照れまん君の庭に生える雑草「オヤブジラミ・ヤブジラミ」

庭に始末がつかんほど生えている草。名前を調べると、どうやら、ヤブジラミ属の草らしい。

DSC_6090

花は1~2ミリしかなく、とても小さいので花なのかどうかよく解りにくい。写真に撮ろうとしてもあまりにも小さいので、ピントが合ってくれません。本当に撮りずらい。

DSC_6095

この花、調べてみると、どうやら、 オヤブジラミ と言うらしい。

セリ目・セリ科・ヤブジラミ属  オヤブジラミ 

学名 : Torilis scabra  
和名 : オヤブジラミ   雄藪虱

葉っぱは、ニンジンのような細かい葉です。草丈は60~70cmのようですが、我が家のは、塀の側なので 1mくらいになっています。3m四方位にびっしり生えています。

DSC_6517

オヤブジラミ  花のあとの種というか果実はこんな感じです。

DSC_6715

種というか、果実は 4ミリ~6ミリしかありません。一つづつを見ると、ピンクがかってうぶ毛があってちょっと可愛いなと思ったら大間違い。こんなになってしまいます。

DSC_7121

果実だらけです。この中から種が出て来て散り飛んで、爆発的に増えるんでしょうね。
オヤブジラミ の オ・雄 というのは、ヤブジラミ より果実が大きいので  の字が当てられ雄藪虱 となったようです。

2008年頃から撮っていましたので、その写真を2枚載せてみます。

P1090261

蟻が写っていますが、それと比べて花がいかに小さいかお解り頂けますでしょうか。

P1340166

花びらや果実にほんのりと紫色っぽい赤みをさしています。これが、この花の特徴のようです。
オヤブジラミの花は、ほんのりと紫色が差し、ヤブジラミ の方は白いようです。

そこで、続いてですが、そっくりな真っ白い方の花。
「ヤブジラミ」 を載せてみます。

DSC_8437

これはどう見ても、そっくりな花ですが、こちらは ヤブジラミ のようです。花をよく見ると、少し数が多いし、花は白いし、僅かに違いが解ります。

DSC_8442

セリ目・セリ科・ヤブジラミ属   ヤブジラミ

学名 : Torilis  japonica 
和名 : ヤブジラミ  藪虱

越年草。  茎は直立し、高さは 70cmくらいにはなるようです。

DSC_8443

最初の オヤブジラミ は写真に撮ったのが、殆ど5月頃が多く、5月のうちには果実が出来ています。
それに比べ、こちらの ヤブジラミ は7月頃に撮っていますので、だいぶ遅いのでその違いが解ります。花もオヤブジラミは一個づつまばらに咲いていますが、ヤブジラミは4~10個の花が固まって一叢を作り、それがいくつか集まって咲いています。

DSC_8449

ヤブジラミの果実は小さく、2,5mm~3,5mm くらいで、オヤブジラミより一回りちいさいようです。ズボンや衣服に付いて運ばれるので、小さい虱に例えられ、ヤブジラミ と呼ばれるようになったようです。

俳句では、「藪虱の花」 が夏の季語私の持っている「日本大歳時記」には、例句が一句も載っていません。
ただし、「藪虱」 だけだと 秋の季語 になります。別の言い方で、「草虱」 とも言います。衣服に付く果実と言うか種のような小さなもの。
こちらは例句が載っていますので、二句ほど載せてみます。

   うつむいて草じらみとる袴かな     高浜虚子

   ふるさとのつきて離れぬ草じらみ   富安風生

畑や野原を歩くと、ズボンにいっぱい付いて、それを取るのに苦労する困りもの。その感じが良く詠まれています。風生氏の句は、草虱 が付いているのを、故郷が付いている というのが面白いですね。

ここからはちょっと似た花を畑で見付けましたので、載せてみます。
ヤブジラミに比べると、花が豪華です。

「人参 ニンジン」

P1120137

どうやら、ニンジンの花のようです。

P1120133

畑で咲いていたので、人参 だと思うのですが、どんな人参の種類なのかは解りません。

セリ目・セリ科・ニンジン属  ニンジン

P1120138

人参の花 と言うのは見ることはありません。殆ど食べるために抜かれますので・・・・。
この写真は、2008年に撮っていたものですが、ようやく日の目をみました。ノラニンジン というのもあるようですが、これは畑なので、たぶん普通の人参ではないかと思います??

俳句では、「人参の花」 は夏の季語で、 「人参」 は冬の季語になります。

どことなく花が似ているなと思ったら、ヤブジラミ も ニンジン も セリ目・せり科 で同じなのですね。属は ヤブジラミ属 と ニンジン属 に別れるのですね。

今回は、 オヤブジラミ と ヤブジラミ 、それと ニンジン の花を載せてみました。

◆      ◆      ◆

広告
カテゴリー: , 植物・樹木 パーマリンク

照れまん君の庭に生える雑草「オヤブジラミ・ヤブジラミ」 への8件のフィードバック

  1. saganhama より:

    (‘-‘*)オハヨ♪ございます。
    出ましたねぇ~~小さな小さな花。特殊なカメラを使わないと撮れそうもないのにここまでよく撮られてますね!!カメラの前に天眼鏡おいて拡大すると大きく撮れると聞いたことありますが実践したことはないです。
    人参がセリの仲間ですか!!人参の葉も食べれるから仲間・・・って訳ではないでしょうが。。。!?
    芹の花は子供の頃、田んぼの間の用水路でよく見ましたよ。確かに人参に似てます。豪華さでは人参の方が上だとは思いますが。。
    しかし、花と根っこの部分で季節が違うとは俳句の季語もややっこしいですねぇ~~~(苦笑)
    芹の場合
    せり食べてほろにが味に季節知る。⇒ 春?
    涼やかに水路彩る芹の花。⇒ 夏?
    のようですがあってますか?

  2. 照れまん より:

    saganhama さん こんにちはー
    芹 セリ と言うのを知っているようで、聞かれると答えに窮してしまうと言う感じです。
    改めて 芹 を歳時記で調べてみました。
    「芹」 は春の季語で 言い換えがいっぱいあります。「芹摘」・「水芹」・「沢芹」・「毒芹」 まだ他にもいっぱい。
    毒芹 って??と思って調べてみると、色んな種類があり、食用にならないものや、毒草になるものもあるんですね。知らなかった??
    よく、吸い物中に入っている葉っぱ 三つ葉や芹 と書かれているので、あああっ、あれかいあな、と今頃気が付いています。
    意外と 植物のことを知らないので、今頃 歳時記と首っ引きです。
    「 芹の花」 は夏の季語のようです。
    それから、「芹焼」 と言う 冬の季語もありますねえ。魚などを焼いたりする時に、臭みを取るのに使われたり、鍋に入れられたりするようです。
    hama さんの 芹 と 芹の花 の俳句、春と 夏 ぴったりと合っています。
    参りました・・・・☆

    • saganhama より:

      こんにちは(^-^)
      種明かしをしますと季語は↓の季語辞典を参考にしてます。
      http://www.geocities.jp/gibousi55/side.html

      • 照れまん より:

        saganhama さん こんにちはー
        勉強されてますね、すごい!
        見習わなくっちゃ~~☆
        ところで、以前 カメラの前に 虫眼鏡を置いて 撮ってみたことがあります。
        コンパクトの時代に 何度か試みたのですが、結果としては あまりうまいこといきませんでひた。
        パナ のコンパクトは 最接 が5cm だったのです。それが、虫眼鏡を間に置くと その分カメラを遠くにしないといけないのですよね。
        ピントを合わせるのに 10~15センチ 離して撮るんですけど、そうすると相当小さくなってしまい、そこに虫眼鏡を入れて大きくしても、最接のときと変わらないというか、最接の方が クリアーなんですよね。
        それであきらめました。その他 以前はカメラを持って出る時には 画用紙も一緒に持っていましたが、今は面倒なので 持って行かなくなりました。

  3. Pu'uwai より:

    今回もばっちりマクロですね。
    (6)はカシオ? パナ? いい色ですね。 (6)がカシオで(7)がパナのような気がしますが、どうでしょう?(10)意図していたのかどうか花蜘蛛(蟹蜘蛛)が隠れているのが面白いですね。(14)には姫小判草がたくさん写ってますね。

  4. 照れまん より:

    pu’uwai さん こんにちはー
    タダの草 ですが、一応写真には撮っていました。
    その時のフォルダの名前が 「鳥小屋の横 1ミリくらいの白い花の野草」 と書いていました。
    獲っとくと そのうち役に 立つことがありますね。
    (6) の直前に カシオが壊れたので 6・7 はパナ君でした。
    (10)のハナグモ 解ってもらえました。嬉しいですよ~~!!
    (14) は 確かに ヒメコバンソウに見えますね。
    もしかしたら、ぺんぺん草 で三味線のバチ に似ている 種の部分ではないかと思うのですが、どうでしょう???

  5. Pu'uwai より:

    両方ともパナですか。D51とは緑の発色が全く違います。落ち着いた色ですね。
    (14)は姫小判草ですね。鱗と厚みがあります。ナズナは三角▼が上から下に順番に並んでいると思います。季節ももっと早い早春だったような、、、、

    照れまんさん 風邪治りましたか?
    私も5月末から持ち越して、咳が止まらずに病院に、咳止めだけ処方されたけど全く治らずに、抗生物質の薬出して貰って漸く治まりました。まだ、咳があるので6日にもう一度病院でした。
    お大事にね

  6. 照れまん より:

    pu’uwai さん こんにちはー
    そちらも 風邪で ぐずっていたのですね。
    私は 昨日 8日と今日は 全く寝てしまいました。
    たいてい毎朝、ブログをぐるりと 一回りするのに 今朝は出来ず、寝てました。
    風邪薬は 3~4日前に 医院で出してもらっていたので、それを飲んでいます。
    熱はないのですが、喉痛 と 頭痛があり、やや吐き気がするくらいなのですが、体がだるくなるので寝ています。ヒドイ症状ではないのですが・・・・。
    私も 抗生物質を出して もらった方がいいかも知れませんが、もう少し 様子を見て 医師に相談してみます。
    こちらは 咳と熱はないので助かっていますが、pu’uwaiさんは 咳があるのがちょっと心配ですね。
    気を付けて下さい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中