照れまん君の第五回ワイワイ句会梅雨の巻 選句

第五回「ワイワイ句会」 兼題「梅雨・五月雨」 いよいよ 選句 に入りたいと思います。

まづは、皆様の力作を載せますので、どうぞゆっくりご覧下さい。

1、  梅雨まぢか萌黄の新芽天をつく      

2、  石狩の空低くして梅雨来たる         

3、  梅雨時はクリーク溢れ鮒を獲る      

4、  五月雨や浮葉に踊る水の珠      

5、  とりどりの傘の流るゝ梅雨の朝      

6、  梅雨寒の水泳授業日思案顔        

7、  半年の憂いを流す梅雨の入り      

8、  五月雨に弾けて嬉しランドセル      

9、  ままならぬ三味の音色や梅雨のころ   

10、 遠ざかる轍の音や五月雨          

11、 死の淵を歩く恐さよ梅雨の土手      

12、 青き梅雨太古の森に奔り水        

13、 よさこいの赤き化粧や梅雨明ける     

14、 五月雨が流るる川に登り鯉        

15、 梅雨晴れや長靴うれし水たまり      

16、 ベランダに降り込みし梅雨薔薇笑みて  

17、 亡き友と語り合う日々梅雨篭り       

18、 梅雨上がりの水たまり蹴る孫三人     

19、 ひっそりとつぼみあじさい梅雨を待つ     

20、 梅雨空にせめてや傘を花柄で      

03030039

21、 泪梅雨草抜いてみる濡れてみる     

22、 コラールの望み喜び梅雨明ける     

23、 茶畑の地割れ畏れる梅雨入穴      

24、 梅雨寒や舎生の布団かけ直す      

25、 梅雨空田の畔歩き草取りへ 
    
(ばいうぞら)      

26、 五月雨や傘を打つ音アルペジオ     

27、 梅雨緑蛍のほかには灯影なし      

28、 梅雨晴れの虹の向こうに君住まう    

29、 梅雨晴れの水田水面泳ぐ蛇       

30、 梅雨前の庭の剪定妻ひとり       

31、 梅雨の間に来る季を想う白い雲    

32、 梅雨の星どうでもいいさそんなこと   

33、 夜ならばジーン・ケリーに梅雨の朝    

以上 33句、如何でしょうか。それぞれの方の人生の色々な場面が出て来ていますね。今、現在を詠まれた句から、過去の記憶を詠まれた方、バラエティーに富んでいて、非常に面白いです。俳句を作ろうと思うと、今まで生きてきた何十年間の記憶を、総動員しなければなかなか俳句は出来ません。それを17文字に纏めるのですから、相当な頭の体操になります。物をよく見ること、助詞の一つ一つを考えること、それは日本語の勉強にもなり、頭の活性化にも繋がりますので、是非俳句を!!
さて、この中から、自分のお好きな句を 3句 選んで下さい。それと、どうしても自分の句が一番いいなと思う方は、1句だけ ご自分の句を選んでもいいことにします。
御自分のイチオシの句があれば、一句選んでも構いません。3+1句 でご自分の句を選ばれた方は4句になります。このルールはワイワイ句会だけですので、そこんとこヨロシク。
このコメント欄に、御自分の選ばれた句の番号をお書き下さい。集計して結果表を発表しますので、宜しくお願いします。

梅雨 と言うのは日本人にはお馴染みの気象ですが、俳句を書こうと思うと意外に難しい。一年中雨は降りますので、梅雨の時期の独特な感じを表現出来るかどうか?
ただ、言葉的には、つゆ の二文字なので、俳句としては具合がいいですね。

以上、掲載の句で誤字脱字あれば、御指摘下さい。訂正致します。ただ、季語のない句には、私が勝手に季語を入れた句もありますし、漢字の使い方で、俳句では同じ漢字の意味でもこちらの漢字を使うという場合には、変えておりますのでご了承願いたいと思います。

投句されてない方でも、選句大歓迎ですので、コメント欄にお好きな句の番号を是非お書き下さい
では、そういうことで、ヨロシク お願いします。

◆    ◆    ◆

広告
カテゴリー: 俳句 パーマリンク

照れまん君の第五回ワイワイ句会梅雨の巻 選句 への24件のフィードバック

  1. Pu'uwai より:

    選句 迷いだすとあれもいい、これもいいになるからこういうことはパッとインスピで選んでしまおう。
    で、 8  13  27でお願いします。
    8、  五月雨に弾けて嬉しランドセル
    あっちのお友達、こっちのお友達の所で新一年生のピカピカのランドセル姿を見てていいなぁと思ってました。

    13、 よさこいの赤き化粧や梅雨明ける     
    当市は公民館活動の成果発表として市民芸能祭が冬にあります。素人の歌や踊りの発表の場ですが、「よさこいソーラン節」で、おばさんが一人客席通路の真ん中に立ちました。舞台では大勢の生徒さんが紅い襷をかけ鳴子(通行手形のような板に細い板を打ち付けてカタカタ鳴る)を持って立ってます。
    「あれ、あのおばさんは何だろう」 曲がかかるとおばさんの踊りと一糸乱れぬ踊りが舞台でも始まりました。聴覚障害のある方々のグループです。躍動感、リズム感、自分たちのフラよりビシッと決まってました。

    27、 梅雨緑蛍のほかには灯影なし 
    かねがね蛍の光跡を幻想的に撮ってみたいという夢を持っています。今年こそと思った矢先に夫が膝の水を抜いて足が不自由でとても暗い夜に遠くまで出かけられなくなりました。ということで蛍に反応しました。

    選句は以上3句 他にいいなと思ったのが
    17、 亡き友と語り合う日々梅雨篭り   3月に仲良しだった同級生が逝きました。
    29、 梅雨晴れの水田水面泳ぐ蛇  磐梯吾妻で田植えの終った田んぼを見て来ました。 
    美しい緑 美しい日本の光景 この日本を原発なんかで汚したくない。最近の政府は再開に舵を切りそうですね。  

    • 照れまん より:

      pu’uwai さん こんにちはー
      早速 選句 ありがとうございます。
      なかなかに 面白い句が 並びましたよね。どれにしようか、迷いますね。
      3句 頂きます。次点の3句も 参考に頂いておきます。
      仲の良かった 同級生が 亡くなられましたか。
      年を重ねるとは、別れることだと、何かで読んだ記憶がありますが、確かにそうですね。
      ぼつぼつ、結果表を書き始めなければなりません。
      どの句を選ぶのか、難しいですね。 もう少し、結果までお待ち下さい。

  2. りう より:

    照れまんさん、こんにちは。

    早速に選句に入られて、ご苦労さまです。講評の方もよろしくお願い致します。
    今回も盛況ですね。3句選ぶのは、いつも本当に大変です。
    なんとか、切って切って切りまくって、3句に絞りました。

     りう選
    4. 五月雨や浮き葉に踊る水の珠      
     19. ひっそりと蕾あじさい梅雨を待つ     
     20. 梅雨空にせめてや傘を花柄で  

    • 照れまん より:

      りう君 こんにちはー
      選句 ありがとうございます。
      3句 頂きます。 人の作品を読んで見るのも、いいもんでしょう。
      同じ梅雨の題でも、それぞれ違うし、また同じ発想もあるし・・・。
      同じ発想でも、表現方法がちょっと違うんですよね。
      だから、人の俳句を読むのは 面白いんですよね。
      結果表まで、もう少しお待ち下さいね。

  3. ふじ より:

    梅雨はもたもたしていますが、出そろいましたね!
    これは熟れたさくらんぼですか? ヘッドの写真です^^
    ついじっくり見てしまいます。

    一読した時に素直でいいなと思っていました
      5 ・ 8 ・ 13  の3句を選びます。
    ほかにも 19・26・33 と好きな句はあるのですが、3句厳選^^ということで。 
    見れば Puさんとほぼ同じになってますねぇ、、、
    かといって替えるわけにも・・・・^^ネェ。

    • 照れまん より:

      fujimさん こんにちはー
      選句 ありがとうございます。なかなか3句に絞るのは 難しいですよね。
      次点の 3句 も参考にさせて頂きますので、そこんとこヨロシク☆
      巷の句会でも、人気のある句は だいたい重なりますよね。
      そういうことで、ありがとうございました。
      ヘッドの写真ですが、あれは 我が家の八重桜の実です。赤いのが熟れて、だんだん黒くなったところです。
      雨上がりに行ったら、シズクが付いていたので 撮ってみました。

  4. 39ギター より:

    こんにちは
    AKBも総選挙で盛り上がっていますが、こちらも総選挙どれもこれも名作ぞろいで迷います。
    次の3句に投票します

    8.五月雨に弾けて嬉しランドセル
    パラパラと降る雨の中を人生初めての試練と言った感じで新一年生が大きなランドセルを背負って登校する。その新しいランドセルに落ちる雨の粒がピチピチと弾けて、新一年生の嬉しさ楽しさが伝わり新鮮な感動を伝えています。

    22.コラールの望み喜び梅雨明ける
    バッハのカンタータ147番コラール「主よ人の望みの喜びよ」、この曲とともに梅雨が明け夏の暑さとともに心身活性化し望み喜びが溢れてくる。投票せざるを得ない・・・バッハ好きにはたまらない一句です。

    32.梅雨の星どうでもいいさそんなこと
    梅雨の晴れ間、雲の隙間から見える星、何万光年の距離そして何億年の時間、それらの前ではいつ梅雨入りしたか、いつ梅雨が明けたか、雨が多いの少ないのと、人がどうの自分はどうの、そんなことは「どうでもいいさ」、宇宙の中ではちっぽけな自分、でも自分の中では最大で唯一無二の自分、色々と考えさせられる句です。

    • 照れまん より:

      39ギター さん こんにちはー
      選句 ありがとうございます。
      39ギター さんの 評があまりに素晴らしいので、このまま使わせて頂こうかと思っているのです。
      俳句は 読み手 次第。読み手が、勝手に想像を膨らませて読んでくれますからね。
      自分で俳句を作ると、同じところの狭い発想をぐるぐる堂々巡りしますね。
      それが、人の俳句を読むと、その手があったかとか、同じ発想なのに、そういう書き方があったかとか、いろいろ個性が出て面白いですよね。
      これからも、ヨロシク・・・・。

      • 39ギター より:

        こんにちは
        あまりに素晴らしいなどと言われると恥ずかしいですね。
        でもまあ使えるところはどんどん使ってやって下さい。
        俳句は作り手の意図の通りに読み手が解釈するかと言うと全然違うことがありますけど、「どうでもいいさそんなこと」これですよ・・・
        そのことから新しい発想にもつながるし、それが勉強になるしそれも楽しみですよね。
        いい句は読んだ瞬間に自分の中に抵抗なくスッと入って来て、サッとイメージが広がるので気持ちがいいですよね。

  5. haw小太郎 より:

    こんばんは^^。
    いやー、ワイワイ句会盛況ですね~^@^
    早速どれどれと眺めてみました^^。
    ほんで素人なりにインスピレーションで選んでみましたが、
    3句に絞るのは難しいね^;^

    小太郎選
    9、  ままならぬ三味の音色や梅雨のころ
    21、 泪梅雨草抜いてみる濡れてみる
    26、 五月雨や傘を打つ音アルペジオ

    nao選
    15、 梅雨晴れや長靴うれし水たまり
    21、 泪梅雨草抜いてみる濡れてみる
    28、 梅雨晴れの虹の向こうに君住まう

  6. 照れまん より:

    小太郎さん、 naoチャングムさん ありがとう
    選句 頂きました。
    俳句って、短いし、そんなに規則は無いし、作ったり読んだりしているうちに だんだん解ってくるでしょう。
    それで いいんですよね。
    わたしも そうでしたから・・・。
    小太郎さんが 俳句を作ってくれたので、豊 さんも お喜びでしょう。
    naoチャングムも 立派なもんですよ。
    そういうことで、結果は、暫くお待ち下さいね。

  7. saganhama より:

    こんにちは(^-^)
    5、8、28を選んでみました。
    評価は出来ないですが、言葉のリズム感が気にいった句です。

  8. 照れまん より:

    saganhama さん こんにちはー
    選句 ありがとうございます。
    それぞれ個性があって面白いですよね。
    私も 選句をせんといかんのんですが、なかなか・・・迷っています。

  9. kerocatcyan より:

    こんばんは。
    選句は本当に難しいですね。
    皆さんの句どれも力作揃いですので。感心しきり頷きながら読ませていただきました。その中からすんなりと情景が浮かんで来る4,8,31 の3句を選句と致します。
    なお、ふるさとの原風景の復活の遠からん事を願う意味で29をイチオシとさせて頂きます。

    • 照れまん より:

      kerocatcyan さんこんにちはー
      選句ありがとうございます。
      自分で俳句を作っていると、人の俳句を読んでも、気持ちが入りやすいですよね。
      何も知らないと、なんじゃこれは・・・、と読み捨ててしまいますが、ついつい わかるわかる とか読んでしまいますね。

      ところで、「八重の桜」面白いですね。前回、長州の世良修蔵が福島で殺されましたね。
      あの人は、私の島の出身で、長州が幕府に攻められた時、大島口の戦い と言う、私の島で戦争で、、第二騎兵隊を組織して戦いました。
      幕府軍は四国から渡って来た3000人に対し、長州は島の役所の人間など100人足らずしかいません。そこで、農民町人を集めて 第2騎兵隊500人を組織。山の上に隠れて戦いました。
      女性隊もあり、女性は主に炊き出しや運搬、怪我人の看護に当たりました。
      これに勝ったことにより、世良さんは昇進していきました。
      どちらかと言うと、長州は人材不足で、幕末に上の人がほとんど亡くなりましたので、下の者が偉くなったと言う感じは否めません。

      • kerocatcyan より:

        照れまんさん こんにちは。
        「八重の桜」毎回観ていらっしゃいますか?私は時には見逃してしまうので、あらすじがつながらないところもあります。世良氏殺害の場面は観ましたがなぜそうなったかの背景はいまいち把握してません^^。それにしても世良修蔵さんは照れマンさんの同郷の方とは…(そちらの島でも戦いが・・今初めて知りました。勉強不足ですみません。)…今こうしてブログ上とはいい、お知り合いになっているのも、何かのご縁なのでしょうね。何とぞ折角のご縁です。
        これからもよろしくお願いいたします。
        これからドラマはいよいよ会津での戦いに入って行くのでしょうね。

      • 照れまん より:

        kerokatcyan さん こんにちはー
        八重の桜は これから ますます面白くなりそうですね。
        この先、どうやって 新島襄 に合うのか 楽しみです。

  10. cosmos より:

    こんばんは。
    Pu’uwaiさんの言われる通り、スパッと決めないとダメですね。
    切って、切って、最後の5句から切れなくなって、迷っていました。
      5  8  21  でお願いします。

    • 照れまん より:

      cosmos さん こんにちはー
      ありがとうございます。3句頂きました。
      梅雨って 楽器をする者にとっては 大敵ですね。
      金属で出来た 管楽器は あまり梅雨 と言いませんが、弦楽器は梅雨はいけませんね。
      バイオリンは ケースが雨に濡れるので、その上にケースカバーを掛けている人が多いのです。
      チェロはさすがに ケースの上にカバーは無いので、ケースがびしょびしょになることがあるんですよ。
      中には滅多に雨は入らないのでですが、大雨の時などには 継ぎ目の所がうっすらとシズク が滲んでいます。

  11. medaka4841 より:

    粗製乱造の中から選んでいただきありがとうございます。この時期ばびーハープも出したくないです。いくらチューニングしても音が湿ります。かなり厚いコーティングなんですけどね。「夏の思い出」なんぞ弾きたいところなんですが。照れまんさんのチェロと一緒に椰子の実や浜辺の歌もいいなぁ。誰かバイオリン居てへん?バイオリンはもっと嫌がるよね。お三味線もそやろな。
     俳句は 10番 15番 26番がいいなぁ 一番いいのは26番!
     とはいえ 13日まで雨はお預け?今夜降る予定だったらしいけどポツリとも来てへんわ。

  12. medaka4841 より:

    ごめん ベビーハープです。どこをどう打ったやら タハハ。

  13. 照れまん より:

    medaka さん こんにちはー
    選句 三句 頂きました。
    音楽をやっていると、やっぱり アルペジオ の俳句は外せませんね。
    39ギターさん の作なので、ギターで練習をされているのでしょうね。
    めだかさんも 楽器を持ったら まず スケールとアルペジオ は 必修ですよ。
    昔、音大の試験の時に 曲を弾く前に テーブルの前に白い紙が伏せてあって それを一枚引くんですよね。
    そしたら、C-dur ・ Gーdur とか書いてある。4オクターブの音階。やさしい調が当たったら ラッキー ってなもんですが、難しいのが当たると目も当てられない。
    チェロの場合 ハ長調が当たるといいのですが、他の調が当たると ショックで動揺したりして。
    音階を聞いた時点で、うまいか下手かは 丸わかりなんですよね。
    音階で もたもたしたりして、もう曲は弾かんでもいいぞ~、ってな 感じで・・・・。

    • medaka4841 より:

      あ 解る。スケールもソルフェージュも。ミ・ソド ファラレ・ シソシ・ドレミ・・・ 忘れられへんわ。うちら器楽はお遊び程度だったので木琴でさせてもらいました。幼児教育に高等テクニックは要らんのよアハハ。ユモレスクで十分でしたぁ。早野柳三郎さんは喜んでたけど。

      • 照れまん より:

        medaka さん こんにちはー
        教職課程を取ると、器楽合奏 と言うのがあって、そこでいろんな楽器をやらされましたね。
        通称、ガラクタ楽団 と読んでいたのですが。
        その中で、リコーダーの先生が 北山さん でした。いつも一緒に 演奏活動ををしていたので、ややこしいですよね。
        北山さんが 「 照れまん君、リコーダーを真面目に練習せんと、当てるよ~!」
        なんていうんですよ。みんなの前で、一人で吹かされるのは 叶いませんよね。
        だから、 当てたら 怒るぞ~~! なんて、授業が始まる前に言ってましたね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中