照れまん君の植物 「蕗の薹」

今年になってから、寒いのと風邪を引いたりであまり外に出なかった。
隣の家の畑と家の境に生える蕗の薹が気になってはいたが、ほとんど出ずに過ごしていた。
そうしながら、やっと出て行って撮った写真が僅かながらありますので、今頃アップします。

DSC_2628

蕗の薹 フキノトウ  

蕗の薹 とは 蕗の花茎を言うようです。

DSC_2634

1月に撮った後、そのままずるずる過ごしていたら、3月になっていて、次に撮りに行ったらとっくに薹が立っていた。
これがホンマの 蕗の薹! なんちゃって★

DSC_4355

蕗の薹 は俳句では春の季語、早春

以前、照れまん君の俳句歳時記 として、 「蕗の薹」  を載せたことが御座います。
それと、第一回照れまん君のワイワイ句会 で 「蕗の薹」 を兼題にしたことが御座います。
    よろしかったら、どちらかをご覧下さい。

では、また・・・・。

◆          ◆          ◆

広告
カテゴリー: , 植物・樹木 パーマリンク

照れまん君の植物 「蕗の薹」 への8件のフィードバック

  1. e友 より:

    う~ん・・・食べたい!天ぷらにしたら美味しいよねぇ・・・・。
    素晴らしい句なのに不遜なことを言ってごめんなさい・・・・・・。
    スーパーの店頭には【行者にんにく】が出始めました。
    暖かいところでは【片栗の花】を取りに行ってクマに襲われた女性が亡くなったと報道されていました。
    カタクリの花はさっと茹でて食べるととても美味しいんです。
    美味しいものを食べるのは、自然から命をいただくのですが、命を取られるほど夢中になって山菜採りをしていたんでしょうね。クマも冬眠から目覚めて餌がなく驚いたのでしょうね。
    蕗の薹の色の血?素敵な句ですね。私は今朝【清見】を食べたからオレンジの血かも?

    今日の平和に感謝!

  2. 照れまん より:

    e 友さん こんにちはー ありがとうございます。
    北海のヒグマ と言うのをよく聞きます。本州の ツキノワギマ より一回り大きくて、荒いのですよね。
    そうですか、亡くなられたのですか。可愛そうですね。
    まさか、ヒグマが出てくるなんて 思ってなかったのでしょう。
    カタクリは、昔は何処にでも生えていたようですが、最近は 山の奥の限られたところしかないようなので、人里離れたところまで行かれたのでしょうか??
    きっと、今までは 熊に出会ったことは無かったのでしょうね??

    柑橘の 清美 を知っているなんて 最高です。香りが ちょっと オレンジっぽいですよね。

    人間は 血液が赤いから戦争ばっかりするんじゃないかって。もし、淡い緑色ったら・・・・??
    なんて、自分の俳句は恥ずかしいですね★

  3. 39ギター より:

    こんにちは
    39ギターです
    立派な蕗の薹ですねえ。
    天ぷらにした時のほろ苦さは大人の味、日本人の味ですね。
    1年前のワイワイ句会の様子、読ませてもらいました。
    楽しそうですね、次はボクも参加させて下さい。
    そこで蕗の薹の句会に1年以上も遅ればせながら、一句投稿
    〜〜〜
    蕗の薹 合掌した手を 開きおり
    〜〜〜
    解説の必要もないそのままの句です
    さいごの「おり」の使い方は変ですか?
    最近、仕事が一段落して昼間からのんびりしています。
    さて、いつまで続きますか・・・
    ではまた

  4. 照れまん より:

    39ギター さん こんにちはー
    蕗の薹 の俳句、出来ましたね~!
       「 蕗の薹合掌した手をひらきおり    39ギター 」
    写生句 なのが いいですね。
    蕗の薹が合掌しているように見え、それが開くと 花が咲いてくる。これは、なかなかいいですよ。
    蕗の薹を写生しているのに、田んぼか畑の近くに村の小さな神社があって、そこでお祈りをしていて、それが終わったような感じがしてきます。
    下五 の ひらきおり  を 旧仮名遣い で、
        蕗の薹合掌した手をひらきをり
    としてもいいですよ~。これからも、どんどん作って下さい。
    又そのうち、ワイワイ句会を開きますので、その時は 是非・・・・・。

    • 39ギター より:

      わ〜い
      「なかなかいい」との評価いただきました。
      写生句と言う言葉は初耳なのでGoogleで調べてみました。
      自分が思った写生句と言う言葉の意味は、「空が青いね」とか「花がきれいだね」とか見たまんまを俳句にしたものでどっちかと言うと「初歩的」なものと思っていました。しかし、Googleで調べたあるページでは
      ・・・
       子規は、一瞬の感動を伝える方法として《写実の目的を
       持って天然の風光を探ることもっとも俳句に適せり》と、
       想像によるよりも、写実・写生による現実密着型の生活詠
       の方が優れていると考えた。
      (http://www.hcn.zaq.ne.jp/cacan404/why/newpage9020.html)
      ・・・
      と書かれていて
      「そうなんだ、見たままを俳句にする、それでいいんだ・・・」
      写生句でいいんだ、と安心しました。
      今後ともよろしく御指南の程よろしくお願いいたします。

      • 照れまん より:

        39ギター さん  こんにちはー
        リンクありがとうございます。
        私の方が ほんのちょっと 先に 俳句を始めただけですから、こそばゆいですよ。
        ぼつぼつ といいますか、のんびりのんびりやっている、ヘタの横頭巾ちゃん で~~す!
        明治以後には 客観写生 と言う俳句の作り方が 広く普及していきました。
        見たままを見たまま詠むのですが、これがなかなか難しくて、カス みたいな俳句ばかりを作っています。
        そういうことで、今後とも ヨロシクお願いします。

  5. Pu'uwai より:

    3月の蕗の薹は、あはは、ぼさぼさですね。うちはとっくに蕗の葉が茂ってますよ。
    傘に差すほど大きくはなりませんが、痩せた小さい蕗でも香りは良いですよ。

    春が飛ぶように去って行きますね。 桜から藤になってしまった。隣の藤はなかなか咲かない。
    花散りて藤はまだかと待つばかり   ぷうばい 

    照れまんさんも季節外れの風邪に気を付けてね。
    やっと花粉症が軽くなりつつあります。これで外はOK 今までも十分OKだったけどね。

  6. 照れまん より:

    pu’uwai さん こんにちはー
    お久しぶりです。
    pu’uwaiさんは 寝込んでいるか、家族の方が 病気でもされているのかと心配しておりましたが、大丈夫なようなので、安心です。
    こちらは なんか 風邪が抜けなくて、ぐずぐずしています。
    それで、今年はあまり外に出ず、蕗の薹も これだけしか撮っていないのです。
    昨日、久しぶりに 近所を歩いてみたら、紫木蓮 が咲いていて、写真に撮りました。
    だけど、夜になると 鼻水が出始めて、また喉が痛くなってきて、今朝から起きれず。やっと昼前に起きて来た感じです。
    pu’uwai さんも 風邪には気を付けて下さいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中