仲間は協力し合わないと出来ないのですね。機械化農業の進んでなかった昔の農村も助け合ってました。 そうそう私も清水港を撮ったっけ。 出そうかな。

    友ブロから引用ですが、今月は、(土)(日)(月)と続く週が5回あります。
    「「今月は旧暦で土・日・月が5日づつあってそれは非常に珍しく(824年に一回?)風水では金袋といって縁起がいい。 このことを誰かに知らせると4日後にはいいことがあるでしょう」…というのを読んだ。

    金袋ですよ。うちは早速ご利益があって、田舎から美味しいお米と福島から「みしらず柿」という渋柿を渋抜きしたブランド柿が送られて来ました。 ここでお知らせしたからさらに続くかな、、、、いやいやそこまで欲張っては不味いでしょう。

    fuさん、テンションが下がっただと、、、、あげれ! 
    明日は今年最後のボラだけど、ど~~~~~んとクリスマス! 仕上げをごろうじろ! フラダンス、ソプラノ、ギター懐メロ、オカリナとおっと三味線もだ。ばっちり揃うたぞ。これでわちきのテンションは150%よ。 アップしたね。 まだ、これから全体合唱のきよしこの夜に振りをつけなきゃならないから、この辺で。

    照れまんさんお騒がせしました。

  2. 照れまん より:

    pu’uwaiさん こんにちはー
    クリスマスが近いので、ボランティア公演は 楽しくて 盛り上がりそうですね。
    みんなで歌って、大きな声を出すのは 健康にもいいし きっと大喜びでしょう。
    きっと 大成功すると 思います。
    これからは、 プロデュサー Pu’uwai 氏 で忙しくなるんじゃ無いですか??? (“∪☆)

    昔の鰯船は 櫓で漕いで、ほんで 真ん中に棒が沢山付いて、その一本一本に人が付いてぐるぐる廻りながら網を巻いていたので、大変だったでしょうね。
    今みたいに、機械も網も 何もかもがよくなると マグロでもなんでも 根こそぎ獲ってしまいますよね。
    資源が無くなっても 仕方がないですね。少しは 繁殖の余裕も与えてやらないとね・・・?

    もしもし、今月は 824年に一度!!土日月 が5回???
    ホントだ~~☆   これは何かいいことがあるかも☆☆☆ 期待しておこう!!
    fujimさん にも きっといいことがありますよ~。

    • fujim より:

      Puさん、照れまんさん ありがとう~~*
      ただ今宝船ならぬ鰯船に乗って、俳句で綴る鰯漁読本を読みながら
      テンションと口角の上げ具合を調整中(^^)*

  3. 大鳥居 より:

    ホントだぁ~ 土日月が5回!
    私、そのうち4回は音楽がらみの出動でした。(です)
    PUさんも、花金に楽しいX’mas 会になりますように。
    この週末連休、寒くなりそうですね。

    • 照れまん より:

      大鳥居さん こんにちはー
      頑張っていますね。
      一月の練習には マエストロ が来られるのですね。みんな、頑張らないとね。
      ところで、私が 昔居た楽団に 今年の12月のことを聞いてみましたら、
      第九 4回 、バッハ・クリスマスオラトリオ 3回、 ヘンデル・メサイア 2回、
      ハイドン・「天地創造」、 その他 ドボ8 や クリスマスコンサート もあるそうです。
      がんばってやー!!  と言っときました。
      独唱や合唱のある曲は 合わせが 大変ですね。
      そういうことで、また ヨロシク・・・・・。

  4. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー
    あっという間に クリスマスですね。 早いね~★
    DVD の焼き増しは 沢山しなければならにのでしょう。10秒や20秒ではできないでしょうから??
    大変だと思いますが、頑張って下さい。
    ゆっくり休んでから、ぼつぼつでいいですよ~。
    女性は 正月の準備もしないといけないし、じっとはしておれないか???

  5. saganhama より:

    こんにちは(^!^)
    こちら雪には成りませんでしたが、昨夜から冷たい雨が振り続いてます。
    鰯船の出港シーン海の青さがライトブルー色で綺麗ですね。これぞ水色って感じに暖かさを感じます。瀬戸内と入ってもこの季節、流石に海の水は冷たいんでしょうが。
    鰯が俳句の季語になってるとは!やはり言葉を操る世界だから数多くの語意が必要で、魚の名も季語に成るんでしょうね。ちなみに鯵の季節は何時なんでしょう。今は世界中で漁が行われ季節知らずで店頭に並んでるので想像がつかないです(^_^;)
    鰯といえば子供の頃は鯵、秋刀魚、クジラと同様に安くて食卓の常連でしたが、今は不良の時が増えて高級魚の仲間になってきてますね。メザシなんか頻繁には食べれなくなったと思いませんか?
    新鮮なものを手でさばいてさしみにし、酢味噌で食べるのが子供の頃のごちそうでした。今でもマグロのトロより上手いと思いますよ。
    金袋(かねぶくろ)のお話私も聞きましたよ!!ネット上を調べたら色んなご意見が有るようですが、もしかしたらと思って信じれば良いと思います。我が家大金は舞い込んで来なかったけど、例年に比べて頂き物が多いですよ。おせちの材料今年は余り買わなくて済みそうです。
    fujimさんテンションダウンですか!?画像編集が忙しそうですね。編集作業をやられるパワーがあればブログはボチボチでも良いと思いますよ。気がむいたらのスタンスが長続きの秘訣ですから。私なんか今月は思いっきりペースダウンしてますよ( ゚∀゚)アハハ お帰り気長に待ってますので。。。
    ブログほったらかして(失礼)、他のことに一生懸命のPu’uwaiさんのパワーを分けて貰ってください。あのパワフルさには頭が下がります。何時の時でもやることが有るっていうのは素晴らしい事だと思います。
    アレッ誰にコメントしてるんだっけ!!??此処は照れまんさんのお部屋でした失礼しましたm(_ _)m

    • 照れまん より:

      saganhama さん こんにちはー
      世の中 終わるのかと 楽しみにしていたのに、全然終わりませんね。
      マヤの暦って たまたま そこまでしか書くスペースが無かったんじゃないの?なんて勝手に思っているのですが・・・・??

      俳句の季語を聞かれると、とてもひ弱な照れまんでありまして、歳時記を開いて 確認してみました。
      アジ・サバ は 夏の季語ですね。鰹・舌鮃 タコ なども夏のようです。
      川魚の 鮎・アユ も夏です。
      それから、鮨 スシ が夏の季語なので、握り寿司も夏の季語になるようです。冬の回転寿司はどうなのよ~って思いますけど・・・・?
      冬は 鍋料理ですね。
      頂き物が多くって よかったですね。奥様は大喜びでしょう。あっ、そうか?ハマさんは ご自分でも料理を作られるんで、ハマさんも大喜びですね。
      私の村には 3軒魚屋さんがあったのに、3軒とも潰れてしまいました。島の魚屋が潰れるのですから、いかに漁獲量が減ったか解りますね。後継ぎが都会に出てしまったということもありますし・・・・。
      島全体の漁獲量は 昭和30年代の 10分の1以下だと思います。昔は鰯の刺身など 本当にしょっちゅう食べてましたけど、最近は食べられなくなってしまいました。

  6. Pu'uwai より:

    きゃっ、saganhamaさん耳が痛い! そろそろWPに帰るぞ、、、、
    ボラは大成功、楽勝でした。今回はディサービスで元気なお年寄りが多くて「歌いたい」「俺にも歌わせろ」と飛び入りの歌手に事欠かなかったからやり易かった。皆さんの生き生きとしたお顔からパワーを頂きました。次回を約束して、又、やろうって思ってます。

    fuさん お正月前は何かと忙しいね。ゆっくりでいいから復帰を待ってます。あの強烈な毒舌は私を追い立てる。負けてなるものか! めげてなるものか! と時に、「仰るとおり」でも認めたくないぞーーー!ってね。

    照れまんさん、みんなの集う庭はいいねぇ! ここは砂漠のオアシス! 砂漠(?)

    • 照れまん より:

      pu’uwai さん こんにちはー
      ボランティア 大成功、 おめでとう☆☆
      ちょっと若目のお年寄りで、芸達者な人が多くてよかったですね。
      これからも、依頼が来ますよ~~!頑張って下さいね。
      私の村は 20年くらい前までは 世話焼きで いろんなことをしてくれる人が居たので、演芸会やいろんなこともあったのに、みんな亡くなってしまって、灯が消えたみたいになって仕舞いました。
      超過疎 です。
      pu’uwai さんの写真は  芸術の道に足を踏み込んでおられますのでね。私みたいな者は ただただ 遠くから見ているだけですよ~~! 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中