照れまん君の「ウラナミジャノメ と ヒメウラナミジャノメ」

ウラナミジャノメ
この蝶は、準絶滅危惧種に指定されています。

DSC_1863

ウラナミジャノメ は我が家の裏庭から畑や藪の方でヒラヒラ飛んでいます。
この蝶は比較的狭い地域に留まって生息していますので、近くに居るのが嬉しいです。

DSC_1887

昆虫綱・チョウ目・アゲハチョウ上科・ジャノメチョウ科(タテハチョウ科)・ジャノメチョウ亜科・ウラナミジャノメ属・ ウラナミジャノメ 
(ジャノメチョウ科ではなく、タテハチョウ科と書かれたものが多いのですが、多分ジャノメチョウ科の分類の方が新しいのではないかと思い、こちらを優先しました)

学名 : Ypthima matschulskyi (Bremer et Gray 1852) 
英名 : The japanese Rings 
和名 : ウラナミジャノメ  裏波蛇目

翅を閉じた時に見える裏の羽が波模様になっていて、蛇の目のような丸い模様があることから、ウラナミジャノメ。

近年、生息地域や個体数がどんどん減少しているので、絶滅危惧Ⅱ類 に指定されている。

DSC_1877

翅の表側がなかなか撮れなくて、次の写真がやっとでした。

DSC_1882

ウラナミジャノメ

DSC_1916

ウラナミジャノメ とそっくりな蝶に ヒメウラナミジャノメ がいます。

蛇の目の数が違うので解るのですが、飛んでいる時には殆ど見分けられません。止まってくれると、やっと違いが解ります。

ヒメウラナミジャノメ 

DSC_1293

上 羽の表。下 羽の裏側。

DSC_2109

昆虫綱・チョウ目・アゲハチョウ上科・ジャノメチョウ科(タテハチョウ科)・ジャノメチョウ亜科・ウラナミジャノメ属・ ヒメウラナミジャノメ 姫裏波蛇目

学名 : Ypthima argus (Butler 1866) 
      argus アルゴス とはギリシャ神話の100の目を持つアルゴスに由来するそうだ
和名 : ヒメウラナミジャノメ 姫裏波蛇目 

ヒメウラナミジャノメの方は個体数が多く、普通によく見掛けるので、絶滅危惧種には指定されていません。ひらひらと飛んでいるのは、大抵こちらです。

DSC_6172

ヒメウラナミジャノメ

DSC_2071

ここで2つの蝶を 並べて比べてみます。
古いコンパクトカメラで撮った写真もあります。

左に ウラナミジャノメ      右に ヒメウラナミジャノメ

DSC_6424  DSC_4343

翅の表、ウラナミジャノメ は前羽と後羽に 点が一つづつ。
    ヒメウラナミジャノメは 前羽に一つ、後ろの羽に点が二つ。

次は、翅の裏。

DSC_8651  P1440992

翅の裏は、波打った模様に ウラナミジャノメは 前羽に1つと後ろ羽に3つ、の計4
つの蛇の目。
ヒメウラナミジャノメは 前羽に1つ、と後羽に5つの 計 6つ 蛇の目が見えます
。ヒメウラナミの場合、多少蛇の目の数が違うことがあるようですが、基本的には後羽に5個のようです。

もう一度 ウラナミジャノメ と ヒメウラナミジャノメの写真を載せてみます。

紫陽花 と ウラナミジャノメ。

DSC_7959

次は、ヒメウラナミジャノメ 

DSC_8123

以上、ウラナミジャノメ と ヒメウラナミジャノメ を載せてみました、

もう一種類、名前のよく似ている蝶に、ウラナミシジミ が居ます。こちらはシジミチョウ科になりますが、載せてみます。
シジミチョウ科なので、すごく小さいです。

ウラナミシジミ

P1280966

チョウ目・アゲハチョウ上科・シジミチョウ科・ヒメシジミ亜科・ウラナミシジミ属・ウラナミシジミ

学名 : Lampides boeticus (Linnaeus 1767) 
和名 : ウラナミシジミ 裏波小灰蝶 
英名 : Long-tailed Blue 

英名は、後羽に尾状突起がありますので。それと、羽の表が青いのでそこから。

羽の表は、ブルーでとても綺麗です。

P1280989

最後に、ウラナミシジミ と ラッキョウの花

P1300004

   水音に一息つくや夏の蝶   照れまん

俳句では、「蝶」 と言えば、「春の季語」になります。夏は「夏の蝶」になり、「梅雨の蝶」などが含まれます。
皆様、是非「夏の蝶」で俳句を作ってみて下さい。

「蝶」 ← 春の季語に付いて、以前記事や俳句を載せたことが御座います。お暇でしたら御覧下さい。

今回は、よく似た名前の蝶、 ウラナミジャノメ と ヒメウラナミジャノメ,、そして、ウラナミシジミ を載せてみました。

では、また・・・・。

◆      ◆      ◆

広告
カテゴリー: 動物 昆虫 パーマリンク

照れまん君の「ウラナミジャノメ と ヒメウラナミジャノメ」 への12件のフィードバック

  1. fujim より:

    こんにちはー
    似た蝶の2種、うら・おもてとも ちゃんと比較できましたねぇ!
    どちらも裏の波が細かくてきれいですよね。 蛇の目の数が違うだけかぁ・・・覚えられるかなーー; ここに見に来れば分かる^^。
    こんな蝶なら私も確か何度か撮ってた と思って見てみましたが、なるほどなるほど! 「ウラナミジャノメ」が絶滅危惧Ⅱ類なんですね!! 一枚も撮ってない。 ヒメウラナミジャノメしか撮ってなかったなんて、意識もしていませんでした。

    夏の蝶は、春の蝶と違って、「アゲハチョウなどが多い」 となってます、ってことは、余程のことがない限り、モンシロチョウなんかを「・・・夏の蝶飛ぶ白い羽」なんてやらない方がいいということでしょうね。
    花火に、彩る とか 万華鏡 などとはあらためて言わなくていい、ということは「夏の蝶」だと? なんだろう?? 「蝶」というだけで、 「忙し」とか「見え隠れ」とか、つい言いたくなってしまいますが、これも要注意かもですね。
    などと考えてたら、なかなか出きてこないのよね(><;
    (17)番 逆しまに見る夢はなに蜆蝶  ふじ・・・ん?いやにさらっと出てきた? ・・・と思って調べたらやっぱり(^^ゞ「さかさまに何の夢見る草の蝶 子規」がありました、アブナイアブナイ(~~。

    • 照れまん より:

      fujimさん こんにちはー
      だいぶ前に撮っていたものを合わせて、大蔵ざらえです。
      これだけ載せておけば、しばらく休めるぞ・・・、なんて思ってんですけどね。
      ついでに、夏の蝶 が ふじ さんの句会の宿題のようなので、こちらも無理矢理作って載せておきました。
      もう少し 考えないといけません。
      ぼつぼつ NHK の「和」も考えないといけません。
      そういうことで、また・・・・。

    • fujim より:

      こんにちはー
      昨夜NHKに小澤征爾さんが出ておられました。 聞くともなく聞いていたのですが、「ロストロポーヴィチさん」の名前が耳に入ってきました。
      「あれ?照れまんさんが若いころ一緒に演奏?した人ではなかったか?」 ロストロポーヴィチさんが指揮者になられて間もないころの話だったと書いてあったな・・・などと思ってるうちにお話は終わって、、、  小澤征爾さんがご一緒されたのは多分それから何年か経ってからでしょうけど、とても尊敬されてるようなお話・・・なんの話だったのか? 残念(><;
      アホカイ、そんなわけのワカラン話でこんなところまで来るな!・・・そ、そうなんですが、うーん脱皮できない・・・いや、蝶は脱皮ではないか、夏の蝶が羽化できなくて、うかうか蝶になれないのでー><ー うろうろしてるわけです。  しゃーない、大笑いの第二弾で照れまん先生を元気づけるか!^^あはは 大笑いの句なら一つ出来てるのよねfufu。

      どこからか聞こえてくる水の音や雨の音は、ほっとさせてもらえますね。 一息ついていつまでも聞いていたい衝動に駆られます。
        水音に一息つくや夏の蝶   照れまん
      この句を読んでパッと浮かんできた景色があります。 にわか雨、日和雨のおさまるのを待って瑠璃光寺の公園に降り立った時のことです。 つつじの花の中に黒い揚羽が一息入れて^^いました。 小さな葉から滴る音を聞いていたのかもしれません。6月のことですがこれもアップしてないなぁ・・・
        よく見れば牧水の歌碑夏の蝶  ふじ
      なんて句しかできていませんが、・・・えーっと話し出すと長くなる~ーー;~ この辺で止めとこう。
      ろくな句ができないんでやけくそでうろうろしてるだけですからね^^、コメ返はおかまいなく! ええ、ええ、これだけ載せとけばしばらくは休めます・・・^^ごゆっくり。

  2. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー
    私も ちょこっとだけ NHKのニュースに出ている小沢征爾氏を見ました。
    病気が よくなられて本当に良かった。日本の宝ですからね。
    ロストロ氏とは盟友だろうと思います。
    何度共演されたかは知りませんが、私がTVで見たのは 二度か三度。
    マエストロ同士で音楽が解り合える真の友達だったのだろうと思います。
    私の場合ロストロ氏とは 一回だけ ほんの少しだけ オーケストラトレーニングでソロを弾かせてもらったという感じですからね。
    小沢征爾氏は逸話の多い人で、N響の人達がコンサートをボイコットしたと言うのは有名な話です。
    その後、全く N響 とは コンサートをしなかったのに、32年ぶりに 和解してN響を振ったのは話題になりました。
    プログラムのメインが ドボルザーク作曲のチェロ協奏曲で ロストロ氏がソリストで、歴史に残る名演でした。
    バルトークの管弦楽の為の協奏曲も 手に汗握る 素晴らしい演奏でした。
    普段 TVで見ている N響とは全く違う N響の姿がそこにありました。
    まあそんなことで、・・・。
    夏蝶 頑張って 作って下さいね。
        夏蝶の優雅に舞ふや瑠璃光寺   照れまん

  3. fujim より:

    こんにちはー
    2009年のウラナミシジミはコンデジ、、 よく撮れてますよねぇ!
    でも、眼デジだとまたやはり微妙に違います。 どちらも試してみてどうのこうの言えるなんて、考えてみれば贅沢なこととしみじみです(^^*

    兼題を出されて句を詠むのは難しいですーー。。 タレントさんたちはよくあれだけの言葉が思いつけるものと、感心しながらプレバト見てました。
    私はあんな雲海見せられても「絶句!」しか思いつかない(><!
    凡人はすぐ「癒す」とか「味わう」とか使いたがる・・・・・ウンウン^^
    「癒されるなぁ」と思ったりしたときに、句を作りたくもなりますよね。
      雨音も蝉の時雨も楽の音も   ふじ
    心のざわざわがこんなことで癒されたそんな一日でした・・・と「癒す」を省いたんですけど分かってもらえますかねぇ・・・・
    ペシッ☆馬鹿門!分かるはずなかろうモン!^^!お邪魔しました~~。

  4. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー
    コンデジは よく撮れますよね。
    蝶々を撮るのは 最適ではないでしょうか。どの角度でもいけますし・・・。
    一眼は ファインダーを覗くので、どうしても 同じアングルになってしまいます。
    そう言いながらも、やはり一眼は少し離れても撮れるので、優れものですよね。
    ところで、プレバトの夏井さんは またしても相当に批判されてますね。
    批判されればされるほど、視聴率はアップするんじゃないかなあ??
    まあ、あそこに出演されている人達は、ほとんど年収5000万円以上の人達で、司会や番組を持っている人は一億を越えますからね。すごいですよね!!
    それを見ているTVのこちら側の人間が、ああだこうだ言っても始まらないですけどね?、
    俳句が夜のゴールデンタイムに放送されて話題になる、と言うのが 俳句愛好者としては嬉しいですけどね。
    そういうことで、台風がまともに来ています。雨続きです。
    あちこちに、被害が出なければいいんですが・・・・。お気を付け下さい★

  5. saganhama より:

    (*゜ー゜)vオハヨ♪ございます。
    子供の頃はどの蝶もごく当たり前に見ていた様な記憶がありますが、意識してないからか?長い間見てないですよ。絶滅危惧種と言うのもうなずけます。
    目玉の様な文様は我が身を守るためのカモフラージュとか?本当に目玉の様に見えますよ。
    それにしてもマクロ撮影の出来が良いですね。バックのボケ具合いが蝶の存在を際立たせてますよ。
    中四国地方は大雨で大変ですね。数日で一年分の降雨量の地もあるとか!! 屋代島も傾斜地が多いですが避難勧告が出てるなんて事はないのでしょうか?まだ大雨に成り状況が続くようですので、十分にご注意ください。
    最近の雨は俳句にもならんような、異常な降り方ですね。私の場合はどんな雨でも俳句にはならいんですが・・・(苦笑)

    プレバトは先日初めて観ましたよ。私としては(゜-゜;)ウーンって感じで観させて貰いました。番組制作側の問題だと思うのですが、なんだかんだと言って、笑いのネタにしてしまうと言う今風の番組作りのスタンスが・・・・結局は芸能人の井戸端会議バラエティ番組にしか見えなかったですよ。もう少し、真面目さや真剣さを前に出した番組制作をやって欲しいなと思いました。最近の笑いネタには違和感を感じてるんで。。。。某国営放送も民放の影響でしょうか?この様な番組がチラホラ見え隠れしてますね。
    頭が固くなっているhamaの番組感想でした。。。。

  6. 照れまん より:

    saganhama さん こんにちはー
    ところでところで、こちらの蝶調さんの話になるんですけど、蝶調さんのブログって、蝶専門みたいなところがあるでしょう。
    それが、最近大変なことになっちゃってるらしい・・・・☆☆☆
    一日の閲覧数が 1500件とか1900件とか、一週間ほど5~10倍に増えたらしい。
    え~、すごいなあー、ということで、、その話を聞いたもんで、私も蝶を載せてみようと載せてみた訳です。
    ところが、何も変わらず・・・。一日の閲覧数に変化なし★
    蝶調さんに 全然変わりませんよ~、なんて話をして、大笑いしてました。
    何で、突然 千件を超えるようになったのか??
    蝶調さん曰く、夏休みになって突然増えたので、おそらく、夏休みの宿題などで、蝶の飼育や蝶の卵や幼虫などを調べて、こちらのサイトに引っ掛かったのではないでしょうか?ということです。
    そういうことですが、こちらは最近あまり熱心にブログをしていなかったので、久しぶりに ちょっと 比較の写真で、真面目に載せてみようかと、載せてみました。
    台風ですが、このところ雨がず~と続いています。岩国の錦帯橋の水嵩がかなり増えて、やばい感じになりかけです。
    私の島は 道路が海岸の崖を削って作られているところが多いので、がけ崩れで村が孤立することがあります。
    橋を渡って、右に行く方がよく崩れる方なんですが、今はオレンジロードなど 山あいにも道が出来ているので、陸の孤島?島の孤島??になることはなかなかないのですが、それでもこれ以上大雨が続くと、どの道も危なくなります。
    風が強いと、橋が通行止めになりますしね。昨日夜から、もう2度も停電がありました。
    そんなこんなですが、災害列島 被害が出ないことを願います。
        夏台風二つのろのろ十日雨   照れまん

  7. fujim より:

    照れまんさ~ん 大丈夫ですよね?
    広島では大変な土砂崩れが起こってます。
    テレビで見る限り大変な被害が出てるようですが、その雷雨の通り道が
    まさか、屋代島の上空だったってことはないですよね??
    ニュースは広島の現場ばかりで山口県のことがよく分かりません。
    それにしても雨が続いていますので、気を付けてくださいね。

  8. 照れまん より:

    fujimさん、ありがとうございます
    広島は 大雨になって、大変な被害が出ていますね。
    昼のニュースでは 死亡18人 と言っていましたので、大災害です。
    広島は平地が少ないので、どうしても山間に住宅が伸びるので 仕方がないですね。
    私の方のあたりが 雨雲の通り道のようですが、少し降っただけで あまり大雨にはなりませんでした。
    たぶん 貧乏な島なので 雨雲も 見逃してくれたのでしょう。 
        突然の雨に散り散り踊りの輪    照れまん
    今年の盆踊りはこんな感じだったようです。
    午前中晴れたと思っても、昼間頃には雲が来て 雨が降り始めます。
    こんなに雨の続く夏は珍しいですね。

  9. fujim より:

    こんにちはー  プレバト、今週も面白かったですね。
    「夕暮の江の島で一句」 と言われても私には無理・・・ー><ーですけど いろんなことが想像できないと題詠なんてできませんよね、、うーー;ん
    想像を膨らませることができないと、夏井先生のようにポンポンと添削することも、もちろんできませんね。

      1 夕焼は心の映写機の光源(ランプ)  月亭方正
    この1位の句、私としては、添削後でもビミョー(^^?です。 2位の句の方がいいなぁと思ってしまいました。  ○○は、何々の何々の何々。 こうやると凡人私は即、失敗してますね(^^あはは
      2 大夕焼江の島黒く沈みゆく  杉村太蔵
    元句は「江の島を黒く染め行く大夕焼」ととても素直で、素人にも分かりやすい(^^。 ああそうですか!分かる分かる と凡人としては共感して情景を想像する、ことは出来ます。
    が、添削がさすが!! 素晴らしい☆☆ いいなぁと思いました。
    同じ情景なんだけどなぁ・・・・

  10. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー
    ご返事が遅くなって御免なさい。
    この前のプレバトは面白かったですね。
    一位になった句、「夕焼けは心の映写機胸焦がす  月亭方正」
    この句を、「夕焼けは心の映写機の光源」と添削されたのですね。
    原句を見ますと、「夕焼け」と「夕日」の混同があるような気がします。
    映写機と言うのは光を出す機械ですが、フィルムが無ければどうにもなりません。
    映写機胸焦がす、と言うのも 映写機で胸が焦げたら火傷でしょう、なんて??
    それは冗談ですが、この句では映写機よりも、映った映像、つまり夕焼けが
    今まで見た、映画の中のラストシーンか何か素晴らしい映像を思い出すのではないでしょうか?
    恋人とうまく恋が成就する、そんな映画のクライマックスって痺れますよね。
    それに比べて、自分の方は恋が上手くいかなかったなあと・・・。
    きれいな夕焼け、(映写機ではなくて映像)を見ていて、そんなことを思った。
    そこで、夕焼けの句を作ろうと思った時、いい言葉「映写機」を思いついた。
    これだと思って、映写機を俳句に詠んだ、そんなところではないでしょうか?
    私の感じとしては、「夕焼けや映画のようにはいかぬ恋」
    なんかの方が、作者の気持ちに即しているような気はするのですがどうでしょう?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中