照れまん君の「玉虫」

手を洗っていて、ふと裏窓の外を見ると何だか光る虫がいる。意外と長いので、もしやと思いカメラを持って庭に降り、ぐるりと裏庭に廻ってみた。

DSC_6967

居た居た、どうやら 玉虫 のようです。
とても綺麗で、緑色に輝いています。

DSC_6963

昆虫綱・コウチュウ目・カブトムシ亜目・タマムシ上科・タマムシ科・ルリタマムシ属・ヤマトタマムシ

学名:Chrysechroa  fulgidissima  (Schonherr,1817)

和名:ヤマトタマムシ

玉虫 タマムシ は、タマムシ科に属する昆虫の総称。 
玉虫科は世界に15000種、日本には200種が知られているそうだ。
日本では玉虫と言えば緑色の種を指しますが、タマムシは緑色のものだけでなく、クロタマムシ、フナガタタマムシ、アオタマムシ など、〇〇タマムシ と言うのが沢山いるようです。

DSC_6964

俳句では「玉虫」は夏の季語。晩夏頃。
傍題に「吉丁虫」(きっちょうむし)・「金花虫」(たまむし)・「黒玉虫」(くろたまむし)・「青玉虫」・「姥玉虫」(うばたまむし)。

  玉虫に紺紙金泥の経を思ふ   高浜虚子

  玉虫の羽のみどりは推古より  山口青邨

DSC_6969

法隆寺所蔵 玉虫の逗子 飛鳥時代 七世紀頃制作されたものが有名。
学校の頃に習ったような記憶はありますが、現物は見たことがありません。何となく煤けたような屋根のある黒っぽい箱のようなもの。あれは法隆寺にあるものだったのですね。
とても古い物なので、玉虫の飾りや装飾の部分が剥がれ落ちているようです。近年、本物そっくりの新しくレプリカが作られ、とても美しい玉虫の羽の付いた物を見ることが出来るそうです。

DSC_6970

  玉虫のみんな窯変したるかな   吉田希望

窯変 ようへん 陶磁器製造中、投炭の適否、火加減の工合などの為、窯の中で変化が生じて、変色し、又は形のゆがみかわること。またそのため出来た陶磁器。(以上、広辞苑より)
曜変 と書かれることもあります。国宝の 「曜変天目茶碗」 が有名。偶然と偶然が重なり出来上がった不思議な虹のような輝きを持つ丸い目のような模様の陶磁器。中国南宋時代に創り出されたもののようですが、中国には現存するものが無いようです。日本で窯変天目と言う名前が付けられ、珍重されました。日本人の美意識の表れでしょうか?とても大切にしていたので、僅かながら残されたのが嬉しいですね。科学が進歩した今でも、完全なメカニズムは解明されていないようですが、現代陶芸家によって新しいそっくりな曜変天目茶碗が創作されているようです。
掲句は、そんな滅多に見ることの出来ない人間が作り出すことの難しい窯変だけど、玉虫はどれも曜変しているよ、と言う大変面白い句。

それから、政治などでよく使われる「玉虫色の決着となりました」という言葉。玉虫色とは、緑色に見えるが光の角度で色んな色に言えてしまう。従って特定の色彩を指すのではなく、変化していく色調をすべて含んだ色。結局、曖昧なまま ということで決着してないと言うことですよね。

DSC_6971

  玉虫や新車グレーのメタリック   照れまん

今回は、とても美しい鞘翅(しょうし・さやばね) を持つ「玉虫」を載せてみました。

じゃ、また・・・・。

◆      ◆      ◆

広告
カテゴリー: 動物 昆虫, 俳句 パーマリンク

照れまん君の「玉虫」 への14件のフィードバック

  1. fujim より:

      昨日より気分はいいぞ末枯虫  ふじ
    ほいしまった! 末枯れ虫ではなくて、縁起のいい玉虫だ! まさにきれいなメタリック、ですね。
    「タマムシを飼っていると幸せになるという伝説がある」 のだそうですが、照れまん家の玉虫はさて、来年はどうでしょうか、卵を産んだでしょうか。
    「玉虫研究所」さんによると、「上の硬い羽は広げるだけで、下の羽だけを動かして飛びます。 声を出して飛びませんし、夜は飛びません」 ですって(^^うっくっく声を出さないで飛ぶらしい。 最後にクイズまであっておもしろ~い!
    http://www.geocities.jp/tamamushiyatama/b.html

    曜変天目茶碗というのを写真で見てみましたが、実物は見たことがないような・・・? と思ったら、 「世界中で現存する曜変天目茶碗は三点」 だそうなので見てなくて当然ですね(^^。

    「玉虫色の決着」はあまり好みでない私としては気になるのですが、現代陶芸家が作る新しいそっくりなものは 「陽変天目茶碗」 と漢字が替えてあるということですか? それとも単なる誤字なのか・・・うーん?^^わかりませ~~ん。

  2. 照れまん より:

    fujimさん こんにちはー
    ありがとう御座います。
    漢字を間違えていました★。  ありがとう・・・・☆
    玉虫色の決着?? とは言わないような? 玉虫色の合意・・?かなとも思ったのですが、まあいいかと決着にしました。間違っているかも???
    リンクもありがとう。知らないことばかりで、へえ、そうなのと読んでいました。
    曜変天目茶碗を創る現代作家は、以前TVのドキュメンタリー番組で見たんですけど、初めてできたものはかすかに模様がある程度でしたが、次第次第に上手になっていて、すごくいいものも作るようになっておられました。
    他に作る人が居なかったら、国宝になるかもしれませんね。しかし、他の人もいずれ作るようになるでしょう。

  3. Puuwai より:

    玉虫はとってもきれいな昆虫ですね。
    以前、庭に榎の古木があって、毎年この型の玉虫が見れました。
    1匹か多くて2匹 滅多にいない虫って貴重ですよね。

    区画整理で榎は道路になってしまっから伐ったけど、その実生の小さな木を大事に育ててます。いつか、玉虫が来るくらい大きくなる迄、私は生きられないと思うから、川沿いのグリーンベルトにも植えました。何十年先に玉虫を見れる人がいるかも知れないと思うとわくわくします。

    蛇足だけど、榎は、別名「旅人の木」とも言われるそうです。昔、旅人の目安になるように、又、こんもりと葉が横に張るから、その木陰で休むようにと街道沿いに植えられたのだそうです。いい木でしょう。

    • fujim より:

      Puさん 「旅人の木」いいねぇ!! (ちょいと横から)
      木陰で旅人が休んで「お、玉虫だ!」と手にするぐらいに大きくなるには、どのくらいかかるんだろう・・・^^。

      • Puuwai より:

        fuさん 風邪もう大丈夫? お大事にしてね。
        私は、又、喘息が出て、季節だからね。
        明日、お医者さんだわ。
        照れまんさん お庭拝借ね。

        榎は欅にそっくりです。
        欅は上に伸びますが、榎は横に張り出し成長も遅い。
        余程良く知ってないと見分けつかないです。

  4. 照れまん より:

    pu’uwai さん こんにちはー
    玉虫 ってものすごく綺麗ですね。千年色が変わらないって、信じられない!!
    榎 って 名前は知っていても、どの木だったか 解らないんですよね。
    今度、近所にあったら じっくり見ておきます。
    その昔、家康が一里塚に 植えさせたとか?知りませんでした。
    家康の家臣が「何の木を植えましょう?」 と尋ねたら、
    「ええ木にせい」 と言ったのが、 「エノキにせい」、と聞こえたので、榎にしたとか。笑っちゃいますけど、本当でしょうか???
    調べてみると 面白いものですね。色々教えて下さって ありがとうございます。
    また、ヨロシク・・・・。

  5. medaka4841 より:

    昔 網持って追っかけまわしたものです。カメラより実物の方がええもん。読んでるときはカワセミみたいな青色に光っていませんでしたか?私は昔から蝶もトンボでも網持って追っかけるのを旨としています。そのあとゆっくりカメラ(思い出したらだけど)。そうそう 雀 どうやって撮ったの?すぐ逃げてしまわへん?ベランダの雀 いまだに撮れへんねんけど。

  6. medaka4841 より:

    ごめん 飛んでる でした。

    • 照れまん より:

      medaka さん こんにちはー
      玉虫は 最近見なくなりましたねえ。見付けた時は嬉しかったですよ。
      光の加減で、紺色や紫色にも見えるか所がありますね。
      シナルリタマムシ と言うのは 綺麗な青い色のようですが、見たことがありません。
      スズメは 毎日 お茶碗に残ったご飯を庭に投げていました。だいぶ慣らしておくと、逃げても人影が見えなくなるとすぐに飛んできます。
      そこで、窓を少し開けてカーテンの陰に隠れて、カメラのレンズだけを出して待っていると、すぐに飛んでくるので、そうやって撮りました。
      ちょっと ヤシですけど、まあいいかと・・・・・★

  7. haw小太郎 より:

    こんばんは^^。
    玉虫、そうそうこれが玉虫よね^!^言われてみればそうか!と分かるけど、玉虫色の玉虫ってどんな虫??・・ってなもんでした^;^
    でもこの綺麗なグリーンメタリック、山を歩くけど殆ど見た記憶がないですよ^;^
    同じメタリック系?のハンミョウは時々見るけどね。。
    ほんで、今回の記事はいっぱい字があるけど目とかは大丈夫かいね~^??^
    ま、無理はしてないはずだから・・ようやく本調子に戻りつつある・・というとこかな(´∀`)

    • 照れまん より:

      小太郎さん こんにちはー
      どうもどうもです。
      写真を撮ってから、載せるまで、3か月も掛かってしまったよ。
      ちょっとずつ 記事を書き足していたからね。
      最近は調べるのが億劫なので、まあ、このくらい書いたらいいだろうってな感じ・・・
      こっちの方は 亥の子祭り も 往還道ハイキングも 終わったよ。
      写真班が  canon 5D がもう古くて 気に入らなくなっていてね、新しいのを買いたいんだけど、もう退職しているし・・・・ ってな感じで、ぶつぶつ言いながら、写真を見せてくれたよ!!

  8. medaka4841 より:

    こんにちは 小太郎さん 玉虫って 主に雑木林の里山です。飛ぶ速度は結構速いです。でも カブトムシほどの威圧感は有りませんから捕まえるのは容易です。ハンミョウは道教えともいうそうですね、全然教えませんけど。要は開けている方向に飛ぶというだけで。古文によると幼虫は毒虫だそうです。

    • haw小太郎 より:

      medakaさん どうも~^^。
      山に行くと色んな虫に出会いますが殆ど虫・・無視します^^。
      でもハンミョウや玉虫を見れば綺麗なので写真を撮りたくなります。
      虫に触ることはまずないですが毒は怖いですね^;^情報どうもです^^。
      私もネット検索してみました。成虫ハンミョウは毒はないそうですが、ツチハンミョウというのは毒虫だそうです^;^
      ということで、別名無視・・じゃなくて虫博士の照れまん博士にもなんかウンチクがあるでしょう^??^

  9. 照れまん より:

    medakaさん 小太郎さん こんにちはー
    もしもし、小太郎さん ハンミョウ どころじゃないよ!!
    medakaさんは ガンデジ 500mm を買ったらしいよ。
    鳥撮るさんに 参戦だよ~~☆
    すごすぎ☆ どんなカメラか、今度medakaさんのブログに載せてもらおう☆☆☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中